データベースの完全バックアップの作成 (SQL Server)Create a Full Database Backup (SQL Server)

このトピックでは、 SQL Server 2014SQL Server 2014SQL Server Management StudioSQL Server Management StudioTransact-SQLTransact-SQL、または PowerShell を使用して、データベースの完全バックアップを作成する方法について説明します。This topic describes how to create a full database backup in SQL Server 2014SQL Server 2014 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, Transact-SQLTransact-SQL, or PowerShell.

注意

Azure Blob ストレージサービスへの SQL Server のバックアップの詳細については、「」 SQL Server、「 Azure Blob Storage サービスを使用したバックアップと復元」を参照してください。For information on SQL Server backup to the Azure Blob storage service, see, SQL Server Backup and Restore with Azure Blob Storage Service.

このトピックの内容In This Topic

作業を開始する準備Before You Begin

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

  • BACKUP ステートメントは、明示的または暗黙的なトランザクションでは使用できません。The BACKUP statement is not allowed in an explicit or implicit transaction.

  • SQL ServerSQL Server によって作成されたバックアップは、それより前のバージョンの SQL ServerSQL Serverでは復元できません。Backups that are created by more recent version of SQL ServerSQL Server cannot be restored in earlier versions of SQL ServerSQL Server.

  • 詳細については、「 バックアップの概要 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Backup Overview (SQL Server).

推奨事項Recommendations

  • データベース サイズが大きくなると、データベースの完全バックアップにかかる時間は長くなり、必要な記憶領域も増加します。As a database increases in size full database backups take more time to finish and require more storage space. このため、大きなデータベースの場合は、データベースの完全バックアップを一連の 差分データベース バックアップで補完することができます。Therefore, for a large database, you might want to supplement a full database backup with a series of differential database backups. 詳細については、「 差分バックアップ (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Differential Backups (SQL Server).

  • データベースの完全バックアップのサイズは、 sp_spaceused システム ストアド プロシージャを使用して推計することができます。You can estimate the size of a full database backup by using the sp_spaceused system stored procedure.

  • 既定では、バックアップ操作が成功するたびに、 SQL ServerSQL Server エラー ログおよびシステム イベント ログにエントリが 1 つ追加されます。By default, every successful backup operation adds an entry in the SQL ServerSQL Server error log and in the system event log. ログを頻繁にバックアップすると、これらの成功メッセージがすぐに蓄積され、他のメッセージを探すのが困難になるほどエラー ログが大きくなることがあります。If back up the log very frequently, these success messages accumulate quickly, resulting in huge error logs that can make finding other messages difficult. そのような場合、これらのエントリに依存するスクリプトがなければ、トレース フラグ 3226 を使用することによってこれらのログ エントリを除外できます。In such cases you can suppress these log entries by using trace flag 3226 if none of your scripts depend on those entries. 詳細については、「トレース フラグ (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see Trace Flags (Transact-SQL).

セキュリティSecurity

データベースをバックアップすると、TRUSTWORTHY は OFF に設定されます。TRUSTWORTHY is set to OFF on a database backup. TRUSTWORTHY を ON に設定する方法については「ALTER DATABASE の SET オプション (Transact-SQL)」を参照してください。For information about how to set TRUSTWORTHY to ON, see ALTER DATABASE SET Options (Transact-SQL).

以降でSQL Server 2012SQL Server 2012PASSWORDMEDIAPASSWORDバックアップを作成するためのオプションとオプションが廃止されました。Beginning with SQL Server 2012SQL Server 2012 the PASSWORD and MEDIAPASSWORD options are discontinued for creating backups. パスワード付きで作成されたバックアップを復元することは、引き続き可能です。You can still restore backups created with passwords.

PermissionsPermissions

BACKUP DATABASE 権限と BACKUP LOG 権限は、既定では、 sysadmin 固定サーバー ロール、 db_owner 固定データベース ロール、および db_backupoperator 固定データベース ロールのメンバーに与えられています。BACKUP DATABASE and BACKUP LOG permissions default to members of the sysadmin fixed server role and the db_owner and db_backupoperator fixed database roles.

バックアップ デバイスの物理ファイルに対する所有と許可の問題によって、バックアップ操作が妨げられることがあります。Ownership and permission problems on the backup device's physical file can interfere with a backup operation. SQL ServerSQL Server では、デバイスに対して読み書きを実行できる必要があります。 SQL ServerSQL Server サービスが実行されているアカウントには書き込み権限が必要です。must be able to read and write to the device; the account under which the SQL ServerSQL Server service runs must have write permissions. ただし、システム テーブルにバックアップ デバイスのエントリを追加する sp_addumpdeviceでは、ファイル アクセスの権限は確認されません。However, sp_addumpdevice, which adds an entry for a backup device in the system tables, does not check file access permissions. バックアップ デバイスの物理ファイルに関するこのような問題は、バックアップや復元が試行され、物理リソースがアクセスされるまで、表面化しない可能性があります。Such problems on the backup device's physical file may not appear until the physical resource is accessed when the backup or restore is attempted.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

注意

SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を使用してバックアップ タスクを指定する場合、 [スクリプト] ボタンをクリックしてスクリプトの保存先を選択することにより、対応する Transact-SQLTransact-SQL BACKUP スクリプトを生成できます。When you specify a back up task by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, you can generate the corresponding Transact-SQLTransact-SQL BACKUP script by clicking the Script button and selecting a script destination.

データベースをバックアップするにはTo back up a database

  1. オブジェクト エクスプローラーで適切な MicrosoftMicrosoft SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engineのインスタンスに接続した後、サーバー名をクリックしてサーバー ツリーを展開します。After connecting to the appropriate instance of the MicrosoftMicrosoft SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine, in Object Explorer, click the server name to expand the server tree.

  2. [データベース] を展開し、目的のデータベースに応じて、任意のユーザー データベースを選択するか、または [システム データベース] を展開して任意のシステム データベースを選択します。Expand Databases, and depending on the database, either select a user database or expand System Databases and select a system database.

  3. データベースを右クリックして [タスク] をポイントし、 [バックアップ] をクリックします。Right-click the database, point to Tasks, and then click Back Up. [データベースのバックアップ] ダイアログ ボックスが表示されます。The Back Up Database dialog box appears.

  4. Databaseリストボックスで、データベース名を確認します。In the Database list box, verify the database name. 必要に応じて、このボックスの一覧から別のデータベースを選択することもできます。You can optionally select a different database from the list.

  5. どの復旧モデル ( [FULL][BULK_LOGGED][SIMPLE] ) でも、データベースのバックアップを実行できます。You can perform a database backup for any recovery model (FULL, BULK_LOGGED, or SIMPLE).

  6. [バックアップの種類] ボックスの一覧の [完全] をクリックします。In the Backup type list box, select Full.

    データベースの完全バックアップを作成すると、データベースの差分バックアップを作成できるようになります。詳細については、「データベースの差分バックアップの作成 (SQL Server)」を参照してください。Note that after creating a full database backup, you can create a differential database backup; for more information, see Create a Differential Database Backup (SQL Server).

  7. 必要に応じて、 [コピーのみのバックアップ] を選択して、コピーのみのバックアップを作成します。Optionally, you can select Copy Only Backup to create a copy-only backup. コピーのみのバックアップは、従来の SQL ServerSQL Server バックアップのシーケンスから独立した SQL ServerSQL Server バックアップです。A copy-only backup is a SQL ServerSQL Server backup that is independent of the sequence of conventional SQL ServerSQL Server backups. 詳細については、「コピーのみのバックアップ (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Copy-Only Backups (SQL Server).

    注意

    [差分] オプションが選択されている場合、コピーのみのバックアップは作成できません。When the Differential option is selected, you cannot create a copy-only backup.

  8. [バックアップコンポーネント]Database、[] をクリックします。For Backup component, click Database.

  9. [名前] ボックスに表示された既定のバックアップ セット名をそのまま使用するか、または別のバックアップ セット名を入力します。Either accept the default backup set name suggested in the Name text box, or enter a different name for the backup set.

  10. 必要に応じて、 [説明] ボックスに、バックアップ セットの説明を入力します。Optionally, in the Description text box, enter a description of the backup set.

  11. [ディスク][テープ] 、または [URL] をクリックして、バックアップ先を選択します。Choose the type of backup destination by clicking Disk, Tape or URL. 1 つのメディア セットを含んでいる最大 64 個のディスク ドライブまたはテープ ドライブのパスを選択するには、 [追加] をクリックします。To select the paths of up to 64 disk or tape drives containing a single media set, click Add. 選択したパスは、 [バックアップ先] ボックスの一覧に表示されます。The selected paths are displayed in the Backup to list box.

    バックアップ先を削除するには、バックアップ先を選択して [削除] をクリックします。To remove a backup destination, select it and click Remove. バックアップ先の内容を表示するには、バックアップ先を選択して [内容] をクリックします。To view the contents of a backup destination, select it and click Contents.

  12. メディア オプションを表示または選択するには、 [ページの選択] ペインの [メディア オプション] をクリックします。To view or select the media options, click Media Options in the Select a page pane.

  13. 次のいずれかをクリックして、 [メディアに上書きします] オプションを選択します。Select an Overwrite Media option, by clicking one of the following:

    • [既存のメディア セットにバックアップする]Back up to the existing media set

      このオプションでは、 [既存のバックアップ セットに追加する] または [既存のすべてのバックアップ セットを上書きする] をクリックします。For this option, click either Append to the existing backup set or Overwrite all existing backup sets. 詳細については、「 メディア セット、メディア ファミリ、およびバックアップ セット (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Media Sets, Media Families, and Backup Sets (SQL Server).

      必要に応じて、 [メディア セット名とバックアップ セットの有効期限を確認する] チェック ボックスをオンにします。これにより、バックアップ操作で、メディア セットとバックアップ セットの有効期限が切れる日付と時刻の確認が行われます。Optionally, select Check media set name and backup set expiration to cause the backup operation to verify the date and time at which the media set and backup set expire.

      必要に応じて、 [メディア セット名] ボックスに名前を入力します。Optionally, enter a name in the Media set name text box. 名前を指定しなかった場合、空の名前でメディア セットが作成されます。If no name is specified, a media set with a blank name is created. メディア セット名を指定した場合は、メディア (テープまたはディスク) の実際の名前がここで入力した名前と一致しているかどうかが確認されます。If you specify a media set name, the media (tape or disk) is checked to see whether the actual name matches the name you enter here.

      重要

      [全般] ページでバックアップ先として [URL] を選択した場合、このオプションは無効になります。This option is disabled if you selected URL as the backup destination in the General page. 詳細については、「[データベースのバックアップ] ([メディア オプション] ページ)」を参照してください。For more information, see Back Up Database (Media Options Page)

      暗号化を使用する場合は、このオプションを選択しないでください。If you plan to use encryption, do not select this option. このオプションを選択すると、 [バックアップ オプション] ページの暗号化オプションが無効になります。If you select this option, the encryption options in the Backup Options page will be disabled. 既存のバックアップ セットに追加するときには、暗号化はサポートされません。Encryption is not supported when appending to the existing backup set.

    • [新しいメディア セットにバックアップし、すべての既存のバックアップ セットを消去する]Back up to a new media set, and erase all existing backup sets

      このオプションでは、 [新しいメディア セット名] ボックスに名前を入力し、必要に応じて [新しいメディア セットの説明] ボックスにメディア セットの説明を入力します。For this option, enter a name in the New media set name text box, and, optionally, describe the media set in the New media set description text box.

      重要

      [全般] ページで [URL] を選択した場合、このオプションは無効になります。This option is disabled if you selected URL in the General page. これらのアクションは、Azure storage へのバックアップ時にはサポートされません。These actions are not supported when backing up to Azure storage.

  14. [信頼性] セクションで、必要に応じて以下のチェック ボックスをオンにします。In the Reliability section, optionally check:

  15. [全般] ページの [バックアップ先] セクションで、テープ ドライブにバックアップするように指定した場合は、 [バックアップ後にテープをアンロードする] チェック ボックスがアクティブになります。If you are backing up to a tape drive (as specified in the Destination section of the General page), the Unload the tape after backup option is active. このオプションをオンにすると、 [アンロードの前にテープを巻き戻す] オプションがアクティブになります。Clicking this option activates the Rewind the tape before unloading option.

    注意

    [全般] ページの [バックアップの種類] セクションで、トランザクション ログをバックアップするように指定しなかった場合、 [トランザクション ログ] セクションの各オプションは無効になっています。The options in the Transaction log section are inactive unless you are backing up a transaction log (as specified in the Backup type section of the General page).

  16. バックアップ オプションを表示または選択するには、 [ページの選択] ペインの [バックアップ オプション] をクリックします。To view or select the backup options, click Backup Options in the Select a page pane.

  17. バックアップ セットの有効期限と、有効期限が過ぎたデータを明示的に確認せずに上書きできるかどうかを指定します。Specify when the backup set will expire and can be overwritten without explicitly skipping verification of the expiration data:

    • バックアップ セットが指定の日数後に期限切れになるようにするには、 [期間指定] (既定のオプション) をクリックし、セットを作成してからセットが期限切れになるまでの日数を入力します。To have the backup set expire after a specific number of days, click After (the default option), and enter the number of days after set creation that the set will expire. 0 ~ 99,999 日の値を指定できます。0 日を指定すると、バックアップ セットの有効期限は無期限になります。This value can be from 0 to 99999 days; a value of 0 days means that the backup set will never expire.

      既定値は、 [サーバーのプロパティ] ダイアログ ボックス ([データベースの設定] ページ) の [バックアップ メディアの既定の保有期間 (日)] オプションで設定されています。The default value is set in the Default backup media retention (in days) option of the Server Properties dialog box (Database Settings Page). このオプションを表示するには、オブジェクト エクスプローラーでサーバー名を右クリックし、プロパティを選択してから [データベースの設定] ページを選択します。To access this, right-click the server name in Object Explorer and select properties; then select the Database Settings page.

    • バックアップ セットが特定の日付に期限切れになるようにするには、 [日時指定] をクリックし、セットの有効期限が切れる日付を入力します。To have the backup set expire on a specific date, click On, and enter the date on which the set will expire.

      バックアップの有効期限の詳細については、「 BACKUP (Transact-SQL)」を参照してください。For more information about backup expiration dates, see BACKUP (Transact-SQL).

  18. SQL Server 2008 EnterpriseSQL Server 2008 Enterprise 以降では、 バックアップの圧縮がサポートされています。and later supports backup compression. 既定では、バックアップが圧縮されるかどうかは、 [バックアップ圧縮の既定] サーバー構成オプションの値によって決まります。By default, whether a backup is compressed depends on the value of the backup-compression default server configuration option. ただし、現在のサーバー レベルの既定の設定にかかわらず、 [バックアップを圧縮する] をオンにしてバックアップを圧縮することも、 [バックアップを圧縮しない] をオンにして圧縮しないようにすることもできます。However, regardless of the current server-level default, you can compress a backup by checking Compress backup, and you can prevent compression by checking Do not compress backup.

    現在のバックアップの圧縮の既定値を表示または変更するにはTo view or change the current backup compression default

  19. バックアップに暗号化を使用するかどうかを指定します。Specify whether to use encryption for the backup. 暗号化手順に使用する暗号化アルゴリズムを選択し、既存の証明書または非対称キーの一覧から証明書または非対称キーを指定します。Select an encryption algorithm to use for the encryption step, and provide a Certificate or Asymmetric key from a list of existing certificates or asymmetric keys. 暗号化は SQL Server 2014 以降でサポートされます。Encryption is supported in SQL Server 2014 or later. 暗号化オプションの詳細については、「[データベースのバックアップ] ([バックアップ オプション] ページ)」を参照してください。For more details on the Encryption options, see Back Up Database (Backup Options Page).

注意

メンテナンス プラン ウィザードを使用して、データベースのバックアップを作成することもできます。Alternatively, you can use the Maintenance Plan Wizard to create database backups.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

データベースの完全バックアップを作成するにはTo create a full database backup

  1. 次の項目を指定した BACKUP DATABASE ステートメントを実行し、データベースの完全バックアップを作成します。Execute the BACKUP DATABASE statement to create the full database backup, specifying:

    • バックアップするデータベースの名前。The name of the database to back up.

    • データベースの完全バックアップを書き込むバックアップ デバイス。The backup device where the full database backup is written.

    データベースの完全バックアップのための Transact-SQLTransact-SQL の基本構文を次に示します。The basic Transact-SQLTransact-SQL syntax for a full database backup is:

    BACKUP DATABASE databaseBACKUP DATABASE database

    TO backup_device [ , ...n ]TO backup_device [ ,...n ]

    [ WITH with_options [ , ...o ] ] ;[ WITH with_options [ ,...o ] ] ;

    OPTIONOption 説明Description
    databasedatabase バックアップするデータベースです。Is the database that is to be backed up.
    backup_device [ , ...n ]backup_device [ ,...n ] バックアップ操作に使用する 1 ~ 64 個のバックアップ デバイスの一覧を指定します。Specifies a list of from 1 to 64 backup devices to use for the backup operation. 物理バックアップ デバイスを指定したり、対応する論理バックアップ デバイス (既に定義されている場合) を指定したりできます。You can specify a physical backup device, or you can specify a corresponding logical backup device, if already defined. 物理バックアップ デバイスを指定するには、DISK オプションまたは TAPE オプションを使用します。To specify a physical backup device, use the DISK or TAPE option:

    { DISK | TAPE } = physical_backup_device_name{ DISK | TAPE } =physical_backup_device_name

    詳細については、「 バックアップ デバイス (SQL Server)の別のインスタンスで作成された場合、これは必須です。For more information, see Backup Devices (SQL Server).
    WITH with_options [ , ...o ]WITH with_options [ ,...o ] 必要に応じて、1 つ以上の追加オプション ( o) を指定します。Optionally, specifies one or more additional options, o. 基本的な with オプションについては、手順 2. を参照してください。For information about some of the basic with options, see step 2.
  2. 必要に応じて、1 つ以上の WITH オプションを指定します。Optionally, specify one or more WITH options. ここでは、一部の基本的な WITH オプションについて説明します。A few basic WITH options are described here. すべての WITH オプションについては、「 BACKUP (Transact-SQL)」を参照してください。For information about all the WITH options, see BACKUP (Transact-SQL).

    • 基本的なバックアップ セット WITH オプションBasic backup set WITH options:

      { COMPRESSION | NO_COMPRESSION }{ COMPRESSION | NO_COMPRESSION }
      SQL Server 2008 EnterpriseSQL Server 2008 Enterprise 以降でのみ、このバックアップで バックアップの圧縮 を実行するかどうかを指定し、サーバー レベルの既定値をオーバーライドできます。In SQL Server 2008 EnterpriseSQL Server 2008 Enterprise and later only, specifies whether backup compression is performed on this backup, overriding the server-level default.

      ENCRYPTION (ALGORITHM, SERVER CERTIFICATE |ASYMMETRIC KEY)ENCRYPTION (ALGORITHM, SERVER CERTIFICATE |ASYMMETRIC KEY)
      SQL Server 2014 以降でのみ、使用する暗号化アルゴリズムと暗号化の保護に使用する証明書または非対称キーを指定します。In SQL Server 2014 or later only, specify the encryption algorithm to use, and the Certificate or Asymmetric key to use to secure the encryption.

      DESCRIPTION = { ' text ' | @ text_variable }DESCRIPTION = { 'text' | @text_variable }
      バックアップ セットを記述したテキストを自由な形式で指定します。Specifies the free-form text that describes the backup set. 文字列の長さは最大 255 文字です。The string can have a maximum of 255 characters.

      名前 = { backup_set_name | @ backup_set_name_var }NAME = { backup_set_name | @backup_set_name_var }
      バックアップ セットの名前を指定します。Specifies the name of the backup set. 名前の長さは最大 128 文字です。Names can have a maximum of 128 characters. NAME を指定しないと、名前は空白になります。If NAME is not specified, it is blank.

    • 基本的なバックアップ セット WITH オプションBasic backup set WITH options:

      既定では、BACKUP はバックアップを既存のメディア セットに追加し、既存のバックアップ セットを保持します。By default, BACKUP appends the backup to an existing media set, preserving existing backup sets. これを明示的に指定するには、NOINIT オプションを使用します。To explicitly specify this, use the NOINIT option. 既存のバックアップ セットへの追加については、「 メディア セット、メディア ファミリ、およびバックアップ セット (SQL Server)」を参照してください。For information about appending to existing backup sets, see Media Sets, Media Families, and Backup Sets (SQL Server).

      また、FORMAT オプションを使用して、バックアップ メディアをフォーマットすることもできます。Alternatively, to format the backup media, use the FORMAT option:

      FORMAT [ , MEDIANAME = { media_name | @ media_name_variable } ] [ , MEDIADESCRIPTION = { text | @ text_variable } ]FORMAT [ , MEDIANAME**=** { media_name | @media_name_variable } ] [ , MEDIADESCRIPTION = { text | @text_variable } ]
      FORMAT 句は、バックアップ メディアを初めて使用する場合や既存のデータをすべて上書きする場合に使用します。Use the FORMAT clause when you are using media for the first time or you want to overwrite all existing data. 必要に応じて、新しいメディアにメディア名と説明を割り当てます。Optionally, assign the new media a media name and description.

      重要

      BACKUP ステートメントで FORMAT 句を使用すると、バックアップ メディアに格納されているバックアップが破棄されるので、十分注意して使用してください。Use extreme caution when you are using the FORMAT clause of the BACKUP statement because this destroys any backups that were previously stored on the backup media.

例 (Transact-SQL)Examples (Transact-SQL)

A.A. ディスク デバイスへのバックアップBacking up to a disk device

次の例では、新しいメディア セットを作成する AdventureWorks2012AdventureWorks2012 を使用して、 FORMAT データベース全体をディスクにバックアップします。The following example backs up the complete AdventureWorks2012AdventureWorks2012 database to disk, by using FORMAT to create a new media set.

USE AdventureWorks2012;  
GO  
BACKUP DATABASE AdventureWorks2012  
TO DISK = 'Z:\SQLServerBackups\AdventureWorks2012.Bak'  
   WITH FORMAT,  
      MEDIANAME = 'Z_SQLServerBackups',  
      NAME = 'Full Backup of AdventureWorks2012';  
GO  

B.B. テープ デバイスへのバックアップBacking up to a tape device

次の例では、 AdventureWorks2012AdventureWorks2012データベース全体をテープにバックアップし、以前のバックアップに追加します。The following example backs up the complete AdventureWorks2012AdventureWorks2012database to tape, appending the backup to the previous backups.

USE AdventureWorks2012;  
GO  
BACKUP DATABASE AdventureWorks2012  
   TO TAPE = '\\.\Tape0'  
   WITH NOINIT,  
      NAME = 'Full Backup of AdventureWorks2012';  
GO  

C.C. 論理テープ デバイスへのバックアップBacking up to a logical tape device

次の例では、テープ ドライブ用の論理バックアップ デバイスを作成した後、The following example creates a logical backup device for a tape drive. 作成したデバイスに AdventureWorks2012AdventureWorks2012 データベース全体をバックアップします。The example then backs up the complete AdventureWorks2012AdventureWorks2012 database to that device.

-- Create a logical backup device,   
-- AdventureWorks2012_Bak_Tape, for tape device \\.\tape0.  
USE master;  
GO  
EXEC sp_addumpdevice 'tape', 'AdventureWorks2012_Bak_Tape', '\\.\tape0'; USE AdventureWorks2012;  
GO  
BACKUP DATABASE AdventureWorks2012  
   TO AdventureWorks2012_Bak_Tape  
   WITH FORMAT,  
      MEDIANAME = 'AdventureWorks2012_Bak_Tape',  
      MEDIADESCRIPTION = '\\.\tape0',   
      NAME = 'Full Backup of AdventureWorks2012';  
GO  

PowerShell の使用Using PowerShell

  1. Backup-SqlDatabase コマンドレットを使用します。Use the Backup-SqlDatabase cmdlet. データベースの完全バックアップであることを明示するには、 -backupactionパラメーターに既定値をDatabase指定します。To explicitly indicate that this is a full database backup, specify the -BackupAction parameter with its default value, Database. このパラメーターは、データベースの完全バックアップでは省略可能です。This parameter is optional for full database backups.

    次の例では、 MyDB データベースの完全なバックアップを、サーバー インスタンス Computer\Instanceの既定のバックアップ場所に作成します。The following example creates a full database backup of the MyDB database to the default backup location of the server instance Computer\Instance. オプションで、-BackupAction Database を指定します。Optionally, this example specifies -BackupAction Database.

    --Enter this command at the PowerShell command prompt, C:\PS>  
    Backup-SqlDatabase -ServerInstance Computer\Instance -Database MyDB -BackupAction Database  
    

SQL Server PowerShell プロバイダーを設定して使用するにはTo set up and use the SQL Server PowerShell provider

関連タスクRelated Tasks

関連項目See Also

バックアップの概要 (SQL Server) Backup Overview (SQL Server)
トランザクション ログのバックアップ (SQL Server) Transaction Log Backups (SQL Server)
メディア セット、メディア ファミリ、およびバックアップ セット (SQL Server) Media Sets, Media Families, and Backup Sets (SQL Server)
sp_addumpdevice (Transact-SQL) sp_addumpdevice (Transact-SQL)
BACKUP (Transact-SQL) BACKUP (Transact-SQL)
データベースのバックアップ (全般ページ) Back Up Database (General Page)
データベースのバックアップ (バックアップ オプション ページ) Back Up Database (Backup Options Page)
差分バックアップ (SQL Server) Differential Backups (SQL Server)
データベースの完全バックアップ (SQL Server)Full Database Backups (SQL Server)