データベースの互換性レベルの表示または変更

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Database YesAzure SQL Managed Instance

この記事では、SQL Server Management Studioまたは Transact-SQL を使用して、SQL Server、Azure SQL Database、またはAzure SQL Managed Instanceでデータベースの互換性レベルを表示または変更する方法について説明します。

重要

データベースの互換性レベルを変更する前に、この変更がアプリケーションに及ぼす影響について理解しておく必要があります。 詳細については、「ALTER DATABASE 互換性レベル (Transact-SQL)」を参照してください。

Permissions

データベースに対する ALTER 権限が必要です。

SQL Server Management Studio の使用 [SQL Server]

SQL Server Management Studio (SSMS) を使用してデータベースの互換性レベルを表示または変更するには

  1. データベースをホストしている適切なサーバーまたはインスタンスに接続します。

  2. オブジェクト エクスプローラーでサーバー名を選択します。

  3. [データベース] を展開します。さらに、そのデータベースに応じて、ユーザー データベースを選択するか、または [システム データベース] を展開してシステム データベースを選択します。

注意

Azure SQL Database では、システム データベースの互換性レベルを変更することはできません。

  1. データベースを右クリックし、 [プロパティ] を選択します。

    [データベースのプロパティ] ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. [ページの選択] ペインで [オプション] を選択します。

  3. [互換性レベル] ボックスの一覧に現在の互換性レベルが表示されます。

    互換性レベルを変更するには、一覧から別のオプションを選択します。 さまざまな データベース エンジン バージョンに使用できるオプションは、ALTER DATABASE 互換性レベル (Transact-SQL) ページに記載されています。

Transact-SQL の使用

Transact-SQL を使い、SSMS または Azure Data Studio を使用して、データベースの互換性レベルを表示または変更することができます。

データベースの互換性レベルを表示する

  1. データベースをホストしている適切なサーバーまたはインスタンスに接続します。

  2. [新しいクエリ] を開きます。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] を選択します。 この例では、 AdventureWorks2019サンプル データベースの互換性レベルを返します。

USE AdventureWorks2019;  
GO  
SELECT compatibility_level  
FROM sys.databases WHERE name = 'AdventureWorks2019';  
GO  

データベースの互換性レベルを変更する

  1. データベースをホストしている適切なサーバーまたはインスタンスに接続します。

  2. 標準バーから、 [新しいクエリ] を選択します。

  3. 次の例をコピーしてクエリ ウィンドウに貼り付け、 [実行] を選択します。 次の使用例は、データベースのAdventureWorks2019互換性レベルを 150、SQL Server 2019 (15.x) の互換性レベルに変更します。

ALTER DATABASE AdventureWorks2019  
SET COMPATIBILITY_LEVEL = 150;  
GO

次の手順