照合順序と CLR 統合データ型

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

では、 .NET Framework compareinfoオブジェクトが照合順序を処理します。 .NET Framework文字列アプリケーションプログラミングインターフェイス (api) は、現在のスレッドのCultureInfoオブジェクトに関連付けられているcompareinfoプロパティを使用して、文字列比較を実行します。 CultureInfoオブジェクトの既定の設定は、が実行されている Microsoft コンピューターの Windows ロケール設定に基づいてい Microsoft SQL Server ます。 これにより、 system.string値の比較のために、明示的なCultureInfoが指定されていない場合の既定の比較セマンティクスが決まります。 SQL Serverは、 Compareinfoプロパティをデータベースまたはサーバーの照合順序に明示的に変更しません。 必要に応じて、ユーザーはルーチンで適切なCompareinfoプロパティを設定する必要があります。

パラメーターの照合順序

共通言語ランタイム (CLR) ルーチンを作成し、そのルーチンにバインドされた CLR メソッドのパラメーターがSQLString型である場合、は、 SQL Server 呼び出し元のルーチンを含むデータベースの既定の照合順序を使用して、パラメーターのインスタンスを作成します。 パラメーターがSqlTypeではない場合 (たとえば、 SQLStringではなく文字列の場合)、データベースからの照合順序情報はパラメーターに関連付けられません。

関連項目

.NET Framework での SQL Server データ型