SQL Server カーソル

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance

リレーショナル データベースで操作を実行する場合、行の完全なセットが操作の対象になります。 たとえば、SELECT ステートメントでは、WHERE 句で指定した条件を満たすすべての行のセットが返されます。 このステートメントが返す行の完全なセットを結果セットと呼びます。 アプリケーション、特に対話型のオンライン アプリケーションでは、必ずしも、結果セット全体をひとまとめに使用して作業することが効率的であるとは限りません。 そのため、このようなアプリケーションでは、一度に 1 行または少数の行のブロックを使用するためのメカニズムが必要になります。 カーソルはそのメカニズムを提供する結果セットの拡張機能です。

カーソルでは、次のように結果の処理が拡張されます。

  • 結果セット内の特定の行に位置付けることができます。

  • 結果セット内の現在位置から 1 行または 1 ブロックの行を取得します。

  • 結果セット内の現在位置の行データを修正できます。

  • 結果セット内のデータベース データに対して他のユーザーが行った変更をさまざまなレベルで表示できます。

  • スクリプト、ストアド プロシージャ、トリガーに Transact-SQL ステートメントを指定すると、結果セット内のデータへのアクセスがトリガーされます。

ヒント

一部のシナリオでは、テーブルに主キーがある場合、カーソルの代わりに WHILE ループを使用して、カーソルのオーバーヘッドを除去できます。 ただし、カーソルを避けることができないだけでなく、実際に必要であるようなシナリオもあります。 そのようなとき、カーソルに基づいてテーブルを更新する必要がない場合は、"ファイアホース" カーソル、つまり高速順方向の読み取り専用カーソルを使用します。

カーソルの実装

SQL Server では、3 つのカーソルの実装がサポートされています。

Transact-SQL カーソル

Transact SQL カーソルは構文に基づいておりDECLARE CURSOR、主に Transact SQL スクリプト、ストアド プロシージャ、トリガーで使用されます。 Transact SQL カーソルはサーバーに実装され、クライアントからサーバーに送信される Transact SQL ステートメントによって管理されます。 また、バッチ、ストアド プロシージャ、またはトリガーにも含まれている場合があります。

アプリケーション プログラミング インターフェイス (API) サーバー カーソル

API カーソルでは、OLE DB および ODBC の API カーソル関数がサポートされます。 API サーバー カーソルはサーバー上に実装されます。 クライアント アプリケーションから API カーソル関数が呼び出されるたびに、 SQL Server Native Client の OLE DB プロバイダーまたは ODBC ドライバーによって、API サーバー カーソルに対するアクションの要求がサーバーに送信されます。

クライアント カーソル

クライアント カーソルは、SQL Server Native Client の ODBC ドライバーおよび ADO API を実装する DLL によって、内部的に実装されます。 クライアント カーソルは、結果セットのすべての行をクライアント上でキャッシュすることによって実装されます。 クライアント アプリケーションによって API カーソル関数が呼び出されるたびに、 SQL Server Native Client の ODBC ドライバーまたは ADO DLL によって、クライアント上にキャッシュされた結果セットの行に対してカーソル操作が実行されます。

カーソルの種類

SQL Server では、4 種類のカーソルがサポートされています。

注意

カーソルでは、tempdb 作業テーブルが利用される場合があります。 スピルする集計操作や並べ替え操作と同じように、これらでは I/O が発生し、パフォーマンス ボトルネックになる可能性があります。 STATIC カーソルでは、最初から作業テーブルが使用されます。 詳しくは、クエリ処理アーキテクチャ ガイドの作業テーブルに関するページをご覧ください。

順方向専用

順方向専用カーソルは、FORWARD_ONLY および READ_ONLY と指定され、スクロールをサポートしていません。 これらは "ファイアホース" カーソルとも呼ばれ、カーソルの開始から終了まで、シリアルな行のフェッチのみをサポートします。 行はフェッチされるまで、データベースから取得されません。 現在のユーザーが作成または別のユーザーがコミットした INSERTUPDATE、および DELETE ステートメントが、結果セット内の行に与えた影響は、カーソルから行をフェッチした際に確認できます。

カーソルは後方にスクロールできないので、データベース内の行のフェッチ後にその行に対して行われた変更内容の大部分は、カーソル内で確認できません。 クラスター化インデックスに含まれる列の更新など、結果セット内の行の位置の判定に使用する値が変更されるような場合は、変更された値がカーソル内で表示されます。

データベース API カーソル モデルでは、順方向専用カーソルが特殊な種類のカーソルと見なされますが、 SQL Server では違います。 SQL Server では、順方向専用とスクロールの両方が静的カーソル、キーセット ドリブン カーソル、および動的カーソルに適用できるオプションと見なされます。 Transact-SQL カーソルは、前方専用の静的、キーセット駆動型、および動的カーソルをサポートします。 データベース API カーソル モデルでは、静的カーソル、キーセット ドリブン カーソル、および動的カーソルが常にスクロール可能であることを前提としています。 データベース API カーソルの属性またはプロパティを順方向専用に設定すると、 SQL Server により、カーソルは順方向専用の動的カーソルとして実装されます。

静的

静的カーソルを開くと、そのカーソルの完全な結果セットが tempdb に作成されます。 静的カーソルは常に、カーソルを開いた時点の結果セットの状態を表示します。 静的カーソルは変更をほとんど検出しませんが、スクロール中に消費するリソースは比較的少なくなります。

このカーソルは、結果セットのメンバーシップに影響を与えるデータベース内の変更や、結果セットを構成する行の列内の値に対する変更を反映しません。 静的カーソルを開いた後にデータベースに新しい行が挿入されると、カーソルの SELECT ステートメントの検索条件に一致していても、静的カーソルにそれらの行は表示されません。 結果セットを構成する行が他のユーザーによって更新された場合、その新しいデータ値は静的カーソルに表示されません。 静的カーソルを開いた後にデータベースから削除された行は、静的カーソルに表示されます。 UPDATEINSERT、または DELETE による操作は、静的カーソルを閉じてから再度開かない限り、静的カーソルに反映されません。これは、その静的カーソルを開いたのと同じ接続を使用して変更を行った場合でも同様です。

注意

SQL Server の静的カーソルは常に読み取り専用です。

注意

静的カーソルの結果セットは tempdb の作業テーブルに格納されるので、結果セット内の行のサイズを SQL Server テーブルの最大行サイズより大きくすることはできません。
詳しくは、クエリ処理アーキテクチャ ガイドの作業テーブルに関するページをご覧ください。 最大行サイズについて詳しくは、「SQL Server の最大容量仕様」をご覧ください。

Transact-SQL では、静的カーソルに対して非依存という用語が使用されます。 一部のデータベース API ではスナップショット カーソルとも呼びます。

Keyset

キーセット ドリブン カーソルの構成要素と行の順序は、カーソルを開いたときに固定されます。 キーセット ドリブン カーソルは、キーセットという一意の識別子 (キー) のセットにより制御されます。 これらのキーは、結果セットの行を一意に識別する列のセットから構築されます。 キーセットは、カーソルを開いた時点で SELECT ステートメントにより限定されたすべての行から取り出したキー値のセットです。 キーセット ドリブン カーソルのキーセットは、カーソルを開いたときに tempdb に構築されます。

動的

動的カーソルは静的カーソルと対照的です。 動的カーソルは、スクロールされるときに、結果セット内の行に対して行われたすべての変更を反映します。 結果セット内の行のデータ値、順序、およびメンバーシップは、フェッチを実行するたびに変化する可能性があります。 UPDATEINSERT、および DELETE ステートメントをどのユーザーが実行しても、その実行結果はすべてカーソルに表示されます。 更新は、SQLSetPos や Transact-SQL WHERE CURRENT OF 句などの API 関数を使用してカーソルを介して行われた場合、すぐに表示されます。 カーソルの外部から行った更新は、コミットされるまで表示されません。ただし、カーソルのトランザクション分離レベルが READ UNCOMMITTED に設定されている場合は、その限りではありません。 分離レベルの詳細については、「SET TRANSACTION ISOLATION LEVEL (Transact-SQL)」を参照してください。

注意

動的カーソル プランが空間インデックスを使用することはありません。

カーソルの要求

SQL Server では、カーソルの要求方法として、次の 2 つの方法がサポートされます。

  • Transact-SQL

    Transact-SQL 言語では、ISO カーソル構文の後にモデル化されたカーソルを使用するための構文がサポートされています。

  • データベース API (アプリケーション プログラミング インターフェイス) のカーソル機能

    SQL Server では、次のデータベース API のカーソル機能がサポートされます。

    • ADO (Microsoft ActiveX データ オブジェクト)

    • OLE DB (OLE DB)

    • ODBC (Open Database Connectivity)

アプリケーションでは、カーソルを要求するこれら 2 つの方法を混在して使用しないでください。 API を使用してカーソルの動作を指定したアプリケーションは、Transact-SQL DECLARE CURSOR ステートメントを実行して Transact-SQL カーソルも要求しないでください。 アプリケーションで DECLARE CURSOR ステートメントを実行できるのは、API カーソル属性をすべて既定値に戻した場合だけです。

Transact-SQL カーソルも API カーソルも要求されていない場合、SQL Server既定では、既定の結果セットと呼ばれる完全な結果セットがアプリケーションに返されます。

カーソル処理

Transact-SQL カーソルと API カーソルの構文は異なりますが、次の一般的なプロセスはすべてのSQL Server カーソルで使用されます。

  1. カーソルを Transact-SQL ステートメントの結果セットに関連付け、カーソル内の行を更新できるかどうかなど、カーソルの特性を定義します。

  2. Transact-SQL ステートメントを実行してカーソルを設定します。

  3. 参照するカーソル内の行を取得します。 カーソルから 1 行または 1 ブロックの行を取得する操作をフェッチと言います。 フェッチを連続して実行し、順方向または逆方向に行を取得することをスクロールと呼びます。

  4. 必要に応じて、カーソル内の現在位置の行に対して、更新または削除の変更操作を行います。

  5. カーソルを閉じます。

カーソル動作
カーソルの実装方法

参照

DECLARE CURSOR (Transact-SQL)
カーソル (Transact-SQL)
カーソル関数 (Transact-SQL)
カーソル ストアド プロシージャ (Transact-SQL)
SET TRANSACTION ISOLATION LEVEL (Transact-SQL)