SQLGetTypeInfoSQLGetTypeInfo

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーは、 SQLGetTypeInfoの結果セットの列 USERTYPE を報告します。The SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver reports the additional column USERTYPE in the result set of SQLGetTypeInfo. USERTYPE には DB-Library データ型の定義が示されるので、既存の DB-Library アプリケーションを ODBC に移植する開発者にとって便利です。USERTYPE reports the DB-Library data type definition and is useful to developers porting existing DB-Library applications to ODBC.

SQL ServerSQL Server では ID が属性として処理されますが、ODBC ではデータ型として処理されます。treats identity as an attribute, whereas ODBC treats it as a data type. この不一致を解決するために、 SQLGetTypeInfoは、 intidentitysmallintidentitytinyintidentitydecimalidentity、およびnumericidentityというデータ型を返します。To resolve this mismatch, SQLGetTypeInfo returns the data types: intidentity, smallintidentity, tinyintidentity, decimalidentity, and numericidentity. SQLGetTypeInfo結果セットの列 AUTO_UNIQUE_VALUE は、これらのデータ型の値 TRUE を報告します。The SQLGetTypeInfo result set column AUTO_UNIQUE_VALUE reports the value TRUE for these data types.

Varcharnvarchar 、およびVarbinaryの場合、SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーは、実際には無制限であるにもかかわらず、COLUMN_SIZE 値に対してそれぞれ8000、4000、および8000を報告します。For varchar, nvarchar and varbinary, the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver continues to report 8000, 4000 and 8000 respectively for the COLUMN_SIZE value, even though it is actually unlimited. これにより、旧バージョンとの互換性が確保されます。This is to ensure backward compatibility.

Xmlデータ型の場合、SQL ServerSQL Server NATIVE Client ODBC ドライバーは、無制限のサイズを示す COLUMN_SIZE の SQL_SS_LENGTH_UNLIMITED を報告します。For the xml data type, the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver reports SQL_SS_LENGTH_UNLIMITED for COLUMN_SIZE to denote unlimited size.

SQLGetTypeInfo とテーブル値パラメーターSQLGetTypeInfo and Table-Valued Parameters

テーブル値パラメーターのテーブル型は、実質的には、他の型を定義するために使用される型であるメタ型です。The table type for table-valued parameters is effectively a meta-type-that is, a type used to define other types. そのため、SQLGetTypeInfo を介して公開する必要はありません。Therefore, it does not have to be exposed through SQLGetTypeInfo. アプリケーションでは、テーブル値パラメーターで使用されるテーブル型のメタデータを取得するために、SQLGetTypeInfo ではなく SQLTables を使用する必要があります。Applications must use SQLTables, rather than SQLGetTypeInfo, to retrieve metadata for table types used with table-valued parameters.

テーブル値パラメーターのメタデータの取得の詳細については、「テーブル値パラメーターに影響を与えるステートメント属性」を参照してください。For more information, about retrieving metdata for table-valued parameters, see Statement Attributes that Affect Table-Valued Parameters.

テーブル値パラメーターの詳細については、「テーブル値パラメーター (の)ODBC」を参照してください。For more information about table-valued parameters, see Table-Valued Parameters (ODBC).

SQLGetTypeInfo による機能強化された日付と時刻のサポートSQLGetTypeInfo Support for Enhanced Date and Time Features

日付型または時刻型に対して返される値については、「カタログメタデータ」を参照してください。For the values returned for date/time types, see Catalog Metadata.

一般的な情報については、「日付(と)時刻の機能強化 ODBC」を参照してください。For more general information, see Date and Time Improvements (ODBC).

SQLGetTypeInfo による大きな CLR UDT のサポートSQLGetTypeInfo Support for Large CLR UDTs

SQLGetTypeInfoは、大きな CLR ユーザー定義型 (udt) をサポートしています。SQLGetTypeInfo supports large CLR user-defined types (UDTs). 詳細については、「 LARGE CLR ユーザー定義(型)ODBC」を参照してください。For more information, see Large CLR User-Defined Types (ODBC).

参照See Also

SQLGetTypeInfo 関数 SQLGetTypeInfo Function
ODBC API 実装の詳細ODBC API Implementation Details