CLR 統合 - 何's NewCLR Integration - What's New

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) の CLR 統合で新しくなった点は次のとおりです。The following are new features in CLR integration in SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x):

  • CLR のバージョン 4 では、破損状態の例外を CLR データベース オブジェクトはキャッチしません。In version 4 of the CLR, CLR database objects no longer catch corrupted state exceptions. これらの例外は、CLR 統合ホスト層でキャッチされるようになりました。These exceptions are now caught in the CLR integration hosting layer. コード属性を設定して、CLR データベース コンポーネントによってこれらの例外がキャッチもできます (<legacyCorruptedStateExceptionsPolicy > 要素)。These exceptions can still be caught by the CLR database components by setting a code attribute (<legacyCorruptedStateExceptionsPolicy> Element). ただし、破損状態の例外が発生した場合の結果には信頼性がないため、この設定はお勧めできません。However, this is not recommended because results are not reliable when a corrupted state exception occurs.

  • SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) には厳しいセキュリティ要件があるため、CLR データベース コンポーネントには、今後も CLR バージョン 2.0 で定義されたコード アクセス セキュリティ モデルが使用されます。Due to the strict security requirements of SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x), CLR database components will continue to use the Code Access Security model defined in CLR version 2.0.

  • CLR バージョン 4 の形式エラーで、 System.TimeSpan値が生成されます、 System.FormatExceptionsします。In CLR version 4, a format error in a System.TimeSpan value will generate a System.FormatExceptions. 形式エラーは、CLR の version 4 より前、 System.TimeSpan値は無視されました。Prior to version 4 of the CLR, a format error in a System.TimeSpan value was ignored. CLR の version 4 より前の動作に依存するデータベース アプリケーションは、データベースの互換性レベルで実行する必要があります (ALTER DATABASE 互換性レベル) を 100 以下。Database applications that rely on the behavior prior to version 4 of the CLR should run with a database compatibility level (ALTER DATABASE Compatibility Level) of 100 or lower. 詳細については、次を参照してください。 < TimeSpan_LegacyFormatMode > 要素します。For more information, see <TimeSpan_LegacyFormatMode> Element.

  • CLR のバージョン 4 は、Unicode 5.1 をサポートします。Version 4 of the CLR supports Unicode 5.1. アクセントや記号を含んだ並べ替えの処理が改善されます。Sort operations involving some accent marks and symbols will be improved. 従来の並べ替え動作に依存したアプリケーションでは、互換性の問題が生じる場合があります。Compatibility problems may occur if your application relies on legacy sorting behavior. 従来のデータベースの互換性レベルの並べ替え動作を有効にする (ALTER DATABASE 互換性レベル) を 100 以下に設定する必要があります。To enable legacy sorting, the database compatibility level (ALTER DATABASE Compatibility Level) must be set to 100 or lower. この点をサポートするために、SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) では、.NET Framework 4 ディレクトリ (C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319) に sort00001000.dll がインストールされます。To support this, SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) will install sort00001000.dll in the .NET Framework 4 directory (C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v4.0.30319). 詳細については、次を参照してください。 <CompatSortNLSVersion > 要素します。For more information, see <CompatSortNLSVersion> Element.

  • 次の列が追加されているsys.dm_clr_appdomains: total_processor_time_mstotal_allocated_memory_kb、およびsurvived_memory_kbします。The following columns have been added to sys.dm_clr_appdomains: total_processor_time_ms, total_allocated_memory_kb, and survived_memory_kb.