srv_paramstatus (拡張ストアド プロシージャ API)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

重要

この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。代わりに CLR Integration をご使用ください。

特定のリモート ストアド プロシージャ呼び出しのパラメーターの状態を返します。

構文

  
int srv_paramstatus (  
SRV_PROC *  
srvproc  
,  
int  
n   
);  

引数

srvproc
特定のクライアント接続のためのハンドル (この場合は、リモート ストアド プロシージャ呼び出しを受け取るハンドル) である SRV_PROC 構造体を指すポインターです。 この構造体には、アプリケーションとクライアントの間の通信やデータを管理するために、拡張ストアド プロシージャ API ライブラリで使用する情報が格納されます。

n
パラメーターの番号を示します。 最初のパラメーターは 1 です。

戻り値

このパラメーターの状態フラグを示す int 値を返します。 現在、フラグは 1 つだけあります。ビット 0 が 1 に設定されている場合、パラメーターは戻りパラメーターです。 n 番目のパラメーターがない場合、またはリモート ストアド プロシージャがない場合は、-1 を返します。

注釈

このルーチンは、リモート ストアド プロシージャ呼び出しのパラメーターに関する状態フラグを返します。

パラメーターには、リモート ストアド プロシージャを使用してクライアントとアプリケーションとの間で受け渡しされるデータが格納されます。 クライアントは戻りパラメーターとして特定のパラメーターを指定できます。 この戻りパラメーターには、アプリケーションからクライアントに返す値を格納できます。

現在使用されている唯一の状態フラグは、パラメーターが戻りパラメーターかどうかを示すものです。

パラメーターを指定してリモート ストアド プロシージャを呼び出す場合、パラメーターは名前で指定することも、名前を使用せずにその位置を指定して渡すこともできます。 名前によるパラメーター指定と位置によるパラメーター指定を混合してリモート ストアド プロシージャを呼び出すと、エラーが発生します。 エラーが発生した場合でも、SRV_RPC ハンドラーは呼び出されますが、パラメーターがないかのように表示され、 srv_rpcparams は0を返します。

重要

拡張ストアド プロシージャのソース コードを十分に確認し、コンパイル済み DLL を、運用サーバーにインストールする前にテストする必要があります。 セキュリティの確認およびテストについて詳しくは、Microsoft の Web サイトをご覧ください。

参照

srv_rpcparams (拡張ストアド プロシージャ API)