XML フォーマット ファイル (SQL Server)XML Format Files (SQL Server)

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server には、 のテーブルにデータを一括インポートする目的で使用する XML フォーマット ファイル SQL ServerSQL Server を記述するための構文を定義した XML スキーマが用意されています。provides an XML schema that defines syntax for writing XML format files to use for bulk importing data into a SQL ServerSQL Server table. このスキーマは XML Schema Definition Language (XSDL) で定義されています。XML フォーマット ファイルはこのスキーマに準拠している必要があります。XML format files must adhere to this schema, which is defined in the XML Schema Definition Language (XSDL). XML フォーマット ファイルは SQL ServerSQL Server ツールが SQL ServerSQL Server Native Client と共にインストールされている場合のみサポートされます。XML format files are only supported when SQL ServerSQL Server tools are installed together with SQL ServerSQL Server Native Client.

XML フォーマット ファイルは、bcp コマンド、BULK INSERT ステートメント、または INSERT ...SELECT * FROM OPENROWSET(BULK...) ステートメントのいずれかを使用して実行します。You can use an XML format file with a bcp command, BULK INSERT statement, or INSERT ... SELECT * FROM OPENROWSET(BULK...) statement. bcp コマンドを使用して、あるテーブルに対する XML フォーマット ファイルを自動的に生成できます。詳細については、「 bcp Utility」を参照してください。The bcp command allows you to automatically generate an XML format file for a table; for more information, see bcp Utility.

注意

一括エクスポートおよび一括インポート用に 2 種類のフォーマット ファイルがサポートされています。 XML 以外のフォーマット ファイルXML フォーマット ファイルです。Two types of format files are supported for bulk exporting and importing: non-XML format files and XML format files. XML フォーマット ファイルは XML 以外のフォーマット ファイルに比べ、柔軟かつ強力です。XML format files provide a flexible and powerful alternative to non-XML format files. XML 以外のフォーマット ファイルの詳細については、「 XML 以外のフォーマット ファイル (SQL Server)」を参照してください。For information about non-XML format files, see Non-XML Format Files (SQL Server).

このトピックの内容In This Topic:

XML フォーマット ファイルの利点Benefits of XML Format Files

  • XML フォーマット ファイルは、自己記述型を特徴とし、見やすく簡単に作成、拡張することができます。XML format files are self-describing, making them easy to read, create, and extend. 人間に読みやすいように書かれているので、一括操作でのデータの解釈方法を容易に理解できます。They are human readable, making it easy to understand how data is interpreted during bulk operations.

  • XML フォーマット ファイルには、ターゲット列のデータ型が格納されています。XML format files contain the data types of target columns. XML エンコーディングでは、データ ファイルのデータ型およびデータ要素だけでなく、データ要素とテーブル列の間のマッピングを明確に記述できます。The XML encoding clearly describes the data types and data elements of the data file and also the mapping between data elements and table columns.

    これにより、データ ファイルでのデータの表記方法と、ファイル内の各フィールドに関連付けられるデータ型を切り離すことができます。This enables separation between how data is represented in the data file and what data type is associated with each field in the file. たとえば、データ ファイルにデータの文字表記が含まれている場合、対応する SQL 列の型が失われます。For example, if a data file contains a character representation of the data, the corresponding SQL column type is lost.

  • XML フォーマット ファイルがあることで、データ ファイルから、単一のラージ オブジェクト (LOB) データ型を格納するフィールドを読み込むことができます。An XML format file allows for loading of a field that contains a single large object (LOB) data type from a data file.

  • XML フォーマット ファイルは機能を拡張できますが、以前のバージョンとの互換性も保たれます。An XML format file can be enhanced yet remain compatible with its earlier versions. さらに XML エンコーディングは明確なので、特定のデータ ファイルに対して複数のフォーマット ファイルを容易に作成できます。Furthermore, the clarity of XML encoding facilitates the creation of multiple format files for a given data file. この特性は、データ フィールドの全体または一部を、さまざまなテーブルまたはビューの列にマップする必要がある場合に役立ちます。This is useful if you have to map all or some of the data fields to columns in different tables or views.

  • XML の構文は、操作の方向とは関係がありません。つまり、一括エクスポートでも一括インポートでも構文は同じです。The XML syntax is independent of the direction of the operation; that is, the syntax is the same for bulk export and bulk import.

  • XML フォーマット ファイルを使用すると、テーブルまたは非パーティション ビューにデータの一括インポートを行ったり、データの一括エクスポートを行ったりすることができます。You can use XML format files to bulk import data into tables or non-partitioned views and to bulk export data.

  • OPENROWSET(BULK...) 関数では、対象テーブルの指定は省略できます。For the OPENROWSET(BULK...) function specifying a target table is optional. これは、この関数が XML フォーマット ファイルを使用してデータ ファイルからデータを読み取るためです。This is because the function relies on the XML format file to read data from a data file.

    注意

    対象テーブル列を使用して型変換を行う bcp コマンドと BULK INSERT ステートメントでは、対象テーブルが必要となります。A target table is necessary with the bcp command and the BULK INSERT statement, which uses the target table columns to do the type conversion.

XML フォーマット ファイルの構造Structure of XML Format Files

XML 以外のフォーマット ファイルと同様に、XML フォーマット ファイルでもデータ ファイル内のデータ フィールドの形式および構造を定義し、定義したデータ フィールドを 1 つのマップ先テーブル内の列にマップします。Like a non-XML format file, an XML format file defines the format and structure of the data fields in a data file and maps those data fields to columns in a single target table.

XML フォーマット ファイルには、<RECORD> と <ROW> という 2 つの主要なコンポーネントがあります。An XML format file possesses two main components, <RECORD> and <ROW>:

  • <RECORD> にはデータ ファイルに保存するデータをそのまま記述します。<RECORD> describes the data as it is stored in the data file.

    各 <RECORD> 要素は、1 つ以上の <FIELD> 要素のセットを格納します。Each <RECORD> element contains a set of one or more <FIELD> elements. それらの要素はデータ ファイル内のフィールドに対応します。These elements correspond to fields in the data file. 基本構文は次のとおりです。The basic syntax is as follows:

    <RECORD><RECORD>

    <FIELD .../> [ ...n ]<FIELD .../> [ ...n ]

    </RECORD></RECORD>

    各 <FIELD> 要素には、特定のデータ フィールドの内容を記述します。Each <FIELD> element describes the contents of a specific data field. 個々のフィールドは、テーブル内の 1 つの列にのみマップできます。A field can only be mapped to one column in the table. すべてのフィールドを列にマップする必要はありません。Not all fields need to be mapped to columns.

    データ ファイルのフィールドは、固定/可変長にすることも、任意の文字で区切ることもできます。A field in a data file can be either of fixed/variable length or character terminated. フィールドの値 は、半角文字 (1 バイト表現を使用)、全角文字 (Unicode の 2 バイト表現を使用)、ネイティブ データベース形式、またはファイル名で表現できます。A field value can be represented as: a character (using single-byte representation), a wide character (using Unicode two-byte representation), native database format, or a file name. フィールドの値をファイル名で表現する場合、対象になるテーブルの BLOB 列の値を含むファイルをそのファイル名で指すようにします。If a field value is represented as a file name, the file name points to the file that contains the value of a BLOB column in the target table.

  • <ROW> には、データ ファイルから SQL ServerSQL Server テーブルにデータをインポートするときのデータ行の構成方法を記述します。<ROW> describes how to construct data rows from a data file when the data from the file is imported into a SQL ServerSQL Server table.

    <ROW> 要素は、<COLUMN> 要素のセットを格納します。A <ROW> element contains a set of <COLUMN> elements. それらの要素はテーブル列に対応します。These elements correspond to table columns. 基本構文は次のとおりです。The basic syntax is as follows:

    <ROW><ROW>

    <COLUMN .../> [ ...n ]<COLUMN .../> [ ...n ]

    </ROW></ROW>

    個々の <COLUMN> 要素は、データ ファイル内の 1 つのフィールドにのみマップできます。Each <COLUMN> element can be mapped to only one field in the data file. <ROW> 要素内の <COLUMN> 要素の順序により、一括操作で返される順序が決定されます。The order of the <COLUMN> elements in the <ROW> element defines the order in which they are returned by the bulk operation. XML フォーマット ファイルでは、一括インポート操作の対象になるテーブルの列とのリレーションシップがない各 <COLUMN> 要素にローカル名が割り当てられます。The XML format file assigns each <COLUMN> element a local name that has no relationship to the column in the target table of a bulk import operation.

XML フォーマット ファイルのスキーマ構文Schema Syntax for XML Format Files

このセクションでは、XML フォーマット ファイルに対する XML スキーマの要素および属性について概要を説明します。This section contains a summary of the elements and attributes of the XML schema for XML format files. フォーマット ファイルの構文は、操作の方向とは関係がありません。つまり、一括エクスポートでも一括インポートでも構文は同じです。The syntax of a format file is independent of the direction of the operation; that is, the syntax is the same for bulk export and bulk import. また、一括インポートで <ROW> 要素と <COLUMN> 要素を使用する方法、および要素の xsi:type 値をデータ セットに格納する方法についても説明します。This section also considers how bulk import uses the <ROW> and <COLUMN> elements and how to put the xsi:type value of an element into a data set.

構文が実際の XML フォーマット ファイルとどのように対応しているかについては、このトピックの「 XML フォーマット ファイルのサンプル」を参照してください。To see how the syntax corresponds to actual XML format files, see Sample XML Format Files, later in this topic.

注意

フォーマット ファイルを変更して、フィールドの数や順序がテーブル列とは異なるデータ ファイルから一括インポートできます。You can modify a format file to let you bulk import from a data file in which the number and/or order of the fields differ from the number and/or order of table columns. 詳細については、「 データのインポートまたはエクスポート用のフォーマット ファイル (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Format Files for Importing or Exporting Data (SQL Server).

このセクションの内容In This Section:

XML スキーマの基本構文Basic Syntax of the XML Schema

この基本構文のステートメントでは、要素 (<BCPFORMAT>、<RECORD>、<FIELD>、<ROW>、<COLUMN>) とその基本属性のみを示します。This syntax statements show only the elements (<BCPFORMAT>, <RECORD>, <FIELD>, <ROW>, and <COLUMN>) and their basic attributes.

<BCPFORMAT ...><BCPFORMAT ...>

<RECORD><RECORD>

<FIELD ID = "fieldID" xsi:type = "fieldType" [...]<FIELD ID = "fieldID" xsi:type = "fieldType" [...]

/>

</RECORD></RECORD>

<ROW><ROW>

<COLUMN SOURCE = "fieldID" NAME = "columnName" xsi:type = "columnType" [...]<COLUMN SOURCE = "fieldID" NAME = "columnName" xsi:type = "columnType" [...]

/>

</ROW></ROW>

</BCPFORMAT></BCPFORMAT>

注意

<FIELD> 要素または <COLUMN> 要素の xsi:type の値と関連付けられている他の属性については、このトピックの後半で説明します。Additional attributes that are associated with the value of the xsi:type in a <FIELD> or <COLUMN> element are described later in this topic.

このセクションの内容In This Section:

Schema 要素Schema Elements

ここでは、XML スキーマで XML フォーマット ファイル用に定義している各要素の目的を説明します。This section summarizes the purpose of each element that the XML schema defines for XML format files. 各要素の属性については、このトピックの後半で説明します。The attributes are described in separate sections later in this topic.

<BCPFORMAT><BCPFORMAT>
特定のデータ ファイルのレコード構造とテーブル内の対応するテーブル行の列を定義するフォーマット ファイル要素です。Is the format-file element that defines the record structure of a given data file and its correspondence to the columns of a table row in the table.

<RECORD .../><RECORD .../>
1 つ以上の <FIELD> 要素を含む複合要素を定義します。Defines a complex element containing one or more <FIELD> elements. フォーマット ファイルでフィールドが宣言される順序は、データ ファイルでフィールドが表示される順序と同じです。The order in which the fields are declared in the format file is the order in which those fields appear in the data file.

<FIELD .../><FIELD .../>
データを含むデータ ファイル内のフィールドを定義します。Defines a field in data file, which contains data.

この要素の属性については、このトピックの「<FIELD> 要素の属性」で説明します。The attributes of this element are discussed in Attributes of the <FIELD> Element, later in this topic.

<ROW .../><ROW .../>
1 つ以上の <COLUMN> 要素を含む複合要素を定義します。Defines a complex element containing one or more <COLUMN> elements. <COLUMN> 要素の順序は、RECORD 定義の <FIELD> 要素の順序とは関係ありません。The order of the <COLUMN> elements is independent of the order of <FIELD> elements in a RECORD definition. 結果行セットの列の順序は、フォーマット ファイルの <COLUMN> 要素の順序で決まります。Rather, the order of the <COLUMN> elements in a format file determines the column order of the resultant rowset. データ フィールドは、対応する <COLUMN> 要素が <COLUMN> 要素内で宣言されている順序で読み込まれます。Data fields are loaded in the order in which the corresponding <COLUMN> elements are declared in the <COLUMN> element.

詳細については、このトピックの「一括インポートで <ROW> 要素を使用する方法」を参照してください。For more information, see How Bulk Import Uses the <ROW> Element, later in this topic.

<COLUMN><COLUMN>
列を要素 (<COLUMN>) として定義します。Defines a column as an element (<COLUMN>). 各 <COLUMN> 要素は、<FIELD> 要素に対応しています (FIELD> 要素の ID は、<COLUMN> 要素の SOURCE 属性で指定されます)。Each <COLUMN> element corresponds to a <FIELD> element (whose ID is specified in the SOURCE attribute of the <COLUMN> element).

この要素の属性については、このトピックの「<COLUMN> 要素の属性」で説明します。The attributes of this element are discussed in Attributes of the <COLUMN> Element, later in this topic. また、このトピックの「一括インポートで <COLUMN> 要素を使用する方法」を参照してください。Also see, How Bulk Import Uses the <COLUMN> Element, later in this topic.

</BCPFORMAT></BCPFORMAT>
フォーマット ファイルを終了するために必要なフォーマット ファイル要素です。Required to end the format file.

<FIELD> 要素の属性Attributes of the <FIELD> Element

ここでは、次のスキーマ構文に示す <FIELD> 要素の属性について説明します。This section describes the attributes of the <FIELD> element, which are summarized in the following schema syntax:

<FIELD<FIELD

ID =" fieldID "ID ="fieldID"

xsi : type =" fieldType "xsi : type ="fieldType"

[ LENGTH =" n " ][ LENGTH ="n" ]

[ PREFIX_LENGTH =" p " ][ PREFIX_LENGTH ="p" ]

[ MAX_LENGTH =" m " ][ MAX_LENGTH ="m" ]

[ COLLATION =" collationName " ][ COLLATION ="collationName" ]

[ TERMINATOR =" terminator " ][ TERMINATOR ="terminator" ]

/>

それぞれの <FIELD> 要素は、他の要素から独立しています。Each <FIELD> element is independent of the others. フィールドは、次の属性を使用して表現されます。A field is described in terms of the following attributes:

FIELD 要素の属性FIELD Attribute 説明Description 省略可能 /Optional /

RequiredRequired
ID =" fieldID "ID ="fieldID" データ ファイル内のフィールドの論理名を指定します。Specifies the logical name of the field in the data file. フィールドの ID は、フィールドを参照する際に使用するキーになります。The ID of a field is the key used to refer to the field.

<FIELD ID =" fieldID " /> は <COLUMN SOURCE =" fieldID " /> にマップします<FIELD ID ="fieldID"/> maps to <COLUMN SOURCE ="fieldID"/>
RequiredRequired
xsi:type =" fieldType "xsi:type ="fieldType" 要素のインスタンスの種類を特定する XML コンストラクトです (これは属性のように使用します)。This is an XML construct (used like an attribute) that identifies the type of the instance of the element. fieldType の値により、要素のインスタンスで必要なオプションの属性 (下記参照) が決まります。The value of fieldType determines which of the optional attributes (below) you need in a given instance. 必須 (データ型により異なる)Required (depending on the data type)
LENGTH =" n "LENGTH ="n" 固定長データ型のインスタンスの長さを定義します。This attribute defines the length for an instance of a fixed-length data type.

n の値は、正の整数にする必要があります。The value of n must be a positive integer.
省略可能 (xsi:type 値で必要な場合は必須)。Optional unless required by the xsi:type value
PREFIX_LENGTH =" p "PREFIX_LENGTH ="p" バイナリ データ表現のプレフィックス長を定義します。This attribute defines the prefix length for a binary data representation. PREFIX_LENGTH 値の p は、1、2、4、または 8 のいずれかにする必要があります。The PREFIX_LENGTH value, p, must be one of the following: 1, 2, 4, or 8. 省略可能 (xsi:type 値で必要な場合は必須)。Optional unless required by the xsi:type value
MAX_LENGTH =" m "MAX_LENGTH ="m" 指定したフィールドに格納できる最大バイト数を定義します。This attribute is the maximum number of bytes that can be stored in a given field. 対象のテーブルがない場合、列の最大長を決めることはできません。Without a target table, the column max-length is not known. MAX_LENGTH 属性では、出力先の文字列型の列の最大長を制限し、列の値に割り当てる領域を制限しています。The MAX_LENGTH attribute restricts the maximum length of an output character column, limiting the storage allocated for the column value. この属性は、SELECT FROM 句で OPENROWSET 関数の BULK オプションを使用している場合に特に有益です。This is especially convenient when using the OPENROWSET function's BULK option in a SELECT FROM clause.

m の値は、正の整数にする必要があります。The value of m must be a positive integer. 既定では、 char 列の最大長は 8,000 文字で、 nchar 列の最大長は 4,000 文字です。By default, the maximum length is 8000 characters for a char column and 4000 characters for an nchar column.
省略可Optional
COLLATION =" collationName "COLLATION ="collationName" COLLATION は、文字列型のフィールドでのみ使用できる属性です。COLLATION is only allowed for character fields. SQL 照合順序名の一覧については、「SQL Server の照合順序名 (Transact-SQL)」を参照してください。For a list of the SQL collation names, see SQL Server Collation Name (Transact-SQL). 省略可Optional
TERMINATOR = " terminator "TERMINATOR = "terminator" データ フィールドのターミネータを指定します。This attribute specifies the terminator of a data field. ターミネータには、任意の文字を使用できます。The terminator can be any character. ただし、ターミネータには、データに含まれていない一意な文字を使用する必要があります。The terminator must be a unique character that is not part of the data.

既定では、フィールド ターミネータはタブ文字 (\t) です。By default, the field terminator is the tab character (represented as \t). 段落記号を表すには、\r\n を使用します。To represent a paragraph mark, use \r\n.
この属性が必要な文字型データの xsi:type でのみ使用されます。Used only with an xsi:type of character data, which requires this attribute
<FIELD> 要素の Xsi:type 値Xsi:type values of the <FIELD> Element

xsi:type 値は、要素のインスタンスのデータ型を特定する XML コンストラクトです (これは属性のように使用します)。The xsi:type value is an XML construct (used like an attribute) that identifies the data type of an instance of an element. 詳細については、このトピックの「xsi:type 値のデータセットへの格納」を参照してください。For information on using the "Putting the xsi:type Value into a Data Set," later in this section.

<FIELD> 要素の xsi:type 値では、次のデータ型がサポートされています。The xsi:type value of the <FIELD> element supports the following data types.

<FIELD> xsi:type 値<FIELD> xsi:type values 必要な XMLRequired XML Attribute(s)

属性for Data Type
データ型に関する省略可能な XMLOptional XML Attribute(s)

属性for Data Type
NativeFixedNativeFixed LENGTHLENGTH [なし] :None.
NativePrefixNativePrefix PREFIX_LENGTHPREFIX_LENGTH MAX_LENGTHMAX_LENGTH
CharFixedCharFixed LENGTHLENGTH COLLATIONCOLLATION
NCharFixedNCharFixed LENGTHLENGTH COLLATIONCOLLATION
CharPrefixCharPrefix PREFIX_LENGTHPREFIX_LENGTH MAX_LENGTH、COLLATIONMAX_LENGTH, COLLATION
NCharPrefixNCharPrefix PREFIX_LENGTHPREFIX_LENGTH MAX_LENGTH、COLLATIONMAX_LENGTH, COLLATION
CharTermCharTerm TERMINATORTERMINATOR MAX_LENGTH、COLLATIONMAX_LENGTH, COLLATION
NCharTermNCharTerm TERMINATORTERMINATOR MAX_LENGTH、COLLATIONMAX_LENGTH, COLLATION

MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server のデータ型の詳細については、「データ型 (Transact-SQL)」を参照してください。For more information about MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server data types, see Data Types (Transact-SQL).

<COLUMN> 要素の属性Attributes of the <COLUMN> Element

ここでは、次のスキーマ構文に示す <COLUMN> 要素の属性について説明します。This section describes the attributes of the <COLUMN> element, which are summarized in the following schema syntax:

<COLUMN<COLUMN

SOURCE = "fieldID"SOURCE = "fieldID"

NAME = "columnName"NAME = "columnName"

xsi:type = "columnType"xsi:type = "columnType"

[ LENGTH = "n" ][ LENGTH = "n" ]

[ PRECISION = "n" ][ PRECISION = "n" ]

[ SCALE = "value" ][ SCALE = "value" ]

[ NULLABLE = { "YES"[ NULLABLE = { "YES"

"NO" } ]"NO" } ]

/>

フィールドは、次の属性を使用して、対象となるテーブルにマップされます。A field is mapped to a column in the target table using the following attributes:

COLUMN 要素の属性COLUMN Attribute [説明]Description 省略可能 /Optional /

RequiredRequired
SOURCE =" fieldID "SOURCE ="fieldID" 列にマップされているフィールドの ID を指定します。Specifies the ID of the field being mapped to the column.

<COLUMN SOURCE =" fieldID " /> maps to <FIELD ID =" fieldID " /><COLUMN SOURCE ="fieldID"/> maps to <FIELD ID ="fieldID"/>
RequiredRequired
NAME = "columnName"NAME = "columnName" フォーマット ファイルで表している行セットの列の名前を指定します。Specifies the name of the column in the row set represented by the format file. この列名は、結果セット内で列名を特定する際に使用されるので、対象のテーブルで使用されている列名に対応する必要はありません。This column name is used to identify the column in the result set, and it need not correspond to the column name used in the target table. RequiredRequired
xsi : type =" ColumnType "xsi : type ="ColumnType" 要素のインスタンスのデータ型を特定する XML コンストラクトです (これは属性のように使用します)。This is an XML construct (used like an attribute) that identifies the data type of the instance of the element. ColumnType の値により、要素のインスタンスで必要なオプションの属性 (下記参照) が決まります。The value of ColumnType determines which of the optional attributes (below) you need in a given instance.

注: ColumnType に設定できる値と関連する属性値は、「<COLUMN> 要素の xsi:type 値」セクションの <COLUMN> 要素の表に示します。Note: The possible values of ColumnType and their associated attributes are listed in the <COLUMN> element table in the Xsi:type values of the <COLUMN> Element section.
省略可Optional
LENGTH =" n "LENGTH ="n" 固定長データ型のインスタンスの長さを定義します。Defines the length for an instance of a fixed-length data type. LENGTH 属性は、xsi:type が文字列データ型の場合にのみ使用します。LENGTH is used only when the xsi:type is a string data type.

n の値は、正の整数にする必要があります。The value of n must be a positive integer.
省略可能 (xsi:type が文字列データ型の場合にのみ使用可能)Optional (available only if the xsi:type is a string data type)
PRECISION =" n "PRECISION ="n" 数値全体の桁数を示します。Indicates the number of digits in a number. たとえば、数字 123.45 の有効桁数は 5 桁です。For example, the number 123.45 has a precision of 5.

この値は、正の整数にする必要があります。The value must be a positive integer.
省略可能 (xsi:type が可変数値のデータ型の場合にのみ使用可能)Optional (available only if the xsi:type is a variable-number data type)
SCALE =" int "SCALE ="int" 数値の中で小数点より右側の桁数を示します。Indicates the number of digits to the right of the decimal point in a number. たとえば、数字 123.45 の小数点以下桁数は 2 桁です。For example, the number 123.45 has a scale of 2.

この値は、整数にする必要があります。The value must be an integer.
省略可能 (xsi:type が可変数値のデータ型の場合にのみ使用可能)Optional (available only if the xsi:type is a variable-number data type)
NULLABLE = { " YES "NULLABLE = { " YES "

" NO " }" NO " }
列で NULL 値を使用できるかどうかを示します。Indicates whether a column can assume NULL values. この属性は、FIELDS 要素から完全に独立しています。This attribute is completely independent of FIELDS. ただし、列が NULLABLE ではない場合に、フィールドで NULL が指定された (何も値が指定されない) 場合、実行時エラーが発生します。However, if a column is not NULLABLE and field specifies NULL (by not specifying any value), a run-time error results.

NULLABLE 属性は、単純な SELECT FROM OPENROWSET(BULK...) ステートメントを実行する場合にのみ使用されます。The NULLABLE attribute is used only if you do a plain SELECT FROM OPENROWSET(BULK...) statement.
省略可能 (任意のデータ型で使用可能)Optional (available for any data type)
<COLUMN> 要素の xsi:type 値Xsi:type values of the <COLUMN> Element

xsi:type 値は、要素のインスタンスのデータ型を特定する XML コンストラクトです (これは属性のように使用します)。The xsi:type value is an XML construct (used like an attribute) that identifies the data type of an instance of an element. 詳細については、このトピックの「xsi:type 値のデータセットへの格納」を参照してください。For information on using the "Putting the xsi:type Value into a Data Set," later in this section.

次の表に示すように、<COLUMN> 要素ではネイティブな SQL データ型がサポートされています。The <COLUMN> element supports native SQL data types, as follows:

データ型Type Category <COLUMN> データ型<COLUMN> Data Types 必要な XMLRequired XML Attribute(s)

属性for Data Type
データ型に関する省略可能な XMLOptional XML Attribute(s)

属性for Data Type
固定Fixed SQLBITSQLTINYINTSQLSMALLINTSQLINTSQLBIGINTSQLFLT4SQLFLT8SQLDATETIMESQLDATETIM4SQLDATETIM8SQLMONEYSQLMONEY4SQLVARIANT、および SQLUNIQUEIDSQLBIT, SQLTINYINT, SQLSMALLINT, SQLINT, SQLBIGINT, SQLFLT4, SQLFLT8, SQLDATETIME, SQLDATETIM4, SQLDATETIM8, SQLMONEY, SQLMONEY4, SQLVARIANT, and SQLUNIQUEID [なし] :None. NULLABLENULLABLE
可変数値Variable Number SQLDECIMAL および SQLNUMERICSQLDECIMAL and SQLNUMERIC [なし] :None. NULLABLE、PRECISION、SCALENULLABLE, PRECISION, SCALE
LOBLOB SQLIMAGECharLOBSQLTEXT、および SQLUDTSQLIMAGE, CharLOB, SQLTEXT, and SQLUDT [なし] :None. NULLABLENULLABLE
CLOBCharacter LOB SQLNTEXTSQLNTEXT [なし] :None. NULLABLENULLABLE
バイナリ文字列Binary string SQLBINARY および SQLVARYBINSQLBINARY and SQLVARYBIN [なし] :None. NULLABLE、LENGTHNULLABLE, LENGTH
文字列Character string SQLCHARSQLVARYCHARSQLNCHAR、および SQLNVARCHARSQLCHAR, SQLVARYCHAR, SQLNCHAR, and SQLNVARCHAR [なし] :None. NULLABLE、LENGTHNULLABLE, LENGTH

重要

SQLXML データを一括エクスポートまたは一括インポートするには、フォーマット ファイルで次のいずれかのデータ型を使用します。SQLCHAR または SQLVARYCHAR (データはクライアント コード ページまたは照合順序で暗黙的に指定されるコード ページで送られます)、SQLNCHAR または SQLNVARCHAR (データは Unicode として送られます)、SQLBINARY または SQLVARYBIN (データは変換なしで送られます)。To bulk export or import SQLXML data, use one of the following data types in your format file: SQLCHAR or SQLVARYCHAR (the data is sent in the client code page or in the code page implied by the collation), SQLNCHAR or SQLNVARCHAR (the data is sent as Unicode), or SQLBINARY or SQLVARYBIN (the data is sent without any conversion).

SQL ServerSQL Server のデータ型の詳細については、「データ型 (Transact-SQL)」を参照してください。For more information about SQL ServerSQL Server data types, see Data Types (Transact-SQL).

一括インポートで <ROW> 要素を使用する方法How Bulk Import Uses the <ROW> Element

<ROW> 要素は、一部のコンテキストでは無視されます。The <ROW> element is ignored in some contexts. <ROW> 要素が、一括インポート操作に影響を与えるかどうかは、一括インポート操作がどのように実行されるかによって異なります。Whether the <ROW> element affects a bulk-import operation depends on how the operation is performed:

  • bcp コマンドthe bcp command

    データがインポート先のテーブルに読み込まれるときに、bcp コマンドでは <ROW> コンポーネントは無視されます。When data is loaded into a target table, bcp ignores the <ROW> component. 代わりに、 bcp コマンドでは、インポート先テーブルの列の型に基づいてデータが読み込まれます。Instead, bcp loads the data based on the column types of the target table.

  • Transact-SQLTransact-SQL ステートメント (BULK INSERT および OPENROWSET の一括行セット プロバイダー)statements (BULK INSERT and OPENROWSET's Bulk rowset provider)

    テーブルにデータを一括インポートする際、Transact-SQLTransact-SQL ステートメントでは、<ROW> コンポーネントを使用して入力行セットが生成されます。When bulk importing data into a table, Transact-SQLTransact-SQL statements use the <ROW> component to generate the input rowset. また、Transact-SQLTransact-SQL ステートメントでは、<ROW> で指定されている列の型とインポート先のテーブルの対応する列に基づいて、適切な型変換が実行されます。Also, Transact-SQLTransact-SQL statements perform appropriate type conversions based on the column types specified under <ROW> and the corresponding column in the target table. フォーマット ファイルで指定されている列の型とインポート先のテーブルの列の型が一致しない場合、追加の型変換が実行されます。If a mismatch exists between column types as specified in the format file and in the target table, an extra type conversion occurs. この追加の型変換によって、 bcpコマンドと比べたときの BULK INSERT または OPENROWSET の一括行セット プロバイダーの動作に矛盾が生じる (精度が低下する) ことがあります。This extra type conversion may lead to some discrepancy (that is, a loss of precision) in behavior in BULK INSERT or OPENROWSET's Bulk rowset provider as compared to bcp.

    <ROW> 要素の情報に基づいて行が構築されるので、追加の情報は必要ありません。The information in the <ROW> element allows a row to be constructed without requiring any additional information. このため、SELECT ステートメント (SELECT * FROM OPENROWSET(BULK datafile FORMATFILE=xmlformatfile) を使用して行セットを生成することができます。For this reason, you can generate a rowset using a SELECT statement (SELECT * FROM OPENROWSET(BULK datafile FORMATFILE=xmlformatfile).

    注意

    OPENROWSET BULK 句では、フォーマット ファイルが必要です (フィールドのデータ型から列のデータ型に変換する処理には、XML フォーマット ファイルが必要であることに注意してください)。The OPENROWSET BULK clause requires a format file (note that converting from the data type of the field to the data type of a column is available only with an XML format file).

一括インポートで <COLUMN> 要素を使用する方法How Bulk Import Uses the <COLUMN> Element

データをテーブルに一括インポートする際、フォーマット ファイル内の <COLUMN> 要素により、次のことが指定され、データ ファイルのフィールドがテーブルの列にマップされます。For bulk importing data into a table, the <COLUMN> elements in a format file map a data-file field to table columns by specifying:

  • データ ファイルの行内における各フィールドの位置。The position of each field within a row in the data file.

  • 列の型 (この型はフィールドのデータ型を適切な列のデータ型に変換する際に使用します)。The column type, which is used to convert the field data type to the desired column data type.

フィールドに列がマップされていない場合、フィールドは生成された行にコピーされません。If no column is mapped to a field, the field is not copied into the generated row(s). この動作により、データ ファイルでは、(異なるテーブルの) 異なる列を持つ行を生成することができます。This behavior allows a data file to generate rows with different columns (in different tables).

同様に、データをテーブルから一括エクスポートする際、フォーマット ファイルの各 <COLUMN> 要素により、エクスポート元のテーブル行の列が出力先データ ファイルの対応するフィールドにマップされます。Similarly, for bulk exporting data from a table, each <COLUMN> in the format file maps the column from the input table row to its corresponding field in the output data file.

xsi:type 値のデータセットへの格納Putting the xsi:type Value into a Data Set

XML ドキュメントが XML Schema Definition (XSD) 言語で検証されると、xsi:type 値はデータセットに格納されません。When an XML document is validated through the XML Schema Definition (XSD) language, the xsi:type value is not put into the data set. ただし、次のコードに示すように、XML フォーマット ファイルを XML ドキュメント (たとえば、 myDoc) に読み込んで、xsi:type の情報をデータセットに格納することができます。However, you can put the xsi:type information into the data set by loading the XML format file into an XML document (for example, myDoc), as illustrated in the following code snippet:

...;  
myDoc.LoadXml(xmlFormat);  
XmlNodeList ColumnList = myDoc.GetElementsByTagName("COLUMN");  
for(int i=0;i<ColumnList.Count;i++)  
{  
   Console.Write("COLUMN: xsi:type=" +ColumnList[i].Attributes["type",  
      "http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"].Value+"\n");  
}  

XML フォーマット ファイルのサンプルSample XML Format Files

ここでは、 Adventure WorksAdventure Works の例を基に、さまざまな状況で XML フォーマット ファイルを使用するときの情報について説明します。This section contains information on using XML format files in a variety of cases, including an Adventure WorksAdventure Works example.

注意

下記の例で示すデータ ファイルでは、 <tab> がデータ ファイル内のタブ文字、 <return> が復帰を表します。In the data files shown in the following examples, <tab> indicates a tab character in a data file, and <return> indicates a carriage return.

以下、XML フォーマット ファイルを使用する際の主な局面について例を使用して説明します。The examples illustrate key aspects of using XML format files, as follows:

注意

フォーマット ファイルの作成方法については、「 フォーマット ファイルの作成 (SQL Server)」を参照してください。For information about how to create format files, see Create a Format File (SQL Server).

A.A. 文字データ フィールドの順序とテーブル列の順序が同じ場合Ordering character-data fields the same as table columns

次の例は、文字データのフィールドを 3 つ含んだデータ ファイルを記述する XML フォーマット ファイルを示しています。The following example shows an XML format file that describes a data file containing three fields of character data. フォーマット ファイルによって、このデータ ファイルを 3 列のテーブルにマッピングします。The format file maps the data file to a table that contains three columns. データ フィールドは、テーブルの列と一対一に対応します。The data fields correspond one-to-one with the columns of the table.

テーブル (行): Person (Age int, FirstName varchar(20), LastName varchar(30))Table (row): Person (Age int, FirstName varchar(20), LastName varchar(30))

データ ファイル (レコード): Age<tab>Firstname<tab>Lastname<return>Data file (record): Age<tab>Firstname<tab>Lastname<return>

次の XML フォーマット ファイルはデータ ファイルのデータをテーブルに読み込みます。The following XML format file reads from the data file to the table.

<RECORD> 要素では、3 つのフィールドすべてのデータ値が文字データとして表現されています。In the <RECORD> element, the format file represents the data values in all three fields as character data. 各フィールドの TERMINATOR 属性は、データ値の後のターミネータを示します。For each field, the TERMINATOR attribute indicates the terminator that follows the data value.

データ フィールドは、テーブルの列と一対一に対応します。The data fields correspond one-to-one with the columns of the table. <ROW> 要素で、列 Age を 1 番目のフィールドに、列 FirstName を 2 番目のフィールドに、列 LastName を 3 番目のフィールドにマッピングします。In the <ROW> element, the format file maps the column Age to the first field, the column FirstName to the second field, and the column LastName to the third field.

<?xml version="1.0"?>  
<BCPFORMAT   
xmlns="https://schemas.microsoft.com/sqlserver/2004/bulkload/format"   
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">  
  <RECORD>  
    <FIELD ID="1" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\t"   
      MAX_LENGTH="12"/>   
    <FIELD ID="2" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\t"   
      MAX_LENGTH="20" COLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS"/>  
    <FIELD ID="3" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\r\n"   
      MAX_LENGTH="30"   
      COLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS"/>  
  </RECORD>  
  <ROW>  
    <COLUMN SOURCE="1" NAME="age" xsi:type="SQLINT"/>  
    <COLUMN SOURCE="2" NAME="firstname" xsi:type="SQLVARYCHAR"/>  
    <COLUMN SOURCE="3" NAME="lastname" xsi:type="SQLVARYCHAR"/>  
  </ROW>  
</BCPFORMAT>  

注意

AdventureWorks2012AdventureWorks2012 を使用した同様の例については、「フォーマット ファイルの作成 (SQL Server)」を参照してください。For an equivalent AdventureWorks2012AdventureWorks2012 example, see Create a Format File (SQL Server).

B.B. データ フィールドの順序とテーブル列の順序が異なる場合Ordering data fields and table columns differently

次の例は、文字データのフィールドを 3 つ含んだデータ ファイルを記述する XML フォーマット ファイルを示しています。The following example shows an XML format file that describes a data file containing three fields of character data. フォーマット ファイルによって、データ ファイルを 3 列のテーブルにマッピングします。ここでは、データ ファイルのフィールドの順序とマッピング先のテーブルの列の順序は異なるものとします。The format file maps the data file to a table that contains three columns that are ordered differently from the fields of the data file.

テーブル (行): Person (Age int, FirstName varchar(20), LastName varchar(30))Table (row): Person (Age int, FirstName varchar(20), LastName varchar(30))

データ ファイル (レコード): Age<tab>Lastname<tab>Firstname<return>Data file (record): Age<tab>Lastname<tab>Firstname<return>

<RECORD> 要素では、3 つのフィールドすべてのデータ値が文字データとして表現されています。In the <RECORD> element, the format file represents the data values in all three fields as character data.

<ROW> 要素で、列 Age を 1 番目のフィールドに、列 FirstName を 3 番目のフィールドに、列 LastName を 2 番目のフィールドにマッピングします。In the <ROW> element, the format file maps the column Age to the first field, the column FirstName to the third field, and the column LastName to the second field.

<?xml version="1.0"?>  
<BCPFORMAT   
xmlns="https://schemas.microsoft.com/sqlserver/2004/bulkload/format"   
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">  
  <RECORD>  
    <FIELD ID="1" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\t"   
      MAX_LENGTH="12"/>  
    <FIELD ID="2" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\t" MAX_LENGTH="20"   
      COLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS"/>  
    <FIELD ID="3" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\r\n"   
      MAX_LENGTH="30" COLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS"/>  
  </RECORD>  
  <ROW>  
    <COLUMN SOURCE="1" NAME="age" xsi:type="SQLINT"/>  
    <COLUMN SOURCE="3" NAME="firstname" xsi:type="SQLVARYCHAR"/>  
    <COLUMN SOURCE="2" NAME="lastname" xsi:type="SQLVARYCHAR"/>  
  </ROW>  
</BCPFORMAT>  

注意

AdventureWorks2012AdventureWorks2012 を使用した同様の例については、「フォーマット ファイルを使用したテーブル列とデータ ファイル フィールドのマッピング (SQL Server)」を参照してください。For an equivalent AdventureWorks2012AdventureWorks2012 example, see Use a Format File to Map Table Columns to Data-File Fields (SQL Server).

C.C. データ フィールドをスキップする場合Omitting a data field

次の例は、文字データのフィールドを 4 つ含んだデータ ファイルを記述する XML フォーマット ファイルを示しています。The following example shows an XML format file that describes a data file containing four fields of character data. フォーマット ファイルによって、このデータ ファイルを 3 列のテーブルにマッピングします。The format file maps the data file to a table that contains three columns. 2 番目のデータ フィールドは対応するテーブル列がありません。The second data field does not correspond to any table column.

テーブル (行): Person (Age int, FirstName Varchar(20), LastName Varchar(30))Table (row): Person (Age int, FirstName Varchar(20), LastName Varchar(30))

データ ファイル (レコード): Age<tab>employeeID<tab>Firstname<tab>Lastname<return>Data file (record): Age<tab>employeeID<tab>Firstname<tab>Lastname<return>

<RECORD> 要素では、4 つのフィールドすべてのデータ値が文字データとして表現されています。In the <RECORD> element, the format file represents the data values in all four fields as character data. 各フィールドの TERMINATOR 属性は、データ値の後のターミネータを示します。For each field, the TERMINATOR attribute indicates the terminator that follows the data value.

<ROW> 要素で、列 Age を 1 番目のフィールドに、列 FirstName を 3 番目のフィールドに、列 LastName を 4 番目のフィールドにマッピングします。In the <ROW> element, the format file maps the column Age to the first field, the column FirstName to the third field, and the column LastName to the fourth field.

<?xml version = "1.0"?>  
<BCPFORMAT   
xmlns="https://schemas.microsoft.com/sqlserver/2004/bulkload/format"   
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">  
  <RECORD>  
    <FIELD ID="1" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\t"   
      MAX_LENGTH="12"/>  
    <FIELD ID="2" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\t"   
      MAX_LENGTH="10"   
      COLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS"/>  
    <FIELD ID="3" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\t"   
      MAX_LENGTH="20"   
      COLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS"/>  
    <FIELD ID="4" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\r\n"   
      MAX_LENGTH="30"   
      COLLATION="SQL_Latin1_General_CP1_CI_AS"/>  
  </RECORD>  
  <ROW>  
    <COLUMN SOURCE="1" NAME="age" xsi:type="SQLINT"/>  
    <COLUMN SOURCE="3" NAME="firstname" xsi:type="SQLVARYCHAR"/>  
    <COLUMN SOURCE="4" NAME="lastname" xsi:type="SQLVARYCHAR"/>  
  </ROW>  
</BCPFORMAT>  

注意

AdventureWorks2012AdventureWorks2012 を使用した同様の例については、「フォーマット ファイルを使用したデータ フィールドのスキップ (SQL Server)」を参照してください。For an equivalent AdventureWorks2012AdventureWorks2012 example, see Use a Format File to Skip a Data Field (SQL Server).

D.D. <FIELD> xsi:type を <COLUMN> xsi:type にマッピングする場合Mapping <FIELD> xsi:type to <COLUMN> xsi:type

次の例では、さまざまな型のフィールド、および列への各フィールドのマッピングを示します。The following example shows different types of fields and their mappings to columns.

<?xml version = "1.0"?>  
<BCPFORMAT  
xmlns="https://schemas.microsoft.com/sqlserver/2004/bulkload/format"   
   xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">  
   <RECORD>  
      <FIELD xsi:type="CharTerm" ID="C1" TERMINATOR="\t"   
            MAX_LENGTH="4"/>  
      <FIELD xsi:type="CharFixed" ID="C2" LENGTH="10"   
         COLLATION="SQL_LATIN1_GENERAL_CP1_CI_AS"/>  
      <FIELD xsi:type="CharPrefix" ID="C3" PREFIX_LENGTH="2"   
         MAX_LENGTH="32" COLLATION="SQL_LATIN1_GENERAL_CP1_CI_AS"/>  
      <FIELD xsi:type="NCharTerm" ID="C4" TERMINATOR="\t"   
         MAX_LENGTH="4"/>  
      <FIELD xsi:type="NCharFixed" ID="C5" LENGTH="10"   
         COLLATION="SQL_LATIN1_GENERAL_CP1_CI_AS"/>  
      <FIELD xsi:type="NCharPrefix" ID="C6" PREFIX_LENGTH="2"   
         MAX_LENGTH="32" COLLATION="SQL_LATIN1_GENERAL_CP1_CI_AS"/>  
      <FIELD xsi:type="NativeFixed" ID="C7" LENGTH="4"/>  
   </RECORD>  
   <ROW>  
      <COLUMN SOURCE="C1" NAME="Age" xsi:type="SQLTINYINT"/>  
      <COLUMN SOURCE="C2" NAME="FirstName" xsi:type="SQLVARYCHAR"   
      LENGTH="16" NULLABLE="NO"/>  
      <COLUMN SOURCE="C3" NAME="LastName" />  
      <COLUMN SOURCE="C4" NAME="Salary" xsi:type="SQLMONEY"/>  
      <COLUMN SOURCE="C5" NAME="Picture" xsi:type="SQLIMAGE"/>  
      <COLUMN SOURCE="C6" NAME="Bio" xsi:type="SQLTEXT"/>  
      <COLUMN SOURCE="C7" NAME="Interest"xsi:type="SQLDECIMAL"   
      PRECISION="5" SCALE="3"/>  
   </ROW>  
</BCPFORMAT>  

E.E. XML データをテーブルにマッピングする場合Mapping XML data to a table

次の例では、2 列の空テーブル (t_xml) を作成し、1 番目の列を int データ型に、2 番目の列を xml データ型にマッピングしています。The following example creates an empty two-column table (t_xml), in which the first column maps to the int data type and the second column maps to the xml data type.

CREATE TABLE t_xml (c1 int, c2 xml)  

次の XML フォーマット ファイルを使用すると、テーブル t_xmlにデータ ファイルが読み込まれます。The following XML format file would load a data file into table t_xml.

<?xml version="1.0"?>  
<BCPFORMAT xmlns="https://schemas.microsoft.com/sqlserver/2004/bulkload/format"   
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">  
 <RECORD>  
  <FIELD ID="1" xsi:type="NativePrefix" PREFIX_LENGTH="1"/>  
  <FIELD ID="2" xsi:type="NCharPrefix" PREFIX_LENGTH="8"/>  
 </RECORD>  
 <ROW>  
  <COLUMN SOURCE="1" NAME="c1" xsi:type="SQLINT"/>  
  <COLUMN SOURCE="2" NAME="c2" xsi:type="SQLNCHAR"/>  
 </ROW>  
</BCPFORMAT>  

F.F. 固定長フィールドまたは固定幅フィールドをインポートする場合Importing fixed-length or fixed-width fields

次の例では、長さと幅がそれぞれ 10 文字または 6 文字に固定されたフィールドについて説明します。The following example describes fixed fields of 10 or 6 characters each. これらのフィールドの長さと幅は LENGTH="10" および LENGTH="6"としてそれぞれ表現されています。The format file represents these field lengths/widths as LENGTH="10" and LENGTH="6", respectively. データ ファイルのすべての行の末尾には、復帰と改行の組み合わせ ({CR}{LF}) が記述されます。フォーマット ファイルでは TERMINATOR="\r\n"として表現されています。Every row of the data files ends with a carriage return-line feed combination, {CR}{LF}, which the format file represents as TERMINATOR="\r\n".

<?xml version="1.0"?>  
<BCPFORMAT  
       xmlns="https://schemas.microsoft.com/sqlserver/2004/bulkload/format"  
       xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">  
  <RECORD>  
    <FIELD ID="1" xsi:type="CharFixed" LENGTH="10"/>  
    <FIELD ID="2" xsi:type="CharFixed" LENGTH="6"/>  
    <FIELD ID="3" xsi:type="CharTerm" TERMINATOR="\r\n"/>  
  </RECORD>  
  <ROW>  
    <COLUMN SOURCE="1" NAME="C1" xsi:type="SQLINT" />  
    <COLUMN SOURCE="2" NAME="C2" xsi:type="SQLINT" />  
  </ROW>  
</BCPFORMAT>  

その他の例Additional Examples

XML 以外のフォーマット ファイルと XML フォーマット ファイルに関するその他の例については、次のトピックを参照してください。For additional examples of both non-XML format files and XML format files, see the following topics:

関連タスクRelated Tasks

関連コンテンツRelated Content

[なし] :None.

参照See Also

データの一括インポートと一括エクスポート (SQL Server) Bulk Import and Export of Data (SQL Server)
データ型 (Transact-SQL) Data Types (Transact-SQL)
XML 以外のフォーマット ファイル (SQL Server) Non-XML Format Files (SQL Server)
データのインポートまたはエクスポート用のフォーマット ファイル (SQL Server)Format Files for Importing or Exporting Data (SQL Server)