システム データベースの再構築Rebuild System Databases

このトピックに適用されますはいSQL ServerありませんAzure SQL DatabaseありませんAzure SQL Data Warehouseありません。並列データ ウェアハウスTHIS TOPIC APPLIES TO: yesSQL ServernoAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse mastermodelmsdb、または resource の各システム データベースの損傷による問題を解決するか、既定のサーバー レベルの照合順序を変更するには、システム データベースを再構築する必要があります。 System databases must be rebuilt to fix corruption problems in the master, model, msdb, or resource system databases or to modify the default server-level collation. このトピックでは、 SQL Server 2017SQL Server 2017でシステム データベースを再構築する手順について説明します。This topic provides step-by-step instructions to rebuild system databases in SQL Server 2017SQL Server 2017.

このトピックの内容In This Topic

はじめにBefore You Begin

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

master、model、msdb、および tempdb の各システム データベースを再構築する場合は、元の場所からデータベースを削除して再作成する必要があります。When the master, model, msdb, and tempdb system databases are rebuilt, the databases are dropped and re-created in their original location. 再構築ステートメントに新しい照合順序を指定する場合は、その照合順序の設定でシステム データベースが作成されます。If a new collation is specified in the rebuild statement, the system databases are created using that collation setting. これらのデータベースに対するユーザーの変更はすべて失われます。Any user modifications to these databases are lost. たとえば、master データベースのユーザー定義オブジェクト、msdb にスケジュールされたジョブ、または model データベースの既定のデータベース設定に対する変更が対象になります。For example, you may have user-defined objects in the master database, scheduled jobs in msdb, or changes to the default database settings in the model database.

前提条件Prerequisites

システム データベースを再構築する前に次の作業を行い、システム データベースを現在の設定に復元できるようにしておいてください。Perform the following tasks before you rebuild the system databases to ensure that you can restore the system databases to their current settings.

  1. サーバー全体のすべての構成値を記録します。Record all server-wide configuration values.

    SELECT * FROM sys.configurations;  
    
  2. SQL ServerSQL Server および現在の照合順序のインスタンスに適用されているすべてのサービス パックと修正プログラムを記録します。Record all service packs and hotfixes applied to the instance of SQL ServerSQL Server and the current collation. システム データベースの再構築後にこれらの更新を再適用する必要があります。You must reapply these updates after rebuilding the system databases.

    SELECT  
    SERVERPROPERTY('ProductVersion ') AS ProductVersion,  
    SERVERPROPERTY('ProductLevel') AS ProductLevel,  
    SERVERPROPERTY('ResourceVersion') AS ResourceVersion,  
    SERVERPROPERTY('ResourceLastUpdateDateTime') AS ResourceLastUpdateDateTime,  
    SERVERPROPERTY('Collation') AS Collation;  
    
  3. システム データベースのすべてのデータとログ ファイルの現在の場所を記録します。Record the current location of all data and log files for the system databases. システム データベースを再構築すると、すべてのシステム データベースがそれぞれ元の場所にインストールされます。Rebuilding the system databases installs all system databases to their original location. システム データベースのデータまたはログ ファイルを別の場所に移動していた場合は、そのファイルを再度移動する必要があります。If you have moved system database data or log files to a different location, you must move the files again.

    SELECT name, physical_name AS current_file_location  
    FROM sys.master_files  
    WHERE database_id IN (DB_ID('master'), DB_ID('model'), DB_ID('msdb'), DB_ID('tempdb'));  
    
  4. master、model、および msdb の各データベースの現在のバックアップを探します。Locate the current backup of the master, model, and msdb databases.

  5. SQL ServerSQL Server のインスタンスがレプリケーション ディストリビューターとして構成されている場合は、ディストリビューション データベースの現在のバックアップを探します。If the instance of SQL ServerSQL Server is configured as a replication Distributor, locate the current backup of the distribution database.

  6. システム データベースの再構築に必要な権限を持っていることを確認してください。Ensure you have appropriate permissions to rebuild the system databases. この操作を実行するには、 sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーである必要があります。To perform this operation, you must be a member of the sysadmin fixed server role. 詳細については、「 サーバー レベルのロール」を参照してください。For more information, see Server-Level Roles.

  7. master、model、msdb のデータおよびログのテンプレート ファイルのコピーがローカル サーバーに存在することを確認します。Verify that copies of the master, model, msdb data and log template files exist on the local server. テンプレート ファイルの既定の場所は、C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL13.MSSQLSERVER\MSSQL\Binn\Templates です。The default location for the template files is C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL13.MSSQLSERVER\MSSQL\Binn\Templates. これらのファイルは再構築プロセスで使用され、セットアップを成功させるにはこれらのファイルが存在する必要があります。These files are used during the rebuild process and must be present for Setup to succeed. これらのファイルがない場合は、セットアップの修復機能を実行するか、インストール メディアからファイルを手動でコピーします。If they are missing, run the Repair feature of Setup, or manually copy the files from your installation media. インストール メディアのファイルを探すには、適切なプラットフォーム ディレクトリ (x86 または x64) に移動し、次に setup\sql_engine_core_inst_msi\Pfiles\SqlServr\MSSQL.X\MSSQL\Binn\Templates に移動します。To locate the files on the installation media, navigate to the appropriate platform directory (x86 or x64) and then navigate to setup\sql_engine_core_inst_msi\Pfiles\SqlServr\MSSQL.X\MSSQL\Binn\Templates.

システム データベースの再構築Rebuild System Databases

次の手順では、master、model、msdb、および tempdb の各システム データベースを再構築します。The following procedure rebuilds the master, model, msdb, and tempdb system databases. 再構築するシステム データベースを指定することはできません。You cannot specify the system databases to be rebuilt. クラスター化されたインスタンスの場合、この手順はアクティブ ノードで実行する必要があります。また、手順を実行する前に、対応するクラスター アプリケーション グループ内の SQL ServerSQL Server リソースをオフラインにしておく必要があります。For clustered instances, this procedure must be performed on the active node and the SQL ServerSQL Server resource in the corresponding cluster application group must be taken offline before performing the procedure.

この手順では resource データベースが再構築されません。This procedure does not rebuild the resource database. このトピックで後述する「resource データベースの再構築手順」セクションを参照してください。See the section, "Rebuild the resource Database Procedure" later in this topic.

SQL Server のインスタンスのシステム データベースを再構築するにはTo rebuild system databases for an instance of SQL Server:

  1. SQL Server 2017SQL Server 2017 インストール メディアをディスク ドライブに挿入するか、コマンド プロンプトから、ディレクトリをローカル サーバーの setup.exe ファイルがある場所に変更します。Insert the SQL Server 2017SQL Server 2017 installation media into the disk drive, or, from a command prompt, change directories to the location of the setup.exe file on the local server. サーバーの既定の場所は C:\Program Files\Microsoft SQL Server\130\Setup Bootstrap\SQLServer2016 です。The default location on the server is C:\Program Files\Microsoft SQL Server\130\Setup Bootstrap\SQLServer2016.

  2. コマンド プロンプト ウィンドウから、次のコマンドを入力します。From a command prompt window, enter the following command. 角かっこは省略可能なパラメーターであることを示します。Square brackets are used to indicate optional parameters. 角かっこは入力しません。Do not enter the brackets. ユーザー アカウント制御 (UAC) が有効な Windows オペレーション システムを使用する場合は、セットアップの実行に高度な特権が必要になります。When using a Windows operating system that has User Account Control (UAC) enabled, running Setup requires elevated privileges. 管理者としてコマンド プロンプトを実行する必要があります。The command prompt must be run as Administrator.

    Setup /QUIET /ACTION=REBUILDDATABASE /INSTANCENAME=InstanceName /SQLSYSADMINACCOUNTS=accounts [ /SAPWD= StrongPassword ] [ /SQLCOLLATION=CollationName]Setup /QUIET /ACTION=REBUILDDATABASE /INSTANCENAME=InstanceName /SQLSYSADMINACCOUNTS=accounts [ /SAPWD= StrongPassword ] [ /SQLCOLLATION=CollationName]

    [パラメーター名]Parameter name 説明Description
    /QUIET または /Q/QUIET or /Q セットアップがユーザー インターフェイスなしで実行されるように指定します。Specifies that Setup run without any user interface.
    /ACTION=REBUILDDATABASE/ACTION=REBUILDDATABASE セットアップでシステム データベースを再作成することを指定します。Specifies that Setup re-create the system databases.
    /INSTANCENAME=InstanceName/INSTANCENAME=InstanceName SQL ServerSQL Serverのインスタンスの名前を指定します。Is the name of the instance of SQL ServerSQL Server. 既定のインスタンスには「MSSQLSERVER」と入力します。For the default instance, enter MSSQLSERVER.
    /SQLSYSADMINACCOUNTS=accounts/SQLSYSADMINACCOUNTS=accounts sysadmin 固定サーバー ロールに追加する Windows グループまたは個々のアカウントを指定します。Specifies the Windows groups or individual accounts to add to the sysadmin fixed server role. 複数のアカウントを指定する場合、各アカウントを空白で区切ります。When specifying more than one account, separate the accounts with a blank space. たとえば、「 BUILTIN\Administrators MyDomain\MyUser」と入力します。For example, enter BUILTIN\Administrators MyDomain\MyUser. アカウント名に空白を含むアカウントを指定する場合は、アカウントを二重引用符で囲みます。When you are specifying an account that contains a blank space within the account name, enclose the account in double quotation marks. たとえば、「 NT AUTHORITY\SYSTEM」と入力します。For example, enter NT AUTHORITY\SYSTEM.
    [ /SAPWD=StrongPassword ][ /SAPWD=StrongPassword ] SQL ServerSQL Server sa アカウントのパスワードを指定します。Specifies the password for the SQL ServerSQL Server sa account. このパラメーターは、インスタンスが混合モード認証 ( SQL ServerSQL Server および Windows 認証) を使用する場合に必要になります。This parameter is required if the instance uses Mixed Authentication ( SQL ServerSQL Server and Windows Authentication) mode.

    ** セキュリティ メモ *\* sa アカウントは、よく知られた SQL ServerSQL Server アカウントで、悪意のあるユーザーの攻撃対象となることが少なくありません。** Security Note *\The **sa* account is a well-known SQL ServerSQL Server account and it is often targeted by malicious users. sa ログインには、複雑なパスワードを使用することが非常に重要です。It is very important that you use a strong password for the sa login.

    Windows 認証モードにはこのパラメーターを指定しないでください。Do not specify this parameter for Windows Authentication mode.
    [ /SQLCOLLATION=CollationName ][ /SQLCOLLATION=CollationName ] 新しいサーバー レベルの照合順序を指定します。Specifies a new server-level collation. このパラメーターはオプションです。This parameter is optional. これを指定しない場合は、サーバーの現在の照合順序が使用されます。When not specified, the current collation of the server is used.

    ** 重要 *\サーバー レベルの照合順序を変更しても、既存のユーザー データベースの照合順序は変更されません。*** Important ****Changing the server-level collation does not change the collation of existing user databases. 新しく作成されたすべてのユーザー データベースには、既定で新しい照合順序が使用されます。All newly created user databases will use the new collation by default.

    詳細については、「 サーバーの照合順序の設定または変更」を参照してください。For more information, see Set or Change the Server Collation.
    [ /SQLTEMPDBFILECOUNT=NumberOfFiles ][ /SQLTEMPDBFILECOUNT=NumberOfFiles ] tempdb データ ファイルの数を設定します。Specifies the number of tempdb data files. この値は 8 またはコアの数の、どちらか大きい方まで増やすことができます。This value can be increased up to 8 or the number of cores, whichever is higher.

    既定値: 8 またはコアの数のうち、小さい方の値Default value: 8 or the number of cores, whichever is lower.
    [ /SQLTEMPDBFILESIZE=FileSizeInMB ][ /SQLTEMPDBFILESIZE=FileSizeInMB ] 各 tempdb データ ファイルの初期サイズを MB 単位で指定します。Specifies the initial size of each tempdb data file in MB. 最大 1024 MB まで指定できます。Setup allows the size up to 1024 MB.

    既定値: 8Default value: 8
    [ /SQLTEMPDBFILEGROWTH=FileSizeInMB ][ /SQLTEMPDBFILEGROWTH=FileSizeInMB ] 各 tempdb データ ファイルのファイル拡張増分値を MB 単位で指定します。Specifies the file growth increment of each tempdb data file in MB. 0 は、自動拡張がオフで、領域を追加できないことを示します。A value of 0 indicates that automatic growth is off and no additional space is allowed. 最大 1024 MB まで指定できます。Setup allows the size up to 1024 MB.

    既定値:64Default value: 64
    [ /SQLTEMPDBLOGFILESIZE=FileSizeInMB ][ /SQLTEMPDBLOGFILESIZE=FileSizeInMB ] tempdb ログ ファイルの初期サイズを MB 単位で指定します。Specifies the initial size of the tempdb log file in MB. 最大 1024 MB まで指定できます。Setup allows the size up to 1024 MB.

    既定値: 8Default value: 8.

    許容範囲: 最小値 = 8、最大値 = 1024Allowed range: Min = 8, max = 1024.
    [ /SQLTEMPDBLOGFILEGROWTH=FileSizeInMB ][ /SQLTEMPDBLOGFILEGROWTH=FileSizeInMB ] tempdb ログ ファイルのファイル拡張増分値を MB 単位で指定します。Specifies the file growth increment of the tempdb log file in MB. 0 は、自動拡張がオフで、領域を追加できないことを示します。A value of 0 indicates that automatic growth is off and no additional space is allowed. 最大 1024 MB まで指定できます。Setup allows the size up to 1024 MB.

    既定値:64Default value: 64

    許容範囲: 最小値 = 8、最大値 = 1024Allowed range: Min = 8, max = 1024.
    [ /SQLTEMPDBDIR=Directories ][ /SQLTEMPDBDIR=Directories ] tempdb のデータ ファイルのディレクトリを指定します。Specifies the directories for tempdb data files. 複数のディレクトリを指定する場合、各ディレクトリを空白で区切ります。When specifying more than one directory, separate the directories with a blank space. 複数のディレクトリが指定されている場合、tempdb データ ファイルはラウンド ロビン形式ですべてのディレクトリにまたがるようになります。If multiple directories are specified the tempdb data files will be spread across the directories in a round-robin fashion.

    既定値: システム データ ディレクトリDefault value: System Data Directory
    [ /SQLTEMPDBLOGDIR=Directory ][ /SQLTEMPDBLOGDIR=Directory ] tempdb のログ ファイルのディレクトリを指定します。Specifies the directory for the tempdb log file.

    既定値: システム データ ディレクトリDefault value: System Data Directory
  3. セットアップによりシステム データベースの再構築が完了すると、メッセージが表示されることなく、コマンド プロンプトに戻ります。When Setup has completed rebuilding the system databases, it returns to the command prompt with no messages. Summary.txt ログ ファイルを調査し、プロセスが正常に完了したことを確認します。Examine the Summary.txt log file to verify that the process completed successfully. このファイルは C:\Program Files\Microsoft SQL Server\130\Setup Bootstrap\Logs にあります。This file is located at C:\Program Files\Microsoft SQL Server\130\Setup Bootstrap\Logs.

  4. RebuildDatabase シナリオでは、システム データベースが削除され、クリーンな状態で再インストールされます。RebuildDatabase scenario deletes system databases and installs them again in clean state. tempdb ファイルの数の設定は保持されないため、tempdb ファイルの数の値はセットアップ中には不明です。Because the setting of tempdb file count does not persist, the value of number of tempdb files is not known during setup. したがって、RebuildDatabase シナリオでは再度追加される tempdb ファイルの数を特定できません。Therefore, RebuildDatabase scenario does not know the count of tempdb files to be re-added. tempdb ファイルの数の値は、SQLTEMPDBFILECOUNT パラメーターで再度指定できます。You can provide the value of the number of tempdb files again with the SQLTEMPDBFILECOUNT parameter. パラメーターが指定されていない場合、RebuildDatabase により、既定の数の tempdb ファイル、つまり CPU の数と 8 のうち少ない方の数の tempdb ファイルが追加されます。If the parameter is not provided, RebuildDatabase will add a default number of tempdb files, which is as many tempdb files as the CPU count or 8, whichever is lower.

再構築後の作業Post-Rebuild Tasks

データベースを再構築した後は、次の追加作業の実行が必要になる場合があります。After rebuilding the database you may need to perform the following additional tasks:

  • master、model、および msdb の各データベースを最新の完全バックアップの状態に復元します。Restore your most recent full backups of the master, model, and msdb databases. 詳細については、「システム データベースのバックアップと復元 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Back Up and Restore of System Databases (SQL Server).

    重要

    サーバー照合順序を変更した場合は、システム データベースを復元しないでください。If you have changed the server collation, do not restore the system databases. 復元すると、新しい照合順序が元の照合順序の設定に置き換わります。Doing so will replace the new collation with the previous collation setting.

    バックアップが存在しないか、復元されたバックアップが最新のものでない場合は、存在しないエントリを再作成します。If a backup is not available or if the restored backup is not current, re-create any missing entries. たとえば、ユーザー データベース、バックアップ デバイス、 SQL ServerSQL Server ログイン、エンドポイントなどの存在しないエントリをすべて再作成します。For example, re-create all missing entries for your user databases, backup devices, SQL ServerSQL Server logins, end points, and so on. エントリを再作成する場合、エントリの作成時と同じスクリプトを実行してください。The best way to re-create entries is to run the original scripts that created them.

重要

不正ユーザーによる変更を防ぐために、スクリプトを保護しておくことをお勧めします。We recommend that you secure your scripts to prevent their being altered by unauthorized by individuals.

  • SQL ServerSQL Server のインスタンスがレプリケーション ディストリビューターとして構成されている場合は、ディストリビューション データベースを復元する必要があります。If the instance of SQL ServerSQL Server is configured as a replication Distributor, you must restore the distribution database. 詳細については、「 レプリケートされたデータベースのバックアップと復元」を参照してください。For more information, see Back Up and Restore Replicated Databases.

  • システム データベースを記録した以前の場所に移動します。Move the system databases to the locations you recorded previously. 詳細については、「 システム データベースの移動」を参照してください。For more information, see Move System Databases.

  • サーバー全体の構成値が記録した以前の値と一致することを確認します。Verify the server-wide configuration values match the values you recorded previously.

resource データベースの再構築Rebuild the resource Database

次の手順では、resource システム データベースを再構築します。The following procedure rebuilds the resource system database. resource システム データベースを再構築する場合は、サービス パックと修正プログラムがすべて失われるため、再適用する必要があります。When you rebuild the resource database, all service packs and hot fixes are lost, and therefore must be reapplied.

resource システム データベースを再構築するにはTo rebuild the resource system database:

  1. 配布メディアから、 SQL Server 2017SQL Server 2017 セットアップ プログラム (setup.exe) を起動します。Launch the SQL Server 2017SQL Server 2017 Setup program (setup.exe) from the distribution media.

  2. 左側のナビゲーション領域の [メンテナンス]をクリックし、 [修復]をクリックします。In the left navigation area, click Maintenance, and then click Repair.

  3. セットアップ サポート ルールおよびセットアップ サポート ファイルのルーチンが実行されて、システムに必須コンポーネントがインストールされていること、およびコンピューターがセットアップの検証ルールに合格していることが確認されます。Setup support rule and file routines run to ensure that your system has prerequisites installed and that the computer passes Setup validation rules. 続行するには、 [OK] または [インストール] をクリックします。Click OK or Install to continue.

  4. [インスタンスの選択] ページで、修復するインスタンスを選択し、 [次へ]をクリックします。On the Select Instance page, select the instance to repair, and then click Next.

  5. 修復ルールが実行され、操作が検証されます。The repair rules will run to validate the operation. 続行するには、 [次へ]をクリックします。To continue, click Next.

  6. [修復の準備完了] ページで [修復]をクリックします。From the Ready to Repair page, click Repair. [完了] ページでは、操作が完了したことが示されます。The Complete page indicates that the operation is finished.

新しい msdb データベースの作成Create a New msdb Database

msdb データベースが破損した場合に、 msdb データベースのバックアップがなければ、 instmsdb スクリプトを使用して新しい msdb データベースを作成することができます。If the msdb database is damaged and you do not have a backup of the msdb database, you can create a new msdb by using the instmsdb script.

警告

instmsdb スクリプトを使用して msdb データベースを再構築すると、ジョブ、警告、オペレーター、メンテナンス プラン、バックアップ履歴、ポリシー ベースの管理設定、データベース メール、パフォーマンス データ ウェアハウスなど、 msdb に格納されていた情報がすべて消去されます。Rebuilding the msdb database using the instmsdb script will eliminate all the information stored in msdb such as jobs, alert, operators, maintenance plans, backup history, Policy-Based Management settings, Database Mail, Performance Data Warehouse, etc.

  1. データベース エンジンDatabase Engineエージェント、 SQL ServerSQL Server 、および SSRSSSRSと、 SSISSSISをデータ ストアとして使用しているすべてのアプリケーションを含め、 SQL ServerSQL Server に接続しているすべてのサービスを停止します。Stop all services connecting to the データベース エンジンDatabase Engine, including SQL ServerSQL Server Agent, SSRSSSRS, SSISSSIS, and all applications using SQL ServerSQL Server as data store.

  2. というコマンドを使用して、コマンド ラインから SQL ServerSQL Server を開始します。 NET START MSSQLSERVER /T3608Start SQL ServerSQL Server from the command line using the command: NET START MSSQLSERVER /T3608

    詳細については、「 データベース エンジン、SQL Server エージェント、SQL Server Browser サービスの開始、停止、一時停止、再開、および再起動」を参照してください。For more information, see Start, Stop, Pause, Resume, Restart the Database Engine, SQL Server Agent, or SQL Server Browser Service.

  3. 別のコマンド ライン ウィンドウで、msdb データベースをデタッチします。これには、SQLCMD -E -S<servername> -dmaster -Q"EXEC sp_detach_db msdb" というコマンドを実行します (<servername>SQL ServerSQL Server のインスタンスに置き換えます)。In another command line window, detach the msdb database by executing the following command, replacing <servername> with the instance of SQL ServerSQL Server: SQLCMD -E -S<servername> -dmaster -Q"EXEC sp_detach_db msdb"

  4. Windows エクスプローラーを使用して、 msdb データベースの各ファイルの名前を変更します。Using the Windows Explorer, rename the msdb database files. これらのファイルは、既定で SQL ServerSQL Server インスタンスの DATA サブフォルダーにあります。By default these are in the DATA sub-folder for the SQL ServerSQL Server instance.

  5. SQL ServerSQL Server 構成マネージャーを使用して、 データベース エンジンDatabase Engine サービスを通常の方法で停止および再起動します。Using SQL ServerSQL Server Configuration Manager, stop and restart the データベース エンジンDatabase Engine service normally.

  6. コマンド ライン ウィンドウで、 SQL ServerSQL Server に接続し、コマンド SQLCMD -E -S<servername> -i"C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL13.MSSQLSERVER\MSSQL\Install\instmsdb.sql" -o" C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL13.MSSQLSERVER\MSSQL\Install\instmsdb.out"In a command line window, connect to SQL ServerSQL Server and execute the command: SQLCMD -E -S<servername> -i"C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL13.MSSQLSERVER\MSSQL\Install\instmsdb.sql" -o" C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL13.MSSQLSERVER\MSSQL\Install\instmsdb.out"

    <servername<データベース エンジンDatabase Engine のインスタンスに置き換えます。Replace <servername> with the instance of the データベース エンジンDatabase Engine. SQL ServerSQL Serverのインスタンスのファイル システム パスを使用してください。Use the file system path of the instance of SQL ServerSQL Server.

  7. Windows のメモ帳を使用して instmsdb.out ファイルを開き、エラーの出力を確認します。Using the Windows Notepad, open the instmsdb.out file and check the output for any errors.

  8. インスタンスにインストールされていたサービス パックまたは修正プログラムがあれば、再適用します。Re-apply any service packs or hotfix installed on the instance.

  9. ジョブや警告など、 msdb データベースに格納されていたユーザー コンテンツを再作成します。Recreate the user content stored in the msdb database, such as jobs, alert, etc.

  10. msdb データベースをバックアップします。Backup the msdb database.

再構築エラーのトラブルシューティングTroubleshoot Rebuild Errors

コマンド プロンプト ウィンドウには、構文エラーおよびその他の実行時エラーが表示されます。Syntax and other run-time errors are displayed in the command prompt window. セットアップ ステートメントに次の構文エラーがないか調査してください。Examine the Setup statement for the following syntax errors:

  • パラメーター名の前のスラッシュ記号 (/) の欠如。Missing slash mark (/) in front of each parameter name.

  • パラメーター名とパラメーター値の間の等号 (=) の欠如。Missing equal sign (=) between the parameter name and the parameter value.

  • パラメーター名と等号の間の空白文字の存在。Presence of blank spaces between the parameter name and the equal sign.

  • 構文に指定されていないコンマ (,) またはその他の文字の存在。Presence of commas (,) or other characters that are not specified in the syntax.

    再構築操作が完了した後で、 SQL ServerSQL Server ログにエラーがないか調査します。After the rebuild operation is complete, examine the SQL ServerSQL Server logs for any errors. ログの既定の場所は C:\Program Files\Microsoft SQL Server\130\Setup Bootstrap\Logs です。The default log location is C:\Program Files\Microsoft SQL Server\130\Setup Bootstrap\Logs. 再構築プロセスの結果を含むログ ファイルを探すには、ディレクトリをコマンド プロンプトから Logs フォルダーに変更し、 findstr /s RebuildDatabase summary*.*を実行します。To locate the log file that contains the results of the rebuild process, change directories to the Logs folder from a command prompt, and then run findstr /s RebuildDatabase summary*.*. この検索により、システム データベースの再構築結果を含むログ ファイルが検出されます。This search will point you to any log files that contain the results of rebuilding system databases. ログ ファイルを開き、該当するエラー メッセージがないか調査します。Open the log files and examine them for relevant error messages.

参照See Also

システム データベースSystem Databases