オンラインでのインデックス操作の実行

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース

このトピックでは、 SQL Server で SQL Server Management Studio または Transact-SQLを使用して、インデックスをオンラインで作成、再構築、または削除する方法について説明します。 ONLINE オプションにより、このようなインデックス操作中に、基になるテーブルやクラスター化インデックス データ、および関連付けられた任意の非クラスター化インデックスへの同時ユーザー アクセスが可能になります。 たとえば、あるユーザーがクラスター化インデックスを再構築している最中に、そのユーザーと他のユーザーが基になるデータの更新やクエリを続行できます。 クラスター化インデックスの構築や再構築などのデータ定義言語 (DDL) 操作をオフラインで実行するときは、これらの操作により、基になるデータや関連付けられたインデックスに排他ロックがかけられます。 このため、インデックス操作が完了するまで、基になるデータの変更やクエリを実行できません。

注意

オンラインでのインデックス操作は、 SQL Server のすべてのエディションで使用できるわけではありません。 詳しくは、「SQL Server の各エディションとサポートされている機能」をご覧ください。

オンラインでのインデックス操作は、Azure SQL Database で使用できます。

このトピックの内容

はじめに

制限事項と制約事項

  • 1 日 24 時間、週 7 日間、常時稼動のビジネス環境では、オンラインでのインデックス操作を実行することをお勧めします。このような環境では、インデックスの操作中に、ユーザーが同時に操作できることが必要不可欠です。

  • 次の Transact-SQL ステートメントで、ONLINE オプションを使用できます。

  • オンラインでのインデックスの作成、再構築、または削除に関する制限と制約については、「 オンライン インデックス操作のガイドライン」を参照してください。

セキュリティ

Permissions

テーブルまたはビューに対する ALTER 権限が必要です。

SQL Server Management Studio の使用

インデックスをオンラインで再構築するには

  1. オブジェクト エクスプローラーで、インデックスをオンラインで再構築するテーブルが格納されているデータベースをプラス記号をクリックして展開します。

  2. [テーブル] フォルダーを展開します。

  3. プラス記号をクリックして、オンラインでインデックスを再構築するテーブルを展開します。

  4. [インデックス] フォルダーを展開します。

  5. オンラインで再構築するインデックスを右クリックし、 [プロパティ] を選択します。

  6. [ページの選択][オプション] を選択します。

  7. [DML のオンライン処理を許可する] を選択し、一覧から [True] を選択します。

  8. [OK] をクリックします。

  9. オンラインで再構築するインデックスを右クリックし、 [再構築] を選択します。

  10. [インデックスの再構築] ダイアログ ボックスで、 [再構築するインデックス] グリッドに目的のインデックスが表示されていることを確認し、 [OK] をクリックします。

Transact-SQL の使用

インデックスをオンラインで作成、再構築、または削除するには

次の例では、AdventureWorks データベース内で、既存のオンラインのインデックスを再構築します。

ALTER INDEX AK_Employee_NationalIDNumber
    ON HumanResources.Employee
    REBUILD WITH (ONLINE = ON);

次の例では、クラスター化インデックスをオンラインで削除し、 NewGroup 句を使用することで、結果のテーブル (ヒープ) をファイル グループ MOVE TO に移動します。 移動の前後で sys.indexessys.tables、および sys.filegroups カタログ ビューを参照し、ファイル グループ内のインデックスとテーブルの配置を確認します。

-- Create a clustered index on the PRIMARY filegroup if the index does not exist.
IF NOT EXISTS (SELECT name FROM sys.indexes WHERE name = 
            N'AK_BillOfMaterials_ProductAssemblyID_ComponentID_StartDate')
    CREATE UNIQUE CLUSTERED INDEX
        AK_BillOfMaterials_ProductAssemblyID_ComponentID_StartDate 
    ON Production.BillOfMaterials (ProductAssemblyID, ComponentID, 
        StartDate)
    ON 'PRIMARY';
GO

-- Verify filegroup location of the clustered index.
SELECT t.name AS [Table Name], i.name AS [Index Name], i.type_desc,
    i.data_space_id, f.name AS [Filegroup Name]
FROM sys.indexes AS i
    JOIN sys.filegroups AS f ON i.data_space_id = f.data_space_id
    JOIN sys.tables as t ON i.object_id = t.object_id
        AND i.object_id = OBJECT_ID(N'Production.BillOfMaterials','U')
GO

-- Create filegroup NewGroup if it does not exist.
IF NOT EXISTS (SELECT name FROM sys.filegroups
                WHERE name = N'NewGroup')
    BEGIN
    ALTER DATABASE AdventureWorks2012
        ADD FILEGROUP NewGroup;
    ALTER DATABASE AdventureWorks2012
        ADD FILE (NAME = File1,
            FILENAME = 'C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL10.MSSQLSERVER\MSSQL\DATA\File1.ndf')
        TO FILEGROUP NewGroup;
    END
GO

-- Verify new filegroup
SELECT * from sys.filegroups;
GO

-- Drop the clustered index and move the BillOfMaterials table to
-- the Newgroup filegroup.
-- Set ONLINE = OFF to execute this example on editions other than Enterprise Edition.
DROP INDEX AK_BillOfMaterials_ProductAssemblyID_ComponentID_StartDate 
    ON Production.BillOfMaterials 
    WITH (ONLINE = ON, MOVE TO NewGroup);
GO

-- Verify filegroup location of the moved table.
SELECT t.name AS [Table Name], i.name AS [Index Name], i.type_desc,
    i.data_space_id, f.name AS [Filegroup Name]
FROM sys.indexes AS i
    JOIN sys.filegroups AS f ON i.data_space_id = f.data_space_id
    JOIN sys.tables as t ON i.object_id = t.object_id
        AND i.object_id = OBJECT_ID(N'Production.BillOfMaterials','U');

詳細については、「ALTER INDEX (Transact-SQL)」を参照してください。

次のステップ