アクティブなリースを保持しているバックアップ BLOB ファイルを削除する

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

Microsoft Azure Storage へのバックアップまたは Microsoft Azure Storage からの復元を実行するときに、SQL Server は BLOB への排他アクセスをロックするために無限リースを取得します。 バックアップまたは復元プロセスが正常に完了すると、リースは解放されます。 バックアップまたは復元に失敗すると、バックアップ プロセスは無効な BLOB のクリーンアップを試みます。 ただし、バックアップの失敗の原因が長期的または持続的なネットワーク接続エラーの場合は、バックアップ プロセスは BLOB にアクセスできず、BLOB は孤立したままになる可能性があります。 つまり、リースが解放されるまで、BLOB を書き込むことも削除することもできません。 このトピックでは、リースを解放 (終了) する方法と BLOB の削除について説明します。

リースの種類について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

バックアップ操作が失敗すると、無効なバックアップ ファイルが生成されます。 また、バックアップ BLOB ファイルでは、削除や上書きを防ぐためにアクティブなリースを保持する場合もあります。 そのような BLOB を削除または上書きするには、先にリースを解放 (終了) する必要があります。 バックアップに問題がある場合は、リースをクリーンアップして BLOB を削除することをお勧めします。 記憶域管理タスクの一環として、リースのクリーンアップと BLOB の削除を定期的に行うこともできます。

復元エラーが発生した場合、後続の復元はブロックされないため、アクティブなリースは問題にならないことがあります。 リースを終了する必要があるのは、BLOB を上書きまたは削除する場合だけです。

孤立した BLOB の管理

次の手順では、バックアップ動作または復元動作の失敗後にクリーンアップする方法について説明します。 すべての手順は、PowerShell スクリプトを使って実行できます。 次のセクションでは、PowerShell スクリプトの例が示されています。

  1. リースを保持している BLOB を識別する: バックアップ プロセスを実行するスクリプトまたはプロセスがあると、スクリプトまたはプロセス内のエラーをキャプチャし、それを使って BLOB をクリーンアップできる場合があります。 また、LeaseStats プロパティと LeastState プロパティを使って、それらのプロパティに対してリースを保持している BLOB を識別することもできます。 BLOB を識別したら、一覧を確認し、BLOB を削除する前にバックアップ ファイルが有効かどうかを確認します。

  2. リースを終了する: 承認された要求では、リース ID を指定せずにリースを終了できます。 詳細については、 こちら をご覧ください。

    ヒント

    SQL Server は、復元操作中にリース ID を発行して排他アクセスを確立します。 復元のリース ID は BAC2BAC2BAC2BAC2BAC2BAC2BAC2BAC2 です。

  3. BLOB を削除する: アクティブなリースを保持している BLOB を削除するには、最初にリースを終了する必要があります。

PowerShell スクリプトの例

重要

PowerShell 2.0 を実行している場合、Microsoft WindowsAzure.Storage.dll アセンブリの読み込み中に問題が発生することがあります。 この問題を解決するには、PowerShell をアップグレードすることをお勧めします。 次の回避策を利用することで、powershell.exe.config ファイルを作成または変更し、実行時、.NET 2.0 アセンブリと .NET 4.0 アセンブリをロードすることもできます。

<?xml version="1.0"?>
    <configuration>
        <startup useLegacyV2RuntimeActivationPolicy="true">
            <supportedRuntime version="v4.0.30319"/>
            <supportedRuntime version="v2.0.50727"/>
        </startup>
    </configuration>  

次に示すスクリプトの例では、アクティブなリースを保持している BLOB を識別し、それを終了しています。 この例は、リリースのリース ID をフィルター選択する方法も示します。

このスクリプトの実行に関するヒント

警告

Azure BLOB ストレージ サービスへのバックアップをこのスクリプトと同時に実行すると、バックアップは失敗する場合があります。これは、このスクリプトで終了するリースを、同時にバックアップが取得しようとしているためです。 このスクリプトは、保守期間中、バックアップが実行されていないとき、またはバックアップの実行が予期されていないときに実行します。

  • このスクリプトを実行する前に、ストレージ アカウント、ストレージ キー、コンテナー、Azure ストレージ アセンブリのパスと名前のパラメーターの値を追加してください。 ストレージ アセンブリのパスは、 SQL Serverインスタンスのインストール ディレクトリです。 ストレージ アセンブリのファイル名は Microsoft.WindowsAzure.Storage.dll です。

  • リースがロックされている BLOB がない場合は、メッセージ There are no blobs with locked lease status が表示されます。

  • リースがロックされている BLOB がある場合は、メッセージ Breaking LeasesThe lease on <URL of the Blob> is a restore lease: You will see this message only if you have a blob with a restore lease that is still active.The lease on <URL of the Blob> is not a restore lease Breaking lease on <URL of the Bob>. が表示されます。

$storageAccount = "<myStorageAccount>"
$storageKey = "<myStorageKey>"
$blobContainer = "<myBlobContainer>"
$storageAssemblyPathName = "<myStorageAssemblyPathName>"
  
# well known Restore Lease ID  
$restoreLeaseId = "BAC2BAC2BAC2BAC2BAC2BAC2BAC2BAC2"  
  
# load the storage assembly without locking the file for the duration of the PowerShell session  
$bytes = [System.IO.File]::ReadAllBytes($storageAssemblyPath)  
[System.Reflection.Assembly]::Load($bytes)  
  
$cred = New-Object 'Microsoft.WindowsAzure.Storage.Auth.StorageCredentials' $storageAccount, $storageKey  
$client = New-Object 'Microsoft.WindowsAzure.Storage.Blob.CloudBlobClient' "https://$storageAccount.blob.core.windows.net", $cred  
$container = $client.GetContainerReference($blobContainer)  
  
# list all the blobs  
$blobs = $container.ListBlobs($null,$true)
  
# filter blobs that are have Lease Status as "locked"
$lockedBlobs = @()  
foreach($blob in $blobs)  
{  
    $blobProperties = $blob.Properties
    if($blobProperties.LeaseStatus -eq "Locked")  
    {  
        $lockedBlobs += $blob  
    }  
}  

if($lockedBlobs.Count -gt 0)  
{  
    Write-Host "Breaking leases..."
    foreach($blob in $lockedBlobs )
    {  
        try  
        {  
            $blob.AcquireLease($null, $restoreLeaseId, $null, $null, $null)  
            Write-Host "The lease on $($blob.Uri) is a restore lease."  
        }  
        catch [Microsoft.WindowsAzure.Storage.StorageException]  
        {  
            if($_.Exception.RequestInformation.HttpStatusCode -eq 409)  
            {  
                Write-Host "The lease on $($blob.Uri) is not a restore lease."  
            }  
        }  
  
        Write-Host "Breaking lease on $($blob.Uri)."  
        $blob.BreakLease($(New-TimeSpan), $null, $null, $null) | Out-Null  
    }  
} else { Write-Host " There are no blobs with locked lease status." }

関連項目

SQL Server Backup to URL に関するベスト プラクティスとトラブルシューティング