Transact-SQL によるインメモリ OLTP のサポートTransact-SQL Support for In-Memory OLTP

Transact-SQL クエリまたは DML ステートメント (SELECT、INSERT、UPDATE、または DELETE)、アドホック ステートメント、および SQL モジュール (ストアド プロシージャ、テーブル-値関数、スカラー関数、トリガー、ビューなど) を使用して、メモリ最適化テーブルにアクセスできます。You can access memory-optimized tables using any Transact-SQL query or DML statement (SELECT, INSERT, UPDATE, or DELETE), ad hoc statement, and SQL module such as stored procedures, table-value functions, scalar functions, triggers, and views. 詳細については、次を参照してください。したテーブルを使用して解釈された TRANSACT-SQLします。For more information see Accessing Memory-Optimized Tables Using Interpreted Transact-SQL.

メモリ最適化テーブルのみを参照するストアド プロシージャは、マシン コードにネイティブ コンパイルできます。これにより、一般に、インタープリタ式の (ディスク ベースの) ストアド プロシージャよりも大幅に高いパフォーマンスが得られます。Stored procedures that only reference memory-optimized tables can be natively compiled into machine code and typically provide significant performance gains over interpreted (disk-based) stored procedures. メモリ最適化テーブル アクセスを最適化するには、ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャを使用します。For optimized access to memory-optimized tables use natively compiled stored procedures. 詳細については、次を参照してください。 ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャです。For more information, see Natively Compiled Stored Procedures.

データベース オブジェクト (DDL ステートメント) を作成および変更する場合に、次のステートメントが修正されました。When creating and modifying database objects (DDL statements), the following statements have been modified:

このセクションの内容In This Section

参照See Also

インメモリ OLTP (インメモリ最適化) In-Memory OLTP (In-Memory Optimization)
ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャの移行に関する問題 Migration Issues for Natively Compiled Stored Procedures
サポートされている SQL Server の機能 Supported SQL Server Features
ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャNatively Compiled Stored Procedures