コマンド ライン管理ツール: SqlLocalDB.exeCommand-Line Management Tool: SqlLocalDB.exe

SqlLocalDB.exe は、コマンド ラインから LocalDB インスタンスを簡単に管理できるシンプルなツールです。SqlLocalDB.exe is a simple tool that enables the user to easily manage LocalDB instances from the command line. LocalDB インスタンスの API の単純なラッパーとして実装されています。It is implemented as a simple wrapper around the LocalDB instance API. SQLCMD などの多くの SQL Server ツールの場合と同様、パラメーターはコマンド ライン引数として SqlLocalDB に渡され、出力はコンソールに送られます。As in many similar SQL Server tools (for example, SQLCMD), parameters are passed to SqlLocalDB as command-line arguments and output is sent to the console.

SqlLocalDB では、開発者が LocalDB を使用できます。API を呼び出すコードを記述したり、他のツールを使用したりする必要はありません。SqlLocalDB enables developers to use LocalDB without having to write code to call the API or depend on other tools to do it for them.

SqlLocalDB オプションSqlLocalDB Options

SqlLocalDB では、次のオプションがサポートされています。SqlLocalDB supports the following options.

オプションOption 実行内容What it does
-? ヘルプ テキストを出力します。Prints help text.
create|c "instance name" [version-number] [-s] 指定された名前とバージョンで LocalDB インスタンスを新規作成します。Creates a new LocalDB instance with a specified name and version.

[version-number] パラメーターを省略した場合、既定で SqlLocalDB ビルド バージョンになります。If the [version-number] parameter is omitted, it defaults to the SqlLocalDB build version.

-s は、LocalDB インスタンスの新規作成後に、そのインスタンスを起動します。-s starts the new LocalDB instance after it is created.
delete|d "instance name" 指定した名前の LocalDB インスタンスを削除します。Deletes the LocalDB instance with the specified name.
start|s "instance name" 指定した名前の LocalDB インスタンスを起動します。Starts the LocalDB instance with the specified name.
stop|p "instance name" [-i|-k] 現在のクエリの実行が終了した後、指定した名前の LocalDB インスタンスを停止します。Stops the LocalDB instance with the specified name, after current queries finish running.

-i は、NOWAIT オプション付きで LocalDB インスタンスのシャットダウンを要求します。-i requests the LocalDB instance shutdown with the NOWAIT option.

-k は、LocalDB インスタンス プロセスに通知することなく、そのプロセスを停止します。-k kills the LocalDB instance process without contacting it.
share|h ["owner SID or account"] "private name" "shared name" 指定された共有名を使用して、指定されたプライベート インスタンスを共有します。Shares the specified private instance using the specified shared name. ユーザー SID またはアカウント名を省略した場合、既定で現在のユーザーになります。If the user SID or account name is omitted, it defaults to the current user.
unshare|u "shared name" 指定された共有 LocalDB インスタンスの共有を解除します。Unshares the specified shared LocalDB instance.
info|i 現在のユーザーが所有している既存のすべての LocalDB インスタンス、および共有されているすべての LocalDB インスタンスを一覧表示します。Lists all existing LocalDB instances that are owned by the current user and all shared LocalDB instances.
info|i "instance name" 指定された LocalDB インスタンスに関する情報を出力します。Prints the information about the specified LocalDB instance.
versions|v コンピューターにインストールされているすべての LocalDB バージョンを一覧表示します。Lists all LocalDB versions installed on the computer.
trace|t on|off トレースのオンとオフを切り替えます。Turns tracing on and off.

SqlLocalDB では、スペースを区切り文字として扱います。スペースと特殊文字が含まれるインスタンス名は、引用符で囲む必要があります。SqlLocalDB treats spaces as delimiters; you must surround the instance names that contain spaces and special characters with quotes. 以下に例を示します。For example:

SqlLocalDB create "My instance name with spaces"