SQL:StmtRecompile イベント クラスSQL:StmtRecompile Event Class

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database

SQL:StmtRecompile イベント クラスは、ストアド プロシージャ、トリガー、アドホック バッチ、クエリなど、すべての種類のバッチに起因するステートメント レベルの再コンパイルが発生したことを示します。The SQL:StmtRecompile event class indicates statement-level recompilations caused by all types of batches: stored procedures, triggers, ad hoc batches, and queries. クエリは、sp_executesql、動的 SQL、Prepare メソッド、Execute メソッド、または同様のインターフェイスを使用して送信できます。Queries can be submitted by using sp_executesql, dynamic SQL, Prepare methods, Execute methods, or similar interfaces. SP:Recompile イベント クラスでなく、SQL:StmtRecompile イベント クラスを使用してください。The SQL:StmtRecompile event class should be used instead of the SP:Recompile event class.

SQL:StmtRecompile イベント クラスのデータ列SQL:StmtRecompile Event Class Data Columns

データ列名Data column name データ型Data type 説明Description 列 IDColumn ID フィルターの適用Filterable
ApplicationNameApplicationName nvarcharnvarchar MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server のインスタンスへの接続を作成したクライアント アプリケーションの名前。Name of the client application that created the connection to an instance of MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server. この列には、プログラムの表示名ではなく、アプリケーションによって渡された値が格納されます。This column is populated with the values passed by the application rather than the displayed name of the program 1010 はいYes
ClientProcessIDClientProcessID intint クライアント アプリケーションが実行されているプロセスに対し、ホスト コンピューターが割り当てた ID。ID assigned by the host computer to the process where the client application is running. クライアントによりプロセス ID が指定されている場合は、このデータ列に値が格納されます。This data column is populated if the client provides the process ID. 99 はいYes
DatabaseIDDatabaseID intint ストアド プロシージャが実行されているデータベースの ID。ID of the database in which the stored procedure is running. データベースに対応する値は、DB_ID 関数を使用して特定します。Determine the value for a database by using the DB_ID function. 33 はいYes
DatabaseNameDatabaseName nvarcharnvarchar ストアド プロシージャが実行されているデータベースの名前。Name of the database in which the stored procedure is running. 3535 はいYes
EventSequenceEventSequence intint 要求内にあるイベントのシーケンス。The sequence of an event within the request. 5151 いいえNo
EventSubClassEventSubClass intint 再コンパイルの原因を示します。Describes the cause of the recompilation:

1 = スキーマの変更1 = Schema changed

2 = 統計の変更2 = Statistics changed

3 = コンパイルの遅延3 = Deferred compile

4 = Set オプションの変更4 = Set option changed

5 = Temp テーブルの変更5 = Temp table changed

6 = リモート行セットの変更6 = Remote rowset changed

7 = 参照権限の変更7 = For Browse permissions changed

8 = クエリ通知環境の変更8 = Query notification environment changed

9 = パーティション ビューの変更9 = Partition view changed

10 = カーソル オプションの変更10 = Cursor options changed

11 = オプション (再コンパイル) の要求11 = Option (recompile) requested
2121 はいYes
GroupIDGroupID intint SQL トレース イベントが発生したワークロード グループの ID。ID of the workload group where the SQL Trace event fires. 6666 はいYes
HostNameHostName nvarcharnvarchar このステートメントを送信したクライアントが実行されているコンピューターの名前。Name of the computer on which the client is running which submitted this statement. このデータ列にはクライアントからホスト名が提供されている場合に値が格納されます。This data column is populated if the client provides the host name. ホスト名を指定するには、HOST_NAME 関数を使用します。To determine the host name, use the HOST_NAME function. 88 はいYes
IntegerData2IntegerData2 intint 再コンパイルの原因となったストアド プロシージャまたはバッチ内のステートメントの終了オフセット。Ending offset of the statement within the stored procedure or batch that caused recompilation. ステートメントがそのバッチの最後のステートメントである場合、終了オフセットは -1 です。Ending offset is -1 if the statement is the last statement in its batch. 5555 はいYes
IsSystemIsSystem intint イベントがシステム プロセスとユーザー プロセスのどちらで発生したか。Indicates whether the event occurred on a system process or a user process.

1 = システム1 = system

0 = ユーザー0 = user
6060 はいYes
LineNumberLineNumber intint バッチ内のこのステートメントのシーケンス番号 (該当する場合)。Sequence number of this statement within the batch, if applicable. 55 はいYes
LoginNameLoginName nvarcharnvarchar このバッチを送信したログインの名前。Name of the login that submitted this batch. 1111 はいYes
LoginSidLoginSid imageimage 現在ログインしているユーザーのセキュリティ識別子 (SID)。Security identifier (SID) of the currently logged in user. この情報は、sys.server_principals カタログ ビューで参照できます。You can find this information in the sys.server_principals catalog view. 各 SID はサーバーのログインごとに一意です。Each SID is unique for each login in the server. 4141 はいYes
NestLevelNestLevel intint ストアド プロシージャ コールの入れ子レベル。The nesting level of the stored procedure call. たとえば、my_proc_a ストアド プロシージャは my_proc_b を呼び出します。For example, my_proc_a stored procedure calls my_proc_b. この場合、my_proc_a の NestLevel は 1 で、my_proc_b の NestLevel は 2 です。In this case, my_proc_a has a NestLevel of 1, my_proc_b has a NestLevel of 2. 2929 はいYes
NTDomainNameNTDomainName nvarcharnvarchar ユーザーが所属する Windows ドメイン。Windows domain to which the user belongs. 77 はいYes
NTUserNameNTUserName nvarcharnvarchar 接続しているユーザーの Windows ユーザー名。Windows user name of connected user. 66 はいYes
ObjectIDObjectID intint 再コンパイルの原因となったステートメントを含むオブジェクトのシステムによって割り当てられた識別子。System-assigned identifier of the object that contains the statement that caused the recompilation. このオブジェクトは、ストアド プロシージャ、トリガー、またはユーザー定義関数です。This object can be a stored procedure, trigger, or user-defined function. アドホック バッチまたは準備された SQL の場合、ObjectID および ObjectName は NULL 値を返します。For ad hoc batches or prepared SQL, ObjectID and ObjectName return a NULL value. 2222 はいYes
ObjectNameObjectName nvarcharnvarchar ObjectID によって識別されるオブジェクトの名前。Name of the object identified by ObjectID. 3434 はいYes
ObjectTypeObjectType intint イベントに関係するオブジェクトの種類を表す値。Value that represents the type of object involved in the event. 詳細については、「 ObjectType トレース イベント列」を参照してください。For more information, see ObjectType Trace Event Column. 2828 はいYes
OffsetOffset intint 再コンパイルの原因となったストアド プロシージャまたはバッチ内のステートメントの開始オフセット。Starting offset of the statement within the stored procedure or batch that caused recompilation. 6161 はいYes
RequestIDRequestID intint ステートメントが含まれている要求の ID。ID of the request containing the statement. 4949 はいYes
ServerNameServerName nvarcharnvarchar トレースされている SQL ServerSQL Server の名前。Name of the SQL ServerSQL Server being traced. 2626 いいえNo
SessionLoginNameSessionLoginName nvarcharnvarchar セッションを開始したユーザーのログイン名。Login name of the user who originated the session. たとえば、Login1 を使用して SQL ServerSQL Server に接続し、Login2 でステートメントを実行すると、SessionLoginName には Login1 が表示され、LoginName には Login2 が表示されます。For example, if you connect to SQL ServerSQL Server using Login1 and execute a statement as Login2, SessionLoginName shows Login1 and LoginName shows Login2. この列には、 SQL ServerSQL Server ログインと Windows ログインの両方が表示されます。This column displays both SQL ServerSQL Server and Windows logins. 6464 はいYes
SPIDSPID intint 接続のサーバー プロセス ID。Server process ID of the connection. 1212 はいYes
SqlHandleSqlHandle varbinaryvarbinary 64 ビット ハッシュ。アドホック クエリやデータベースのテキスト、および SQL オブジェクトのオブジェクト ID に基づいています。64-bit hash based on the text of an ad hoc query or the database and object ID of an SQL object. この値を sys.dm_exec_sql_text に渡して、関連付けられている SQL テキストを取得できます。This value can be passed to sys.dm_exec_sql_text to retrieve the associated SQL text. 6363 いいえNo
StartTimeStartTime datetimedatetime イベントの開始時刻 (取得できた場合)。Time at which the event started, if available. 1414 はいYes
TextDataTextData ntextntext 再コンパイルされた Transact-SQL ステートメントのテキスト。Text of the Transact-SQL statement that recompiled. 11 はいYes
TransactionIDTransactionID bigintbigint システムによって割り当てられたトランザクション ID。System-assigned ID of the transaction. 44 はいYes
XactSequenceXactSequence bigintbigint 現在のトランザクションを説明するトークン。Token that describes the current transaction. 5050 はいYes

参照See Also

SP:Recompile イベント クラス SP:Recompile Event Class
sp_trace_setevent (Transact-SQL)sp_trace_setevent (Transact-SQL)