[データベースの復元] ([全般] ページ)Restore Database (General Page)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

[全般] ページを使用すると、データベースの復元操作における対象データベースとソース データベースに関する情報を指定できます。Use the General page to specify information about the target and source databases for a database-restore operation.

注意

SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio を使用して復元タスクを指定する場合、 [スクリプト] をクリックしてスクリプトの保存先を選択することにより、対応する Transact-SQLTransact-SQL RESTORE スクリプトを生成できます。When you specify a restore task by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, you can generate the corresponding Transact-SQLTransact-SQL RESTORE script by clicking Script and then selecting a destination for the script.

アクセス許可Permissions

復元するデータベースが存在しない場合、ユーザーは RESTORE を実行できる CREATE DATABASE 権限を使用する必要があります。If the database being restored does not exist, the user must have CREATE DATABASE permissions to be able to execute RESTORE. データベースが存在する場合、既定では、RESTORE 権限は sysadmin 固定サーバー ロールおよび dbcreator 固定サーバー ロールのメンバーと、データベースの所有者 (dbo) に与えられています。If the database exists, RESTORE permissions default to members of the sysadmin and dbcreator fixed server roles and the owner (dbo) of the database.

RESTORE 権限は、サーバーでメンバーシップ情報を常に確認できるロールに与えられます。RESTORE permissions are given to roles in which membership information is always readily available to the server. 固定データベース ロールのメンバーシップは、データベースがアクセス可能で破損していない場合にのみ確認することができますが、RESTORE の実行時にはデータベースがアクセス可能で損傷していないことが必ずしも保証されないため、 db_owner 固定データベース ロールのメンバーには RESTORE 権限は与えられません。Because fixed database role membership can be checked only when the database is accessible and undamaged, which is not always the case when RESTORE is executed, members of the db_owner fixed database role do not have RESTORE permissions.

暗号化されたバックアップから復元するには、バックアップ時の暗号化に使用された証明書または非対称キーに対する VIEW DEFINITION 権限が必要です。Restoring from an encrypted backup requires VIEW DEFINITION permissions to the certificate or asymmetric key used to encrypt during backup.

オプションOptions

SourceSource

[復元元] パネルのオプションでは、データベースのバックアップ セットの場所と復元するバックアップ セットを指定します。The options of the Restore frompanel identify the location of the backup sets for the database and which backup sets you want to restore.

項目Term 定義Definition
[データベース]Database 復元するデータベースをドロップダウン リストから選択します。Select the database to restore from the drop-down list. このリストには、 msdb バックアップ履歴に従ってバックアップされたデータベースのみが含まれます。The list contains only databases that have been backed up according to the msdb backup history.
[デバイス]Device 復元対象のバックアップを含む論理バックアップ デバイスまたは物理バックアップ デバイス (テープ、URL、またはファイル) を選択します。Select the logical or physical backup devices (tapes, URL or files) that contain the backup or backups you want to restore. データベース バックアップが SQL ServerSQL Serverの別のインスタンスで作成された場合、これは必須です。This is required if the database backup was taken on a different instance of SQL ServerSQL Server.

1 つ以上の論理バックアップ デバイスまたは物理バックアップ デバイスを選択するには、参照ボタンをクリックして、 [バックアップ デバイスの選択] ダイアログ ボックスを開きます。To select one or more logical or physical backup devices, click the browse button which opens the Select backup devices dialog box. このダイアログ ボックスで、1 つのメディア セットに属する最大 64 個のデバイスを選択できます。There, you can select up to 64 devices that belong to a single media set. テープ デバイスは、 SQL ServerSQL Serverのインスタンスが動作しているコンピューターに物理的に接続している必要があります。Tape devices must be physically connected to the computer that is running the instance of SQL ServerSQL Server. バックアップ ファイルは、ローカルまたはリモートのディスク デバイスに配置できます。A backup file can be on a local or remove disk device. 詳細については、「 バックアップ デバイス (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Backup Devices (SQL Server). Azure Storage に格納されるバックアップ ファイルのデバイスの種類として、 [URL] を選択することもできます。You can also select URL as the device type for backup files stored in Azure storage.

[バックアップ デバイスの選択] ダイアログ ボックスを終了すると、選択したデバイスが [デバイス] の一覧に読み取り専用の値として表示されます。When you exit the Select backup devices dialog box, the selected device will appear as read-only values in the Device list.
[データベース]Database ドロップダウン リストから、バックアップを復元するデータベース名を選択します。Select the database name from which the backups should be restored from the dropdown list.

注:この一覧は [デバイス] を選択した場合にのみ使用できます。Note: This list is only available when Device is selected. 選択されたデバイスにバックアップを持つデータベースのみが使用できるようになります。Only databases that have backups on the selected devices will be available.

[Destination]Destination

[復元先] パネルのオプションでは、データベースと復元ポイントを指定します。The options of the Restore to panel identify the database and restore point.

項目Term 定義Definition
[データベース]Database 復元するデータベースを一覧に入力します。Enter the database to restore in the list. 新しいデータベースを入力するか、ドロップダウン リストから既存のデータベースを選択します。You can enter a new database or choose an existing database from the drop-down list. このリストには、システム データベース master および tempdbを除いた、サーバー上のすべてのデータベースが表示されます。The list includes all databases on the server, excluding the system databases master and tempdb.

注:パスワードで保護されたバックアップを復元するには、 RESTORE ステートメントを使用する必要があります。Note: To restore a password-protected backup, you must use the RESTORE statement.
[復元先]Restore to 既定では、 [復元先] ボックスが [最後に作成されたバックアップ] に設定されます。The Restore to box will be set "To the last backup taken" by default. [タイムライン] をクリックして、 [バックアップのタイムライン] ダイアログ ボックスを表示することもできます。このダイアログ ボックスでは、データベースのバックアップ履歴がタイムラインの形式で表示されます。You can also click Timeline to show the Backup Timeline dialog box, which displays the database backup history in the form of a timeline. データベースを復元する特定の datetime を指定するには、 [タイムライン] をクリックします。Click Timeline to designate a specific datetime to which you want to restore the database. データベースは、この指定された時点での状態に復元されます。The database will then be restored to the state it was in at this specified point in time. Backup Timeline」を参照してください。See Backup Timeline.

復元プランRestore Plan

項目Term 定義Definition Values
[復元するバックアップ セット]Backup sets to restore 指定した場所にあるバックアップ セットを表示します。Displays the backup sets available for the specified location. 各バックアップ セット (1 回のバックアップ操作の結果) は、メディア セット内のすべてのデバイスに分散されます。Each backup set, the result of a single backup operation, is distributed across all of the devices in the media set. 既定では、必要なバックアップ セットの選択に基づいて、復元操作の目的を達成するための復旧プランが提案されます。By default, a recovery plan is suggested to achieve the goal of the restore operation that is based on the selection of the required backup sets. SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio では、 msdb のバックアップ履歴に基づいて、データベースの復元に必要なバックアップが識別され、復元プランが作成されます。uses the backup history in msdb to identify which backups are required to restore a database, and creates a restore plan. たとえば、データベースの復元では、最新の完全データベース バックアップを選択した後、(存在する場合は) 最新の差分バックアップを選択する復元プランが作成されます。For example, for a database restore, the restore plan selects the most recent full database backup followed by the most recent subsequent differential database backup, if any. 完全復旧モデルの復元プランでは、さらに、すべてのログ バックアップが選択されます。Under the full recovery model, the restore plan then selects all subsequent log backups.

推奨された復元計画を変更するには、グリッドの選択を変更します。To override the suggested recovery plan, you can change the selections in the grid. バックアップの選択を解除すると、それに依存するその他のバックアップも自動的に選択が解除されます。Any backups that depend on a deselected backup are deselected automatically.

[手動での選択] がオンになっている場合にのみ、チェック ボックスを使用できるようになります。The checkboxes are only enabled when the Manual Selection box is checked. これにより、復元されるバックアップ セットを選択できます。This allows you to select which backup-sets are to be restored.

[手動での選択] がオンになっていると、復元プランが変更されるたびに、その正確性が確認されます。When the Manual Selection box is checked, the accuracy of the Restore Plan is checked each time it is modified. バックアップのシーケンスが正しくない場合は、エラー メッセージが表示されます。If the sequence of backups is incorrect, an error message will appear.
[復元] :Restore:
このチェック ボックスをオンにすると、バックアップ セットが復元されます。The selected check boxes indicate the backup sets to be restored.

[名前] :Name:
バックアップ セットの名前です。The name of the backup set.

[コンポーネント] :バックアップされるコンポーネント: [データベース][ファイル] 、または [<空白>] (トランザクション ログ用)。Component : The backed-up component: Database, File, or <blank> (for transaction logs).

[種類] :実行するバックアップの種類: [完全][差分][トランザクション ログ]Type: The type of backup performed: Full, Differential, or Transaction Log.

[サーバー] :バックアップ操作を実行した データベース エンジンDatabase Engine インスタンスの名前。Server: The name of the データベース エンジンDatabase Engine instance that performed the backup operation.

[データベース] :Database:
バックアップ操作に呼び出されるデータベース名です。The name of the database involved in the backup operation.

[位置] :ボリューム内でのバックアップ セットの位置。Position: The position of the backup set in the volume.

[最初の LSN] :First LSN:
バックアップ セット内の先頭のトランザクションのログ シーケンス番号。The log sequence number of the first transaction in the backup set. ファイル バックアップの場合は空白。Blank for file backups.

[最後の LSN] :Last LSN:
バックアップ セット内の末尾のトランザクションのログ シーケンス番号。The log sequence number of the last transaction in the backup set. ファイル バックアップの場合は空白。Blank for file backups.

[チェックポイントの LSN] :Checkpoint LSN:
バックアップが作成された時点で最新のチェックポイントのログ シーケンス番号 (LSN)。The log sequence number (LSN) of the most recent checkpoint at the time the backup was created.

[全 LSN] :Full LSN:
最新のデータベース全体のバックアップのログ シーケンス番号。The log sequence number of the most recent full database backup.

[開始日] :Start Date:
バックアップ操作が開始した日時で、クライアントの地域設定で表示されます。The date and time when the backup operation began, presented in the regional setting of the client.

[完了日] :Finish Date:
バックアップ操作が完了したときの日付と時刻。クライアントの地域設定で表示されます。The date and time when the backup operation finished, presented in the regional setting of the client.

[サイズ] :Size:
バックアップ セットのサイズ (バイト単位) です。The size of the backup set in bytes.

[ユーザー名] :User Name:
バックアップ操作を実行したユーザーの名前。The name of the user who performed the backup operation.

[有効期限] :Expiration:
バックアップ セットの期限が切れる日付と時刻。The date and time the backup set expires.
[バックアップ メディアの検証]Verify Backup Media 選択したバックアップ セットに対して RESTORE VERIFY_ONLY ステートメントを呼び出します。Calls a RESTORE VERIFY_ONLY statement on the selected backup-sets.

注:この操作の実行には時間がかかるので、ダイアログ フレームワークの進行状況モニターを使用して進行状況の追跡や、実行の取り消しを行うことができます。Note: This is a long-running operation, and its progress can be tracked and cancelled by using the Progress Monitor on the Dialog Framework.

このボタンを使用すると、選択したバックアップ ファイルの整合性を、復元前にチェックできます。This button allows you to check the integrity of the selected backup files prior to restoring them.

バックアップ セットの整合性のチェック中は、ダイアログ ボックスの左下の進行状況が、"実行しています" ではなく "検証しています" になります。When checking the integrity of backup sets, the progress status at the bottom left of the dialog box will read "Verifying" rather than "Executing."

互換性サポートCompatibility Support

SQL Server 2017SQL Server 2017では、 SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) 以降のバージョンを使用して作成したデータベース バックアップからユーザー データベースを復元できます。In SQL Server 2017SQL Server 2017, you can restore a user database from a database backup that was created by using SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) or a later version. ただし、 を使用して作成された mastermodel 、および SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) msdb SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) のバックアップを SQL Server 2017SQL Server 2017で復元することはできません。However, backups of master, model and msdb that were created by using SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) through SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) cannot be restored by SQL Server 2017SQL Server 2017. また、 SQL Server 2017SQL Server 2017 で作成されたバックアップを以前のバージョンの SQL ServerSQL Serverで復元することもできません。Also, backups created in SQL Server 2017SQL Server 2017 cannot be restored by any earlier version of SQL ServerSQL Server.

SQL Server 2017SQL Server 2017 では、以前のバージョンとは異なる既定パスが使用されます。uses a different default path than earlier versions. そのため、以前のバージョンの SQL ServerSQL Serverの既定の場所に作成されたデータベースを復元するには、MOVE オプションを使用する必要があります。Therefore, to restore a database that was created in the default location of an earlier version of SQL ServerSQL Server, you must use the MOVE option.

以前のバージョンのデータベースを SQL Server 2017SQL Server 2017に復元すると、データベースが自動的にアップグレードされます。After you restore an earlier version database to SQL Server 2017SQL Server 2017, the database is automatically upgraded. 通常、データベースは直ちに使用可能になります。Typically, the database becomes available immediately. ただし、 SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) データベースにフルテキスト インデックスがある場合、アップグレード プロセスでは、 [フルテキスト アップグレード オプション] サーバー プロパティの設定に応じて、インポート、リセット、または再構築が行われます。However, if a SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) database has full-text indexes, the upgrade process either imports, resets, or rebuilds them, depending on the setting of the Full-Text Upgrade Option server property. アップグレード オプションが [インポート] または [再構築] に設定されている場合、アップグレード中はフルテキスト インデックスを使用できなくなります。If the upgrade option is set to Import or Rebuild, the full-text indexes will be unavailable during the upgrade. インデックスを作成するデータ量によって、インポートには数時間、再構築には最大でその 10 倍の時間がかかることがあります。Depending upon the amount of data being indexed, importing can take several hours, and rebuilding can take up to ten times longer. なお、アップグレード オプションが [インポート] に設定されており、フルテキスト カタログが使用できない場合は、関連付けられたフルテキスト インデックスが再構築されます。Note also that when the upgrade option is set to Import, if a full-text catalog is not available, the associated full-text indexes are rebuilt.

暗号化されたバックアップからの復元Restoring from an Encrypted Backup

復元するには、最初にバックアップの作成に使用された証明書または非対称キーを復元先のインスタンスで使用できる必要があります。Restore requires that the certificate or asymmetric key that was originally used to create the backup is available on the instance you are restoring to. 復元を実行するアカウントには、証明書または非対称キーに対する VIEW DEFINITIONS 権限が必要です。The account performing the restore should have VIEW DEFINITIONS on the certificate or asymmetric key. バックアップの暗号化に使用した証明書は更新しないでください。Certificates used to encrypt backup should not be renewed or updated.

Microsoft Azure Storage からの復元Restoring from Microsoft Azure Storage

[バックアップ デバイスの選択] ダイアログ ボックスの [バックアップ メディアの種類:] ドロップダウン リストから [URL] を選択します。Select URL from the Backup media type: drop-down list from the Select backup devices dialog box. 次に、 [追加] をクリックして [バックアップ ファイルの場所を選択] ダイアログを開きます。ここで、既存の SQL Server 資格情報/Azure ストレージ コンテナーを選択し、共有アクセス署名で新しい Azure ストレージ コンテナーを追加するか、共有アクセス署名と既存のストレージ コンテナーの SQL Server 資格情報を生成します。Then click Add to open the Select a Backup File Location dialog where you can select an existing SQL Server credential/Azure storage container, add a new Azure storage container with a shared access signature, or generate a shared access signature and SQL Server credential for an existing storage container. ストレージ アカウントに接続されると、バックアップ ファイルが [Microsoft Azure でのバックアップ ファイルの位置指定] ダイアログ ボックスに表示され、復元に使用するファイルを選択できます。Once connected to the storage account, the backup files are displayed in the Locate Backup File in Microsoft Azure dialog where you can select the file to use for the restore. Microsoft Azure サブスクリプションへの接続」も参照してください。See also, Connect to A Microsoft Azure Subscription.

参照See Also

バックアップ デバイス (SQL Server) Backup Devices (SQL Server)
デバイスからのバックアップ復元 (SQL Server) Restore a Backup from a Device (SQL Server)
マークされたトランザクションへのデータベースの復元 (SQL Server Management Studio) Restore a Database to a Marked Transaction (SQL Server Management Studio)
トランザクション ログ バックアップの復元 (SQL Server) Restore a Transaction Log Backup (SQL Server)
バックアップ テープまたはバックアップ ファイルの内容の表示 (SQL Server) View the Contents of a Backup Tape or File (SQL Server)
論理バックアップ デバイスのプロパティと内容の表示 (SQL Server) View the Properties and Contents of a Logical Backup Device (SQL Server)
メディア セット、メディア ファミリ、およびバックアップ セット (SQL Server) Media Sets, Media Families, and Backup Sets (SQL Server)
RESTORE の引数 (Transact-SQL) RESTORE Arguments (Transact-SQL)
トランザクション ログ バックアップの適用 (SQL Server)Apply Transaction Log Backups (SQL Server)