[データベースのプロパティ] ([オプション] ページ)Database Properties (Options Page)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

このページを使用すると、選択されているデータベースのオプションを表示または変更できます。Use this page to view or modify options for the selected database. このページで利用できるオプションの詳細については、「ALTER DATABASE の SET オプション (Transact-SQL)」と「ALTER DATABASE SCOPED CONFIGURATION (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information about the options available on this page, see ALTER DATABASE SET Options (Transact-SQL) and ALTER DATABASE SCOPED CONFIGURATION (Transact-SQL).

CollationCollation
データベースの照合順序を一覧から選択して指定します。Specify the collation of the database by selecting from the list. 詳細については、「 Set or Change the Database Collation」を参照してください。For more information, see Set or Change the Database Collation.

復旧モデルRecovery model
データベースの復旧に対して、 [完全][一括ログ] 、または [単純] のいずれかのモデルを指定します。Specify one of the following models for recovering the database: Full, Bulk-Logged, or Simple. 復旧モデルの詳細については、「復旧モデル (SQL Server)」をご覧ください。For more information about recovery models, see Recovery Models (SQL Server).

互換性レベルCompatibility level
データベースがサポートする SQL ServerSQL Server の最新バージョンを指定します。Specify the latest version of SQL ServerSQL Server that the database supports. 使用可能な値については、「ALTER DATABASE (Transact-SQL) Compatibility Level」 (ALTER DATABASE (TRANSACT-SQL) 互換性レベル) を参照してください。For possible values, see ALTER DATABASE (Transact-SQL) Compatibility Level. SQL Server データベースがアップグレードされると、そのデータベースの互換性レベルが保持される (可能な場合) か、新しいサポートされる SQL ServerSQL Server の最小レベルに変更されます。When a SQL Server database is upgraded, the compatibility level for that database is retained if possible, or changed to the minimum level supported for the new SQL ServerSQL Server.

[コンテインメントの種類]Containment type
これが包含データベースであるかどうかを指定するには、[なし] または [部分] を指定します。Specify none or partial to designate if this is a contained database. 包含データベースの詳細については、「 Contained Databases」をご覧ください。For more information about contained databases, see Contained Databases. データベースを包含データベースとして構成するには、 [包含データベースの有効化] サーバー プロパティを TRUE に設定しておく必要があります。The server property Enable Contained Databases must be set to TRUE before a database can be configured as contained.

重要

部分的包含データベースを有効にすると、 SQL ServerSQL Server のインスタンスへのアクセス制御がデータベースの所有者にデリゲートされます。Enabling partially contained databases delegates control over access to the instance of SQL ServerSQL Server to the owners of the database. 詳細については、「 Security Best Practices with Contained Databases」を参照してください。For more information, see Security Best Practices with Contained Databases.

自動Automatic

[自動終了]Auto Close
最後のユーザーが終了した後で、データベースを即座にシャットダウンしてリソースを解放するかどうかを指定します。Specify whether the database shuts down cleanly and frees resources after the last user exits. 指定できる値は、 [True] および [False] です。Possible values are True and False. [True] を指定すると、最後のユーザーがログオフした後でデータベースは正常にシャットダウンされてリソースが解放されます。When True, the database is shut down cleanly and its resources are freed after the last user logs off.

[増分統計の自動作成]Auto Create Incremental Statistics
パーティションごとの統計を作成するときに増分オプションを使用するかどうかを指定します。Specify whether to use the incremental option when per partition statistics are created. 増分統計の詳細については、「CREATE STATISTICS (Transact-SQL)」をご覧ください。For information about incremental statistics, see CREATE STATISTICS (Transact-SQL).

[統計の自動作成]Auto Create Statistics
不足している最適化統計をデータベースで自動的に作成するかどうかを指定します。Specify whether the database automatically creates missing optimization statistics. 指定できる値は、 [True] および [False] です。Possible values are True and False. [True] を指定すると、クエリの最適化に必要な統計が不足している場合、最適化時に自動的に構築されます。When True, any missing statistics needed by a query for optimization are automatically built during optimization. 詳細については、「CREATE STATISTICS (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see CREATE STATISTICS (Transact-SQL).

[自動圧縮]Auto Shrink
データベース ファイルを定期的な圧縮に使用できるかどうかを指定します。Specify whether the database files are available for periodic shrinking. 指定できる値は、 [True] および [False] です。Possible values are True and False. 詳細については、「 Shrink a Database」を参照してください。For more information, see Shrink a Database.

[統計の自動更新]Auto Update Statistics
データベースで古い最適化統計を自動的に更新するかどうかを指定します。Specify whether the database automatically updates out-of-date optimization statistics. 指定できる値は、 [True] および [False] です。Possible values are True and False. [True] を指定すると、クエリの最適化に必要な統計が期限切れの場合、最適化時に自動的に構築されます。When True, any out-of-date statistics needed by a query for optimization are automatically built during optimization. 詳細については、「CREATE STATISTICS (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see CREATE STATISTICS (Transact-SQL).

[統計の非同期的自動更新]Auto Update Statistics Asynchronously
[True] が指定された場合、古い統計の自動更新を開始するクエリは、統計が更新されるのを待たずにコンパイルを開始します。When True, queries that initiate an automatic update of out-of-date statistics do not wait for the statistics to be updated before compiling. 後続のクエリは、更新された統計が使用可能になった時点で、その統計を使用します。Subsequent queries use the updated statistics when they are available.

[False] が指定された場合、古い統計の自動更新を開始するクエリは、更新された統計をクエリ最適化プランで使用できるようになるまで待機します。When False, queries that initiate an automatic update of out-of-date statistics, wait until the updated statistics can be used in the query optimization plan.

このオプションを [True] に設定しても、 [統計の自動更新][True] に設定しない限り、効力はありません。Setting this option to True has no effect unless Auto Update Statistics is also set to True.

AzureAzure

Azure SQL Database に接続している場合、このセクションにはサービスレベル目標 (SLO) を制御するための設定があります。When connected to Azure SQL Database, this section has settings to control the Service Level Objective (SLO). 新しいデータベースの既定の SLO は、Standard S2 です。The default SLO for a new database is Standard S2.

[現在のサービス レベル目標] は、使用する特定の SLO です。Current Service Level Objective The specific SLO to use. 有効な値は、選択したエディションによって制限されます。Valid values are constrained by the selected edition. 目的の SLO 値が一覧にない場合は、値を入力することができます。If your desired SLO value is not in the list, you can type the value.

[エディション] は、Basic や Premium などの、使用する Azure SQL Database エディションです。Edition The Azure SQL Database edition to use, such as Basic or Premium. 必要なエディションの値が一覧にない場合は、値を入力できます。その値は、Azure REST API で使用される値に一致している必要があります。If the edition value you need is not in the list, you can type the value, which must match the value used in Azure REST APIs.

[最大サイズ] は、データベースの最大サイズです。Max Size The maximum size of the database. 目的のサイズの値が一覧にない場合は、値を入力できます。If the desired size value is not in the list, you can type the value. 特定のエディションと SLO の既定サイズは空白のままにします。Leave blank for the default size of the given edition and SLO.

ContainmentContainment

包含データベースでは、通常サーバー レベルで構成する設定の一部をデータベース レベルで構成できます。In a contained database, some settings usually configured at the server level can be configured at the database level.

[既定のフルテキスト言語の LCID]Default Fulltext Language LCID
フルテキスト インデックス列に、既定の言語を指定します。Specifies a default language for full-text indexed columns. フルテキスト インデックス データの言語の分析は、データの言語に依存します。Linguistic analysis of full-text indexed data is dependent on the language of the data. このオプションの既定値は、サーバーの言語です。The default value of this option is the language of the server. 表示される設定に対応する言語については、「sys.fulltext_languages (Transact-SQL)」をご覧ください。For the language that corresponds to the displayed setting, see sys.fulltext_languages (Transact-SQL).

[既定の言語]Default Language
他に指定しない限り、新しいすべての包含データベース ユーザーの既定の言語になります。The default language for all new contained database users, unless otherwise specified.

[入れ子になったトリガーが有効]Nested Triggers Enabled
トリガーから他のトリガーを起動できるようにします。Allows triggers to fire other triggers. トリガーは 32 レベルまで入れ子にできます。Triggers can be nested to a maximum of 32 levels. 詳細については、「CREATE TRIGGER (Transact-SQL)」の「入れ子にされたトリガー」をご覧ください。For more information, see the "Nested Triggers" section in CREATE TRIGGER (Transact-SQL).

[ノイズ ワード変換]Transform Noise Words
ノイズ ワード (ストップワード) が原因でフルテキスト クエリのブール演算がゼロ行を返す場合に、エラー メッセージを非表示にします。Suppress an error message if noise words, that is stopwords, cause a Boolean operation on a full-text query to return zero rows. 詳細については、「 transform noise words Server Configuration Option」を参照してください。For more information, see transform noise words Server Configuration Option.

[2 桁表記の年の基準になる年]Two Digit Year Cutoff
年を 2 桁で入力する場合の最大年が示されます。Indicates the highest year number that can be entered as a two-digit year. 表示された年からさかのぼって 99 年間を 2 桁で入力できます。The year listed and the previous 99 years can be entered as a two-digit year. その他の年はすべて 4 桁で入力する必要があります。All other years must be entered as a four-digit year.

たとえば、既定の設定が 2049 の場合、「3/14/49」と入力した日付は 2049 年 3 月 14 日として解釈され、「3/14/50」と入力した日付は 1950 年 5 月 14 日と解釈されます。For example, the default setting of 2049 indicates that a date entered as '3/14/49' will be interpreted as March 14, 2049, and a date entered as '3/14/50' will be interpreted as March 14, 1950. 詳細については、「 two digit year cutoff サーバー構成オプションの構成」を参照してください。For more information, see Configure the two digit year cutoff Server Configuration Option.

カーソルCursor

[コミットでカーソルを閉じる]Close Cursor on Commit Enabled
カーソルを開くトランザクションがコミットされた後で、カーソルを閉じるかどうかを指定します。Specify whether cursors close after the transaction opening the cursor has committed. 指定できる値は、 [True] および [False] です。Possible values are True and False. [True] を指定すると、トランザクションのコミットまたはロールバック時に開いていたカーソルが閉じます。When True, any cursors that are open when a transaction is committed or rolled back are closed. [False] を指定すると、カーソルはトランザクションのコミット時も開いたままです。When False, such cursors remain open when a transaction is committed. [False] の場合、トランザクションをロールバックすると、INSENSITIVE または STATIC として定義されているカーソルを除いて、すべてのカーソルが閉じます。When False, rolling back a transaction closes any cursors except those defined as INSENSITIVE or STATIC. 詳細については、「SET CURSOR_CLOSE_ON_COMMIT (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information, see SET CURSOR_CLOSE_ON_COMMIT (Transact-SQL).

[既定のカーソル]Default Cursor
既定のカーソルの動作を指定します。Specify default cursor behavior. [True] を指定すると、カーソルの既定の宣言は LOCAL になります。When True, cursor declarations default to LOCAL. [False] を指定すると、 Transact-SQLTransact-SQL カーソルは既定で GLOBAL になります。When False, Transact-SQLTransact-SQL cursors default to GLOBAL.

データベース スコープ構成Database Scoped Configurations

SQL Server 2016 と Azure SQL Database には、スコープをデータベース レベルに設定できるさまざまな構成プロパティがあります。In SQL Server 2016 and in Azure SQL Database, there are a number of configuration properties that can be scoped to the database level. これらのすべての設定について詳しくは、「ALTER DATABASE SCOPED CONFIGURATION (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information for all of these settings, see ALTER DATABASE SCOPED CONFIGURATION (Transact-SQL).

レガシカーディナリティ推定Legacy Cardinality Estimation
データベースの互換性レベルに依存しない、プライマリのクエリ オプティマイザーのカーディナリティ推定モデルを指定します。Specify the query optimizer cardinality estimation model for the primary independent of the compatibility level of the database. これは、 トレース フラグ 9481を指定した場合と同じです。This is equivalent to Trace Flag 9481.

セカンダリのレガシカーディナリティ推定Legacy Cardinality Estimation for Secondary
データベースの互換性レベルに依存しない、セカンダリ (存在する場合) のクエリ オプティマイザーのカーディナリティ推定モデルを指定します。Specify the query optimizer cardinality estimation model for secondaries, if any, independent of the compatibility level of the database. これは、 トレース フラグ 9481を指定した場合と同じです。This is equivalent to Trace Flag 9481.

最大 DOPMax DOP
ステートメントで使用される、プライマリの MAXDOP 設定の既定値を指定します。Specify the default MAXDOP setting for the primary that should be used for statements.

セカンダリの最大 DOPMax DOP for Secondary
ステートメントで使用される、セカンダリ (存在する場合) の MAXDOP 設定の既定値を指定します。Specify the default MAXDOP setting for secondaries, if any, that should be used for statements.

パラメーター スニッフィングParameter Sniffing
プライマリのパラメーター スニッフィングを有効にするか無効にするかを指定します。Enables or disables parameter sniffing on the primary. これは、 トレース フラグ 4136を指定した場合と同じです。This is equivalent to Trace Flag 4136.

セカンダリのパラメーター スニッフィングParameter Sniffing for Secondary
セカンダリ (存在する場合) のパラメーター スニッフィングを有効にするか無効にするかを指定します。Enables or disables parameter sniffing on secondaries, if any. これは、 トレース フラグ 4136を指定した場合と同じです。This is equivalent to Trace Flag 4136.

クエリ オプティマイザーの修正プログラムQuery Optimizer Fixes
データベースの互換性レベルに関係なく、プライマリ上のクエリ オプティマイザーの修正プログラムを有効にするか無効にするかを指定します。Enables or disables query optimization hotfixes on the primary regardless of the compatibility level of the database. これは、 トレース フラグ 4199を指定した場合と同じです。This is equivalent to Trace Flag 4199.

セカンダリのクエリ オプティマイザーの修正プログラムQuery Optimizer Fixes for Secondary
データベースの互換性レベルに関係なく、セカンダリ (存在する場合) 上のクエリ オプティマイザーの修正プログラムを有効にするか無効にするかを指定します。Enables or disables query optimization hotfixes on secondaries, if any, regardless of the compatibility level of the database. これは、 トレース フラグ 4199を指定した場合と同じです。This is equivalent to Trace Flag 4199.

FILESTREAMFILESTREAM

[FILESTREAM ディレクトリ名]FILESTREAM Directory Name
選択したデータベースと関連付けられている FILESTREAM データのディレクトリ名を指定します。Specify the directory name for the FILESTREAM data associated with the selected database.

[FILESTREAM 非トランザクション アクセス]FILESTREAM Non-transacted Access
FileTable に格納されている FILESTREAM データへの、ファイル システムを通じた非トランザクション アクセスに対するオプションとして、 OFFREAD_ONLY、または FULLを指定します。Specify one of the following options for non-transactional access through the file system to FILESTREAM data stored in FileTables: OFF, READ_ONLY, or FULL. FILESTREAM がサーバー上で有効になっていない場合、この値は OFF に設定され、変更できません。If FILESTREAM is not enabled on the server, this value is set to OFF and is disabled. 詳細については、「FileTables (SQL Server)」をご覧ください。For more information, see FileTables (SQL Server).

その他Miscellaneous

[スナップショット分離を許可]Allow Snapshot Isolation
この機能を有効にします。Enables this feature.

[ANSI NULL 既定値]ANSI NULL Default
CREATE TABLE または ALTER TABLE ステートメントの実行中に、 NOT NULL が明示的に定義されていないすべてのユーザー定義データ型または列に対して、NULL 値を許容します (既定の状態)。Allow null values for all user-defined data types or columns that are not explicitly defined as NOT NULL during a CREATE TABLE or ALTER TABLE statement (the default state). 詳細については、「SET ANSI_NULL_DFLT_ON (Transact-SQL)」と「SET ANSI_NULL_DFLT_OFF (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information, see SET ANSI_NULL_DFLT_ON (Transact-SQL) and SET ANSI_NULL_DFLT_OFF (Transact-SQL).

[ANSI NULL 有効]ANSI NULLS Enabled
=(等号) 比較演算子と<>(不等号) 比較演算子を NULL 値に対して使用した場合の動作を指定します。Specify the behavior of the Equals (=) and Not Equal To (<>) comparison operators when used with null values. 指定できる値は、 [True] (オン) および [False] (オフ) です。Possible values are True (on) and False (off). [True] を指定すると、NULL 値との比較結果はすべて UNKNOWN になります。When True, all comparisons to a null value evaluate to UNKNOWN. [False] を指定すると、UNICODE 以外の値と NULL 値の比較結果は、両方の値が NULL 値の場合に [True] になります。When False, comparisons of non-UNICODE values to a null value evaluate to True if both values are NULL. 詳細については、「SET ANSI_NULLS (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information, see SET ANSI_NULLS (Transact-SQL).

[ANSI PADDING 有効]ANSI Padding Enabled
ANSI による埋め込みが有効かどうかを指定します。Specify whether ANSI padding is on or off. 指定できる値は、 [True] (オン) および [False] (オフ) です。Permissible values are True (on) and False (off). 詳細については、「SET ANSI_PADDING (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see SET ANSI_PADDING (Transact-SQL).

[ANSI 警告有効]ANSI Warnings Enabled
複数のエラー条件に対する ISO の標準動作を指定します。Specify ISO standard behavior for several error conditions. [True] のときに NULL 値が集計関数 (SUM、AVG、MAX、MIN、STDEV、STDEVP、VAR、VARP、COUNT など) で使用されると、警告メッセージが生成されます。When True, a warning message is generated if null values appear in aggregate functions (such as SUM, AVG, MAX, MIN, STDEV, STDEVP, VAR, VARP, or COUNT). [False] の場合は、警告メッセージは生成されません。When False, no warning is issued. 詳細については、「SET ANSI_WARNINGS (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information, see SET ANSI_WARNINGS (Transact-SQL).

[算術アボート有効]Arithmetic Abort Enabled
算術アボートのデータベース オプションが有効かどうかを指定します。Specify whether the database option for arithmetic abort is enabled or not. 指定できる値は、 [True] および [False] です。Possible values are True and False. [True] を指定すると、オーバーフローまたは 0 除算エラーが発生したときにクエリまたはバッチが終了します。When True, an overflow or divide-by-zero error causes the query or batch to terminate. エラーがトランザクションの内部で発生した場合には、トランザクションはロールバックされます。If the error occurs in a transaction, the transaction is rolled back. [False] を指定すると、警告メッセージが表示されますが、クエリ、バッチ、トランザクションは、エラーが発生しなかったときのように処理を続行します。When False, a warning message is displayed, but the query, batch, or transaction continues as if no error occurred. 詳細については、「SET ARITHABORT (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information, see SET ARITHABORT (Transact-SQL).

[NULL との連結で NULL を使用]Concatenate Null Yields Null
NULL 値が連結された場合の動作を指定します。Specify the behavior when null values are concatenated. プロパティ値が [True] の場合、 string + NULL は NULL を返します。When the property value is True, string + NULL returns NULL. [False] の場合、結果は stringです。When False, the result is string. 詳細については、「SET CONCAT_NULL_YIELDS_NULL (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information, see SET CONCAT_NULL_YIELDS_NULL (Transact-SQL).

[複数データベースの組み合わせ所有権有効]Cross-database Ownership Chaining Enabled
複数データベースの組み合わせ所有権が有効になっているかどうかを示す、読み取り専用の値です。This read-only value indicates if cross-database ownership chaining has been enabled. [True] を指定した場合、複数データベースの組み合わせ所有権のソース データベースまたは対象データベースとしてこのデータベースを使用できます。When True, the database can be the source or target of a cross-database ownership chain. このプロパティを設定するには、ALTER DATABASE ステートメントを使用します。Use the ALTER DATABASE statement to set this property.

[日付の相関関係の最適化有効]Date Correlation Optimization Enabled
[True] を指定すると、データベース内にある FOREIGN KEY 制約でリンクされ、 SQL ServerSQL Server datetime 列を含んでいる 2 つのテーブル間の相関関係に関する統計が によって保持されます。When True, SQL ServerSQL Server maintains correlation statistics between any two tables in the database that are linked by a FOREIGN KEY constraint and have datetime columns.

[False] を指定すると、相関関係の統計は保持されません。When False, correlation statistics are not maintained.

[遅延持続性]Delayed Durability
この機能を有効にします。Enables this feature.

[Is Read Committed Snapshot On]Is Read Committed Snapshot On
この機能を有効にします。Enables this feature.

[数値丸め処理アボート]Numeric Round-Abort
データベースが丸めエラーを処理する方法を指定します。Specify how the database handles rounding errors. 指定できる値は、 [True] および [False] です。Possible values are True and False. [True] を指定すると、式の精度が低下したときにエラーが生成されます。When True, an error is generated when loss of precision occurs in an expression. [False] を指定すると、精度が低下してもエラー メッセージは生成されず、結果はそれを格納する列または変数の精度まで丸められます。When False, losses of precision do not generate error messages, and the result is rounded to the precision of the column or variable storing the result. 詳細については、「SET NUMERIC_ROUNDABORT (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information, see SET NUMERIC_ROUNDABORT (Transact-SQL).

[パラメーター化]Parameterization
[単純] を指定すると、データベースの既定の動作に基づいてクエリがパラメーター化されます。When SIMPLE, queries are parameterized based on the default behavior of the database. [強制] を指定すると、 SQL ServerSQL Server により、データベースのすべてのクエリがパラメーター化されます。When FORCED, SQL ServerSQL Server parameterizes all queries in the database.

[引用符で囲まれた識別子有効]Quoted Identifiers Enabled
SQL ServerSQL Server キーワードを引用符で囲んで識別子 (オブジェクト名または変数名) として使用できるかどうかを指定します。Specify whether SQL ServerSQL Server keywords can be used as identifiers (an object or variable name) if enclosed in quotation marks. 指定できる値は、 [True] および [False] です。Possible values are True and False. 詳細については、「SET QUOTED_IDENTIFIER (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information, see SET QUOTED_IDENTIFIER (Transact-SQL).

[再帰トリガー有効]Recursive Triggers Enabled
トリガーを他のトリガーによって起動できるかどうかを指定します。Specify whether triggers can be fired by other triggers. 指定できる値は、 [True] および [False] です。Possible values are True and False. [True] を指定すると、トリガーを再帰的に起動できます。When set to True, this enables recursive firing of triggers. [False] を指定すると、直接再帰のみが回避されます。When set to False, only direct recursion is prevented. 間接再帰を無効にするには、sp_configure を使用して nested triggers サーバー オプションを 0 に設定します。To disable indirect recursion, set the nested triggers server option to 0 using sp_configure. 詳しくは、「 入れ子になったトリガーの作成」をご覧ください。For more information, see Create Nested Triggers.

信頼可能Trustworthy
読み取り専用オプションです。 Trueが表示されていれば、データベース内に確立された権限借用コンテキストでデータベース外部のリソースにアクセスすることが、 SQL ServerSQL Server により許可されることを示します。When displaying True, this read-only option indicates that SQL ServerSQL Server allows access to resources outside the database under an impersonation context established within the database. 権限借用コンテキストは、EXECUTE AS ユーザー ステートメントまたはデータベース モジュールの EXECUTE AS 句を使用して、データベース内に確立できます。Impersonation contexts can be established within the database using the EXECUTE AS user statement or the EXECUTE AS clause on database modules.

データベースの所有者がアクセス権を得るには、サーバー レベルの AUTHENTICATE SERVER 権限も必要です。To have access, the owner of the database also needs to have the AUTHENTICATE SERVER permission at the server level.

また、このプロパティを True に設定して、安全でない外部のアクセス アセンブリをデータベース内で作成および実行することもできます。This property also allows the creation and execution of unsafe and external access assemblies within the database. データベースの所有者は、このプロパティを Trueに設定することだけでなく、サーバー レベルの EXTERNAL ACCESS ASSEMBLY 権限または UNSAFE ASSEMBLY 権限も必要です。In addition to setting this property to True, the owner of the database must have the EXTERNAL ACCESS ASSEMBLY or UNSAFE ASSEMBLY permission at the server level.

既定では、すべてのユーザー データベースとすべてのシステム データベース ( MSDBを除く) で、このプロパティが Falseに設定されます。By default, all user databases and all system databases (with the exception of MSDB) have this property set to False. model データベースおよび tempdb データベースのこの値は変更できません。The value cannot be changed for the model and tempdb databases.

データベースをサーバーにアタッチするときは、必ず TRUSTWORTHY を False に設定します。TRUSTWORTHY is set to False whenever a database is attached to the server.

権限借用コンテキストでデータベース外部のリソースにアクセスするには、 Trustworthy オプションではなく、証明書と署名を使用する方法をお勧めします。The recommended approach for accessing resources outside the database under an impersonation context is to use certificates and signatures as apposed to the Trustworthy option.

このプロパティを設定するには、ALTER DATABASE ステートメントを使用します。To set this property, use the ALTER DATABASE statement.

[VarDecimal ストレージ形式有効]VarDecimal Storage Format Enabled
このオプションは、 SQL Server 2008SQL Server 2008以降では読み取り専用です。This option is read-only starting with SQL Server 2008SQL Server 2008. [True] の場合、このデータベースは vardecimal ストレージ形式に対応しています。When True, this database is enabled for the vardecimal storage format. データベースのいずれかのテーブルで vardecimal ストレージ形式を使用している場合、vardecimal ストレージ形式を無効にすることはできません。Vardecimal storage format cannot be disabled while any tables in the database are using it. SQL Server 2008SQL Server 2008 以降のバージョンでは、すべてのデータベースが vardecimal ストレージ形式に対応します。In SQL Server 2008SQL Server 2008 and later versions, all databases are enabled for the vardecimal storage format. このオプションでは、 sp_db_vardecimal_storage_formatが使用されます。This option uses sp_db_vardecimal_storage_format.

RecoveryRecovery

[ページ確認]Page Verify
ディスク I/O エラーによる不完全な I/O トランザクションを検出し、報告する場合に使用されるオプションを指定します。Specify the option used to discover and report incomplete I/O transactions caused by disk I/O errors. 指定できる値は、 [None][TornPageDetection] 、および [Checksum] です。Possible values are None, TornPageDetection, and Checksum. 詳細については、「suspect_pages テーブルの管理 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Manage the suspect_pages Table (SQL Server).

[ターゲットの復旧時間 (秒)]Target Recovery Time (Seconds)
クラッシュが発生した場合、指定したデータベースが復旧に要する時間の上限を秒単位で指定します。Specifies the maximum bound on the time, expressed in seconds, to recover the specified database in the event of a crash. 詳細については、「データベース チェックポイント (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Database Checkpoints (SQL Server).

Service BrokerService Broker

[Broker が有効]Broker Enabled
Service Broker を有効または無効にします。Enables or disables Service Broker.

[Broker の優先度の許可]Honor Broker Priority
Service Broker の読み取り専用プロパティです。Read-only Service Broker property.

[Service Broker 識別子]Serice Broker Identifier
読み取り専用の識別子です。Read-only identifier.

StateState

[読み取り専用データベース]Database Read Only
データベースが読み取り専用かどうかを指定します。Specify whether the database is read-only. 指定できる値は、 [True] および [False] です。Possible values are True and False. [True] を指定すると、ユーザーはデータベースのデータの読み取りのみを実行できます。When True, users can only read data in the database. データまたはデータベース オブジェクトは変更できませんが、DROP DATABASE ステートメントを使用してデータベース自体を削除することはできます。Users cannot modify the data or database objects; however, the database itself can be deleted using the DROP DATABASE statement. データベースの使用中には、 [読み取り専用データベース] オプションに新しい値を設定することができできません。The database cannot be in use when a new value for the Database Read Only option is specified. master データベースは例外です。このオプションが設定されていても、システム管理者だけは master データベースを使用できます。The master database is the exception, and only the system administrator can use master while the option is being set.

データベース状態Database State
データベースの現在の状態を表示します。View the current state of the database. 編集することはできません。It is not editable. [データベース状態] の詳細については、「 Database States」を参照してください。For more information about Database State, see Database States.

[暗号化有効]Encryption Enabled
[True] の場合、このデータベースはデータベース暗号化に対応しています。When True, this database is enabled for database encryption. 暗号化ではデータベース暗号化キーが必要です。A Database Encryption Key is required for encryption. 詳細については、「透過的なデータ暗号化 (TDE)」を参照してください。For more information, see Transparent Data Encryption (TDE).

[アクセスの制限]Restrict Access
データベースにアクセスできるユーザーを指定します。Specify which users may access the database. 次のいずれかの値になります。Possible values are:

  • 複数Multiple

    稼働データベースの通常の状態では、一度に複数のユーザーがデータベースにアクセスできます。The normal state for a production database, allows multiple users to access the database at once.

  • SingleSingle

    メンテナンス アクションで使用されます。データベースには一度に 1 人のユーザーのみがアクセスできます。Used for maintenance actions, only one user is allowed to access the database at once.

  • 制限ありRestricted

    db_owner、dbcreator、または sysadmin ロールのメンバーのみがデータベースを使用できます。Only members of the db_owner, dbcreator, or sysadmin roles can use the database.

参照See Also

ALTER DATABASE (Transact-SQL) ALTER DATABASE (Transact-SQL)
CREATE DATABASE (SQL Server Transact-SQL)CREATE DATABASE (SQL Server Transact-SQL)