XML ドキュメントの一括インポートと一括エクスポートの例 (SQL Server)

適用対象: はいSQL Server 2016 (13.x) 以降 はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance

XML ドキュメントは、SQL Server データベースに一括インポートすることも、SQL Server データベースから一括エクスポートすることもできます。 このトピックではその両方の例を示します。

データ ファイルから SQL Server のテーブルまたはパーティション分割されていないビューにデータを一括インポートする場合、次の機能を使用できます。

  • bcp ユーティリティ
    bcp ユーティリティは、パーティション分割されたビューを含めて、 SQL Server データベースで SELECT ステートメントが機能する任意の場所からデータをエクスポートするためにも使用できます。

  • BULK INSERT

  • INSERT ...SELECT * FROM OPENROWSET(BULK...)

詳細については、次の各トピックを参照してください。

次に例を示します。

バイナリ バイト ストリームとして XML の一括インポートを行う

適用するエンコード宣言が含まれているファイルから XML データの一括インポートを行うときは、OPENROWSET(BULK...) 句で SINGLE_BLOB オプションを指定します。 SINGLE_BLOB オプションが指定されていると、 SQL Server の XML パーサーは必ず XML 宣言で指定されたエンコード体系に従ってデータをインポートします。

サンプル テーブル

例 A をテストするには、サンプル テーブル Tを作成します。

USE tempdb  
CREATE TABLE T (IntCol int, XmlCol xml);  
GO  

サンプル データ ファイル

例 A を実行する前に、次のサンプル インスタンスが指定するC:\SampleFolder\SampleData3.txtエンコード体系を含む、UTF-8 エンコードのファイル ( UTF-8 ) を作成する必要があります。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>  
<Root>  
          <ProductDescription ProductModelID="5">  
             <Summary>Some Text</Summary>  
          </ProductDescription>  
</Root>  

例 A

この例では、 SINGLE_BLOB オプションを INSERT ... SELECT * FROM OPENROWSET(BULK...) ステートメントで使用して、 SampleData3.txt という名前のファイルからデータをインポートし、XML インスタンスを 1 列のテーブル (サンプル テーブル T) に挿入します。

INSERT INTO T(XmlCol)  
SELECT * FROM OPENROWSET(  
   BULK 'c:\SampleFolder\SampleData3.txt',  
   SINGLE_BLOB) AS x;  

解説

この場合に SINGLE_BLOB を使用すると、XML エンコード宣言で指定されている XML ドキュメントのエンコードと、サーバーによって暗黙的に示されている文字列のコード ページとの不一致を回避できます。

NCLOB または CLOB データ型を使用した際にコード ページまたはエンコードの競合が発生する場合は、次のいずれかの操作を行う必要があります。

  • XML データ ファイルの内容を正常にインポートできるように、XML 宣言を削除します。

  • XML 宣言で使用されているエンコード体系に一致するコード ページを、クエリの CODEPAGE オプションに指定します。

  • データベースの照合順序の設定を Unicode 以外の XML エンコード体系に一致 (解決) させます。

[先頭に戻る]

既存の行に XML データの一括インポートを行う

この例では OPENROWSET 一括行セット プロパイダを使用して、XML インスタンスを既存のサンプル テーブル Tの 1 行または複数の行に追加します。

注意

この例を実行するには、まず例 A で提供されたテスト スクリプトを完了する必要があります。例 A では、 tempdb.dbo.T テーブルを作成し、 SampleData3.txtからデータを一括インポートをしています。

サンプル データ ファイル

例 B では、例 A の SampleData3.txt サンプル データ ファイルを変更したバージョンを使用します。 例 B を実行するには、このファイルの内容を次のように修正します。

<Root>  
          <ProductDescription ProductModelID="10">  
             <Summary>Some New Text</Summary>  
          </ProductDescription>  
</Root>  

例 B

-- Query before update shows initial state of XmlCol values.  
SELECT * FROM T  
UPDATE T  
SET XmlCol =(  
SELECT * FROM OPENROWSET(  
   BULK 'C:\SampleFolder\SampleData3.txt',  
           SINGLE_BLOB  
) AS x  
)  
WHERE IntCol = 1;  
GO  

[先頭に戻る]

DTD を含むファイルから XML データの一括インポートを行う

重要

作業中の XML 環境で DTD (文書型定義) が特に必要ではない場合は、DTD のサポートを無効にしておくことをお勧めします。 DTD のサポートを有効にすると、使用しているサーバーが外部からの攻撃を受けやすくなり、サービス拒否攻撃の危険にさらされる場合があります。 DTD のサポートを有効にする必要がある場合は、信頼できる XML ドキュメントのみを処理することにより、このセキュリティ上のリスクを軽減できます。

bcp コマンドを使用して、DTD を含むファイルから XML データのインポートを試みた場合に、次に示すようなエラーが表示されることがあります。

"SQLState = 42000, NativeError = 6359"

"エラー = [Microsoft][SQL Server Native Client][SQL Server]内部サブセット DTD を使用した XML の解析は許可されません。 スタイル オプション 2 を設定して CONVERT を使用し、制限付きの内部サブセット DTD のサポートを有効にしてください。"

"BCP コピー %s が失敗しました"

この問題を回避するには、XML データを DTD を含むデータ ファイルからインポートする際に OPENROWSET(BULK...) 関数を使用し、コマンドの CONVERT 句内で SELECT オプションを指定します。 コマンドの基本構文を次に示します。

INSERT ... SELECT CONVERT(...) FROM OPENROWSET(BULK...)

サンプル データ ファイル

一括インポートの例をテストする前に、次のサンプル インスタンスを含むファイル (C:\temp\Dtdfile.xml) を作成します。

<!DOCTYPE DOC [<!ATTLIST elem1 attr1 CDATA "defVal1">]><elem1>January</elem1>  

サンプル テーブル

例 C では、次の T1 ステートメントで作成した CREATE TABLE サンプル テーブルを使用します。

USE tempdb;  
CREATE TABLE T1(XmlCol xml);  
GO  

例 C

この例では OPENROWSET(BULK...) を使用して、 CONVERT 句内で SELECT オプションを指定し、 Dtdfile.xml から XML データをサンプル テーブル T1にインポートします。

INSERT T1  
  SELECT CONVERT(xml, BulkColumn, 2) FROM   
    OPENROWSET(Bulk 'c:\temp\Dtdfile.xml', SINGLE_BLOB) [rowsetresults];  

INSERT ステートメントの実行後、DTD が XML から分離され、テーブル T1 に格納されます。

[先頭に戻る]

フォーマット ファイルを使用してフィールド ターミネータを明示的に指定する

次の例では、XML ドキュメント Xmltable.datを一括インポートする方法を示します。

サンプル データ ファイル

Xmltable.dat のドキュメントには 2 つの XML 値が、1 行に 1 つずつ含まれています。 最初の XML 値は UTF-16 でエンコードされており、2 番目の値は UTF-8 でエンコードされています。

このデータの内容を 16 進形式でダンプすると次のようになります。

FF FE 3C 00 3F 00 78 00-6D 00 6C 00 20 00 76 00  *..\<.?.x.m.l. .v.*  
65 00 72 00 73 00 69 00-6F 00 6E 00 3D 00 22 00  *e.r.s.i.o.n.=.".*  
31 00 2E 00 30 00 22 00-20 00 65 00 6E 00 63 00  *1...0.". .e.n.c.*  
6F 00 64 00 69 00 6E 00-67 00 3D 00 22 00 75 00  *o.d.i.n.g.=.".u.*  
74 00 66 00 2D 00 31 00-36 00 22 00 3F 00 3E 00  *t.f.-.1.6.".?.>.*  
3C 00 72 00 6F 00 6F 00-74 00 3E 00 A2 4F 9C 76  *\<.r.o.o.t.>..O.v*  
0C FA 77 E4 80 00 89 00-00 06 90 06 91 2E 9B 2E  *..w.............*  
99 34 A2 34 86 00 83 02-92 20 7F 02 4E C5 E4 A3  *.4.4..... ..N...*  
34 B2 B7 B3 B7 FE F8 FF-F8 00 3C 00 2F 00 72 00  *4.........\<./.r.*  
6F 00 6F 00 74 00 3E 00-00 00 00 00 7A EF BB BF  *o.o.t.>.....z...*  
3C 3F 78 6D 6C 20 76 65-72 73 69 6F 6E 3D 22 31  *\<?xml version="1*  
2E 30 22 20 65 6E 63 6F-64 69 6E 67 3D 22 75 74  *.0" encoding="ut*  
66 2D 38 22 3F 3E 3C 72-6F 6F 74 3E E4 BE A2 E7  *f-8"?><root>....*  
9A 9C EF A8 8C EE 91 B7-C2 80 C2 89 D8 80 DA 90  *................*  
E2 BA 91 E2 BA 9B E3 92-99 E3 92 A2 C2 86 CA 83  *................*  
E2 82 92 C9 BF EC 95 8E-EA 8F A4 EB 88 B4 EB 8E  *................*  
B7 EF BA B7 EF BF B8 C3-B8 3C 2F 72 6F 6F 74 3E  *.........</root>*  
00 00 00 00 7A                                   *....z*  

サンプル テーブル

XML ドキュメントの一括インポートまたは一括エクスポートを行う際には、いずれのドキュメントにも記述されていない フィールド ターミネータ を使用する必要があります。たとえば、一連の 4 つの Null (\0) の後に文字 zを付けた、 \0\0\0\0zなどです。

この例では、サンプル テーブル xTable のフィールド ターミネータの使用方法を示します。 サンプル テーブルを作成するには、次の CREATE TABLE ステートメントを使用します。

USE tempdb;  
CREATE TABLE xTable (xCol xml);  
GO  

サンプル フォーマット ファイル

フィールド ターミネータは、フォーマット ファイルで指定する必要があります。 例 D では、次の内容を含む Xmltable.fmt という XML 以外のフォーマット ファイルを使用します。

9.0  
1  
1       SQLBINARY     0       0       "\0\0\0\0z"    1     xCol         ""  

このフォーマット ファイルを使用し、 xTable コマンドか、 bcp ステートメントまたは BULK INSERT ステートメントを使って、XML ドキュメントをテーブル INSERT ... SELECT * FROM OPENROWSET(BULK...) に一括インポートできます。

例 D

この例では、 Xmltable.fmt ステートメントで BULK INSERT フォーマット ファイルを使用して、 Xmltable.datという XML データ ファイルの内容をインポートします。

BULK INSERT xTable   
FROM 'C:\Xmltable.dat'  
WITH (FORMATFILE = 'C:\Xmltable.fmt');  
GO  

[先頭に戻る]

XML データの一括エクスポートを行う

次の例では、bcp を使用し、同じ XML フォーマット ファイルを使用して、前の例で作成されたテーブルから XML データの一括エクスポートを行います。 次の bcp コマンドで、 <server_name><instance_name> はプレースホルダーであり、適切な値との差し替えが必要です。

bcp bulktest..xTable out a-wn.out -N -T -S<server_name>\<instance_name>  

注意

SQL Server XML データがデータベース内に保存されるときに、 では XML エンコードが保存されません。 したがって、XML データをエクスポートするときは、XML フィールドの元のエンコードは使用できません。 SQL Server は XML データをエクスポートする際に UTF-16 エンコードを使用します。

参照

INSERT (Transact-SQL)
SELECT 句 (Transact-SQL)
bcp ユーティリティ
データの一括インポートと一括エクスポート (SQL Server)
BULK INSERT (Transact-SQL)
OPENROWSET (Transact-SQL)