メンテナンス プランの作成 (メンテナンス プラン デザイン画面)Create a Maintenance Plan (Maintenance Plan Design Surface)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 SQL Server 2017SQL Server 2017でメンテナンス プラン デザイン画面を使用して、単一サーバーまたはマルチサーバーのメンテナンス プランを作成する方法について説明します。This topic describes how to create a single server or multiserver maintenance plan using the Maintenance Plan Design Surface in SQL Server 2017SQL Server 2017. 基本的なメンテナンス プランを作成する場合は、 メンテナンス プラン ウィザード が最適です。それに対して、デザイン画面を使用してプランを作成すると、高度なワークフローを利用できます。While the Maintenance Plan Wizard is best for creating basic maintenance plans, creating a plan using the design surface allows you to utilize enhanced workflow.

このトピックの内容In This Topic

はじめにBefore You Begin

制限事項と制約事項Limitations and Restrictions

  • マルチサーバー メンテナンス プランを作成するには、1 台のマスター サーバーと 1 台以上のターゲット サーバーを含むマルチサーバー環境を構成する必要があります。To create a multiserver maintenance plan, a multiserver environment containing one master server and one or more target servers must be configured. マルチサーバー メンテナンス プランは、マスター サーバー上で作成および管理する必要があります。Multiserver maintenance plans must be created and maintained on the master server. このプランはターゲット サーバー上でも表示できますが、ターゲット サーバーでは管理できません。These plans can be viewed, but not maintained, on target servers.

  • db_ssisadmin ロールおよび dc_admin ロールのメンバーは、特権を sysadminに昇格できる可能性があります。Members of the db_ssisadmin and dc_admin roles may be able to elevate their privileges to sysadmin. このような特権の昇格が発生するのは、それらのロールが Integration ServicesIntegration Services パッケージを変更でき、これらのパッケージを SQL ServerSQL Server エージェントの sysadmin セキュリティ コンテキストを使用して SQL ServerSQL Server で実行できるためです。This elevation of privilege can occur because these roles can modify Integration ServicesIntegration Services packages; these packages can be executed by SQL ServerSQL Server using the sysadmin security context of SQL ServerSQL Server Agent. メンテナンス プラン、データ コレクション セット、およびその他の Integration ServicesIntegration Services パッケージの実行時にこの特権の昇格を防ぐには、特権が制限されたプロキシ アカウントを使用するようにパッケージを実行する SQL ServerSQL Server エージェント ジョブを構成するか、 db_ssisadmin ロールおよび dc_admin ロールには sysadmin メンバーのみを追加するようにします。To guard against this elevation of privilege when running maintenance plans, data collection sets, and other Integration ServicesIntegration Services packages, configure SQL ServerSQL Server Agent jobs that run packages to use a proxy account with limited privileges or only add sysadmin members to the db_ssisadmin and dc_admin roles.

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

メンテナンス プランを作成または管理するには、 sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーである必要があります。To create or manage maintenance plans, you must be a member of the sysadmin fixed server role. ユーザーが sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーである場合のみ、オブジェクト エクスプローラーに [メンテナンス プラン] ノードが表示されます。Object Explorer only displays the Maintenance Plans node for users who are members of the sysadmin fixed server role.

メンテナンス プラン デザイン画面の使用Using Maintenance Plan Design Surface

メンテナンス プランを作成するにはTo create a maintenance plan

  1. オブジェクト エクスプローラーで、プラス記号をクリックして、メンテナンス プランを作成するサーバーを展開します。In Object Explorer, click the plus sign to expand the server where you want to create a maintenance plan.

  2. プラス記号をクリックして [管理] フォルダーを展開します。Click the plus sign to expand the Management folder.

  3. [メンテナンス プラン] フォルダーを右クリックし、 [新しいメンテナンス プラン] をクリックします。Right-click the Maintenance Plans folder and select New Maintenance Plan.

  4. [新しいメンテナンス プラン] ダイアログ ボックスで、 [名前] ボックスにプランの名前を入力し、 [OK] をクリックします。In the New Maintenance Plan dialog box, in the Name box, type a name for the plan and click OK. ツールボックスと [maintenance_plan_name [デザイン]] 画面が開き、 Subplan_1 サブプランがメイン グリッドに作成されます。This opens the Toolbox and the maintenance_plan_name [Design] surface with the Subplan_1 subplan created in the main grid.

    デザイン領域のヘッダーには、次のオプションがあります。The following options are available in the design space's header.

    [サブプランの追加]Add Subplan
    構成できるサブプランを追加します。Adds a subplan that you can configure.

    [サブプランのプロパティ]Subplan Properties
    メイン グリッドで選択されたサブプランについて、 [サブプランのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。Displays the Subplan Properties dialog box for the selected subplan in the main grid. グリッドでサブプランをダブルクリックして、 [サブプランのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示することもできます。Alternately, double-click a subplan in the grid to display the Subplan Properties dialog box. このダイアログ ボックスの詳細については、以下を参照してください。See below for more information on this dialog box.

    [選択したサブプランの削除]Delete Selected Subplan
    選択されているサブプランを削除します。Deletes the selected subplan.

    [サブプランのスケジュール]Subplan Schedule
    選択されているサブプランの [新しいジョブ スケジュール] ダイアログ ボックスを表示します。Displays the New Job Schedule dialog box for the selected subplan.

    [スケジュールの削除]Remove Schedule
    選択されているサブプランからスケジュールを削除します。Removes a schedule from the selected subplan.

    [接続の管理]Manage Connections
    [接続の管理] ダイアログ ボックスが表示されます。Displays the Manage Connections dialog box. メンテナンス プランに SQL ServerSQL Server インスタンス接続を追加する際に使用します。Used to add additional SQL ServerSQL Server instance connections to the maintenance plan. このダイアログ ボックスの詳細については、以下を参照してください。See below for more information on this dialog box.

    [レポートとログ記録]Reporting and Logging
    [レポートとログ記録] ダイアログ ボックスを表示します。Displays the Reporting and Logging dialog box. このダイアログ ボックスの詳細については、以下を参照してください。See below for more information on this dialog box.

    サーバーServers
    [サーバー] ダイアログ ボックスが表示されます。このダイアログ ボックスで、サブプラン タスクを実行するサーバーを選択します。Display the Servers dialog box, which is used to select the servers where the subplan tasks will be run. このオプションは、マルチサーバー環境のマスター サーバーのみで有効になります。This option is enabled only on master servers in multiserver environments. 詳細については、「マルチサーバー環境の作成」と「メンテナンス プラン (Servers)」を参照してください。For more information, see Create a Multiserver Environment and Maintenance Plan (Servers).

    [名前]Name
    メンテナンス プランの名前が表示されます。Display the maintenance plan name. 新しいメンテナンス プランの名前は、メンテナンス プラン デザイナーを開く前にダイアログ ボックスで指定します。For new maintenance plans, the name is specified in a dialog box before the maintenance plan designer opens. メンテナンス プランの名前を変更するには、オブジェクト エクスプローラーでプランを右クリックし、 [名前の変更] をクリックします。To rename a maintenance plan, right-click the plan in Object Explorer, and then click Rename.

    [説明]Description
    メンテナンス プランの説明を表示または指定します。View or specify a description for the maintenance plan. 説明の長さは最大 512 文字です。The maximum length for a description is 512 characters.

    デザイナー画面Designer Surface
    メンテナンスプランのデザインとメンテナンスを行います。Design and maintain maintenance plans. デザイナー画面を使用して、プランへのメンテナンス タスクの追加、プランからのタスクの削除、タスク間の優先順位制約の指定、タスクの分岐および並列処理の指定を行います。Use the designer surface to add maintenance tasks to a plan, remove tasks from a plan, specify precedence links between the tasks, and indicate task branching and parallelism.

    2 つのタスクの間にある優先順位制約により、タスク間の関係が確立されます。A precedence link between two tasks establishes a relationship between the tasks. 1 番目のタスク ( 先行タスク) の実行結果が指定の条件を満たした場合のみ、2 番目のタスク ( 依存タスク) が実行されます。The second task (the dependent task) executes only if the execution result of the first task (the precedent task) matches specified criteria. 一般的に指定される実行結果は、 [成功][失敗][完了] のいずれかです。Typically the execution result specified is Success, Failure, or Completion. 詳細については、下記の「手順 8 」を参照してください。For more information, see step 8 below.

  5. デザイン領域のヘッダーで、 [Subplan_1] をダブルクリックし、 [サブプランのプロパティ] ダイアログ ボックスにサブプランの名前と説明を入力します。In the design space's header, double-click Subplan_1 and enter a name and description for the subplan in the Subplan Properties dialog box.

    [サブプランのプロパティ] ダイアログ ボックスでは、次のオプションを使用できます。The following options are available in the Subplan Properties dialog box.

    [名前]Name
    サブプランの名前です。The name of the subplan.

    [説明]Description
    サブプランの簡潔な説明です。A brief description of the subplan.

    スケジュールSchedule
    どのようなスケジュールでサブプランが実行されるかを示します。Indicates on what schedule the subplan will be run. [サブプランのスケジュール] をクリックして、 [新しいジョブ スケジュール] ダイアログ ボックスを開きます。Click Subplan Schedule to open the New Job Schedule dialog box. サブプランからスケジュールを削除するには、 [スケジュールの削除] をクリックします。Click Remove Schedule to delete the schedule from the subplan.

    [実行するアカウント名] 一覧Run as list
    このサブタスクを実行するために使用するアカウントを選択します。Select the account to use to run this subtask.

  6. [サブプランのスケジュール] をクリックし、 [新しいジョブ スケジュール] ダイアログ ボックスでスケジュールの詳細を入力します。Click Subplan Schedule to enter schedule details in the New Job Schedule dialog box.

  7. サブプランを作成するには、 ツールボックス からデザイン画面にタスク フロー要素をドラッグ アンド ドロップします。To build the subplan, drag and drop task flow elements from the Toolbox to the plan design surface. タスクをダブルクリックしてダイアログ ボックスを開き、タスクのオプションを構成します。Double-click tasks to open dialog boxes to configure the task options.

    [ツールボックス] では、次のメンテナンス プランのタスクを使用できます。The following maintenance plan tasks are available in the Toolbox:

    • データベースのバックアップ タスクBack up Database Task

    • データベースの整合性確認タスクCheck Database Integrity Task

    • SQL Server エージェント ジョブの実行タスクExecute SQL Server Agent Job Task

    • T-SQL ステートメントの実行タスクExecute T-SQL Statement Task

    • 履歴クリーンアップ タスクHistory Cleanup Task

    • メンテナンス クリーンアップ タスクMaintenance Cleanup Task

    • オペレーターへの通知タスクNotify Operator Task

    • インデックスの再構築タスクRebuild Index Task

    • インデックスの再編成タスクReorganize Index Task

    • データベースの圧縮タスクShrink Database Task

    • 統計の更新タスクUpdate Statistics Task

    タスクを [ツールボックス] に追加するには:To add tasks to the Toolbox:

    1. [ツール] メニューで [ツールボックス アイテムの選択] をクリックします。On the Tools menu, click Choose Toolbox Items.

    2. [ツールボックス] に表示するツールを選択し、 [OK] をクリックします。Select the tools you want to appear in the Toolbox, and then click OK.

    メンテナンス プランのタスクを [ツールボックス] に追加すると、 メンテナンス プラン ウィザードで使用できるようになります。Adding maintenance plan tasks to the Toolbox also makes them available in the Maintenance Plan Wizard. 上記の個々のタスクの詳細については、「 メンテナンス プラン ウィザードの起動 」の「 メンテナンス プラン ウィザードの使用」を参照してください。For more information on the individual tasks above, see Using Maintenance Plan Wizard under Start the Maintenance Plan Wizard.

  8. タスク間のワークフローを定義するには:To define a workflow between tasks:

    1. 先行タスクを右クリックし、 [優先順位制約の追加] をクリックします。Right-click the precedent task and select Add Precedence Constraint.

    2. [制御フロー] ダイアログ ボックスで、 [対象] 一覧から依存タスクを選択し、 [OK] をクリックします。In the Control Flow dialog box, in the To list, select the dependent task and click OK.

    3. 2 つのタスク間のコネクタをダブルクリックすると、 [優先順位制約エディター] ダイアログ ボックスが開きます。Double click the connector between the two tasks to open the Precedence Constraint Editor dialog box.

      [優先順位制約エディター] ダイアログ ボックスでは次のオプションを使用できます。The following options are available in the Precedence Constraint Editor dialog box.

      [制約オプション]Constraint option
      2 つのタスク間の制約の動作を定義します。Defines how a constraint works between two tasks.

      [評価操作] 一覧Evaluation operation list
      優先順位制約で使用する評価操作を指定します。Specify the evaluation operation that the precedence constraint uses. 操作は次のとおりです: [制約][式][式と制約][式または制約]The operations are: Constraint, Expression, Expression and Constraint, and Expression or Constraint.

      [値] 一覧Value list
      制約値として次の値を指定します: [成功][失敗][完了]Specify the constraint value: Success, Failure, or Completion. デフォルト値は [成功] です。Success is the default.

      注意

      優先順位制約を表す線は、 [成功] の場合は緑色、 [失敗] の場合は赤色、 [完了] の場合は青色です。The precedence constraint line is green for Success, red for Failure, and blue for Completion.

      [式]Expression
      操作として [式][式と制約] 、または [式または制約] を使用する場合は、式を入力します。If using the operations Expression, Expression and Constraint, or Expression or Constraint, type an expression. 式はブール値に評価される必要があります。The expression must evaluate to a Boolean.

      テストTest
      式を検証します。Validate the expression.

      [複数の制約]Multiple constraints
      複数の制約がどのように相互運用して制約付きタスクの実行を制御するかを定義します。Define how multiple constraints interoperate to control the execution of the constrained task.

      論理積Logical AND
      同一の実行可能ファイルに対して、複数の優先順位制約を同時に評価することを指定する場合に選択します。Select to specify that multiple precedence constraints on the same executable must be evaluated together. すべての制約が True に評価される必要があります。All constraints must evaluate to True. これは既定のオプションです。This option is the default.

      注意

      この種類の優先順位制約は、緑色、赤色、または青色の実線で示されます。This type of precedence constraint appears as a solid green, red, or blue line.

      論理和Logical OR
      同一の実行可能ファイルに対して、複数の優先順位制約を同時に評価することを指定する場合に選択します。Select to specify that multiple precedence constraints on the same executable must be evaluated together. 少なくとも 1 つの制約が True に評価される必要があります。At least one constraint must evaluate to True.

      注意

      この種類の優先順位制約は、緑色、赤色、または青色の点線で示されます。This type of precedence constraint appears as a dotted green, red, or blue line.

  9. 別のスケジュールで実行されるタスクを制約する別のサブプランを追加するには、ツール バーの [サブプランの追加] をクリックし、 [サブプランのプロパティ] ダイアログ ボックスを開きます。To add another subplan that contains tasks run on a different schedule, click Add Subplan on the toolbar to open the Subplan Properties dialog box.

  10. 別のサーバーに接続を追加するには:To add connections to different servers:

    1. デザイン画面のツール バーで、 [接続の管理] をクリックします。In the design space's toolbar, click Manage Connections.

    2. [接続の管理] ダイアログ ボックスで [追加] をクリックします。In the Manage Connections dialog box, click Add.

    3. [接続プロパティ] ダイアログ ボックスの [接続名] ボックスに、作成する接続の名前を入力します。In the Connection Properties dialog box, in the Connection name box, enter the name of the connection you are creating.

    4. [SQL Server データに接続するための情報を指定してください][サーバー名の選択または入力] ボックスで、使用する SQL Server 名を入力するか、参照ボタン ([...]) をクリックして [SQL Server] ダイアログ ボックスでサーバーを選択します。Under Specify the following to connect to SQL Server data, in the Select or enter a server name box, either enter the name of the SQL server you want to use or click the ellipsis (...) and select a server in the SQL Server dialog box. [SQL Server] ダイアログ ボックスでサーバーを選択した場合は、 [OK] をクリックします。If you select a server from the SQL Server dialog box, click OK.

    5. [サーバーにログオンするための情報の入力] で、 [Windows NT の統合セキュリティを使用する] または [特定のユーザー名とパスワードを使用する] を選択します。Under Enter information to log on to the server, select either Use Windows NT Integrated security or Use a specific user name and password. 特定のユーザー名とパスワードを使用するように選択した場合は、 [ユーザー名] および [パスワード] ボックスにそれぞれ情報を入力します。If you elect to use a specific user name and password, enter that information in the User name and Password boxes, respectively.

    6. [接続プロパティ] ダイアログ ボックスで、 [OK] をクリックします。In the Connection Properties dialog box, click OK.

    7. [接続の管理] ダイアログ ボックスで、 [閉じる] をクリックします。In the Manage Connections dialog box, click Close.

  11. レポート オプションを指定するには:To specify reporting options:

    1. デザイン画面のツール バーで [レポートとログ記録] をクリックします。In the design space's toolbar, click Reporting and Logging.

    2. [レポートとログ記録] ダイアログ ボックスの [レポート] で、 [テキスト ファイルのレポートを生成する] または [電子メール受信者にレポートを送信する] 、あるいはその両方を選択します。In the Reporting and Logging dialog box, under Reporting, select Generate a text file report or Send report to an email recipient or both.

      1. [テキスト ファイルのレポートを生成する] で、 [新しいファイルの作成] または [ファイルに追加] を選択します。If you select Generate a text file report, select either Create a new file or Append to file.

      2. 上記の選択内容に応じて、 [フォルダー] または [ファイル名] ボックスに情報を入力することにより、新しいファイルまたは追加されるファイルの名前および完全なパスを入力します。Depending on the selection above, enter the name and full path of the new file or file to be appended by entering the information in the Folder or File name boxes. または、参照ボタン ( [...] ) をクリックし、 [フォルダーの検索 - server_name] または [データベース ファイルの検索 - server_name] ダイアログ ボックスで、フォルダーへのパスまたはファイル名を選択します。Alternately, click on the ellipsis (...) and select the path to the folder or file name from the Locate Folder -server_name or Locate Database Files -server_name dialog boxes.

      3. [エージェント オペレーター] 一覧で [電子メール受信者にレポートを送信する] を選択した場合は、電子メール レポートの受信者を選択します。If you select Send report to an email recipient, on the Agent operator list, select the recipient of the emailed report.

        注意

        メールを送信するためには、データベース メールを使用するように SQL Server エージェントを構成する必要があります。SQL Server Agent must be configured to use Database Mail in order to send mail. 詳細については、「 Configure SQL Server Agent Mail to Use Database Mail」をご覧ください。For more information, see Configure SQL Server Agent Mail to Use Database Mail

    3. より詳細な情報を保存するには、 [ログ記録] で、 [拡張情報をログに記録する] をオンにします。To save more detailed information, under Logging, select Log extended information.

    4. メンテナンス プランの結果情報を別のサーバーに書き込むには、 [リモート サーバーにログを記録する] をオンにし、 [接続] 一覧からサーバー接続を選択するか、または [新規] をクリックして [接続プロパティ] ダイアログ ボックスに接続情報を入力します。To write maintenance plan results information to another server, select Log to remote server and either select a server connection from the Connection list or click New and enter the connection information in the Connection Properties dialog box.

    5. [レポートとログ記録] ダイアログ ボックスで、 [OK] をクリックします。In the Reporting and Logging dialog box, click OK.

  12. ログ ファイル ビューアーで結果を参照するには、 オブジェクト エクスプローラー[メンテナンス プラン] フォルダーを右クリックするか、特定のメンテナンス プランを右クリックして [履歴の表示] を選択します。To view the results in the log file viewer, in Object Explorer, right-click either the Maintenance Plans folder or the specific maintenance plan and select View History.

注意

この記事の手順やコード例の中で、古い情報や間違っている情報を見つけた場合は、ぜひお知らせください。If you find something outdated or incorrect in this article, such as on a step or in a code example, please tell us. このページの下部にある [フィードバック] セクション内で [このページ] ボタンをクリックしてください。You can click the This page button in the Feedback section at the bottom of this page. 修正内容がわかっている場合は、このページの上部にある編集用の鉛筆アイコンをクリックしてから、GitHub ページ上の鉛筆アイコンをクリックしてください。Or better, if you know the fix, you can click the Edit-pencil icon at the top of this page, and then click the pencil icon on the GitHub page. ありがとうございます。Thank you!

 The following options are available on the **Log File Viewer -**_server\_name_ dialog box.  

 **Load Log**  
 Open a dialog box where you can specify a log file to load.  

 **Export**  
 Open a dialog box that lets you export the information that is shown in the **Log file summary** grid to a text file.  

 **Refresh**  
 Refresh the view of the selected logs. The **Refresh** button rereads the selected logs from the target server while applying any filter settings.  

 **Filter**  
 Open a dialog box that lets you specify settings that are used to filter the log file, such as **Connection**, **Date**, or other **General** filter criteria.  

 **Search**  
 Search the log file for specific text. Searching with wildcard characters is not supported.  

 **Stop**  
 Stops loading the log file entries. For example, you can use this option if a remote or offline log file takes a long time to load, and you only want to view the most recent entries.  

 **Log file summary**  
 This information panel displays a summary of the log file filtering. If the file is not filtered, you will see the following text, **No filter applied**. If a filter is applied to the log, you will see the following text, **Filter log entries where:** \<filter criteria>.  

 **Date**  
 Displays the date of the event.  

 **Source**  
 Displays the source feature from which the event is created, such as the name of the service (MSSQLSERVER, for example). This does not appear for all log types.  

 **Message**  
 Displays any messages associated with the event.  

 **Log Type**  
 Displays the type of log to which the event belongs. All selected logs appear in the log file summary window.  

 **Log Source**  
 Displays a description of the source log in which the event is captured.  

 **Selected row details**  
 Select a row to display additional details about the selected event row at the bottom of the page. The columns can be reordered by dragging them to new locations in the grid. The columns can be resized by dragging the column separator bars in the grid header to the left or right. Double-click the column separator bars in the grid header to automatically size the column to the content width.  

 **Instance**  
 The name of the instance on which the event occurred. This is displayed as *computer name*\\*instance name*.