Sort Warnings イベント クラス

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) Azure SQL Database Yes

Sort Warnings イベント クラスは、並べ替え操作をメモリ内で処理できないことを示します。 インデックスの作成に関連する並べ替え操作は対象になりません。SELECT ステートメントで使用される ORDER BY 句などのクエリ内の並べ替え操作のみが対象になります。

並べ替え操作を伴うクエリで Sort Warnings イベント クラスが発生し、EventSubClass データ列の値が 2 である場合は、データを並べ替えるためにデータを複数回受け渡す必要があるため、クエリのパフォーマンスが低下する可能性があります。 クエリをさらに検証し、並べ替え操作を排除できるかどうかを確認してください。

Sort Warnings イベント クラスのデータ列

データ列名 データ型 説明 列 ID フィルターの適用
ApplicationName nvarchar のインスタンスへの接続を作成したクライアント アプリケーションのSQL Server。 この列には、プログラムの表示名ではなく、アプリケーションによって渡された値が格納されます。 10 はい
ClientProcessID int クライアント アプリケーションが実行されているプロセスに対し、ホスト コンピューターが割り当てた ID。 クライアントによりクライアント プロセス ID が指定されると、このデータ列に値が格納されます。 9 はい
DatabaseID int USE database ステートメントで指定されたデータベースの ID、または特定のインスタンスについて USE database ステートメントが実行されていない場合は既定のデータベースの ID となります。 SQL Server Profiler ServerName データ列がトレースにキャプチャされ、サーバーが使用可能な場合は、データベースの名前が表示されます。 データベースに対応する値は、DB_ID 関数を使用して特定します。 3 はい
DatabaseName nvarchar ユーザーのステートメントが実行されているデータベースの名前。 35 はい
EventClass int イベントの種類 = 69。 27 いいえ
EventSequence int 要求内の特定のイベントのシーケンス。 51 いいえ
EventSubClass int イベント サブクラスの種類。

1 = 単一パス。 並べ替えテーブルをディスクに書き込むとき、並べ替え出力を取得するためにデータを 1 回だけパスする必要がありました。

2 = 複数パス。 並べ替えテーブルをディスクに書き込むとき、並べ替え出力を取得するためにデータを複数回パスする必要がありました。
21 はい
GroupID int SQL トレース イベントが発生したワークロード グループの ID。 66 はい
HostName nvarchar クライアントが実行されているコンピューターの名前。 このデータ列にはクライアントからホスト名が提供されている場合に値が格納されます。 ホスト名を指定するには、HOST_NAME 関数を使用します。 8 はい
IsSystem int イベントがシステム プロセスとユーザー プロセスのどちらで発生したか。 1 = システム、NULL = ユーザーです。 60 はい
LoginName nvarchar ユーザーのログイン名 (セキュリティ ログインSQL Server Microsoft Windows DOMAIN\username の形式でログイン資格情報を取得します)。 11 はい
LoginSid image ログイン ユーザーのセキュリティ ID 番号 (SID)。 この情報は、sys.server_principals カタログ ビューで参照できます。 各 SID はサーバーのログインごとに一意です。 41 はい
NTDomainName nvarchar ユーザーが所属する Windows ドメイン。 7 はい
NTUserName nvarchar Windows のユーザー名。 6 はい
RequestID int ステートメントが含まれている要求の ID。 49 はい
ServerName nvarchar トレースされている SQL Server のインスタンスの名前。 26 いいえ
SessionLoginName nvarchar セッションを開始したユーザーのログイン名。 たとえば、Login1 を使用して SQL Server に接続し、Login2 としてステートメントを実行すると、sessionlogin に Login1 と loginLogin2 が表示されます。 この列には、SQL Server と Windows ログインの両方が表示されます。 64 はい
SPID int イベントが発生したセッションの ID。 12 はい
StartTime datetime イベントの開始時刻 (取得できた場合)。 14 はい
TransactionID bigint システムによって割り当てられたトランザクション ID。 4 はい
XactSequence bigint 現在のトランザクションを説明するトークン。 50 はい

参照

sp_trace_setevent (Transact-SQL)