SQLSetDescFieldSQLSetDescField

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse

SQLSetDescField を使用すると、テーブル値パラメーターおよびテーブル値パラメーター列の記述子フィールドを設定できます。SQLSetDescField can be used to set descriptor fields for table-valued parameters and table-valued parameter columns. 使用可能なフィールドの詳細については、「テーブル値パラメーターの構成列のテーブル値パラメーターの記述子フィールドと記述子フィールド」を参照してください。For information about the available fields, see Table-Valued Parameter Descriptor Fields and Descriptor Fields for Table-Valued Parameter Constituent Columns.

RemarksRemarks

テーブル値パラメーター列は、記述子のヘッダー フィールド SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS に、SQL_DESC_TYPE が SQL_SS_TABLE に設定されているレコードの序数が設定される場合のみ使用できます。Table-valued parameter columns are only available when the descriptor header field SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS is set to the ordinal of a record that has SQL_DESC_TYPE set to SQL_SS_TABLE. SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS の詳細については、「 SQLSetStmtAttr」を参照してください。For more information about SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS, see SQLSetStmtAttr.

SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS をテーブル値パラメーターではないパラメーターの序数に設定しようとした場合、SQLSetStmtAttr は SQL_ERROR を返し、"属性値が無効です" というメッセージで SQLSTATE = HY024 の診断レコードが作成されます。If an attempt is made to set SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS to the ordinal of a parameter that is not a table-valued parameter, SQLSetStmtAttr returns SQL_ERROR, and a diagnostic record is created with SQLSTATE = HY024 and the message "Invalid attribute value". SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS は、SQL_ERROR が返されたときに変更されません。SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS is not changed when SQL_ERROR is returned.

SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS に 0 を設定すると、パラメーターの記述子レコードへのアクセスが復元されます。Setting SQL_SOPT_SS_PARAM_FOCUS to 0 restores access to descriptor records for parameters.

テーブル値パラメーターの詳細については、「テーブル値パラメーター (の)ODBC」を参照してください。For more information about table-valued parameters, see Table-Valued Parameters (ODBC).

SQLSetDescField による機能強化された日付と時刻のサポートSQLSetDescField Support for Enhanced Date and Time Features

ODBC では、日付と時刻の機能が強化されました。Date/time features have been enhanced in ODBC. 新しい日付型または時刻型に対して提供される記述子フィールドの詳細については、「パラメーターと結果のメタデータ」を参照してください。For information about the descriptor field provided for the new date/time types, see Parameter and Result Metadata.

詳細については、「日付と(時刻)の機能強化 ODBC」を参照してください。For more information, see Date and Time Improvements (ODBC).

SQLSetDescField による大きな CLR UDT のサポートSQLSetDescField Support for Large CLR UDTs

SQLSetDescField は、大きな CLR ユーザー定義型 (Udt) をサポートしています。SQLSetDescField supports large CLR user-defined types (UDTs). 詳細については、「 LARGE CLR ユーザー定義(型)ODBC」を参照してください。For more information, see Large CLR User-Defined Types (ODBC).

SQLSetDescField によるスパース列のサポートSQLSetDescField Support for Sparse Columns

SQLSetDecField を使用して、アプリケーションパラメーター記述子 (APD) の SQL_SOPT_SS_NAME_SCOPE を SQL_SS_NAME_SCOPE_EXTENDED と SQL_SS_NAME_SCOPE_SPARSE_COLUMN_SET の値に設定できます。SQLSetDecField can be used to set SQL_SOPT_SS_NAME_SCOPE in the application parameter descriptor (APD) to the values SQL_SS_NAME_SCOPE_EXTENDED and SQL_SS_NAME_SCOPE_SPARSE_COLUMN_SET.

詳細については、「スパース(列)のサポート ODBC」を参照してください。For more information, see Sparse Columns Support (ODBC).

参照See Also

SQLSetDescField SQLSetDescField
ODBC API 実装の詳細ODBC API Implementation Details