テーブルまたはストアド プロシージャをインメモリ OLTP に移植する必要があるかどうかの確認Determining if a Table or Stored Procedure Should Be Ported to In-Memory OLTP

トランザクション パフォーマンス コレクター[SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studioインメモリ OLTP データベース アプリケーションのパフォーマンスが向上する場合に評価するのに役立ちます。The transaction performance collector in [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio helps you evaluate if In-Memory OLTP will improve your database application's performance. また、トランザクション パフォーマンス分析レポートによって、アプリケーションでインメモリ OLTP を有効にするために必要な作業量が示されます。The transaction performance analysis report also indicates how much work you must do to enable In-Memory OLTP in your application. インメモリ OLTP に移植するディスク ベース テーブルを特定した後で メモリ最適化アドバイザーを使用すると、テーブルを移行しやすくなります。After you identify a disk-based table to port to In-Memory OLTP, you can use the Memory Optimization Advisor, to help you migrate the table. 同様に、 Native Compilation Advisor は、ストアド プロシージャをネイティブ コンパイル ストアド プロシージャに移植するために役立ちます。Similarly, the Native Compilation Advisor will help you port a stored procedure to a natively compiled stored procedure.

このトピックでは、次の方法について説明します。This topic will discuss how to:

  • 管理データ ウェアハウスの構成。Configure Management Data Warehouse.

  • データ コレクションの構成。Configure data collection.

  • パフォーマンス クリティカルなテーブルとストアド プロシージャを特定するためのトランザクション パフォーマンス分析レポートの生成。Generate transaction performance analysis reports to identify performance-critical tables and stored procedures.

移行方法については、「In-Memory OLTP - Common Workload Patterns and Migration Considerations」(インメモリ OLTP - 一般的なワークロード パターンと移行に関する考慮事項) を参照してください。For information about migration methodologies, see In-Memory OLTP - Common Workload Patterns and Migration Considerations.

トランザクション パフォーマンス コレクターとトランザクション パフォーマンス分析レポートは、次の操作を実行するために使用できます。The transaction performance collector and the transaction performance analysis reports help you accomplish the following tasks:

  • ワークロードを分析して、インメモリ OLTP によってパフォーマンスが向上するかどうかを調べる。Analyze your workload to determine if In-Memory OLTP will improve performance. トランザクション パフォーマンス コレクターは、ワークロードのパフォーマンス特性を収集および評価します。The transaction performance collector collects and evaluates the performance characteristics of your workload. .. 次に、トランザクション パフォーマンス コレクターは、インメモリ OLTP に変換することよっても最も大きいメリットが得られるテーブルおよびストアド プロシージャをそれぞれ推奨します。The transaction performance analysis report then recommends tables and stored procedures that would benefit most from conversion to In-Memory OLTP.

  • インメモリ OLTP への移行の計画および実行を支援する。Help you plan and execute your migration to In-Memory OLTP. ディスク ベース テーブルからメモリ最適化テーブルへの移行パスは時間がかかる場合があります。The migration path from a disk based table to a memory-optimized table can be time consuming. メモリ最適化アドバイザーは、インメモリ OLTP にテーブルを移行する前にテーブルの非互換性を識別するために役立ちます。The Memory-Optimization Advisor helps you identify the incompatibilities in your table that you must remove before moving the table to In-Memory OLTP. また、メモリ最適化アドバイザーは、テーブルをメモリ最適化テーブルに移行した場合のアプリケーションへの影響を理解するのに役立ちます。The Memory-Optimization Advisor also helps you understand the impact that the migration of a table to a memory-optimized table will have on your application.

    インメモリ OLTP への移行を計画したとき、およびテーブルおよびストアド プロシージャの一部をインメモリ OLTP に移行するための作業を行うときに、アプリケーションがインメモリ OLTP のメリットを得られるかどうかを確認できます。You can see if your application would benefit from In-Memory OLTP, when you want to plan your migration to In-Memory OLTP, and whenever you work to migrate some of your tables and stored procedures to In-Memory OLTP.

    重要

    データベース システムのパフォーマンスはさまざまな要因に左右されますが、そのすべてをトランザクション パフォーマンス コレクターで観察および測定できるわけではありません。The performance of a database system is dependent on a variety of factors, not all of which the transaction performance collector can observe and measure. したがって、トランザクション パフォーマンス分析レポートは、作成した予測が実際のパフォーマンスの向上と一致することを保証するものではありません。Therefore, the transaction performance analysis report does not guarantee actual performance gains will match its predictions, if any predictions are made.

選択すると、トランザクション パフォーマンス コレクター、およびトランザクション パフォーマンス分析レポートを生成する機能がインストールされて管理ツール-基本または管理ツール-高度なインストールするときにSQL Server 2017SQL Server 2017します。The transaction performance collector and the ability to generate a transaction performance analysis report are installed when you select Management Tools-Basic or Management Tools-Advanced when you install SQL Server 2017SQL Server 2017.

ベスト プラクティスBest Practices

推奨されるワークフローを、次のフローチャートで説明します。The recommended workflow is illustrated in the following flowchart. 黄色のノードは省略可能な手順を表しています。The yellow nodes represent optional procedures:

AMR ワークフローAMR workflow

パフォーマンス ベースラインは、任意の方法を使用して設定できます。このような方法には、パフォーマンス カウンターのログまたは SQL ServerSQL Server の利用状況モニターを使用する方法がありますが、これに限定されるものではありません。You can use any method to establish a performance baseline, including but not limited to using performance counter logs or the SQL ServerSQL Server Activity Monitor. パフォーマンス ベースラインと比較において使用する情報は次のとおりです。The information to use in your performance baseline and your comparisons are:

  • SQL ServerSQL Server の CPU 消費量。CPU consumption of SQL ServerSQL Server.

  • SQL ServerSQL Server のメモリ消費量。Memory consumption of SQL ServerSQL Server.

  • SQL ServerSQL Server の I/O アクティビティ。I/O activity of SQL ServerSQL Server.

  • トランザクションの処理中のインスタンスのトランザクション スループット。Transaction throughput of the instance while processing transactions.

トランザクション パフォーマンス コレクターは、15 分ごとにデータをキャプチャします。The transaction performance collector captures data every 15 minutes. 有効な結果を得るには、少なくとも 1 時間、トランザクション パフォーマンス コレクターを実行してください。To obtain usable results, run the transaction performance collector for at least one hour. 最良の結果を得るには、主要なシナリオでデータをキャプチャするために必要なだけ時間をかけて、トランザクション パフォーマンス コレクターを実行します。To obtain best results, run the transaction performance collector for as much time as needed to capture data for your primary scenarios. トランザクション パフォーマンス分析レポートを生成するのは、データの収集が完了した後にしてください。Generate a transaction performance analysis report only after you have finished gathering data.

実稼動中の SQL ServerSQL Server インスタンスで実行されるようにトランザクション パフォーマンス コレクターを構成します。また、開発 (テスト) 環境の SQL ServerSQL Server インスタンスではデータを収集して、オーバーヘッドが最小限に抑えられるように構成します。Configure the transaction performance collector to run on your SQL ServerSQL Server instance in production and collect the data on a SQL ServerSQL Server instance in your development (test) environment to ensure minimum overhead. リモート コンピューターの管理データ ウェアハウス データベースでデータを保存する方法についてSQL ServerSQL Serverインスタンスは、「リモート SQL Server インスタンスでデータ収集の構成します。For information on how to save data in a Management Data Warehouse database on a remote SQL ServerSQL Server instance, see Configure Data Collection on a Remote SQL Server Instance.

パフォーマンスに及ぼす影響Performance Impacts

トランザクション パフォーマンス コレクターは、次の 2 つのデータ コレクション セットで構成されます。The transaction performance collector consists of two data collection sets:

  • テーブルの使用状況に関する分析Table Usage Analysis

  • ストアド プロシージャに関する分析Stored Procedure Analysis

コレクション セットは 15 分ごとに 3 つの動的管理ビュー (DMV) からデータを収集し、管理データ ウェアハウスとして機能するように構成されたデータベースにそのデータをアップロードします。The collection sets collect data from three dynamic management views (DMV) every fifteen minutes, and upload the data to the database configured to act as the Management Data Warehouse. 収集したデータをアップロードすると、パフォーマンスは極小さな影響を受けます。Uploading the collected data incurs minimal performance impact.

トランザクション パフォーマンス コレクターの使用Use the Transaction Performance Collector

次の手順を実行するには、[SQL Server Management Studio]SQL Server Management StudioSQL Server 2017SQL Server 2017 が必要です。The following steps require [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio in SQL Server 2017SQL Server 2017.

重要

プロファイル中は、スキーマの変更 (データベースの追加または削除、テーブルの作成または削除など) を行わないでください。Do not change the schema (for example, add or remove databases or create or drop tables) during profiling. データの収集中にデータベースのスキーマを変更すると、レポートにデータベースが正確に含まれなくなる場合があります。If you change the schema of a database while collecting data, the database may not be accurately included in the report.

管理データ ウェアハウスを構成します。Configure Management Data Warehouse

トランザクション パフォーマンス コレクターを使用するには、管理データ ウェアハウスを構成する必要があります。Management Data Warehouse must be configured to use the transaction performance collector.

データ (プロファイル) を収集する SQL ServerSQL Server のインスタンスのバージョンは、管理データ ウェアハウスが構成されている SQL ServerSQL Server と同一のバージョンか、それよりも古いバージョンである必要があります。The version of the SQL ServerSQL Server instance that you will collect data on (profile) should be the same version or older than the SQL ServerSQL Server where Management Data Warehouse is configured.

  1. オブジェクト エクスプローラーで、 [管理] を展開します。In Object Explorer, expand Management.

  2. 右クリックしてデータ コレクション選択とタスク管理データ ウェアハウス構成Right click Data Collection and select Tasks and then Configure Management Data Warehouse. 管理のデータ ウェアハウスの構成ウィザードが開始されます。The Configure Management Data Warehouse Wizard begins.

  3. クリックして管理データ ウェアハウスとして機能するデータベースを選択します。Click Next to select the database that will act as the Management Data Warehouse.

  4. クリックして新規プロファイル データを保持する新しいデータベースを作成します。Click New to create a new database to hold the profile data. データベースの作成が完了したら、クリックしてウィザード。After you finish creating the database, click Next in the wizard.

  5. ウィザードの次の手順では、ユーザーとログインを追加します。The next step in the wizard lets you add users and logins. MDW インスタンスのロールのメンバーシップにログインをマップできます。You may map logins to role memberships for the MDW instance. ローカル インスタンスからデータを収集する場合は、この手順は必要ありません。This is not required to collect data from the local instance. ローカル インスタンスからデータを収集しない場合、プロファイルされるトランザクションを実行するアカウントにデータベース ロール メンバーシップ mdw_admin を許可できます。If you are not collecting data from the local instance, you can grant database role membership mdw_admin to the account that will run transactions that will be profiled. 完了したら、クリックしてします。When done, click Next.

  6. SQL ServerSQL Server エージェントが実行されていることを確認します。Make sure that SQL ServerSQL Server Agent is running.

  7. 次の画面では、次のようにクリックします。完了ウィザードを終了します。On the next screen, click Finish to exit the wizard.

ローカル SQL ServerSQL Server インスタンスでのデータ収集の構成Configure Data Collection on a Local SQL ServerSQL Server Instance

データ コレクションを実行するには、SQL ServerSQL Server エージェントが起動されている必要があります。Data collection requires SQL ServerSQL Server Agent to be started. サーバーでデータ コレクターを 1 つだけ構成する必要があります。You only need to configure one data collector on a server.

SQL Server 2012 またはそれ以降のバージョンのでは、データ コレクターを構成できますSQL ServerSQL Serverします。A data collector can be configured on a SQL Server 2012 or later version of SQL ServerSQL Server.

同じインスタンスの管理データ ウェアハウス データベースにアップロードするようにデータ コレクションを構成するにはTo configure data collection to upload to a Management Data Warehouse database on the same instance,

  1. オブジェクト エクスプ ローラー、展開管理します。In Object Explorer, expand Management.

  2. 右クリックしてデータ コレクションを選択しますタスク、しデータ収集の構成します。Right click Data Collection, select Tasks, and then Configure Data Collection. データ コレクション構成ウィザードが開始されます。The Configure Data Collection Wizard begins.

  3. クリックしてプロファイル データを収集するデータベースを選択します。Click Next to select the database that will collect the profile data.

  4. 現在の SQL ServerSQL Server インスタンスと、そのインスタンス上の管理データ ウェアハウス データベースを選択します。Select the current SQL ServerSQL Server instance and a Management Data Warehouse database on that instance.

  5. というラベルの付いたボックスを有効にするデータ コレクター セットを選択します。 を選択しますトランザクション パフォーマンス コレクション セットします。In the box labeled Select data collector sets you want to enable, select Transaction Performance Collection Sets. クリックして完了します。Click Next when done.

  6. 選択内容を確認します。Verify the selections. クリックして戻る設定を変更します。Click Back to modify the settings. 終了したら [完了] をクリックします。Click Finish when done.

リモート コンピューターのデータ収集の構成SQL ServerSQL ServerインスタンスConfigure Data Collection on a Remote SQL ServerSQL Server Instance

データを収集するには、データを収集するインスタンスで SQL ServerSQL Server エージェントが開始されている必要があります。Data collection requires SQL ServerSQL Server Agent to be started on the instance that will collect the data.

SQL Server 2012 またはそれ以降のバージョンのでは、データ コレクターを構成できますSQL ServerSQL Serverします。A data collector can be configured on a SQL Server 2012 or later version of SQL ServerSQL Server.

トランザクションがプロファイルされる場所とは異なるインスタンス上の管理データ ウェアハウス データベースにデータ コレクターがデータをアップロードするためには、適切な資格情報が設定された SQL ServerSQL Server エージェント プロキシが必要です。You need a SQL ServerSQL Server Agent proxy established with the correct credential for a data collector to upload data to a Management Data Warehouse database on an instance that is different from where transactions will be profiled. SQL ServerSQL Server エージェント プロキシを有効にするには、ドメイン対応のログインを持つ資格情報を最初に設定する必要があります。To enable a SQL ServerSQL Server Agent proxy, you must first establish a credential with a domain-enabled login. ドメイン対応のログインは、管理データ ウェアハウス データベースの mdw_admin グループのメンバーである必要があります。The domain-enabled login must be a member of mdw_admin group for the Management Data Warehouse database. 参照してください方法。作成 (SQL Server Management Studio) の資格情報を資格情報を作成する方法についてはします。See How to: Create a Credential (SQL Server Management Studio) for information on how to create a credential.

別のインスタンスの管理データ ウェアハウス データベースにアップロードするようにデータ コレクションを構成するにはTo configure data collection to upload to a Management Data Warehouse database on a different instance,

  1. インメモリ OLTP に移行するディスク ベースのオブジェクトを含むインスタンスで、展開、管理オブジェクト エクスプ ローラーでノード。On the instance that contains the disk-based objects that you want to migrate to In-Memory OLTP, expand the Management node in Object Explorer.

  2. 右クリックしてデータ コレクション選択とタスクデータ収集の構成します。Right click Data Collection and select Tasks and then Configure Data Collection. データ コレクション構成ウィザードが開始されます。The Configure Data Collection Wizard begins.

  3. クリックしてプロファイル データを収集するデータベースを選択します。Click Next to select the database that will collect the profile data.

  4. 他の SQL ServerSQL Server インスタンスに管理データ ウェアハウス データベースが存在していることを確認します。Make sure that a Management Data Warehouse database exists on the other SQL ServerSQL Server instance.

  5. 別の SQL ServerSQL Server インスタンスと、そのインスタンス上の管理データ ウェアハウス データベースを選択します。Select another SQL ServerSQL Server instance and a Management Data Warehouse database on that instance.

    データ (プロファイル) を収集する SQL ServerSQL Server のインスタンスのバージョンは、管理データ ウェアハウスが構成されている SQL ServerSQL Server と同一のバージョンか、それよりも古いバージョンである必要があります。The version of the SQL ServerSQL Server instance that you will collect data on (profile) should be the same version or older than the SQL ServerSQL Server where Management Data Warehouse is configured.

  6. というラベルの付いたボックスを有効にするデータ コレクター セットを選択します。 を選択しますトランザクション パフォーマンス コレクション セットします。In the box labeled Select data collector sets you want to enable, select Transaction Performance Collection Sets.

  7. 選択使用、SQL ServerSQL Serverエージェント プロキシをリモート アップロード用します。Select Use a SQL ServerSQL Server Agent proxy for remote uploads.

  8. クリックして完了します。Click Next when done.

  9. プロキシを選択します。Select the proxy.

    新しい SQL ServerSQL Server エージェント プロキシを作成する場合If you want to create a new SQL ServerSQL Server Agent proxy,

    1. クリックして新規を表示する、新しいプロキシ アカウント ダイアログ ボックス。Click New to display the New Proxy Account dialog box.

    2. 新しいプロキシ アカウントダイアログ ボックスで、プロキシの名前を入力、資格情報を選択、必要に応じて説明を入力します。In the New Proxy Account dialog box, enter the name of the proxy, select the credential, and optionally enter a description. をクリックし、プリンシパルします。Then, click Principals.

    3. クリックして追加選択Msdbロール。Click Add and select Msdb role.

    4. 選択dc_proxy をクリックOKします。Select dc_proxy and click OK. クリックしてOKもう一度です。Then click OK again.

    正しいプロキシを選択すると、クリックしてします。After the correct proxy is selected, click Next.

  10. システム コレクション セットを構成するには確認システム コレクション セット をクリックします。To configure System Collection Sets, check System Collection Sets and click Next.

  11. 選択内容を確認します。Verify the selections. クリックして戻る設定を変更します。Click Back to modify the settings. Clicck完了完了します。Clicck Finish when done.

データ コレクション セットが構成され、インスタンス上で実行されます。Data collection sets should now be configured and running on your instance.

レポートの生成Generate Reports

トランザクション パフォーマンス分析レポートを生成するには、管理データ ウェアハウスのデータベースを右クリックし、選択レポート、し管理データ ウェアハウス、しトランザクション パフォーマンス分析の概要します。You can generate transaction performance analysis reports by right clicking the database of the Management Data Warehouse and selecting Reports, then Management Data Warehouse, and then Transaction Performance Analysis Overview.

レポートは、ワークロード サーバーのすべてのユーザー データベースに関する情報を収集します。The report collects information about all user databases on the workload server. 管理データ ウェアハウス (MDW) データベースがローカル コンピューターに存在する場合は、レポートに MDW データベースが表示されます。If your Management Data Warehouse (MDW) database is on the local computer, you will see the MDW database(s) in the report.

経過時間のうち CPU 時間の割合が高いストアド プロシージャは、移行の対象となります。A stored procedure with high ratio of CPU time to elapsed time is a candidate for migration. ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャはメモリ最適化テーブルのみを参照できるため、レポートはすべてのテーブル参照を示します。これは移行コストに追加できます。The report shows all table references, because natively compiled stored procedures can only reference memory-optimized tables, which can add to the migration cost.

テーブルの詳細なレポートは、3 つのセクションで構成されています。The details report for a table consists of three sections:

  • スキャン統計セクションScan Statistics Section

    このセクションには、データベース テーブルのスキャンに関して収集された統計を示す単一のテーブルが含まれています。This section includes a single table that shows the statistics that were collected about scans on the database table. 列は次のとおりです。The columns are:

    • 総アクセスに対する比率。Percent of total accesses. データベース全体のアクティビティに対する、このテーブルでのスキャンとシークの割合です。The percentage of scans and seeks on this table with respect to the activity of the entire database. この割合が高くなるほど、データベース内の他のテーブルと比較して、テーブルが使用される頻度が高くなります。The higher this percentage, the more heavily used the table is compared to other tables in the database.

    • 参照統計/範囲スキャン統計。Lookup Statistics/Range Scan Statistics. この列には、プロファイル中にテーブルで行われたポイント参照と範囲スキャン (インデックス スキャンとテーブル スキャン) の回数が記録されます。This column records the number of point lookups and range scans (index scans and table scans) conducted on the table during profiling. トランザクションごとの平均は推定値です。Average per transaction is an estimate.

    • 相互運用による到達率と本来の到達率。Interop Gain and Native Gain. これらの列では、テーブルがメモリ最適化テーブルに変換された場合にポイント参照または範囲スキャンによってパフォーマンスがどの程度向上するかを予測します。These columns estimate the amount of performance benefit a point lookup or range scan would have if the table is converted to a memory-optimized table.

  • 競合統計セクションContention Statistics Section

    このセクションには、データベース テーブルの競合を示すテーブルが含まれます。This section includes a table that shows contention on the database table. データベースのラッチおよびロックの詳細についてを参照してくださいロック アーキテクチャします。For more information regarding database latches and locks, please see Locking Architecture. 次の列で構成されます。The columns are as follows:

    • 待機の総数に対する比率。Percent of total waits. データベースのアクティビティと比較した、このデータベース テーブルでのラッチ待機とロック待機の割合です。The percentage of latch and lock waits on this database table compared to activity of the database. この割合が高くなるほど、データベース内の他のテーブルと比較して、テーブルが使用される頻度が高くなります。The higher this percentage, the more heavily used the table is compared to other tables in the database.

    • ラッチ統計。Latch Statistics. これらの列には、このテーブルの関連するクエリに対するラッチ待機数が記録されます。These columns record the number of latch waits for queries involving for this table. ラッチについては、ラッチを参照してください。For information on latches, see Latching. この数値が大きくなるほど、テーブルでのラッチの競合が増加します。The higher this number, the more latch contention on the table.

    • ロック統計。Lock Statistics. この列のグループには、このテーブルのクエリに対するページ ロックの取得および待機の数が記録されます。This group of columns record the number of page lock acquisitions and waits for queries for this table. ロックの詳細については、SQL server についてロックを参照してください。For more information on locks, see Understanding Locking in SQL Server. 待機数が多いほど、テーブルでのロックの競合が増加します。The more waits, the more lock contention on the table.

  • 移行難易度セクションMigration Difficulties Section

    このセクションには、このデータベース テーブルをメモリ最適化テーブルに変換する際の難易度を示すテーブルが含まれます。This section includes a table that shows the difficulty of converting this database table to a memory-optimized table. 難易度が高いほど、テーブルの変換が難しくなることを示します。A higher difficulty rating indicates more difficultly to convert the table. このデータベース テーブルに変換する詳細を表示するを使用してください、メモリ最適化アドバイザーします。To see details to convert this database table, please use the Memory Optimization Advisor.

テーブル詳細レポートのスキャンと競合の統計が収集および集計からsys.dm_db_index_operational_stats (TRANSACT-SQL)します。Scan and contention statistics on the table details report is gathered and aggregated from sys.dm_db_index_operational_stats (Transact-SQL).

ストアド プロシージャの詳細レポートは、次の 2 つのセクションで構成されています。The details report for a stored procedure consists of two sections:

  • 実行の統計セクションExecution Statistics Section

    このセクションには、ストアド プロシージャの実行に関して収集された統計を示すテーブルが含まれています。This section includes a table that shows the statistics that were collected about the stored procedure's executions. 次の列で構成されます。The columns are as follows:

    • キャッシュ時間。Cached Time. この実行プランがキャッシュされた時間です。The time this execution plan is cached. ストアド プロシージャがプラン キャッシュを途中で抜けてもう一度キャッシュに入る場合、各キャッシュの時間になります。If the stored procedure drops out of the plan cache and re-enters, there will be times for each cache.

    • 総 CPU 時間。Total CPU Time. プロファイル中にストアド プロシージャで使用された総 CPU 時間です。The total CPU time that the stored procedure consumed during profiling. この数値が大きくなるほど、ストアド プロシージャで使用された CPU が増加します。The higher this number, the more CPU the stored procedure used.

    • 総実行時間。Total Execution Time. プロファイル中にストアド プロシージャで使用された実行時間の合計です。The total amount of execution time the stored procedure used during profiling. この数値と CPU 時間の差が大きいほど、ストアド プロシージャによる CPU の使用効率は低くなります。The higher the difference between this number and the CPU time is, the less efficiently the stored procedure is using the CPU.

    • キャッシュ ミスの総数。Total Cache Missed. プロファイル中に、ストアド プロシージャの実行によって発生したキャッシュ ミス (物理ストレージからの読み取り) の数です。The number of cache misses (reads from physical storage) that is caused by the stored procedure's executions during profiling.

    • 実行回数。Execution Count. プロファイル中にこのストアド プロシージャが実行された回数です。The number of times this stored procedure executed during profiling.

  • テーブル参照セクションTable References Section

    このセクションには、このストアド プロシージャによって参照されるテーブルを示すテーブルが含まれます。This section includes a table that shows the tables to which this stored procedure refers. ストアド プロシージャをネイティブ コンパイル ストアド プロシージャに変換する前に、これらすべてのテーブルをメモリ最適化テーブルに変換する必要があります。また、これらは同じサーバーおよびデータベースに存在する必要があります。Before converting the stored procedure into a natively compiled stored procedure, all of these tables must be converted to memory-optimized tables, and they must stay on the same server and database.

ストアド プロシージャ詳細レポートの実行の統計を収集および集計からsys.dm_exec_procedure_stats (TRANSACT-SQL)します。Execution Statistics on the stored procedure details report is gathered and aggregated from sys.dm_exec_procedure_stats (Transact-SQL). 参照がから取得したsys.sql_expression_dependencies (TRANSACT-SQL)します。The references are obtained from sys.sql_expression_dependencies (Transact-SQL).

ストアド プロシージャをネイティブ コンパイル ストアド プロシージャに変換する方法についての詳細を表示するを使用してください、ネイティブ コンパイル アドバイザーします。To see details about how to convert a stored procedure to a natively compiled stored procedure, please use the Native Compilation Advisor.

参照See Also

インメモリ OLTP への移行Migrating to In-Memory OLTP