製品サイクルの長さ

相互運用性に関する最後の質問は時間です。 通常、相互運用可能なアプリケーションの開発には、操作できないアプリケーションの開発よりも時間がかかります。 その理由は、アプリケーションが DBMS の機能を確認し、DBMS ごとに同じタスクを異なる方法で実行する必要がある、一部の DBMS でサポートされている機能を回避する、他の DBMS ではサポートされていない機能を回避する、などです。

開発時間に加えて、製品の有効期間も考慮する必要があります。 アプリケーションが 1 回だけ使用するように設計されている場合 (DBMS 間で移行するときにデータを転送するアプリケーションなど)、相互運用性を確保する意味はありません。 アプリケーションは 1 回だけ使用され、破棄されます。

アプリケーションが長時間存在する場合は、相互運用可能なアプリケーションとして保守する方が簡単な場合があります。 これは、ターゲットとして単一の DBMS を持つカスタム アプリケーションでも当てはいます。 その理由は、相互運用可能なコードでは、データベース機能の限られたサブセットが使用されるためです。 ドライバーは、基になる DBMS が変更された場合でも、これらの機能を使用可能な状態に保つために必要です。 したがって、相互運用可能なコードは、DBMS の変更に対処する負担をアプリケーション開発者からドライバー開発者に移す可能性があります。