Schema.ini ファイル (テキスト ファイル ドライバー)Schema.ini File (Text File Driver)

テキストのドライバーを使用する場合、スキーマ情報ファイルを使用してテキスト ファイルの形式が決まります。When the Text driver is used, the format of the text file is determined by using a schema information file. スキーマの情報ファイルは常に Schema.ini という名前し、常にテキスト データ ソースと同じディレクトリに保持されます。The schema information file is always named Schema.ini and always kept in the same directory as the text data source. スキーマの情報ファイルは、ファイル、列名とデータ型情報、およびその他のいくつかのデータの特性の一般的な形式に関する情報を IISAM を提供します。The schema information file provides the IISAM with information about the general format of the file, the column name and data type information, and several other data characteristics. Schema.ini ファイルは、固定長データにアクセスするために必要では常にします。A Schema.ini file is always required for accessing fixed-length data. テキスト、テーブルには、DateTime、通貨、または 10 進数データ、またはいつでも、テーブル内のデータの処理を制御することが含まれている場合、Schema.ini ファイルを使用する必要があります。You should use a Schema.ini file when your text table contains DateTime, Currency, or Decimal data, or any time that you want more control over the handling of the data in the table.

注意

レジストリから、Schema.ini からではなく、テキスト ISAM は初期値を取得します。The Text ISAM will obtain initial values from the registry, not from Schema.ini. 同じ既定のファイル形式は、すべての新しいテキスト データ テーブルに適用されます。The same default file format applies to all new text data tables. CREATE TABLE ステートメントによって作成されたすべてのファイルは継承これら同じ既定の形式の値でのファイル形式の値を選択して設定される、テキスト形式の定義 ダイアログ ボックスで<既定 >、でを選択してテーブル一覧。All files that were created by the CREATE TABLE statement inherit those same default format values, which are set by selecting file format values in the Define Text Format dialog box with <default> chosen in the Tables list. レジストリの値は、Schema.ini の値と異なる場合、Schema.ini の値によって、レジストリの値が上書きされます。If the values in the registry differ from the values in Schema.ini, the values in the registry will be overwritten by the values from Schema.ini.

Schema.ini ファイルをについてください。Understanding Schema.ini Files

Schema.ini ファイルでは、テキスト ファイル内のレコードに関するスキーマ情報を提供します。Schema.ini files provide schema information about the records in a text file. Schema.ini の各エントリでは、テーブルの 5 つの特性の 1 つを指定します。Each Schema.ini entry specifies one of five characteristics of the table:

  • テキスト ファイルの名前The text file name

  • ファイルの形式The file format

  • フィールド名、幅、および種類The field names, widths, and types

  • 文字セットThe character set

  • 特別なデータ型の変換Special data type conversions

次のセクションでは、これらの特性について説明します。The following sections discuss these characteristics.

ファイル名を指定します。Specifying the File Name

Schema.ini の最初のエントリは、常に角かっこで囲まれたテキストのソース ファイルの名前です。The first entry in Schema.ini is always the name of the text source file enclosed in square brackets. 次の例は、Sample.txt ファイルのエントリを示しています。The following example illustrates the entry for the file Sample.txt:

[Sample.txt]  

ファイル形式を指定します。Specifying the File Format

形式Schema.ini でオプションをテキスト ファイルの形式を指定します。The Format option in Schema.ini specifies the format of the text file. Text IISAM は文字で区切られたファイルから自動的に書式を読み取ることができます。The Text IISAM can read the format automatically from most character-delimited files. 任意の 1 文字は、二重引用符 (") を除く、ファイル内の区切り記号として使用できます。You can use any single character as a delimiter in the file except the double quotation mark ("). 形式Schema.ini の設定は、Windows レジストリ、ファイルごとの設定をオーバーライドします。The Format setting in Schema.ini overrides the setting in the Windows Registry, file by file. 次の表に、有効な値、形式オプション。The following table lists the valid values for the Format option.

書式指定子Format specifier テーブルの形式Table format Schema.ini Format ステートメントSchema.ini Format statement
タブ区切りTab Delimited ファイル内のフィールドはタブで区切られます。Fields in the file are delimited by tabs. 形式 TabDelimited を =Format=TabDelimited
CSV の区切りCSV Delimited ファイル内のフィールドはコンマ (コンマ区切り値) で区切られます。Fields in the file are delimited by commas (comma-separated values). 形式 = CSVDelimitedFormat=CSVDelimited
区切り文字Custom Delimited ファイル内のフィールドは、ダイアログ ボックスへの入力に選択した任意の文字で区切られます。Fields in the file are delimited by any character you choose to input into the dialog box. 二重引用符 (") 以外のすべてが許可されている、空白を含むです。All except the double quotation marks (") are allowed, including blank. 形式 = 区切り記号 (カスタム文字)Format=Delimited(custom character)

- または --or-

区切り記号なしで次のように指定します。With no delimiter specified:

Format=Delimited( )Format=Delimited( )
固定長Fixed Length ファイル内のフィールドでは、固定長です。Fields in the file are of a fixed length. 形式 FixedLength を =Format=FixedLength

フィールドの指定Specifying the Fields

2 つの方法でテキストの文字で区切られたファイルでは、フィールド名を指定できます。You can specify field names in a character-delimited text file in two ways:

  • テーブルの最初の行にフィールド名を含めるし、設定ColNameHeaderTrue です。Include the field names in the first row of the table and set ColNameHeader to True.

  • 各列番号を指定し、列名とデータ型を指定します。Specify each column by number and designate the column name and data type.

番号では、各列を指定し、列名、データ型、および固定長ファイルの幅を指定する必要があります。You must specify each column by number and designate the column name, data type, and width for fixed-length files.

注意

ColNameHeader Schema.ini 上書きの設定、消えてWindows レジストリ、ファイルごとに設定します。The ColNameHeader setting in Schema.ini overrides the FirstRowHasNames setting in the Windows Registry, file by file.

フィールドのデータ型も確認できます。The data types of the fields can also be determined. 使用して、 MaxScanRowsオプションを示す列の型を決定するときに、行の数をスキャンする必要があります。Use the MaxScanRows option to indicate how many rows should be scanned when determining the column types. 設定した場合MaxScanRowsファイル全体をスキャンする 0 にします。If you set MaxScanRows to 0, the whole file is scanned. MaxScanRows Schema.ini の設定は、Windows レジストリ、ファイルごとの設定をオーバーライドします。The MaxScanRows setting in Schema.ini overrides the setting in the Windows Registry, file by file.

次のエントリは、Microsoft Jet は、テーブルの最初の行でデータを使用して、フィールド名を決定する必要があり、データを決定ファイル全体を調べる必要があることを示します。 使用される型。The following entry indicates that Microsoft Jet should use the data in the first row of the table to determine field names and should examine the whole file to determine the data types used:

ColNameHeader=True  
MaxScanRows=0  

次のエントリは、列番号を使用してテーブル内のフィールドを指定 (Coln) 文字で区切られたファイルの省略可能で、固定長ファイルに必要なのオプションです。The next entry designates fields in a table by using the column number (Coln) option, which is optional for character-delimited files and required for fixed-length files. 例では、2 つのフィールド、10 文字の列名を CustomerNumber テキスト フィールドおよび 30 文字 CustomerName テキスト フィールド、Schema.ini のエントリを示します。The example shows the Schema.ini entries for two fields, a 10-character CustomerNumber text field and a 30-character CustomerName text field:

Col1=CustomerNumber Text Width 10  
Col2=CustomerName Text Width 30  

構文Col_n_は。The syntax of Coln is:

  
n=ColumnNametype [#]  

コメントRemarks

次の表の各部分の説明、 Col_n_エントリ。The following table describes each part of the Coln entry.

パラメーターParameter 説明Description
[ColumnName]ColumnName 列のテキストの名前。The text name of the column. 列名にスペースが含まれている場合は、二重引用符で囲む必要があります。If the column name contains embedded spaces, you must enclose it in double quotation marks.
typetype データ型は次のとおりです。Data types are as follows:

Microsoft Jet データ型Microsoft Jet data types

ビットBit

バイトByte

ShortShort

LongLong

通貨Currency

単一Single

DoubleDouble

DateTimeDateTime

テキストText

メモMemo

ODBC データ型Char (テキストと同じ)ODBC data types Char (same as Text)

Float (Double と同じ)Float (same as Double)

整数 (短い形式と同じ)Integer (same as Short)

LongChar (メモ型と同じ)LongChar (same as Memo)

日付日付形式Date date format
WidthWidth リテラル文字列値Widthします。The literal string value Width. 次の数が列の幅を指定することを示します (ファイルの文字で区切られた省略可能です。 固定長ファイルに必要)。Indicates that the following number designates the width of the column (optional for character-delimited files; required for fixed-length files).
# 列の幅を指定する整数値 (必要な場合を指定)。The integer value that designates the width of the column (required if Width is specified).

文字セットの選択Selecting a Character Set

2 つの文字セットから選択できます。ANSI、OEM です。You can select from two character sets: ANSI and OEM. CharacterSet Schema.ini の設定は、Windows レジストリ、ファイルごとの設定をオーバーライドします。The CharacterSet setting in Schema.ini overrides the setting in the Windows Registry, file by file. 次の例では、ANSI に設定する文字を設定する Schema.ini エントリを示します。The following example shows the Schema.ini entry that sets the character set to ANSI:

CharacterSet=ANSI  

データ型の形式と変換を指定します。Specifying Data Type Formats and Conversions

Schema.ini ファイルには、データを変換または表示する方法を指定するのに使用できるいくつかのオプションが含まれています。The Schema.ini file contains several options that you can use to specify how data is converted or displayed. 次の表には、これらの各オプションが一覧表示します。The following table lists each of these options.

OPTIONOption 説明Description
DateTimeFormatDateTimeFormat 日付と時刻を示す書式指定文字列に設定できます。Can be set to a format string that indicates dates and times. インポート/エクスポート内のすべての日付/時刻フィールドが同じ形式で処理される場合は、このエントリを指定する必要があります。You should specify this entry if all date/time fields in the import/export are handled with the same format. 午前を除くすべての Microsoft Jet 形式All Microsoft Jet formats except A.M. および p. m.and P.M. サポートされます。are supported. 書式指定文字列がない場合は、Windows コントロール パネルの短い日付画像と時間のオプションが使用されます。If there is no format string, the Windows Control Panel short date picture and time options are used.
DecimalSymbolDecimalSymbol 数値の小数部からの整数を分離するために使用する任意の 1 文字に設定できます。Can be set to any single character that is used to separate the integer from the fractional part of a number.
NumberDigitsNumberDigits 数値の小数部分の 10 進数字の数を示します。Indicates the number of decimal digits in the fractional portion of a number.
NumberLeadingZerosNumberLeadingZeros 1 より小さい、-1 以上の 10 進数の値が先頭に 0 を含めるかどうかを指定します。この値は False (先行ゼロを付けない)、または True です。Specifies whether a decimal value less than 1 and more than -1 should contain leading zeros; this value can be either False (no leading zeros) or True.
CurrencySymbolCurrencySymbol 通貨値のテキスト ファイルで使用できる通貨記号を示します。Indicates the currency symbol that can be used for currency values in the text file. 例には、Dm、ドル記号 ($) が含まれます。Examples include the dollar sign ($) and Dm.
CurrencyPosFormatCurrencyPosFormat 次の値のいずれかに設定できます。Can be set to any of the following values:

、($1) を分離せずに通貨記号のプレフィックス- Currency symbol prefix with no separation ($1)
、分離せずに通貨記号のサフィックス (1$)- Currency symbol suffix with no separation (1$)
の 1 文字分 ($ 1) 通貨記号のプレフィックス- Currency symbol prefix with one character separation ($ 1)
通貨記号のサフィックスが 1 文字分 (1 $)- Currency symbol suffix with one character separation (1 $)
CurrencyDigitsCurrencyDigits 通貨値の小数部分を使用する桁数を指定します。Specifies the number of digits used for the fractional part of a currency amount.
CurrencyNegFormatCurrencyNegFormat 次の値のいずれかです。Can be one of the following values:

- ($1)- ($1)
--$1- -$1
-$1- $-1
-1-- $1-
- (1$)- (1$)
--1$- -1$
-1$- 1-$
-$ 1-- 1$-
--1 $- -1 $
--$ 1- -$ 1
-$ 1-- 1 $-
-1-- $ 1-
-$-1- $ -1
-1 $- 1- $
- ($ 1)- ($ 1)
- (1 $)- (1 $)

この例には、ドル記号が表示されますが、適切な置換する必要がありますCurrencySymbol実際のプログラム内の値。This example shows the dollar sign, but you should replace it with the appropriate CurrencySymbol value in the actual program.
CurrencyThousandSymbolCurrencyThousandSymbol 数千ものが、テキスト ファイル内の通貨値を区切るために使用できる 1 文字の記号を示します。Indicates the single-character symbol that can be used for separating currency values in the text file by thousands.
CurrencyDecimalSymbolCurrencyDecimalSymbol 通貨値の小数部から全体を分離するために使用する任意の 1 文字に設定できます。Can be set to any single character that is used to separate the whole from the fractional part of a currency amount.

注意

エントリを省略した場合は、Windows コントロール パネルの 既定値が使用されます。If you omit an entry, the default value in the Windows Control Panel is used.