master データベース

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance

master データベースには、 SQL Server システムのシステム レベルの情報がすべて記録されます。 記録される情報には、ログオン アカウント、エンドポイント、リンク サーバー、システム構成設定など、インスタンス全体のメタデータが含まれます。 SQL Serverでは、システム オブジェクトが master データベースではなく、 Resource データベースに格納されるようになりました。 また、 master は、他のすべてのデータベースの存在、それらのデータベース ファイルの場所、および SQL Serverの初期化情報を記録するデータベースでもあります。 したがって、 master データベースが使用できないと、 SQL Server を開始できません。

重要

Azure SQL Database 単一データベースおよびエラスティック プールでは、master データベースと tempdb データベースのみが適用されます。 詳しくは、「Azure SQL Database サーバーとは」をご覧ください。 Azure SQL Database のコンテキストでの tempdb の詳細については、「SQL Database の Tempdb データベース」を参照してください。 Azure SQL Managed Instance の場合、すべてのシステム データベースが適用されます。 Azure SQL Database の Managed Instance について詳しくは、「マネージド インスタンスとは?」をご覧ください。

master データベースの物理プロパティ

次の表は、SQL Server と Azure SQL Managed Instance に向けた master のデータ ファイルとログ ファイルの初期構成値の一覧です。 これらのファイルのサイズは、 SQL Serverのエディションによって多少異なる場合があります。

ファイル 論理名 物理名 ファイル拡張
プライマリ データ master master.mdf ディスクがいっぱいになるまで 10% ずつ自動拡張
ログ mastlog mastlog.ldf 最大 2 TB まで 10% ずつ自動拡張

master のデータ ファイルとログ ファイルの移動方法の詳細については、「 システム データベースの移動」を参照してください。

重要

Azure SQL Database サーバーの場合、ユーザーが master データベースのサイズを制御することはできません。

データベース オプション

SQL Server と Azure SQL Managed Instance に向けた master データベースの各データベース オプションの既定値と、そのオプションを変更できるかどうかを次の表に示します。 これらのオプションの現在の設定を表示するには、 sys.databases カタログ ビューを使用します。

重要

Azure SQL Database 単一データベースおよびエラスティック プールの場合、ユーザーがこれらのデータベースのオプションを制御することはできません。

データベース オプション 既定値 変更可否
ALLOW_SNAPSHOT_ISOLATION ON いいえ
ANSI_NULL_DEFAULT OFF はい
ANSI_NULLS OFF はい
ANSI_PADDING OFF はい
ANSI_WARNINGS OFF はい
ARITHABORT OFF はい
AUTO_CLOSE OFF いいえ
AUTO_CREATE_STATISTICS ON はい
AUTO_SHRINK OFF いいえ
AUTO_UPDATE_STATISTICS ON はい
AUTO_UPDATE_STATISTICS_ASYNC OFF はい
CHANGE_TRACKING OFF いいえ
CONCAT_NULL_YIELDS_NULL OFF はい
CURSOR_CLOSE_ON_COMMIT OFF はい
CURSOR_DEFAULT GLOBAL はい
データベース可用性オプション ONLINE

MULTI_USER

READ_WRITE
いいえ

いいえ

いいえ
DATE_CORRELATION_OPTIMIZATION OFF はい
DB_CHAINING ON いいえ
ENCRYPTION OFF いいえ
MIXED_PAGE_ALLOCATION ON いいえ
NUMERIC_ROUNDABORT OFF はい
PAGE_VERIFY CHECKSUM はい
PARAMETERIZATION SIMPLE はい
QUOTED_IDENTIFIER OFF はい
READ_COMMITTED_SNAPSHOT OFF いいえ
RECOVERY SIMPLE はい
RECURSIVE_TRIGGERS OFF はい
Service Broker のオプション DISABLE_BROKER いいえ
TRUSTWORTHY OFF はい

これらのデータベース オプションの詳細については、「ALTER DATABASE (Transact-SQL)」を参照してください。

制限

master データベースでは、次の操作は実行できません。

  • ファイルまたはファイル グループの追加。
  • バックアップ。master データベース上では、データベース全体のバックアップのみが可能です。
  • 照合順序の変更。 既定の照合順序はサーバーの照合順序です。
  • データベース所有者の変更。 mastersaが所有します。
  • フルテキスト カタログまたはフルテキスト インデックスの作成。
  • データベース内のシステム テーブルのトリガーの作成。
  • データベースの削除。
  • データベースからの guest ユーザーの削除。
  • 変更データ キャプチャの有効化。
  • データベース ミラーリングへの参加。
  • プライマリ ファイル グループ、プライマリ データ ファイル、またはログ ファイルの削除。
  • データベース名またはプライマリ ファイル グループ名の変更。
  • データベースの OFFLINE への設定。
  • データベースまたはプライマリ ファイル グループの READ_ONLY への設定。

推奨事項

master データベースで作業を行っているときは、次の推奨設定を考慮してください。

  • master データベースの現在のバックアップを、常に使用可能にする。

  • 次の操作後には、できるだけ早く master データベースのバックアップを作成する。

    • データベースの作成、変更、または削除
    • サーバーまたはデータベースの構成値の変更
    • ログオン アカウントの変更または追加
  • masterにはユーザー オブジェクトを作成しない。 ユーザー オブジェクトを作成すると、 master をより頻繁にバックアップする必要があります。

  • master データベースでは TRUSTWORTHY オプションを ON に設定しないでください。

master が使用できない状態になった場合の対処方法

master が使用できない状態になった場合、このデータベースを次のいずれかの方法で使用できる状態に戻すことができます。

  • 現在のデータベース バックアップから master を復元します。

    サーバー インスタンスを起動できる場合は、データベースの完全バックアップから master を復元できます。 詳細については、「マスター データベースの復元 (Transact-SQL)」を参照してください。

  • master を完全に再構築します。

    master に深刻な破損があり、それが原因で SQL Serverを起動できない場合、 masterを再構築する必要があります。 詳細については、「 システム データベースの再構築」を参照してください。

    重要

    master を再構築すると、すべてのシステム データベースが再構築されます。