[トランザクション ログのバックアップの設定]Log Shipping Transaction Log Backup Settings

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

このダイアログ ボックスを使用すると、ログ配布構成のトランザクション ログ バックアップ設定を構成および変更できます。Use this dialog box to configure and modify the transaction log backup settings for a log shipping configuration.

ログ配布の概念については、「 ログ配布について (SQL Server)」を参照してください。For an explanation of log shipping concepts, see About Log Shipping (SQL Server).

オプションOptions

[バックアップ フォルダーのネットワーク パス (例: \\primaryserver\backup)]Network path to the backup folder
このボックスに、バックアップ フォルダーへのネットワーク共有を入力します。Type the network share to your backup folder in this box. トランザクション ログ バックアップが保存されるローカル フォルダーを共有することにより、ログ配布コピー ジョブでこれらのファイルをセカンダリ サーバーにコピーできます。The local folder where your transaction log backups are saved must be shared so that the log shipping copy jobs can copy these files to the secondary server. セカンダリ サーバー インスタンスでコピー ジョブを実行できるように、このネットワーク共有での読み取り権限をプロキシ アカウントに与えてください。You must grant read permissions on this network share to the proxy account under which the copy job will run at the secondary server instance. 既定では、このアカウントは、セカンダリ サーバー インスタンスの SQLServer エージェント サービス アカウントですが、管理者はジョブに対して別のプロキシ アカウントを選択できます。By default, this is the SQLServerAgent service account of the secondary server instance, but an administrator can choose another proxy account for the job.

[バックアップ フォルダーがプライマリ サーバーに存在する場合は、バックアップ フォルダーのローカル パスを入力 (例: c:\backup)]If the backup folder is located on the primary server, type the local path to the folder
バックアップ フォルダーがプライマリ サーバーにある場合は、ローカル ドライブ名およびバックアップ フォルダーへのパスを入力します。Type the local drive letter and path to the backup folder if the backup folder is located on the primary server. バックアップ フォルダーがプライマリ サーバーにない場合は、空白のままにしておきます。If the backup folder is not located on the primary server, you can leave this blank.

ここにローカル パスを指定すると、BACKUP コマンドはこのパスを使用して、トランザクション ログ バックアップを作成します。ローカル パスを指定しなかった場合、BACKUP コマンドは [バックアップ フォルダーのネットワーク パス (例: \\primaryserver\backup)] ボックスで指定されたネットワーク パスを使用します。If you specify a local path here, the BACKUP command will use this path to create the transaction log backups; otherwise, if no local path is specified, the BACKUP command will use the network path specified in the Network path to the backup folder box.

注意

実行中の SQL ServerSQL Server サービス アカウントがプライマリ サーバーのローカル システム アカウントの場合は、バックアップ フォルダーをプライマリ サーバーに作成し、そのフォルダーのローカル パスをここに入力する必要があります。If the SQL ServerSQL Server service account is running under the local system account on the primary server, you must create the backup folder on the primary server and specify the local path to that folder here. プライマリ サーバー インスタンスの SQL ServerSQL Server サービス アカウントには、このフォルダーの読み取り権限と書き込み権限が必要です。The SQL ServerSQL Server service account of the primary server instance must have Read and Write permissions on this folder.

[次の期間を経過したファイルを削除する]Delete files older than
トランザクション ログ バックアップを削除する前に、バックアップ ディレクトリに保持する期間を指定します。Specify the length of time you want transaction log backups to remain in your backup directory before being deleted.

[バックアップが次の期間内に行われない場合は警告する]Alert if no backup occurs within
トランザクション ログ バックアップが発生していないという警告を生成する前に、ログ配布が待機する期間を指定します。Specify the amount of time you want log shipping to wait before raising an alert that no transaction log backups have occurred.

ジョブ名Job name
ログ配布用のトランザクション ログ バックアップを作成する際に使用される SQL Server エージェント ジョブの名前を表示します。Displays the name of the SQL Server Agent job that is used to create the transaction log backups for log shipping. 最初にジョブを作成するときに、ボックスに別の名前を入力して名前を変更できます。When first creating the job, you can modify the name by typing in the box.

[スケジュール]Schedule
プライマリ データベースのトランザクション ログのバックアップに関する現在のスケジュールを表示します。Displays the current schedule for backing up the transaction logs of the primary database. バックアップ ジョブが作成される前に、 [スケジュール] をクリックしてこのスケジュールを変更できます。バックアップ ジョブが作成された後は、 [ジョブの編集] をクリックしてこのスケジュールを変更できます。Before the backup job has been created, You can modify this schedule by clicking Schedule.... After the job has been created, you can modify this schedule by clicking Edit Job....

バックアップ ジョブBackup Job

[スケジュール]Schedule...
SQL Server エージェント ジョブの作成時に作成されたスケジュールを変更します。Modify the schedule that is created when the SQL Server Agent job is created.

[ジョブの編集]Edit Job...
プライマリ データベースのトランザクション ログ バックアップを実行するジョブの SQL Server エージェント ジョブ パラメーターを変更します。Modify the SQL Server Agent job parameters for the job that performs transaction log backups on the primary database.

[このジョブを無効にする]Disable this job
SQL Server エージェント ジョブのトランザクション ログ バックアップ作成を無効にします。Disable the SQL Server Agent job from creating transaction log backups.

圧縮Compression

SQL Server 2008 EnterpriseSQL Server 2008 Enterprise (またはそれ以降のバージョン) では、 バックアップの圧縮がサポートされています。(or a later version) supports backup compression.

[バックアップの圧縮の設定]Set backup compression
SQL Server 2008 EnterpriseSQL Server 2008 Enterprise (またはそれ以降のバージョン) で、このログ配布構成のログ バックアップについて、バックアップの圧縮の値を次の中から 1 つ選択します。In SQL Server 2008 EnterpriseSQL Server 2008 Enterprise (or a later version), select one the following backup compression values for the log backups of this log shipping configuration:

[既定のサーバー設定を使用する]Use the default server setting オンにすると、サーバー レベルの既定値が使用されます。Click to use the server-level default.

この既定値は、 backup compression default サーバー構成オプションで設定されます。This default is set by the backup compression default server-configuration option. このオプションの現在の設定を表示する方法については、「 backup compression default サーバー構成オプションの表示または構成」を参照してください。For information about how to view the current setting of this option, see View or Configure the backup compression default Server Configuration Option.
[バックアップを圧縮する]Compress backup オンにすると、サーバー レベルの既定値に関係なく、バックアップが圧縮されます。Click to compress the backup, regardless of the server-level default.

** 重要 ** 既定の設定では、圧縮によって CPU 使用率が著しく増加し、圧縮処理によって CPU がさらに消費されるために、同時に実行される操作が悪影響を受ける場合があります。** Important ** By default, compression significantly increases CPU usage, and the additional CPU consumed by the compression process might adversely impact concurrent operations. このため、 リソース ガバナーによって CPU 使用率が制限されるセッションで、優先度の低い圧縮バックアップを作成することができます。Therefore, you might want to create low-priority compressed backups in a session whose CPU usage is limited by the Resource Governor. 詳細については、このトピックの「 リソース ガバナーを使用してバックアップの圧縮による CPU 使用率を制限する方法 (Transact-SQL)によって CPU 使用率が制限されるセッションでは、優先度の低い圧縮バックアップを作成することができます。For more information, see Use Resource Governor to Limit CPU Usage by Backup Compression (Transact-SQL).
[バックアップを圧縮しない]Do not compress backup オンにすると、サーバー レベルの既定値に関係なく、圧縮されていないバックアップが作成されます。Click to create an uncompressed backup, regardless of the server-level default.

参照See Also

SQL Server エージェント ジョブ ステップを作成および管理するユーザーの構成 Configure a User to Create and Manage SQL Server Agent Jobs
ログ配布について (SQL Server)About Log Shipping (SQL Server)