レッスン 2: 別のコンピューターからの接続Lesson 2: Connecting from Another Computer

適用対象:Applies to: ○ SQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) 適用対象:Applies to: ○ SQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)yesSQL ServerSQL Server (all supported versions)

セキュリティを強化するため、 データベース エンジンDatabase Engine Developer、Express、および Evaluation Editions の SQL ServerSQL Server は、最初にインストールした状態では別のコンピューターからアクセスできないようになっています。To enhance security, the データベース エンジンDatabase Engine of SQL ServerSQL Server Developer, Express, and Evaluation editions cannot be accessed from another computer when initially installed. このレッスンでは、別のコンピューターから接続するために、プロトコルの有効化、ポートの構成、Windows ファイアウォールの構成を行う方法について学習します。This lesson shows you how to enable the protocols, configure the ports, and configure the Windows Firewall for connecting from other computers.

このレッスンの内容は次のとおりです。This lesson contains the following tasks:

プロトコルの有効化Enabling Protocols

セキュリティを強化するために、 SQL Server ExpressSQL Server Express、Developer、および Evaluation は、ネットワーク接続が制限された状態でインストールされます。To enhance security, SQL Server ExpressSQL Server Express, Developer, and Evaluation install with only limited network connectivity. データベース エンジンDatabase Engine には、同じコンピューターで実行しているツールから接続できますが、別のコンピューターからは接続できません。Connections to the データベース エンジンDatabase Engine can be made from tools that are running on the same computer, but not from other computers. データベース エンジンDatabase Engineと同じコンピューターで開発作業を行う場合、他のプロトコルを有効にする必要はありません。If you are planning to do your development work on the same computer as the データベース エンジンDatabase Engine, you do not have to enable additional protocols. Management StudioManagement Studio は、共有メモリ プロトコルを使用して データベース エンジンDatabase Engine に接続します。will connect to the データベース エンジンDatabase Engine by using the shared memory protocol. このプロトコルは既に有効になっています。This protocol is already enabled.

別のコンピューターから データベース エンジンDatabase Engine に接続する場合は、TCP/IP などのプロトコルを有効にする必要があります。If you plan to connect to the データベース エンジンDatabase Engine from another computer, you must enable a protocol, such as TCP/IP.

別のコンピューターからの TCP/IP 接続を有効にするにはHow to enable TCP/IP connections from another computer

  1. [スタート] メニューで、 [すべてのプログラム] 、[ Microsoft SQL ServerMicrosoft SQL Server]、 [構成ツール] の順にポイントして、 [SQL Server 構成マネージャー] をクリックします。On the Start menu, point to All Programs, point to Microsoft SQL ServerMicrosoft SQL Server, point to Configuration Tools, and then click SQL Server Configuration Manager.

    注意

    32 ビットと 64 ビットの両方のオプションが利用できる場合もあります。You might have both 32 bit and 64 bit options available.

    注意

    SQL ServerSQL Server 構成マネージャーは MicrosoftMicrosoft 管理コンソール プログラムのスナップインであり、スタンドアロン プログラムではないため、新しいバージョンの Windows では、 SQL ServerSQL Server 構成マネージャーはアプリケーションとして表示されません。Because SQL ServerSQL Server Configuration Manager is a snap-in for the MicrosoftMicrosoft Management Console program and not a stand-alone program, SQL ServerSQL Server Configuration Manager does not appear as an application in newer versions of Windows. ファイル名には、 SQL ServerSQL Serverのバージョン番号を表す番号が含まれます。The file name contains a number representing the version number of the SQL ServerSQL Server. [ファイル名を指定して実行] コマンドから構成マネージャーを開くとき、最新の 4 つのバージョンのパスは次のようになります (Windows が C ドライブにインストールされているとき)。To open Configuration Manager from the Run command, here are the paths to the last four versions when Windows is installed on the C drive.

    SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) C:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager14.mscC:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager14.msc
    SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) C:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager13.mscC:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager13.msc
    SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) C:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager12.mscC:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager12.msc
    SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) C:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager11.mscC:\Windows\SysWOW64\SQLServerManager11.msc
  2. SQL Server 構成マネージャー[SQL Server ネットワークの構成] を展開し、 [ のプロトコル] をクリックします。In SQL Server Configuration Manager, expand SQL Server Network Configuration, and then click Protocols for .

    既定のインスタンス (名前のないインスタンス) は、 MSSQLSERVERとして一覧表示されます。The default instance (an unnamed instance) is listed as MSSQLSERVER. 名前付きインスタンスをインストールした場合は、指定した名前が表示されます。If you installed a named instance, the name you provided is listed. SQL Server 2012 ExpressSQL Server 2012 Express SQLEXPRESSとしてしてインストールされます (セットアップ中に名前を変更した場合を除く)。installs as SQLEXPRESS, unless you changed the name during setup.

  3. プロトコルの一覧で、有効にするプロトコル ( [TCP/IP] ) を右クリックし、 [有効化] をクリックします。In the list of protocols, right-click the protocol you want to enable (TCP/IP), and then click Enable.

    注意

    ネットワーク プロトコルを変更したら SQL ServerSQL Server サービスを再起動する必要がありますが、これは次の作業で実行されます。You must restart the SQL ServerSQL Server service after you make changes to network protocols; however, this is completed in the next task.

固定ポートの構成Configuring a Fixed Port

セキュリティ強化のために、Windows Server 2008、 Windows VistaWindows Vista、および Windows 7 では Windows ファイアウォールが有効になっています。To enhance security, Windows Server 2008, Windows VistaWindows Vista, and Windows 7 all turn on the Windows Firewall. 別のコンピューターからこのインスタンスに接続する場合は、ファイアウォールで通信ポートを開放する必要があります。When you want to connect to this instance from another computer, you must open a communication port in the firewall. データベース エンジンDatabase Engine の既定のインスタンスはポート 1433 でリッスンするので、固定ポートを構成する必要はありません。The default instance of the データベース エンジンDatabase Engine listens on port 1433; therefore, you do not have to configure a fixed port. ただし、 SQL Server ExpressSQL Server Express の名前付きインスタンスは、動的ポートでリッスンします。However, named instances including SQL Server ExpressSQL Server Express listen on dynamic ports. ファイアウォールでポートを開く前に、まず データベース エンジンDatabase Engine が固定ポートまたは静的ポートと呼ばれる特定のポートでリッスンするように構成する必要があります。このように構成しないと、 データベース エンジンDatabase Engine は起動のたびに異なるポートでリッスンする可能性があります。Before you can open a port in the firewall, you must first configure the データベース エンジンDatabase Engine to listen on a specific port known as a fixed port or a static port; otherwise, the データベース エンジンDatabase Engine might listen on a different port each time it is started. ファイアウォール、Windows ファイアウォールの既定の設定の詳細と、データベース エンジン、Analysis Services、Reporting Services、および Integration Services に影響する TCP ポートの説明については、「 SQL Server のアクセスを許可するための Windows ファイアウォールの構成」を参照してください。For more information about firewalls, the default Windows firewall settings, and a description of the TCP ports that affect the Database Engine, Analysis Services, Reporting Services, and Integration Services, see Configure the Windows Firewall to Allow SQL Server Access.

注意

ポート番号の割り当ては、Internet Assigned Numbers Authority によって管理され、https://www.iana.org に一覧が掲載されています。ポート番号には 49152 ~ 65535 の数値を割り当てる必要があります。Port number assignments are managed by the Internet Assigned Numbers Authority and are listed at https://www.iana.org. Port numbers should be assigned from numbers 49152 through 65535.

SQL Server が特定のポートでリッスンするよう構成するにはConfigure SQL Server to listen on a specific port

  1. SQL ServerSQL Server 構成マネージャーで、 [SQL Server ネットワークの構成] を展開し、構成するサーバー インスタンスをクリックします。In SQL ServerSQL Server Configuration Manager, expand SQL Server Network Configuration, and then click on the server instance you want to configure.

  2. 右側のペインで、 [TCP/IP] をダブルクリックします。In the right pane, double-click TCP/IP.

  3. [TCP/IP のプロパティ] ダイアログ ボックスの [IP アドレス] タブをクリックします。In the TCP/IP Properties dialog box, click the IP Addresses tab.

  4. [IPAll] セクションの [TCP ポート] ボックスで、使用可能なポート番号を入力します。In the TCP Port box of the IPAll section, type an available port number. このチュートリアルでは、 49172を使用します。For this tutorial, we will use 49172.

  5. [OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じ、サービスを再起動する必要があるという警告が表示されたら [OK] をクリックします。Click OK to close the dialog box, and click OK to the warning that the service must be restarted.

  6. 左ペインで、 [SQL Server のサービス] をクリックします。In the left pane, click SQL Server Services.

  7. 右ペインで、 SQL ServerSQL Serverインスタンスを右クリックし、 [再起動] をクリックします。In the right pane, right-click the instance of SQL ServerSQL Server, and then click Restart. データベース エンジンDatabase Engine が再起動すると、ポート 49172でリッスンするようになります。When the データベース エンジンDatabase Engine restarts, it will listen on port 49172.

ファイアウォールでポートを開くOpening Ports in the Firewall

ファイアウォール システムは、コンピューター リソースへの不正アクセスを防ぐのに役立ちます。Firewall systems help prevent unauthorized access to computer resources. ファイアウォールが有効になっている場合、別のコンピューターから SQL ServerSQL Server に接続するには、ファイアウォールでポートを開く必要があります。To connect to SQL ServerSQL Server from another computer when a firewall is on, you must open a port in the firewall.

重要

ファイアウォールのポートを開くと、サーバーが攻撃を受けやすくなります。Opening ports in your firewall can leave your server exposed to malicious attacks. ポートを開く前に、ファイアウォール システムに関する理解を深めておいてください。Be sure to understand firewall systems before opening ports. 詳細については、「 Security Considerations for a SQL Server Installation」を参照してください。For more information, see Security Considerations for a SQL Server Installation.

固定ポートを使用するよう データベース エンジンDatabase Engine を構成した後、次の手順に従って、Windows ファイアウォールで固定ポートを開きますAfter you configure the データベース エンジンDatabase Engine to use a fixed port, follow the following instructions to open that port in your Windows Firewall. (既定のインスタンスに固定ポートを構成する必要はありません。既定のインスタンスには固定の TCP ポート 1433 が構成済みです)。(You do not have to configure a fixed port for the default instance, because it is already fixed on TCP port 1433.)

TCP アクセス用に Windows ファイアウォールのポートを開くには (Windows 7)To open a port in the Windows firewall for TCP access (Windows 7)

  1. [スタート] ボタンをクリックし、 [ファイル名を指定して実行] をクリックして 「WF.msc」 と入力し、 [OK] をクリックします。On the Start menu, click Run, type WF.msc, and then click OK.

  2. [セキュリティが強化された Windows ファイアウォール] の左ペインの [受信の規則] をクリックし、[操作] ペインの [新規の規則] をクリックします。In Windows Firewall with Advanced Security, in the left pane, right-click Inbound Rules, and then click New Rule in the action pane.

  3. [規則の種類] ダイアログ ボックスで、 [ポート] をクリックし、 [次へ] をクリックします。In the Rule Type dialog box, select Port, and then click Next.

  4. [プロトコルおよびポート] ダイアログ ボックスで、 [TCP] をクリックします。In the Protocol and Ports dialog box, select TCP. [特定のローカル ポート] を選択し、 データベース エンジンDatabase Engineのインスタンスのポート番号を入力します。Select Specific local ports, and then type the port number of the instance of the データベース エンジンDatabase Engine. 既定のインスタンスの場合は「1433」と入力してください。Type 1433 for the default instance. 名前付きインスタンスを構成する場合や、前の作業で固定ポートを構成した場合は、「 49172 」と入力します。Type 49172 if you are configuring a named instance and configured a fixed port in the previous task. [次へ] をクリックします。Click Next.

  5. [操作] ダイアログ ボックスで、 [接続を許可する] をクリックし、 [次へ] をクリックします。In the Action dialog box, select Allow the connection, and then click Next.

  6. [プロファイル] ダイアログ ボックスで、 データベース エンジンDatabase Engineに接続するときのコンピューター接続環境を表すプロファイルをすべて選択し、 [次へ] をクリックします。In the Profile dialog box, select any profiles that describe the computer connection environment when you want to connect to the データベース エンジンDatabase Engine, and then click Next.

  7. [名前] ダイアログ ボックスで、この規則の名前と説明を入力し、 [完了] をクリックします。In the Name dialog box, type a name and description for this rule, and then click Finish.

Windows VistaWindows Vistaの指示を含む、ファイアウォールの構成に関する詳細については、「 データベース エンジン アクセスを有効にするための Windows ファイアウォールを構成する」を参照してください。For more information about configuring the firewall including instructions for Windows VistaWindows Vista, see Configure a Windows Firewall for Database Engine Access. Windows ファイアウォールの既定の設定の詳細と、データベース エンジン、Analysis Services、Reporting Services、および Integration Services に影響する TCP ポートの説明については、「 SQL Server のアクセスを許可するための Windows ファイアウォールの構成」をご覧ください。For more information about the default Windows firewall settings, and a description of the TCP ports that affect the Database Engine, Analysis Services, Reporting Services, and Integration Services, see Configure the Windows Firewall to Allow SQL Server Access.

別のコンピューターからのデータベース エンジンへの接続Connecting to the Database Engine from Another Computer

固定ポートで受信待ちするように データベース エンジンDatabase Engine を構成し、ファイアウォールでそのポートを開いたら、別のコンピューターから SQL ServerSQL Server に接続できます。Now that you have configured the データベース エンジンDatabase Engine to listen on a fixed port, and have opened that port in the firewall, you can connect to SQL ServerSQL Server from another computer.

サーバー コンピューターで SQL ServerSQL Server Browser サービスが実行され、ファイアウォールで UDP ポート 1434 が開いている場合は、コンピューター名とインスタンス名を使用して接続を確立できます。When the SQL ServerSQL Server Browser service is running on the server computer, and when the firewall has opened UDP port 1434, the connection can be made by using the computer name and instance name. セキュリティ強化のため、今回の例では SQL ServerSQL Server Browser サービスは使用しません。To enhance security, our example does not use the SQL ServerSQL Server Browser service.

別のコンピューターからデータベース エンジンに接続するにはTo connect to the Database Engine from another computer

  1. SQL ServerSQL Server のクライアント ツールがインストールされている別のコンピューターに、 SQL ServerSQL Serverへの接続権限のあるアカウントを使用してログインし、 Management StudioManagement Studioを開きます。On a second computer that contains the SQL ServerSQL Server client tools, log in with an account authorized to connect to SQL ServerSQL Server, and open Management StudioManagement Studio.

  2. [サーバーへの接続] ダイアログ ボックスで、 [サーバーの種類] ボックスが [データベース エンジン] になっていることを確認します。In the Connect to Server dialog box, confirm Database Engine in the Server type box.

  3. [サーバー名] ボックスに「 tcp: 」と入力してプロトコルを指定し、続けてコンピューター名、コンマ、ポート番号の順に入力します。In the Server name box, type tcp: to specify the protocol, followed by the computer name, a comma, and the port number. 既定のインスタンスに接続する場合、ポート 1433 が暗黙的に設定されるためポート番号を省略できます。したがって、この場合は「tcp: <computer_name> 」と入力します。To connect to the default instance, the port 1433 is implied and can be omitted; therefore, type tcp:<computer_name>. 今回の名前付きインスタンスの例では、「tcp: <computer_name> ,49172」と入力します。In our example for a named instance, type tcp:<computer_name>,49172.

    注意

    [サーバー名] ボックスで tcp: を省略した場合、クライアントは、有効になっているすべてのプロトコルをクライアント構成に指定された順番で試行します。If you omit tcp: from the Server name box, then the client will attempt all protocols that are enabled, in the order specified in the client configuration.

  4. [認証] ボックスで、 [Windows 認証] が選択されていることを確認し、 [接続] をクリックします。In the Authentication box, confirm Windows Authentication, and then click Connect.

SQL Server Browser サービスを使用した接続Connecting Using the SQL Server Browser Service

SQL ServerSQL Server Browser サービスは、 SQL ServerSQL Server の各種リソースに関する着信要求を受信し、このコンピューター上にインストールされている SQL ServerSQL Server インスタンスに関する情報を提供します。The SQL ServerSQL Server Browser service listens for incoming requests for SQL ServerSQL Server resources and provides information about SQL ServerSQL Server instances installed on the computer. SQL ServerSQL Server Browser サービスが実行されている場合、ユーザーはコンピューター名とポート番号の代わりにコンピューター名とインスタンス名を指定して、名前付きインスタンスに接続できます。When the SQL ServerSQL Server Browser service is running, users can connect to named instances by providing the computer name and instance name, instead of the computer name and port number. SQL ServerSQL Server Browser は、認証されていない UDP 要求を受信します。したがって、セットアップで有効にしない場合もあります。Because SQL ServerSQL Server Browser receives unauthenticated UDP requests, it is not always turned on during setup. サービスの説明と、有効にする場合の説明については、「SQL Server Browser サービス (データベース エンジンと SSAS)」を参照してください。For a description of the service and an explanation of when it is turned on, see SQL Server Browser Service (Database Engine and SSAS).

SQL ServerSQL Server Browser を使用するには、前の作業と同じ手順に従い、ファイアウォールの UDP ポート 1434 を開放します。To use the SQL ServerSQL Server Browser, you must follow the same steps as before and open UDP port 1434 in the firewall.

これで、基本的な接続に関する簡単なチュートリアルを終了します。This concludes this brief tutorial on basic connectivity.

チュートリアル ポータルに戻るReturn to Tutorials Portal

チュートリアル:データベース エンジンの概要Tutorial: Getting Started with the Database Engine