SQLGetStmtAttrSQLGetStmtAttr

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーはドライバー固有のステートメント属性を公開する SQLGetStmtAttr を拡張します。The SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver extends SQLGetStmtAttr to expose driver-specific statement attributes.

SQLSetStmtAttrはどちらもリストのステートメント属性を読み書きします。SQLSetStmtAttr lists statement attributes that are both read and write. ここでは、読み取り専用のステートメント属性のみを示します。This topic lists the read only statement attributes.

SQL_SOPT_SS_CURRENT_COMMANDSQL_SOPT_SS_CURRENT_COMMAND

コマンド バッチの現在のコマンドを公開します。The SQL_SOPT_SS_CURRENT_COMMAND attribute exposes the current command of a command batch. バッチ内のコマンドの位置を表す整数を返します。The return is an integer that specifies the location of the command in the batch. ValuePtr値型は sqllen です。The ValuePtr value is of type SQLLEN.

SQL_SOPT_SS_NOCOUNT_STATUSSQL_SOPT_SS_NOCOUNT_STATUS

SQL_SOPT_SS_NOCOUNT_STATUS 属性は、NOCOUNT の現在の設定を示すオプションを制御するかどうかSQL ServerSQL Serverステートメントによって影響を受ける行の数を報告するときにSQLRowCountが呼び出されます。The SQL_SOPT_SS_NOCOUNT_STATUS attribute indicates the current setting of the NOCOUNT option, which controls whether SQL ServerSQL Server reports the numbers of rows affected by a statement when SQLRowCount is called. ValuePtr値型は sqllen です。The ValuePtr value is of type SQLLEN.

Value 説明Description
SQL_NC_OFFSQL_NC_OFF NOCOUNT を OFF にします。NOCOUNT is OFF. SQLRowCount では、影響を受ける行の数を返します。SQLRowCount returns number of rows affected.
SQL_NC_ONSQL_NC_ON NOCOUNT を ON にします。NOCOUNT is ON. 影響を受ける行の数が SQLRowCount によって返されないと、0 が返されます。The number of rows affected is not returned by SQLRowCount and the returned value is 0.

SQLRowCount 0 を返す場合、アプリケーションは SQL_SOPT_SS_NOCOUNT_STATUS をテストする必要があります。If SQLRowCount returns 0, the application should test SQL_SOPT_SS_NOCOUNT_STATUS. SQL_NC_ON が返された場合、値の 0 SQLRowCount からことを示しますSQL ServerSQL Serverが行の数は返されません。If SQL_NC_ON is returned, the value of 0 from SQLRowCount only indicates that SQL ServerSQL Server has not returned a row count. SQL_NC_OFF が返される場合は、NOCOUNT が無効と SQLRowCount から 0 の値は、ステートメントがすべての行に影響しないことを示しますのことを意味します。If SQL_NC_OFF is returned, it means that NOCOUNT is off and the value of 0 from SQLRowCount indicates that the statement did not affect any rows.

SQL_SOPT_SS_NOCOUNT_STATUS が SQL_NC_OFF のとき、アプリケーションは SQLRowCount の値を表示しない必要があります。Applications should not display the value of SQLRowCount when SQL_SOPT_SS_NOCOUNT_STATUS is SQL_NC_OFF. 大きなバッチやストアド プロシージャには、複数の SET NOCOUNT ステートメントが含まれていることがあるので、SQL_SOPT_SS_NOCOUNT_STATUS が一定であると想定することはできません。Large batches or stored procedures can contain multiple SET NOCOUNT statements, so it cannot be assumed that SQL_SOPT_SS_NOCOUNT_STATUS remains constant. このオプションには、毎回のでは 0 を返しますをテストする必要があります。This option should be tested each time SQLRowCount returns 0.

SQL_SOPT_SS_QUERYNOTIFICATION_MSGTEXTSQL_SOPT_SS_QUERYNOTIFICATION_MSGTEXT

クエリ通知要求のメッセージ テキストを返します。The SQL_SOPT_SS_QUERYNOTIFICATION_MSGTEXT attribute returns the message text for the query notification request.

SQLGetStmtAttr とテーブル値パラメーターSQLGetStmtAttr and Table-valued Parameters

SQLGetStmtAttr を呼び出すテーブル値パラメーターを使用する場合は、アプリケーション パラメーター記述子 (APD) の SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS の値を取得することができます。SQLGetStmtAttr can be called to get the value of SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS in the application parameter descriptor (APD) when working with table-valued parameters. SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS の詳細については、次を参照してください。 SQLSetStmtAttrします。For more information on SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS, see SQLSetStmtAttr.

テーブル値パラメーターの詳細については、次を参照してください。テーブル値パラメーター (ODBC)します。For more information about table-valued parameters, see Table-Valued Parameters (ODBC).

参照See Also

SQLSetStmtAttr 関数 SQLSetStmtAttr Function
ODBC API 実装の詳細ODBC API Implementation Details