Blocked Process Report イベント クラス

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース

Blocked Process Report イベント クラスは、指定された時間より長い間タスクがブロックされていることを示します。 このイベント クラスには、システム タスクやデッドロックを検出できないリソースを待機しているタスクは含まれません。

レポートが生成されるしきい値と頻度を構成するには、 sp_configure コマンドを使用して、 blocked process threshold オプションを構成します。これは秒単位で設定できます。 既定では、ブロックされているプロセスのレポートは生成されません。 blocked process threshold オプションの設定に関する詳細については、「 blocked process threshold サーバー構成オプション」を参照してください します。

Blocked Process Report イベント クラスによって返されるデータのフィルター処理については、「トレース内のイベントへのフィルターの適用 (SQL Server Profiler)」、「トレース フィルターの設定 (Transact-SQL)」、または「sp_trace_setfilter (Transact-SQL)」を参照してください。

Blocked Process Report イベント クラスのデータ列

データ列名 データ型 説明 列 ID フィルターの適用
DatabaseID int ロックが取得されたデータベースの ID です。 SQL Server プロファイラー では、 ServerName データ列がトレースにキャプチャされ、そのサーバーが利用可能な場合、データベースの名前が表示されます。 データベースに対応する値は、DB_ID 関数を使用して特定します。 3 はい
Duration bigint プロセスがブロックされていた時間 (マイクロ秒)。 13 はい
EndTime datetime イベントの終了時刻。 SQL:BatchStartingSP:Starting などの開始イベント クラスについては、この列に値が格納されません。 15 はい
EventClass int イベントの種類 = 137。 27 いいえ
EventSequence int 要求内の特定のイベントのシーケンス。 51 いいえ
IndexID int イベントの影響を受けるオブジェクトに付けられたインデックス用の ID。 オブジェクトのインデックス ID を調べるには、 sysindexes システム テーブルの indid 列を使用します。 24 はい
IsSystem int イベントがシステム プロセスとユーザー プロセスのどちらで発生したか。 1 はシステム、0 はユーザーです。 60 はい
LoginSid image ログインしたユーザーのセキュリティ識別子 (SID)。 このイベントは必ずシステム スレッドから報告されます。 IsSystem は 1、SID は sa です。 41 はい
モード int イベントが受け取った状態またはイベントが要求している状態。

0 = NULL

1 = Sch-S

2 = Sch-M

3 = S

4 = U

5 = X

6 = IS

7 = IU

8 = IX

9 = SIU

10 = SIX

11 = UIX

12 = BU

13 = RangeS-S

14 = RangeS-U

15 = RangeI-N

16 = RangeI-S

17 = RangeI-U

18 = RangeI-X

19 = RangeX-S

20 = RangeX-U

21 = RangeX-X
32 はい
Exchange Spill int ロックを取得したオブジェクトのシステム割り当て ID (使用可能かつ適用可能な場合)。 22 はい
ServerName nvarchar トレースされている SQL Server のインスタンスの名前。 26
SessionLoginName nvarchar セッションを開始したユーザーのログイン名。 たとえば、Login1 を使用して SQL Server に接続し、Login2 でステートメントを実行すると、 SessionLoginName には Login1 が表示され、 LoginName には Login2 が表示されます。 この列には、 SQL Server ログインと Windows ログインの両方が表示されます。 64 はい
TextData ntext トレースでキャプチャされたイベント クラスに依存するテキスト値。 1 はい
TransactionID bigint システムによって割り当てられたトランザクション ID。 4 はい

参照

sp_trace_setevent (Transact-SQL)
sp_configure (Transact-SQL)