データベースのバックアップの復元 (SQL Server Management Studio)Restore a Database Backup (SQL Server Management Studio)

このトピックでは、データベースの完全バックアップを復元する方法について説明します。This topic explains how to restore a full database backup.

重要

完全復旧モデルまたは一括ログ復旧モデルを使用する場合は、SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio でデータベースを復旧する前に、ログの末尾と呼ばれるアクティブ トランザクション ログをバックアップする必要があります。Under the full or bulk-logged recovery model, before you can restore a database in SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, you must back up the active transaction log (known as the tail of the log). 詳細については、「トランザクション ログのバックアップ (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Back Up a Transaction Log (SQL Server). 暗号化されたデータベースを復元するには、データベースの暗号化に使用された証明書または非対称キーにアクセスできることが必要です。To restore a database that is encrypted, you must have access to the certificate or asymmetric key that was used to encrypt the database. 証明書または非対称キーがないと、データベースは復元できません。Without the certificate or asymmetric key, the database cannot be restored. このため、バックアップが必要である間は、データベース暗号化キーの暗号化に使用する証明書を保持しておく必要があります。As a result, the certificate that is used to encrypt the database encryption key must be retained as long as the backup is needed. 詳細については、「 SQL Server Certificates and Asymmetric Keys」をご覧ください。For more information, see SQL Server Certificates and Asymmetric Keys.

SQL Server 2005SQL Server 2005 以降のデータベースを SQL Server 2014SQL Server 2014 に復元すると、データベースが自動的にアップグレードされることに注意してください。Note that if you restore a SQL Server 2005SQL Server 2005 or higher database to SQL Server 2014SQL Server 2014, the database is automatically upgraded. 通常、データベースは直ちに使用可能になります。Typically, the database becomes available immediately. ただし、 SQL Server 2005SQL Server 2005 データベースにフルテキスト インデックスがある場合、アップグレード プロセスでは、 [フルテキスト アップグレード オプション] サーバー プロパティの設定に応じて、インポート、リセット、または再構築が行われます。However, if a SQL Server 2005SQL Server 2005 database has full-text indexes, the upgrade process either imports, resets, or rebuilds them, depending on the setting of the Full-Text Upgrade Option server property. アップグレード オプションが [インポート] または [再構築] に設定されている場合、アップグレード中はフルテキスト インデックスを使用できなくなります。If the upgrade option is set to Import or Rebuild, the full-text indexes will be unavailable during the upgrade. インデックスを作成するデータ量によって、インポートには数時間、再構築には最大でその 10 倍の時間がかかることがあります。Depending upon the amount of data being indexed, importing can take several hours, and rebuilding can take up to ten times longer. なお、アップグレード オプションが [インポート] に設定されており、フルテキスト カタログが使用できない場合は、関連付けられたフルテキスト インデックスが再構築されます。Note also that when the upgrade option is set to Import, if a full-text catalog is not available, the associated full-text indexes are rebuilt. フルテキスト アップグレード オプション プロパティの設定の表示と変更については、「 サーバー インスタンスでのフルテキスト検索の管理と監視」を参照してください。For information about viewing or changing the setting of the Full-Text Upgrade Option property, see Manage and Monitor Full-Text Search for a Server Instance.

データベースの完全バックアップを復元するにはTo restore a full database backup

  1. MicrosoftMicrosoft SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engineの適切なインスタンスに接続後、オブジェクト エクスプローラーでサーバー名をクリックして、サーバー ツリーを展開します。After you connect to the appropriate instance of the MicrosoftMicrosoft SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine, in Object Explorer, click the server name to expand the server tree.

  2. [データベース] を展開します。Expand Databases. 復元するデータベースに応じて、ユーザー データベースを選択するか、 [システム データベース] を展開してシステム データベースを選択します。Depending on the database, either select a user database or expand System Databases, and then select a system database.

  3. データベースを右クリックし、タスク、 をポイント復元、 をクリックし、データベースを開きます、データベースの復元ダイアログ ボックス。Right-click the database, point to Tasks, point to Restore, and then click Database, which opens the Restore Database dialog box.

  4. [全般] ページの 復元元のセクションを使用して、復元するバックアップ セットの復元元ファイルと場所を指定します。On the General page, use the Source section to specify the source and location of the backup sets to restore. 以下のオプションの 1 つを選択します。Select one of the following options:

    • [データベース]Database

      復元するデータベースをドロップダウン リストから選択します。Select the database to restore from the drop-down list. このリストには、 msdb バックアップ履歴に従ってバックアップされたデータベースのみが含まれます。The list contains only databases that have been backed up according to the msdb backup history.

    注意

    別のサーバーで作成されたバックアップの場合、復元先のサーバーには指定されたデータベースのバックアップ履歴情報が存在しません。If the backup is taken from a different server, the destination server will not have the backup history information for the specified database. この場合、 [デバイス] をクリックして、復元するファイルまたはデバイスを手動で指定します。In this case, select Device to manually specify the file or device to restore.

    • [デバイス]Device

      参照ボタン ( [...] ) をクリックし、 [バックアップ デバイスの選択] ダイアログ ボックスを開きます。Click the browse (...) button to open the Select backup devices dialog box. [バックアップ メディアの種類] ボックスから、デバイスの種類を 1 つ選択します。In the Backup media type box, select one of the listed device types. [バックアップ メディア] ボックスにデバイスを追加するには、 [追加] をクリックします。To select one or more devices for the Backup media box, click Add.

      [バックアップ メディア] ボックスに目的のデバイスを追加したら、 [OK] をクリックして、 [全般] ページに戻ります。After you add the devices you want to the Backup media list box, click OK to return to the General page.

      [ソース: デバイス: データベース] リスト ボックスで、復元するデータベースの名前を選択します。In the Source: Device: Database list box, select the name of the database which should be restored.

      注意

      この一覧は [デバイス] を選択した場合にのみ使用できます。This list is only available when Device is selected. 選択されたデバイスにバックアップを持つデータベースのみが使用できるようになります。Only databases that have backups on the selected device will be available.

      バックアップ メディアBackup media
      復元操作中 を選択します。ファイルテープURLまたはバックアップ デバイスします。Select the medium for the restore operation: File, Tape, URLor Backup Device. [テープ] オプションは、テープ ドライブがコンピューターにセットされている場合だけ表示されます。また、 [バックアップ デバイス] オプションは、1 つ以上のバックアップ デバイスが存在する場合だけ表示されます。The Tape option appears only if a tape drive is mounted on the computer, and the Backup Device option appears, only if at least one backup device exists.

      バックアップの場所Backup location
      復元操作で使用するメディアを表示、追加、または削除します。View, add, or remove media for the restore operation. この一覧には、最大で 64 個のファイル、テープ、またはバックアップ デバイスを表示できます。The list can contain up to 64 files, tapes, or backup devices.

      [追加]Add
      バックアップ デバイスの場所を追加します、バックアップの場所一覧。Adds the location of a backup device to the Backup location list. 選択したメディアの種類に応じて、バックアップ メディアフィールド、クリックして追加次のダイアログ ボックスのいずれかが開きます。Depending on the type of media you select in the Backup media field, clicking Add opens one of the following dialog boxes.

      メディアの種類Media type ダイアログ ボックスDialog box DescriptionDescription
      [最近使ったファイル]File [バックアップ ファイルの検索]Locate Backup File このダイアログ ボックスでは、ツリーからローカル ファイルを選択するか、完全修飾の汎用名前付け規則 (UNC) 名を使用したリモート ファイルを指定できます。In this dialog box, you can select a local file from the tree or specify a remote file using its fully qualified universal naming convention (UNC) name. 詳細については、「 バックアップ デバイス (SQL Server)の別のインスタンスで作成された場合、これは必須です。For more information, see Backup Devices (SQL Server).
      [デバイス]Device [バックアップ デバイスの選択]Select Backup Device このダイアログ ボックスでは、サーバー インスタンスで定義された論理バックアップ デバイスの一覧から選択できます。In this dialog box, you can select from a list of the logical backup devices defined on the server instance.
      [テープ]Tape [バックアップ テープの選択]Select Backup Tape このダイアログ ボックスでは、 SQL ServerSQL Serverのインスタンスが動作しているコンピューターに物理的に接続されているテープ ドライブの一覧から選択できます。In this dialog box, you can select from a list of the tape drives that are physically connected to the computer running the instance of SQL ServerSQL Server.
      URLURL これにより、2 つのダイアログ ボックスが次の順序で表示されます。This launches two dialog boxes in the following order:

      1) Windows に接続する Azure ストレージ1) Connect to Windows Azure Storage

      2) Windows Azure でバックアップ ファイルの検索2) Locate Backup File in Windows Azure
      Windows Azure Storage へ接続 ダイアログ ボックスで、Windows Azure ストレージ アカウント名とアクセス キー情報を格納する既存の SQL 資格情報を選択するか、ストレージ アカウント名を指定することで新しい SQL 資格情報を作成およびストレージ アクセス キーの情報。In the Connect to Windows Azure Storage dialog box, Select an existing SQL Credential that stores the Windows Azure storage account name and access key information, or create new SQL Credential by specifying the storage account name and storage access key information. 詳細については、次を参照してください。 Windows Azure Storage へ接続(復元)します。For more information, see Connect to Windows Azure Storage (Restore).

      バックアップ ファイルの検索ダイアログ ボックスで、左側のフレームに表示されているコンテナーの一覧からファイルを選択することができます。In the Locate Backup File dialog box, you can select a file from the list of containers displayed on the left frame.

      リストがいっぱいの場合、追加ボタンは使用できません。If the list is full, the Add button is unavailable.

      [削除]Remove
      選択されている 1 つまたは複数のファイル、テープ、または論理バックアップ デバイスを削除します。Removes one or more selected files, tapes, or logical backup devices.

      目次Contents
      選択されているファイル、テープ、または論理バックアップ デバイスのメディアの内容を表示します。Displays the media contents of a selected file, tape, or logical backup device.

  5. 復元先のセクション[データベース] ボックスに、復元するデータベースの名前が自動的に表示されます。In the Destination section, the Database box is automatically populated with the name of the database to be restored. データベースの名前を変更するには、 [データベース] ボックスに新しい名前を入力します。To change the name of the database, enter the new name in the Database box.

  6. [復元先] ボックスで、既定値の [最後に作成されたバックアップ] のままにするか、 [タイムライン] をクリックして、 [バックアップのタイムライン] ダイアログ ボックスにアクセスし、具体的にどの時点で復旧アクションを停止するかを手動で選択します。In the Restore to box, leave the default as To the last backup taken or click on Timeline to access the Backup Timeline dialog box to manually select a point in time to stop the recovery action. 特定の時点を指定する方法の詳細については、「 バックアップ タイムライン」をご覧ください。For more information on designating a specific point in time, see Backup Timeline.

  7. [復元するバックアップ セット] グリッドで、復元するバックアップを選択します。In the Backup sets to restore grid, select the backups to restore. このグリッドには、指定された場所に対して使用可能なバックアップが表示されます。This grid displays the backups available for the specified location. 既定では、復旧計画が推奨されています。By default, a recovery plan is suggested. 推奨された復元計画を変更するには、グリッドの選択を変更します。To override the suggested recovery plan, you can change the selections in the grid. 以前のバックアップの選択を解除すると、以前のバックアップの復元に依存するバックアップは自動的に選択が解除されます。Backups that depend on the restoration of an earlier backup are automatically deselected when the earlier backup is deselected. [復元するバックアップ セット] グリッドの列の詳細については、「データベースの復元 ([全般] ページ)」を参照してください。For information about the columns in the Backup sets to restore grid, see Restore Database (General Page).

  8. 必要に応じて、 [ページの選択] ペインの [ファイル] をクリックして、 [ファイル] ダイアログ ボックスにアクセスします。Optionally, click Files in the Select a page pane to access the Files dialog box. このダイアログ ボックスでは、 [次のデータベース ファイルに復元] グリッド内の各ファイルに新しい復元先を指定することで、新しい場所にデータベースを復元できます。From here, you can restore the database to a new location by specifying a new restore destination for each file in the Restore the database files as grid. このグリッドの詳細については、「データベースの復元 ([ファイル] ページ)」を参照してください。For more information about this grid, see Restore Database (Files Page).

  9. 拡張オプションを表示または選択するには、 [オプション] ページの [復元オプション] パネルを使用します。状況に応じて、次の任意のオプションを選択できます。To view or select the advanced options, on the Options page, in the Restore options panel, you can select any of the following options, if appropriate for your situation:

    1. WITH オプション (必須ではありません):WITH options (not required):

      • [既存のデータベースを上書きする (WITH REPLACE)]Overwrite the existing database (WITH REPLACE)

      • [レプリケーションの設定を保存する (WITH KEEP_REPLICATION)]Preserve the replication settings (WITH KEEP_REPLICATION)

      • [復元するデータベースへのアクセスを制限する (WITH RESTRICTED_USER)]Restrict access to the restored database (WITH RESTRICTED_USER)

    2. [復旧状態] ボックスのオプションを選択します。Select an option for the Recovery state box. このボックスの選択内容により、復元操作後のデータベースの状態が決まります。This box determines the state of the database after the restore operation.

      • [RESTORE WITH RECOVERY] : コミットされていないトランザクションをロールバックして、データベースを使用可能な状態にします。これが既定の動作です。RESTORE WITH RECOVERY is the default behavior which leaves the database ready for use by rolling back the uncommitted transactions. 別のトランザクション ログは復元できません。Additional transaction logs cannot be restored. このオプションは、必要なバックアップをすべて復元する場合に選択します。Select this option if you are restoring all of the necessary backups now.

      • [RESTORE WITH NORECOVERY] : データベースは操作不可状態のままとなり、コミットされていないトランザクションはロールバックされません。RESTORE WITH NORECOVERY which leaves the database non-operational, and does not roll back the uncommitted transactions. 別のトランザクション ログは復元できますAdditional transaction logs can be restored. データベースは、復旧されるまで使用できません。The database cannot be used until it is recovered.

      • [RESTORE WITH STANDBY] : データベースを読み取り専用モードにします。RESTORE WITH STANDBY which leaves the database in read-only mode. コミットされていないトランザクションは元に戻されますが、復旧結果を元に戻せるように元に戻す操作をスタンバイ ファイルに保存します。It undoes uncommitted transactions, but saves the undo actions in a standby file so that recovery effects can be reverted.

    3. 選択した時点まで復元するために必要であれば、 [復元の前にログ末尾のバックアップを実行する] が選択されます。Take tail-log backup before restore will be selected if it is necessary for the point in time that you have selected. この設定を変更する必要はありません。ログの末尾をバックアップする必要がない場合でも、そのように選択してかまいません。You do not need to modify this setting, but you can choose to backup the tail of the log even if it is not required. ここにファイル名を挿入します。filename here? 最初のバックアップ セットの場合、全般ページは、Windows Azure では、ログの末尾もバックアップを同じストレージ コンテナー。If the first backup set in the General page is in Windows Azure, the tail log will also be backed up to the same storage container.

    4. データベースへのアクティブな接続がある場合、復元操作は失敗する可能性があります。Restore operations may fail if there are active connections to the database. とデータベース間のすべてのアクティブな接続を閉じるには、 [既存の接続を閉じる] Management StudioManagement Studio オプションをオンにします。Check the Close existing connections option to ensure that all active connections between Management StudioManagement Studio and the database are closed. このチェック ボックスをオンにすると、データベースは復元操作の実行前にシングル ユーザー モードに設定され、復元操作の完了後にマルチユーザー モードに設定されます。This check box sets the database to single user mode before performing the restore operations, and sets the database to multi-user mode when complete.

    5. 復元操作と復元操作の間に、その都度、確認のメッセージを表示するには、 [各バックアップを復元する前に確認する] をオンにします。Select Prompt before restoring each backup if you wish to be prompted between each restore operation. 通常は、その必要はありません。データベースが大きく、復元操作のステータスを監視する必要がある場合にのみ使用します。This is not usually necessary unless the database is large and you wish to monitor the status of the restore operation.

    これらの復元オプションの詳細については、「 [データベースの復元] ([オプション] ページ)と呼ばれる) をバックアップする必要がある場合があります。For more information about these restore options, see Restore Database (Options Page).

  10. [OK] をクリックします。Click OK.

参照See Also

トランザクション ログのバックアップ (SQL Server) Back Up a Transaction Log (SQL Server)
データベースの完全バックアップの作成 (SQL Server) Create a Full Database Backup (SQL Server)
データベースを新しい場所に復元する (SQL Server) Restore a Database to a New Location (SQL Server)
トランザクション ログ バックアップの復元 (SQL Server) Restore a Transaction Log Backup (SQL Server)
RESTORE (Transact-SQL) RESTORE (Transact-SQL)
[データベースの復元] ([オプション] ページ) Restore Database (Options Page)
[データベースの復元] ([全般] ページ)Restore Database (General Page)