MSSQLSERVER_1418MSSQLSERVER_1418

詳細Details

製品名Product Name SQL ServerSQL Server
イベント IDEvent ID 14181418
イベント ソースEvent Source MSSQLSERVERMSSQLSERVER
コンポーネントComponent SQLEngineSQLEngine
シンボル名Symbolic Name DBM_PARTNERNOTFOUNDDBM_PARTNERNOTFOUND
メッセージ テキストMessage Text サーバー ネットワーク アドレス "%.*ls" にアクセスできないか、このアドレスが存在しません。The server network address "%.*ls" can not be reached or does not exist. ネットワーク アドレス名と、ローカル エンドポイントおよびリモート エンドポイントのポートが操作可能であることを確認してください。Check the network address name and that the ports for the local and remote endpoints are operational.

説明Explanation

指定されたサーバー ネットワーク アドレスにアクセスできないか、このアドレスが存在しないため、サーバー ネットワーク エンドポイントが応答しませんでした。The server network endpoint did not respond because the specified server network address cannot be reached or does not exist.

注意

既定では、すべてのポートが MicrosoftMicrosoft オペレーティング システムによってブロックされます。By default, MicrosoftMicrosoft operating system blocks all ports.

ユーザーの操作User Action

ネットワーク アドレス名が正しいかどうかを確認して、コマンドを再発行します。Verify the network address name and reissue the command.

場合によっては、両方のパートナーで修正措置を行う必要があります。Corrective action might be required on both partners. たとえば、プリンシパル サーバー インスタンスで SET PARTNER を実行しようとしたときにこのメッセージが表示された場合、ミラー サーバー インスタンスでのみ修正措置を実行するよう指示されます。For example, if this message is raised when you are trying to run SET PARTNER on the principal server instance, the message might imply that you only have to take corrective action on the mirror server instance. しかし、実際には、両方のパートナーで修正措置を行う必要があります。However, corrective actions might be required on both partners.

その他の修正措置Additional Corrective Actions

  • ミラー データベースがミラーリングできる状態であることを確認します。Make sure that the mirror database is ready for mirroring.

  • ミラー サーバー インスタンスの名前およびポートが正しいことを確認します。Make sure that the name and port of the mirror server instance are correct.

  • 対象となるミラー サーバー インスタンスがファイアウォールの背後に配置されていないことを確認します。Make sure that the destination mirror server instance is not behind a firewall.

  • プリンシパル サーバー インスタンスがファイアウォールの背後に配置されていないことを確認します。Make sure that the principal server instance is not behind a firewall.

  • sys.database_mirroring_endpoints カタログ ビューの state または state_desc 列を使用して、両方のパートナーでエンドポイントが開始されていることを確認します。Verify that the endpoints are started on the partners by using the state or state_desc column the of the sys.database_mirroring_endpoints catalog view. いずれかのエンドポイントが開始されていない場合は、ALTER ENDPOINT ステートメントを実行して開始します。If either endpoint is not started, execute an ALTER ENDPOINT statement to start it.

  • プリンシパル サーバー インスタンスがデータベース ミラーリング エンドポイントに割り当てられているポートでリッスンし、ミラー サーバー インスタンスがミラー サーバー インスタンスのポートでリッスンしていることを確認します。Make sure that the principal server instance is listening on the port assigned to its database mirroring endpoint and that and the mirror server instance is listening on its port. 詳細については、このトピックの「ポートの可用性の検証」を参照してください。For more information, see "Verifying Port Availability," later in this topic. パートナーが割り当てられたポートでリッスンしていない場合は、データベース ミラーリング エンドポイントを変更して、別のポートでリッスンするようにします。If a partner is not listening on its assigned port, modify the database mirroring endpoint to listen on a different port.

    重要

    セキュリティ構成が不適切な場合、一般的なセットアップ エラー メッセージが表示されることがあります。Improperly configured security can cause a general setup error message. 通常、サーバー インスタンスは無効な接続要求に応答せず、破棄してしまいます。Typically, the server instance drops the bad connection request without responding. 呼び出し元には、ミラー データベースの状態が正しくない、ミラー データベースが存在しない、権限が不適切など、別のさまざまな理由でセキュリティ構成エラーが発生したように示される場合があります。To the caller, a security-configuration error could appear to have occurred for a variety of other reasons, such as the mirror database in a bad state or does not exist, incorrect permissions, and so on.

診断のためのエラー ログ ファイルの使用Using the Error Log File for Diagnosis

調査のために利用できるのがエラー ログ ファイルだけである場合があります。In some cases, only error log files are available for investigation. その場合は、エラー ログを参照し、データベース ミラーリング エンドポイントの TCP ポートに対するエラー メッセージ 26023 が含まれていないかどうかを調べます。In these cases, determine whether the error log contains error message 26023 for the TCP port of the database mirroring endpoint. 重大度 16 のこのエラーは、データベース ミラーリング エンドポイントが開始されていないことを示している可能性があります。This error, which is severity 16, might indicate that the database mirroring endpoint is not started. これは、sys.database_mirroring_endpoints でエンドポイントの状態が開始済みと示されている場合でも発生します。This message can occur even if sys.database_mirroring_endpoints shows the endpoint state as started.

発生している問題をすべて解決した後、プリンシパル サーバーで ALTER DATABASE database_name SET PARTNER ステートメントを再度実行します。After resolving any issues that you encounter, rerun the ALTER DATABASE database_name SET PARTNER statement on the principal server.

ポートの可用性の検証Verifying Port Availability

データベース ミラーリング セッションのネットワークを構成する際、各サーバー インスタンスのデータベース ミラーリング エンドポイントがデータベース ミラーリング プロセスでのみ使用されていることを確認します。When you are configuring the network for a database mirroring session, make sure the database mirroring endpoint of each server instance is used by only the database mirroring process. データベース ミラーリング エンドポイントに割り当てられたポートで別のプロセスがリッスンしている場合、他のサーバー インスタンスのデータベース ミラーリング プロセスはそのエンドポイントに接続できません。If another process is listening on the port assigned to a database mirroring endpoint, the database mirroring processes of the other server instances cannot connect to the endpoint.

Windows ベースのサーバーがリッスンしているすべてのポートを表示するには、netstat コマンド プロンプト ユーティリティを使用します。To display all the ports on which a Windows-based server is listening, use the netstat command-prompt utility. netstat の構文は、Windows オペレーティング システムのバージョンによって異なります。The syntax for netstat depends on the version of the Windows operating system. 詳細については、オペレーティング システムのマニュアルを参照してください。For more information, see the operating system documentation.

Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)Windows Server 2003 Service Pack 1 (SP1)

リッスンしているポートおよびそれらのポートを開いているプロセスを一覧表示するには、Windows コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。To list listening ports and the processes that have those ports opened, enter the following command at the Windows command prompt:

netstat -abnnetstat -abn

Windows Server 2003 (SP1 適用前)Windows Server 2003 (pre-SP1)

リッスンしているポートおよびそれらのポートを開いているプロセスを確認するには、次の手順に従います。To identify the listening ports and the processes that have those ports opened, follow these steps:

  1. プロセス ID を取得します。Obtain the process ID.

    SQL ServerSQL Server インスタンスのプロセス ID を調べるには、そのインスタンスに接続し、次の Transact-SQLTransact-SQL ステートメントを使用します。To learn the process ID of an instance of SQL ServerSQL Server, connect to that instance and use the following Transact-SQLTransact-SQL statement:

    SELECT SERVERPROPERTY('ProcessID')   
    

    詳細については、SQL ServerSQL Server オンライン ブックの「SERVERPROPERTY (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see "SERVERPROPERTY (Transact-SQL)" in SQL ServerSQL Server Books Online.

  2. 取得したプロセス ID と、次の netstat コマンドの出力とを照合します。Match the process ID with the output of the following netstat command:

    netstat -anonetstat -ano

参照See Also

ALTER ENDPOINT (Transact-SQL) ALTER ENDPOINT (Transact-SQL)
データベースミラーリングエンドポイント (SQL Server) The Database Mirroring Endpoint (SQL Server)
ミラーリング (SQL Server のミラーデータベースを準備する) Prepare a Mirror Database for Mirroring (SQL Server)
SERVERPROPERTY (Transact-sql) SERVERPROPERTY (Transact-SQL)
データベースミラーリング (サーバーネットワークアドレスを指定し) Specify a Server Network Address (Database Mirroring)
database_mirroring_endpoints (Transact-sql) sys.database_mirroring_endpoints (Transact-SQL)
データベース ミラーリング構成のトラブルシューティング (SQL Server)Troubleshoot Database Mirroring Configuration (SQL Server)