SP:Completed イベント クラス

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース

SP:Completed イベント クラスは、ストアド プロシージャの実行が完了したことを示します。

SP:Completed イベント クラスのデータ列

データ列名 データ型 説明 列 ID フィルターの適用
ApplicationName nvarchar SQL Serverのインスタンスへの接続を作成したクライアント アプリケーションの名前。 この列には、プログラムの表示名ではなく、アプリケーションによって渡された値が格納されます。 10 はい
ClientProcessID int クライアント アプリケーションが実行されているプロセスに対し、ホスト コンピューターが割り当てた ID。 クライアントによりクライアント プロセス ID が指定されると、このデータ列に値が格納されます。 9 はい
DatabaseID int ストアド プロシージャが実行されているデータベースの ID。 データベースに対応する値は、DB_ID 関数を使用して特定します。 3 はい
DatabaseName nvarchar ストアド プロシージャが実行されているデータベースの名前。 35 はい
Duration bigint イベントにかかった時間 (マイクロ秒)。 13 はい
EndTime datetime イベントの終了時刻。 SQL:BatchStarting や SP:Starting などの開始イベント クラスについては、この列に値が格納されません。 15 はい
EventClass int イベントの種類 = 43。 27 いいえ
EventSequence int 要求内の特定のイベントのシーケンス。 51 いいえ
GroupID int SQL トレース イベントが発生したワークロード グループの ID。 66 はい
HostName nvarchar クライアントが実行されているコンピューターの名前。 このデータ列にはクライアントからホスト名が提供されている場合に値が格納されます。 ホスト名を指定するには、HOST_NAME 関数を使用します。 8 はい
IsSystem int イベントがシステム プロセスとユーザー プロセスのどちらで発生したか。 1 はシステム、0 はユーザーです。 60 はい
LineNumber int このストアド プロシージャを呼び出した EXECUTE ステートメントの行番号を表示します。 5 はい
LoginName nvarchar ユーザーのログイン名 ( SQL Server セキュリティ ログイン、または DOMAIN\username の形式で表された Microsoft Windows ログイン資格情報)。 11 はい
LoginSid image ログイン ユーザーのセキュリティ ID 番号 (SID)。 この情報は、sys.server_principals カタログ ビューで参照できます。 各 SID はサーバーのログインごとに一意です。 41 はい
NestLevel int ストアド プロシージャの入れ子レベル。 29 はい
NTDomainName nvarchar ユーザーが所属する Windows ドメイン。 7 はい
NTUserName nvarchar Windows のユーザー名。 6 はい
ObjectID int ストアド プロシージャにシステムが割り当てた ID。 22 はい
ObjectName nvarchar 参照されているオブジェクトの名前。 34 はい
ObjectType int 呼び出されたストアド プロシージャの型。 この値は sys.objects カタログ ビューの type 列に対応します。 値については、「 ObjectType トレース イベント列」を参照してください。 28 はい
RequestID int ステートメントが含まれている要求の ID。 49 はい
RowCounts bigint このストアド プロシージャに含まれているすべてのステートメントの行数。 48 はい
ServerName nvarchar トレースされている SQL Server のインスタンスの名前。 26 いいえ
SessionLoginName nvarchar セッションを開始したユーザーのログイン名。 たとえば、Login1 を使用して SQL Server に接続し、Login2 でステートメントを実行すると、SessionLoginName には Login1 が表示され、LoginName には Login2 が表示されます。 この列には、 SQL Server ログインと Windows ログインの両方が表示されます。 64 はい
SourceDatabaseID int オブジェクトが存在するデータベースの ID。 62 はい
SPID int イベントが発生したセッションの ID。 12 はい
StartTime datetime イベントの開始時刻 (取得できた場合)。 14 はい
TextData ntext ストアド プロシージャ呼び出しのテキスト。 1 はい
TransactionID bigint システムによって割り当てられたトランザクション ID。 4 はい
XactSequence bigint 現在のトランザクションを説明するトークン。 50 はい

参照

拡張イベント
sp_trace_setevent (Transact-SQL)