SQLForeignKeys

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

SQL Server では、外部キー制約メカニズムによってカスケード更新とカスケード削除がサポートされます。 FOREIGN KEY 制約の ON UPDATE 句や ON DELETE 句で CASCADE オプションが指定されている場合、UPDATE_RULE 列や DELETE_RULE 列に対して SQL Server から SQL_CASCADE が返されます。 FOREIGN KEY 制約の ON UPDATE 句や ON DELETE 句で NO ACTION オプションが指定されている場合は、UPDATE_RULE 列や DELETE_RULE 列に対して SQL Server から SQL_NO_ACTION が返されます。

SQLForeignKeys パラメーターに無効な値が含まれている場合、 SQLForeignKeys は実行時に SQL_SUCCESS を返します。 これらのパラメーターで無効な値が使用されている場合、 Sqlfetch は SQL_NO_DATA を返します。

SQLForeignKeys は、静的サーバーカーソルで実行できます。 更新可能なカーソル (動的カーソルまたはキーセットカーソル) で SQLForeignKeys を実行しようとすると、カーソルの種類が変更されたことを示す SQL_SUCCESS_WITH_INFO が返されます。

The SQL Server Native Client ODBC driver supports reporting information for tables on linked servers by accepting a two-part name for the FKCatalogName and PKCatalogName parameters: Linked_Server_Name.Catalog_Name.

参照

SQLForeignKeys 関数
ODBC API 実装の詳細