バイナリ ラージ オブジェクト (Blob) データ (SQLServer)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

SQL Server には、ファイルおよびドキュメントをデータベースまたはリモート ストレージ デバイスに格納するためのソリューションが用意されています。

SQL Server に Blob を保存するオプションの比較

FILESTREAM、FileTable、およびリモート BLOB ストアの利点を比較します。 「Blob (SQL Server) を保存するオプションの比較」を参照してください。

Blob を保存するオプション

FILESTREAM (SQL Server)

FILESTREAM を使用すると、 SQL Serverベースのアプリケーションで非構造化データ (ドキュメントやイメージなど) をファイル システムに格納できます。 これにより、ファイル システムの豊富なストリーミング API と高いパフォーマンスをアプリケーションで活用できるほか、非構造化データとそれに対応する構造化データの間でトランザクションの一貫性も維持されます。

FileTables (SQL Server)

FileTable 機能は、 SQL Serverに格納されているファイル データに対して Windows ファイル名前空間のサポートと Windows アプリケーションとの互換性を提供します。 FileTable により、アプリケーションは、ストレージとデータ管理コンポーネントを統合し、非構造化データおよびメタデータに対する統合 SQL Server サービス (フルテキスト検索、セマンティック検索など) を提供できます。

つまり、ファイルおよびドキュメントを FileTable と呼ばれる SQL Server の特殊なテーブルに保存しておき、ファイル システムに格納されているかのように、Windows アプリケーションからこれらのファイルおよびドキュメントにアクセスできるということです。このとき、クライアント アプリケーションに変更を加える必要はありません。

リモート BLOB ストア (RBS) (SQL Server)

SQL Server のリモート BLOB ストア (RBS) を使用すると、データベース管理者は、バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) を、直接サーバーに格納するのではなく、汎用的なストレージ ソリューションに格納できます。 これにより、容量を大幅に節約でき、コストのかかるサーバー ハードウェア リソースの浪費を回避できます。 RBS では、アプリケーションが BLOB データにアクセスするための標準化されたモデルを定義する一連の API ライブラリが提供されます。 また、RBS には、リモート BLOB データの管理に役立つメンテナンス ツール (ガベージ コレクションなど) も用意されています。

RBS は、 SQL Server インストール メディアに含まれていますが、 SQL Server セットアップ プログラムではインストールされません。