BACPAC ファイルのインポートによる新しいユーザー データベースの作成Import a BACPAC File to Create a New User Database

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database×Azure SQL Data Warehouse ×Parallel Data Warehouse THIS TOPIC APPLIES TO: yesSQL ServeryesAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

データ層アプリケーション (DAC) ファイル (.bacpac ファイル) をインポートすると、データを含んだ元のデータベースのコピーを、 データベース エンジンDatabase Engineの新しいインスタンス上または Azure SQL データベースAzure SQL Database に作成することができます。Import a data-tier application (DAC) file – a .bacpac file – to create a copy of the original database, with the data, on a new instance of the データベース エンジンDatabase Engine, or to Azure SQL データベースAzure SQL Database. エクスポートとインポートという操作を組み合わせることで、DAC またはデータベースをインスタンス間で移行したり論理バックアップを作成したりすることが可能です。たとえば、 SQL データベースSQL Databaseに配置されているデータベースの社内用コピーを作成することもできます。Export-import operations can be combined to migrate a DAC or database between instances, or to create a logical backup, such as creating an on-premise copy of a database deployed in SQL データベースSQL Database.

はじめにBefore You Begin

インポート プロセスでは、2 つの段階を経て新しい DAC が構築されます。The import process builds a new DAC in two stages.

  1. エクスポート ファイルに格納されている DAC 定義を使用して、新しい DAC および関連するデータベースを作成します。DAC の配置時には、DAC パッケージ ファイル内の定義から新しい DAC が作成されますが、その場合と同じ方法で作成されます。The import creates a new DAC and associated database using the DAC definition stored in the export file, the same way a DAC deploy creates a new DAC from the definition in a DAC package file.

  2. エクスポート ファイルからデータを一括コピーします。The import bulk copies in the data from the export file.

SQL Server ユーティリティ (SQL Server Utility)SQL Server Utility

データベース エンジンのマネージド インスタンスに DAC をインポートした場合、そのインポートした DAC は、次回ユーティリティ コレクション セットがインスタンスからユーティリティ コントロール ポイントへと送信されるときに SQL Server ユーティリティに組み込まれます。If you import a DAC to a managed instance of the Database Engine, the imported DAC is incorporated into the SQL Server Utility the next time the utility collection set is sent from the instance to the utility control point. その後、DAC は、 ユーティリティ エクスプローラー Management StudioManagement Studio Utility Explorer and reported in the details page.The DAC will then be present in the Deployed Data-tier Applications node of the Management StudioManagement Studio Utility Explorer and reported in the Deployed Data-tier Applications details page.

データベースのオプションと設定Database Options and Settings

既定では、インポート時に作成されたデータベースには、CREATE DATABASE ステートメントによる既定の設定がすべて適用されます。ただし、データベースの照合順序および互換性レベルは、DAC のエクスポート ファイルで定義された値に設定されます。By default, the database created during the import will have all of the default settings from the CREATE DATABASE statement, except that the database collation and compatibility level are set to the values defined in the DAC export file. DAC のエクスポート ファイルには、元のデータベースに基づく値が使用されます。A DAC export file uses the values from the original database.

TRUSTWORTHY、DB_CHAINING、HONOR_BROKER_PRIORITY など、データベース オプションによっては、インポート作業中の調整はできない場合があります。Some database options, such as TRUSTWORTHY, DB_CHAINING, and HONOR_BROKER_PRIORITY, cannot be adjusted as part of the import process. ファイル グループの数、ファイルの数やサイズなどの物理プロパティは、インポート作業中に変更することはできません。Physical properties, such as the number of filegroups, or the numbers and sizes of files cannot be altered as part of the import process. インポートが完了すれば、ALTER DATABASE ステートメント、 [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio、または SQL ServerSQL Server PowerShell を使用して、データベースを調整できます。After the import completes, you can use the ALTER DATABASE statement, [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio, or SQL ServerSQL Server PowerShell to tailor the database. 詳細については、「 Databases」を参照してください。For more information, see Databases.

制限事項と制約事項Limitations and restrictions

DAC は、 SQL データベースSQL Databaseにインポートできるほか、 データベース エンジンDatabase Engine Service Pack 4 (SP4) 以降を実行する SQL Server 2005SQL Server 2005 のインスタンスにインポートすることができます。A DAC can be imported to SQL データベースSQL Database, or an instance of the データベース エンジンDatabase Engine running SQL Server 2005SQL Server 2005 Service Pack 4 (SP4) or later. 新しいバージョンから DAC をエクスポートした場合、 SQL Server 2005SQL Server 2005ではサポートされないオブジェクトが DAC に含まれている可能性があります。If you export a DAC from a higher version, the DAC may contain objects not supported by SQL Server 2005SQL Server 2005. このような DAC を SQL Server 2005SQL Server 2005のインスタンスに配置することはできません。You cannot deploy those DACs to instances of SQL Server 2005SQL Server 2005.

PrerequisitesPrerequisites

ソースが不明または信頼されていない DAC エクスポート ファイルはインポートしないことをお勧めします。We recommend that you do not import a DAC export file from unknown or untrusted sources. こうしたファイルには、意図しない Transact-SQL コードを実行したり、スキーマを変更してエラーを発生させるような、悪意のあるコードが含まれている可能性があります。Such files could contain malicious code that might execute unintended Transact-SQL code or cause errors by modifying the schema. エクスポート ファイルのソースが不明または信頼されていない場合は、使用する前に、DAC をアンパックして、ストアド プロシージャやその他のユーザー定義コードなどのコードも確認してください。Before you use an export file from an unknown or untrusted source, unpack the DAC and examine the code, like stored procedures and other user-defined code. これらのチェックの実行方法の詳細については、「 Validate a DAC Package」をご覧ください。For more information about how to perform these checks, see Validate a DAC Package.

SecuritySecurity

セキュリティを強化するために、SQL Server 認証のログインは、パスワードなしで DAC エクスポート ファイルに格納されます。To improve security, SQL Server Authentication logins are stored in a DAC export file without a password. ファイルがインポートされると、ログインは、生成されたパスワードを伴う無効なログインとして作成されます。When the file is imported, the login is created as a disabled login with a generated password. ログインを有効にするには、ALTER ANY LOGIN 権限を持つユーザーとしてログインし、ALTER LOGIN を使用してログインを有効にします。さらに、新しいパスワードを割り当て、そのパスワードを該当ユーザーに通知します。To enable the logins, log in using a login that has ALTER ANY LOGIN permission and use ALTER LOGIN to enable the login and assign a new password that can be communicated to the user. Windows 認証ログインの場合、ログインのパスワードは SQL Server で管理されていないため、この操作は必要ありません。This is not needed for Windows Authentication logins because their passwords are not managed by SQL Server.

アクセス許可Permissions

DAC をインポートできるのは、 sysadmin または serveradmin 固定サーバー ロールのメンバーか、 dbcreator 固定サーバー ロールに存在する ALTER ANY LOGIN 権限を持つログインのみです。A DAC can only be imported by members of the sysadmin or serveradmin fixed server roles, or by logins that are in the dbcreator fixed server role and have ALTER ANY LOGIN permissions. あらかじめ登録された SQL ServerSQL Server システム管理者アカウント ( sa ) も DAC をインポートできます。The built-in SQL ServerSQL Server system administrator account named sa can also import a DAC. SQL データベースSQL Database へのログインが含まれる DAC をインポートするには、loginmanager ロールまたは serveradmin ロールのメンバーシップが必要です。Importing a DAC with logins to SQL データベースSQL Database requires membership in the loginmanager or serveradmin roles. SQL データベースSQL Database へのログインが含まれない DAC をインポートするには、dbmanager ロールまたは serveradmin ロールのメンバーシップが必要です。Importing a DAC without logins to SQL データベースSQL Database requires membership in the dbmanager or serveradmin roles.

データ層アプリケーションのインポート ウィザードの使用Using the Import Data-tier Application Wizard

ウィザードを起動するには、次の手順を実行します。To launch the wizard, use the following steps:

  1. 内部設置型または SQL ServerSQL Server内で、 SQL データベースSQL Databaseのインスタンスに接続します。Connect to the instance of SQL ServerSQL Server, whether on-premise or in SQL データベースSQL Database.

  2. オブジェクト エクスプローラーで、 [データベース] を右クリックしてから、 [データ層アプリケーションのインポート] メニュー項目を選択してウィザードを起動します。In Object Explorer, right-click on Databases, and then select the Import Data-tier Application menu item to launch the wizard.

  3. ウィザードの各ダイアログの手順を実行します。Complete the wizard dialogs:

[説明] ページIntroduction Page

このページには、データ層アプリケーションのインポート ウィザードの手順が表示されます。This page describes the steps for the Data-tier Application Import Wizard.

オプションOptions

  • [次回からこのページを表示しない]Do not show this page again. – 今後 [説明] ページを表示しないようにするには、このチェック ボックスをオンにします。– Click the check box to stop the Introduction page from being displayed in the future.

  • [次へ] : [インポートの設定] ページに進みます。Next – Proceeds to the Import Settings page.

  • [キャンセル] : 操作を取り消し、ウィザードを閉じます。Cancel – Cancels the operation and closes the wizard.

[インポートの設定] ページImport Settings Page

このページを使用して、インポートする .bacpac ファイルの場所を指定します。Use this page to specify the location of the .bacpac file to import.

  • [ローカル ディスクからインポート][参照...]Import from local disk – Click Browse… をクリックしてローカル コンピューター内を参照するか、用意されている領域にパスを指定します。to navigate the local computer, or specify the path in the space provided. パス名には、ファイル名および .bacpac 拡張子を含める必要があります。The path name must include a file name and the .bacpac extension.

  • [Import from Azure (Azure からインポート)] : BACPAC ファイルを Microsoft Azure コンテナーからインポートします。Import from Azure – Imports a BACPAC file from a Microsoft Azure container. このオプションを検証するには、Microsoft Azure コンテナーに接続する必要があります。You must connect to an Microsoft Azure container to validate this option. このオプションでは、一時ファイル用のローカル ディレクトリを指定する必要もあります。Note that this option also requires that you specify a local directory for the temporary file. 一時ファイルは、指定した場所に作成され、操作の完了後も残ります。The temporary file will be created at the specified location and will remain there after the operation completes.

    Azure を参照するときに、1 つのアカウント内のコンテナーを切り替えることができます。When browsing Azure, you will be able to switch between containers within a single account. インポート操作を続行するには、1 つの .bacpac ファイルを指定する必要があります。You must specify a single .bacpac file to continue the import operation. 列は、 名前サイズ、または 更新日時で並べ替えることができます。Note that you can sort columns by Name, Size, or Date Modified.

    続行するには、インポートする .bacpac ファイルを指定し、 [開く] をクリックします。To continue, specify the .bacpac file to import, and then click Open.

[データベースの設定] ページDatabase Settings Page

このページを使用すると、作成されるデータベースの詳細を指定できます。Use this page to specify details for the database that will be created.

SQLServer のローカル インスタンスの場合For a local instance of SQL Server:

  • [新しいデータベース名] : インポートするデータベースの名前を指定します。New database name – Provide a name for the imported database.

  • [データ ファイルのパス] : データ ファイル用のローカル ディレクトリを指定します。Data file path – Provide a local directory for data files. [参照]Click Browse… をクリックしてローカル コンピューター内を参照するか、用意されている領域にパスを指定します。to navigate the local computer, or specify the path in the space provided.

  • [ログ ファイルのパス] – ログ ファイル用のローカル ディレクトリを指定します。Log file path – Provide a local directory for log files. [参照]Click Browse… をクリックしてローカル コンピューター内を参照するか、用意されている領域にパスを指定します。to navigate the local computer, or specify the path in the space provided.

    続行するには、 [次へ] をクリックします。To continue, click Next.

    Azure SQL データベースの場合For an Azure SQL Database:

[検証] ページValidation Page

このページを使用して、操作の妨げとなる問題を確認します。Use this page to review any issues that block the operation. 続行するには、妨げとなる問題を解決し、 [検証の再実行] をクリックして、検証が成功したことを確認します。To continue, resolve blocking issues and then click Re-run Validation to ensure that validation is successful.

続行するには、 [次へ] をクリックします。To continue, click Next.

[概要] ページSummary Page

このページを使用すると、操作の指定ソースとターゲットの設定を確認できます。Use this page to review the specified source and target settings for the operation. 指定した設定でインポート操作を実行するには、 [完了] をクリックします。To complete the import operation using the specified settings, click Finish. インポート操作をキャンセルしてウィザードを終了するには、 [キャンセル] をクリックします。To cancel the import operation and exit the wizard, click Cancel.

[進行状況] ページProgress Page

このページには、操作の進行状況を示す進行状況バーが表示されます。This page displays a progress bar that indicates the status of the operation. 詳細な状態を表示するには、 [詳細表示] をクリックします。To view detailed status, click the View details option.

続行するには、 [次へ] をクリックします。To continue, click Next.

[結果] ページResults Page

このページでは、データベースのインポートや作成操作の成功と失敗が報告され、各アクションの成功または失敗が示されます。This page reports the success or failure of the import and create database operations, showing the success or failure of each action. エラーが発生したアクションには、 [結果] 列にリンクが表示されます。Any action that encountered an error will have a link in the Result column. そのアクションのエラーのレポートを表示するには、リンクをクリックします。Click the link to view a report of the error for that action.

[閉じる] をクリックしてウィザードを閉じます。Click Close to close the wizard.

参照See Also

BACPAC ファイルをインポートして新しい Azure SQL Database を作成するImport a BACPAC file to create a new Azure SQL database
[データ層アプリケーション] Data-tier Applications
データ層アプリケーションのエクスポートExport a Data-tier Application