付録 E: スカラー関数Appendix E: Scalar Functions

ODBC では、この付録の対応するセクションで提供されるこれらの関数型のそれぞれについて詳しい情報のスカラー関数は、次の種類を指定します。ODBC specifies the following types of scalar functions, with detailed information about each of these function types provided in the corresponding sections of this appendix. 関数の説明には、関連する構文が含まれます。The function descriptions include associated syntax.

この付録には、次のトピックが含まれています。This appendix contains the following topics.

ODBC を必要としません戻り値のデータ型のスカラー関数の関数は、データ ソースに固有では多くの場合、ため。ODBC does not mandate a data type for return values from scalar functions because the functions are often data source-specific. アプリケーションでは、データ型の変換を強制的に可能な限りの CONVERT スカラー関数を使用する必要があります。Applications should use the CONVERT scalar function whenever possible to force data type conversion.

ODBC や SQL 92 のスカラー関数ODBC and SQL-92 Scalar Functions

この付録でテーブルには、SQL 92 とを連携させる ODBC 3.0 で追加された関数が含まれます。The tables in this appendix include functions that have been added in ODBC 3.0 to align with SQL-92. これらの関数、ODBC で定義されているスカラー関数の特定の型の追加は、各セクションで示されます。Those functions added for a particular type of scalar function, as defined in ODBC, are indicated in each section.

ODBC および SQL 92、スカラー関数を異なる方法で分類します。ODBC and SQL-92 classify their scalar functions differently. ODBC スカラー関数の引数の型では、分類します。SQL 92 戻り値によって分類を実行します。ODBC classifies scalar functions by argument type; SQL-92 classifies them by return value. たとえば、EXTRACT 関数によって分類される timedate 関数として ODBC では、フィールドの抽出引数が datetime のキーワードで、抽出-変換元の引数が日付時刻または間隔の式であるためです。For example, the EXTRACT function is classified as a timedate function by ODBC, because the extract-field argument is a datetime keyword and the extract-source argument is a datetime or interval expression. Sql-92 は、戻り値が数値であるためその一方で、抽出と数値のスカラー関数として分類します。SQL-92, on the other hand, classifies EXTRACT as a numeric scalar function, because the return value is a numeric.

アプリケーションが呼び出すことによって、ドライバーをサポートするスカラー関数を調べるSQLGetInfoします。An application can determine which scalar functions a driver supports by calling SQLGetInfo. 情報の種類が ODBC とスカラー関数の SQL 92 分類の両方に含まれています。Information types are included both for ODBC and for SQL-92 classifications of scalar functions. これらの分類が異なるために、ODBC および SQL 92 に対応していない情報の種類でいくつかのスカラー関数のサポートを示す可能性があります。Because these classifications are different, the support for some scalar functions may be indicated in information types that do not correspond to ODBC and SQL-92. たとえば、ODBC での抽出のサポートは、SQL_TIMEDATE_FUNCTIONS 情報の種類。 で示されます。その一方で、抽出、sql-92 でのサポートは、SQL_SQL92_NUMERIC_VALUE_FUNCTIONS 情報の種類で表されます。For example, support for EXTRACT in ODBC is indicated by the SQL_TIMEDATE_FUNCTIONS information type; support for EXTRACT in SQL-92, on the other hand, is indicated by the SQL_SQL92_NUMERIC_VALUE_FUNCTIONS information type.