クエリの実行 (ODBC)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

ODBC アプリケーションでは、接続ハンドルを初期化してデータ ソースに接続した後、その接続ハンドルに 1 つ以上のステートメント ハンドルを割り当てます。 その後、アプリケーションは Microsoft SQL Server ステートメントハンドルに対してステートメントを実行できます。 次に、SQL ステートメントを実行するときの一般的な手順を示します。

  1. 必要なステートメント属性を設定します。

  2. ステートメントを構築します。

  3. ステートメントを実行します。

  4. 任意の結果セットを取得します。

アプリケーションは、SQL ステートメントから返されたすべての結果セット内にあるすべての行を取得した後、同一ステートメント ハンドルで別のクエリを実行できます。 アプリケーションで、特定の結果セット内のすべての行を取得する必要がないと判断した場合は、 Sqlmoreresults または sqlcloのいずれかを呼び出すことによって、結果セットの残りの部分を取り消すことができます。

ODBC アプリケーションで、異なるデータを使用して同じ SQL ステートメントを複数回実行する必要がある場合は、SQL ステートメントの構築時に、次のように疑問符 (?) で表されるパラメーター マーカーを使用します。

INSERT INTO MyTable VALUES (?, ?, ?)  

その後、 SQLBindParameterを呼び出すことによって、各パラメーターマーカーをプログラム変数にバインドできます。

アプリケーションは、すべての SQL ステートメントの実行と結果セットの処理を完了後、ステートメント ハンドルを解放します。

SQL ServerNative CLIENT ODBC ドライバーでは、接続ハンドルごとに複数のステートメントハンドルがサポートされています。 また、トランザクションは接続レベルで管理されます。これにより、1 つの接続ハンドルのすべてのステートメント ハンドルで実行されるすべての作業が、同一のトランザクションの一部として管理されます。

このセクションの内容

参照

SQL Server Native Client (ODBC)