初期化プロパティと承認プロパティInitialization and Authorization Properties

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーでは、OLE DB 初期化プロパティと承認プロパティを次のように解釈します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider interprets OLE DB initialization and authorization properties as follows:

プロパティ IDProperty ID 説明Description
DBPROP_AUTH_CACHE_AUTHINFODBPROP_AUTH_CACHE_AUTHINFO SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、承認情報をキャッシュしません。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider does not cache authentication information.

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、このプロパティ値の設定が試みられると DB_S_ERRORSOCCURRED を返します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider returns DB_S_ERRORSOCCURRED on an attempt to set the property value. DBPROP 構造体の dwStatus メンバーは、DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED を示します。The dwStatus member of the DBPROP Structure indicates DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED.
DBPROP_AUTH_ENCRYPT_PASSWORDDBPROP_AUTH_ENCRYPT_PASSWORD SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、標準を使用してMicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Serverセキュリティ メカニズム パスワードを隠します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider uses standard MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server security mechanisms to conceal passwords.

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、このプロパティ値の設定が試みられると DB_S_ERRORSOCCURRED を返します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider returns DB_S_ERRORSOCCURRED on an attempt to set the property value. DBPROP 構造体の dwStatus メンバーは、DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED を示します。The dwStatus member of the DBPROP Structure indicates DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED.
DBPROP_AUTH_INTEGRATEDDBPROP_AUTH_INTEGRATED DBPROP_AUTH_INTEGRATED に NULL ポインター、NULL 文字列、または 'SSPI' VT_BSTR 値を設定すると、SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、Windows 認証モードを使用して、DBPROP_INIT_DATASOURCE プロパティと DBPROP_INIT_CATALOG プロパティで指定されている SQL ServerSQL Server データベースへのユーザー アクセスを承認します。If DBPROP_AUTH_INTEGRATED is set to a NULL pointer, a null string, or 'SSPI' VT_BSTR value, the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider uses Windows Authentication Mode to authorize user access to the SQL ServerSQL Server database specified by the DBPROP_INIT_DATASOURCE and DBPROP_INIT_CATALOG properties.

VT_EMPTY (既定値) に設定すると、SQL ServerSQL Server セキュリティが使用されます。If it is set to VT_EMPTY (the default), SQL ServerSQL Server security is used. SQL ServerSQL Server ログインとパスワードは、DBPROP_AUTH_USERID プロパティと DBPROP_AUTH_PASSWORD プロパティで指定されます。The SQL ServerSQL Server login and password are specified in the DBPROP_AUTH_USERID and DBPROP_AUTH_PASSWORD properties.
DBPROP_AUTH_MASK_PASSWORDDBPROP_AUTH_MASK_PASSWORD SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、標準の SQL ServerSQL Server セキュリティ メカニズムを使用してパスワードを隠します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider uses standard SQL ServerSQL Server security mechanisms to conceal passwords.

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、このプロパティ値の設定が試みられると DB_S_ERRORSOCCURRED を返します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider returns DB_S_ERRORSOCCURRED on an attempt to set the property value. DBPROP 構造体の dwStatus メンバーは、DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED を示します。The dwStatus member of the DBPROP Structure indicates DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED.
DBPROP_AUTH_PASSWORDDBPROP_AUTH_PASSWORD SQL ServerSQL Server ログインに割り当てられたパスワードです。Password assigned to a SQL ServerSQL Server login. このプロパティは、SQL ServerSQL Server データベースへのアクセスの承認に SQL ServerSQL Server 認証が選択された場合に使用されます。This property is used when SQL ServerSQL Server Authentication is selected for authorizing access to a SQL ServerSQL Server database.
DBPROP_AUTH_PERSIST_ENCRYPTEDDBPROP_AUTH_PERSIST_ENCRYPTED SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、承認情報を保存するとき、この情報を暗号化しません。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider does not encrypt authentication information when persisted.

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、このプロパティ値の設定が試みられると DB_S_ERRORSOCCURRED を返します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider returns DB_S_ERRORSOCCURRED on an attempt to set the property value. DBPROP 構造体の dwStatus メンバーは、DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED を示します。The dwStatus member of the DBPROP Structure indicates DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED.
DBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFODBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFO SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、認証情報を保存するよう要求された場合に、パスワードのイメージを含めて、この情報を保存します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider persists authentication values, including an image of a password, if requested to do so. 暗号化は行われません。No encryption is provided.
DBPROP_AUTH_USERIDDBPROP_AUTH_USERID SQL ServerSQL Server ログインです。login. このプロパティは、SQL ServerSQL Server データベースへのアクセスの承認に SQL ServerSQL Server 認証が選択された場合に使用されます。This property is used when SQL ServerSQL Server Authentication is selected for authorizing access to a SQL ServerSQL Server database.
DBPROP_INIT_ASYNCHDBPROP_INIT_ASYNCH SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、非同期の初期化をサポートします。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider supports asynchronous initiation.

DBPROPVAL_ASYNCH_INITIALIZE ビットを DBPROP_INIT_ASYNCH プロパティに設定すると、IDBInitialize::Initialize は非ブロッキング呼び出しになります。Setting the DBPROPVAL_ASYNCH_INITIALIZE bit in the DBPROP_INIT_ASYNCH property causes IDBInitialize::Initialize to become a non-blocking call. 詳細については、次を参照してください。非同期操作を実行するします。For more information, see Performing Asynchronous Operations.
DBPROP_INIT_CATALOGDBPROP_INIT_CATALOG 接続先の既存の SQL ServerSQL Server データベース名です。Name of an existing SQL ServerSQL Server database to which to connect.
DBPROP_INIT_DATASOURCEDBPROP_INIT_DATASOURCE MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server のインスタンスを実行するサーバーのネットワーク名。Network name of a server running an instance of MicrosoftMicrosoftSQL ServerSQL Server. コンピューター上で SQL ServerSQL Server の複数のインスタンスが実行されている場合は、SQL ServerSQL Server の特定のインスタンスに接続するために、DBPROP_INIT_DATASOURCE の値が \\ServerName\InstanceName として指定されます。If there are multiple instances of SQL ServerSQL Server running on the computer, in order to connect to a specific instance of SQL ServerSQL Server the value DBPROP_INIT_DATASOURCE is specified as \\ServerName\InstanceName. エスケープ シーケンスの \\ は、円記号を表すために使用されます。The escape sequence \\ is used for backslash itself.
DBPROP_INIT_GENERALTIMEOUTDBPROP_INIT_GENERALTIMEOUT データ ソースの初期化とコマンドの実行以外の要求がタイムアウトするまでの秒数を示します。値 0 は、タイムアウトしないことを表します。プロバイダーがネットワーク接続経由で動作している場合、または分散シナリオやトランザクション シナリオで実行されている場合、このプロパティをサポートすることで、実行時間の長い要求が発生した際に、参加しているコンポーネントに対してタイムアウトするよう指示できます。Indicates the number of seconds before a request, other than data source initialization and command execution, times out. A value of 0 indicates an infinite time-out. Providers that work over network connections or in distributed or transacted scenarios can support this property to advise an enlisted component to time-out in the event of a long-running request. データ ソースの初期化とコマンド実行のタイムアウトについては、それぞれ DBPROP_INIT_TIMEOUT と DBPROP_COMMANDTIMEOUT で指定されます。Time-outs for data source initialization and command execution remain governed by DBPROP_INIT_TIMEOUT and DBPROP_COMMANDTIMEOUT, respectively.

DBPROP_INIT_GENERALTIMEOUT は読み取り専用です。値の設定が試みられると、DBPROPSTATUS_NOTSETTABLE の dwstatus エラーが返されます。DBPROP_INIT_GENERALTIMEOUT is read-only, and if one tries to set it the dwstatus error of DBPROPSTATUS_NOTSETTABLE is returned.
DBPROP_INIT_HWNDDBPROP_INIT_HWND 呼び出し元アプリケーションのウィンドウ ハンドルです。The Windows handle from the calling application. 初期化プロパティに入力要求が許可されている場合は、初期化ダイアログ ボックスを表示するために、有効なウィンドウ ハンドルが必要です。A valid window handle is required for the initialization dialog box displayed when prompting for initialization properties is allowed.
DBPROP_INIT_IMPERSONATION_LEVELDBPROP_INIT_IMPERSONATION_LEVEL SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーでは、権限借用レベルの調整はサポートされません。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider does not support impersonation level adjustment.

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、このプロパティ値の設定が試みられると DB_S_ERRORSOCCURRED を返します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider returns DB_S_ERRORSOCCURRED on an attempt to set the property value. DBPROP 構造体の dwStatus メンバーは、DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED を示します。The dwStatus member of the DBPROP Structure indicates DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED.
DBPROP_INIT_LCIDDBPROP_INIT_LCID SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーはロケール ID を検証します。ロケール ID がサポートされていないか、クライアントにインストールされていない場合はエラーを返します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider validates the locale ID and returns an error if the locale ID is not supported or is not installed on the client.
DBPROP_INIT_LOCATIONDBPROP_INIT_LOCATION SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、このプロパティ値の設定が試みられると DB_S_ERRORSOCCURRED を返します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider returns DB_S_ERRORSOCCURRED on an attempt to set the property value. DBPROP 構造体の dwStatus メンバーは、DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED を示します。The dwStatus member of the DBPROP Structure indicates DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED.
DBPROP_INIT_MODEDBPROP_INIT_MODE SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、このプロパティ値の設定が試みられると DB_S_ERRORSOCCURRED を返します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider returns DB_S_ERRORSOCCURRED on an attempt to set the property value. DBPROP 構造体の dwStatus メンバーは、DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED を示します。The dwStatus member of the DBPROP Structure indicates DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED.
DBPROP_INIT_PROMPTDBPROP_INIT_PROMPT SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、データ ソースの初期化ですべての入力要求モードをサポートします。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider supports all prompting modes for data source initialization. SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、このプロパティの既定の設定に DBPROMPT_NOPROMPT を使用します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider uses DBPROMPT_NOPROMPT as its default setting for the property.
DBPROP_INIT_PROTECTION_LEVELDBPROP_INIT_PROTECTION_LEVEL SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、SQL ServerSQL Server インスタンスへの接続で保護レベルをサポートしません。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider does not support a protection level on connections to instances of SQL ServerSQL Server.

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、このプロパティ値の設定が試みられると DB_S_ERRORSOCCURRED を返します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider returns DB_S_ERRORSOCCURRED on an attempt to set the property value. DBPROP 構造体の dwStatus メンバーは、DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED を示します。The dwStatus member of the DBPROP Structure indicates DBPROPSTATUS_NOTSUPPORTED.
DBPROP_INIT_PROVIDERSTRINGDBPROP_INIT_PROVIDERSTRING このトピックの最後にある「SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーの文字列」を参照してください。See the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider string later in this topic.
DBPROP_INIT_TIMEOUTDBPROP_INIT_TIMEOUT SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、SQL ServerSQL Server インスタンスへの接続が指定された時間 (秒単位) 内に確立できなかった場合、初期化時にエラーを返します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider returns an error on initialization if a connection to the instance of SQL ServerSQL Server cannot be established within the number of seconds specified.

プロバイダー固有のプロパティ セット DBPROPSET_SQLSERVERDBINIT、 SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、これらの追加の初期化プロパティを定義します。In the provider-specific property set DBPROPSET_SQLSERVERDBINIT, the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider defines these additional initialization properties.

プロパティ IDProperty ID 説明Description
SSPROP_AUTH_OLD_PASSWORDSSPROP_AUTH_OLD_PASSWORD 型:VT_BSTRType: VT_BSTR

R/W書き込みR/W: Write

既定値:VT_EMPTYDefault: VT_EMPTY

説明:現在または期限切れのパスワードです。Description: The current or expired password. 詳細については、次を参照してください。プログラムでパスワードを変更するします。For more information, see Changing Passwords Programmatically.
SSPROP_INIT_APPNAMESSPROP_INIT_APPNAME 型:VT_BSTRType: VT_BSTR

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

説明:クライアント アプリケーションの名前。Description: The client application name.
SSPROP_INIT_AUTOTRANSLATESSPROP_INIT_AUTOTRANSLATE 型:VT_BOOLType: VT_BOOL

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

既定値:VARIANT_TRUEDefault: VARIANT_TRUE

説明:OEM/ANSI 文字変換です。Description: OEM/ANSI character conversion.

VARIANT_TRUE:SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、クライアント上のコード ページとサーバー間の拡張文字の照合における問題を最小限に抑えるには Unicode を通じて変換することで、クライアントとサーバー間で送信される ANSI 文字列を変換します。VARIANT_TRUE: The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider translates ANSI character strings sent between the client and server by converting through Unicode to minimize problems in matching extended characters between the code pages on the client and the server:

クライアントの DBTYPE_STR データを SQL ServerSQL Serverchar 型、varchar 型、または text 型の変数、パラメーター、列のインスタンスに送信する場合、クライアントの ANSI コード ページ (ACP) に基づいて文字が Unicode に変換され、その後で、サーバーの ACP に基づいて Unicode から文字に変換されます。Client DBTYPE_STR data sent to an instance of SQL ServerSQL Serverchar, varchar, or text variable, parameter, or column is converted from character to Unicode using the client ANSI code page (ACP) and then converted from Unicode to character using the ACP of the server.

SQL ServerSQL Server char 型、varchar 型、または text 型のデータをクライアントの DBTYPE_STR 変数に送信する場合は、サーバーの ACP に基づいて文字が Unicode に変換され、その後で、クライアントの ACP に基づいて Unicode から文字に変換されます。char, varchar, or text data sent to a client DBTYPE_STR variable is converted from character to Unicode using the server ACP and then converted from Unicode to character using the client ACP.

この変換は、SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーによってクライアントで行われます。These conversions are performed on the client by the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider. そのため、サーバーで使用しているものと同じ ACP がクライアントでも使用可能になっている必要があります。This requires that the same ACP used on the server be available on the client.

次の設定は、送受信時の変換に影響しません。These settings have no effect on the conversions that occur for these transfers:

サーバーの char 型、varchar 型、または text 型に送信される、Unicode の DBTYPE_WSTR クライアント データ。Unicode DBTYPE_WSTR client data sent to char, varchar, or text on the server.

クライアントの Unicode の DBTYPE_WSTR 変数に送信される、char 型、varchar 型、または text 型のサーバー データ。char, varchar, or text server data sent to a Unicode DBTYPE_WSTR variable on the client.

サーバーの Unicode の nchar 型、nvarchar 型、または ntext 型に送信される、ANSI DBTYPE_STR クライアント データ。ANSI DBTYPE_STR client data sent to Unicode nchar, nvarchar, or ntext on the server.

クライアントの ANSI DBTYPE_STR 変数に送信される、Unicode の char 型、varchar 型、または text 型のサーバー データ。Unicode char, varchar, or text server data sent to an ANSI DBTYPE_STR variable on the client.

VARIANT_FALSE:SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーが文字変換を行いません。VARIANT_FALSE: The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider does not perform character translations.

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーに送信されるクライアント ANSI 文字の DBTYPE_STR データに変換されないcharvarchar、またはテキスト変数パラメーター、またはサーバー上の列。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider does not translate client ANSI character DBTYPE_STR data sent to char, varchar, or text variables, parameters, or columns on the server. また、サーバーからクライアントの DBTYPE_STR 変数に送信される、char 型、varchar 型、text 型のデータも変換されません。No translation is performed on char, varchar, or text data sent from the server to DBTYPE_STR variables on the client.

クライアントと SQL ServerSQL Server インスタンスが使用する ACP が異なる場合、拡張文字の解釈が正しく行われない場合があります。If the client and the instance of SQL ServerSQL Server are using different ACPs, extended characters can be misinterpreted.
SSPROP_INIT_CURRENTLANGUAGESSPROP_INIT_CURRENTLANGUAGE 型:VT_BSTRType: VT_BSTR

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

説明:ASQL ServerSQL Server言語名。Description: A SQL ServerSQL Server language name. システム メッセージの選択や書式設定に使われる言語を示します。Identifies the language used for system message selection and formatting. 指定された言語が SQL ServerSQL Server インスタンスを実行するコンピューターにインストールされていないと、データ ソースの初期化が失敗します。The language must be installed on the computer running an instance of SQL ServerSQL Server or data source initialization fails.
SSPROP_INIT_DATATYPECOMPATIBILITYSSPROP_INIT_DATATYPECOMPATIBILITY 型:VT_UI2Type: VT_UI2

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

既定値:0Default: 0

説明:間のデータ型の互換性をできるようにSQL ServerSQL Serverと ActiveX データ オブジェクト (ADO) アプリケーションです。Description: Enables data type compatibility between SQL ServerSQL Server and ActiveX Data Object (ADO) applications. 既定値の 0 が使用されている場合、データ型の処理では、プロバイダーが既定で使用するデータ型が使われます。If the default value of 0 is used, data type handling defaults to that used by the provider. 値 80 が使用されている場合、データ型の処理では、SQL Server 2000 (8.x)SQL Server 2000 (8.x) のデータ型しか使われません。If the value of 80 is used, data type handling uses only SQL Server 2000 (8.x)SQL Server 2000 (8.x) data types. 詳細については、次を参照してください。 SQL Server Native Client と ADO を使用するします。For more information, see Using ADO with SQL Server Native Client.
SSPROP_INIT_ENCRYPTSSPROP_INIT_ENCRYPT 型:VT_BOOLType: VT_BOOL

R/W[読み取り/書き込み]R/W: Read/Write

既定値:VARIANT_FALSEDefault: VARIANT_FALSE

説明:ネットワーク経由のデータを暗号化するには、プロパティを SSPROP_INIT_ENCRYPT が VARIANT_TRUE に設定します。Description: To encrypt the data going over the network, SSPROP_INIT_ENCRYPT property is set to VARIANT_TRUE.

プロトコルの暗号化が有効な場合は、SSPROP_INIT_ENCRYPT の設定に関係なく、常に暗号化が行われます。If Enable Protocol Encryption is on, encryption will always occur, regardless of the setting of SSPROP_INIT_ENCRYPT. プロトコルの暗号化が無効な場合でも、SSPROP_INIT_ENCRYPT が VARIANT_TRUE に設定されている場合は、暗号化が行われます。If it is off and SSPROP_INIT_ENCRYPT is set to VARIANT_TRUE, then encryption will occur.

プロトコルの暗号化が無効で、SSPROP_INIT_ENCRYPT が VARIANT_FALSE に設定されている場合は、暗号化は行われません。If Enable Protocol Encryption is off and SSPROP_INIT_ENCRYPT is set to VARIANT_FALSE, then no encryption occurs.
SSPROP_INIT_FAILOVERPARTNERSSPROP_INIT_FAILOVERPARTNER 型:VT_BSTRType: VT_BSTR

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

説明:データベース ミラーリングのフェールオーバー パートナーの名前を指定します。Description: Specifies the name of the failover partner for database mirroring. これは、初期化プロパティで、初期化前にしか設定できません。It is an initialization property and can only be set before initialization. 初期化後は、フェールオーバー パートナーが構成されている場合は、プライマリ サーバーから返されたフェールオーバー パートナー名を返します。After initialization it will return the failover partner, if any, returned by the primary server.

これにより、アプリケーションでは最後に判別したバックアップ サーバーをキャッシュできますが、この情報は最初に接続が確立されたとき (接続がプールされている場合はリセットされたとき) にのみ更新されることに注意する必要があります。接続が長期にわたると、この情報は古くなることがあります。This allows a smart application to cache the most recently determined backup server, but such applications should be aware that the information is only updated when the connection is first established (or reset, if pooled) and can become out of date for long term connections.

接続後は、アプリケーションでこの属性をクエリすることにより、フェールオーバー パートナーの ID を判別できます。After making the connection, the application can query this attribute to determine the identity of the failover partner. プライマリ サーバーのフェールオーバー パートナーが存在しないと、この属性は空文字列を返します。If the primary server has no failover partner this property will return an empty string. 詳細については、「データベース ミラーリングの使用」を参照してください。For more information, see Using Database Mirroring.
SSPROP_INIT_FILENAMESSPROP_INIT_FILENAME 型:VT_BSTRType: VT_BSTR

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

説明:アタッチできるデータベースのプライマリ ファイルの名前を指定します。Description: Specifies the primary file name of an attachable database. このデータベースがアタッチされ、接続の既定のデータベースとして使用されます。This database is attached and becomes the default database for the connection. SSPROP_INIT_FILENAME を使用するには、初期化プロパティ DBPROP_INIT_CATALOG の値にデータベース名を指定する必要があります。To use SSPROP_INIT_FILENAME, you must specify the name of the database as the value of the initialization property DBPROP_INIT_CATALOG. 指定したデータベース名が存在しない場合は、SSPROP_INIT_FILENAME に指定されているプライマリ ファイル名を確認し、そのデータベースと DBPROP_INIT_CATALOG に指定されている名前とをアタッチします。If the database name does not exist, then it looks for the primary file name specified in SSPROP_INIT_FILENAME and attaches that database with the name specified in DBPROP_INIT_CATALOG. データベースが以前にアタッチされていた場合は、SQL ServerSQL Server はこれを再アタッチしません。If the database was previously attached, SQL ServerSQL Server does not reattach it.
SSPROP_INIT_MARSCONNECTIONSSPROP_INIT_MARSCONNECTION 型:VT_BOOLType: VT_BOOL

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

既定値:VARIANT_FALSEDefault: VARIANT_FALSE

説明:接続の複数のアクティブな結果セット (MARS) が有効であるを指定します。Description: Specifies if Multiple Active Result Sets (MARS) are enabled for the connection. このオプションは、データベースへの接続が確立される前に、TRUE に設定する必要があります。This option must be set to true before a connection is made to the database. 詳細については、「複数のアクティブな結果セット (MARS) の使用」を参照してください。For more information, see Using Multiple Active Result Sets (MARS).
SSPROP_INIT_NETWORKADDRESSSSPROP_INIT_NETWORKADDRESS 型:VT_BSTRType: VT_BSTR

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

説明:インスタンスを実行しているサーバーのネットワーク アドレスSQL ServerSQL ServerDBPROP_INIT_DATASOURCE プロパティで指定します。Description: The network address of the server running an instance of SQL ServerSQL Server specified by the DBPROP_INIT_DATASOURCE property.
SSPROP_INIT_NETWORKLIBRARYSSPROP_INIT_NETWORKLIBRARY 型:VT_BSTRType: VT_BSTR

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

説明:れるネットワーク ライブラリ (DLL) のインスタンスと通信するために使用の名前SQL ServerSQL Serverします。Description: The name of the networklibrary (DLL) used to communicate with an instance of SQL ServerSQL Server. この名前には、パスやファイル拡張子 (.dll) は含めません。The name should not include the path or the .dll file name extension.

既定値は、SQL ServerSQL Server クライアント構成ユーティリティを使用してカスタマイズできます。The default can be customized using the SQL ServerSQL Server Client Configuration Utility.

注:このプロパティでは、TCP と名前付きパイプのみがサポートされています。Note: Only TCP and Named Pipes are supported by this property. このプロパティにプレフィックスを使用した場合、プレフィックスが二重になりエラーが発生します。これは、内部でこのプロパティを使用してプレフィックスが生成されるためです。If you use this property with a prefix, you end up with a double prefix which results in an error, because the property is used to generate a prefix internally.
SSPROP_INIT_PACKETSIZESSPROP_INIT_PACKETSIZE 型:VT_I4Type: VT_I4

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

説明:ネットワーク パケット サイズ (バイト単位)。Description: A network packet size in bytes. このパケット サイズ プロパティの値は 512 ~ 32,767 にする必要があります。The packet size property value must be between 512 and 32,767. SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーの既定のネットワーク パケット サイズは 4,096 です。The default SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider network packet size is 4,096.
SSPROP_INIT_TAGCOLUMNCOLLATIONSSPROP_INIT_TAGCOLUMNCOLLATION 型:BOOLType: BOOL

R/W書き込みR/W: Write

既定値:FALSEDefault: FALSE

説明:サーバー側カーソルを使用するときに、データベースの更新中に使用されます。Description: Is used during a database update when server-side cursors are used. このプロパティは、クライアントのコード ページではなく、サーバーから取得した照合順序情報を使用してデータにタグを付けます。This property tags the data with collation information obtained from the server instead of the code page on the client. 現在、このプロパティは、分散クエリ プロセスでしか使われていません。これは、分散クエリ プロセスでは変換先データの照合順序が認識されていて、データが適切に変換されるためです。Currently, this property is used only by the distributed query process because it knows the collation of destination data and converts it correctly.
SSPROP_INIT_TRUST_SERVER_CERTIFICATESSPROP_INIT_TRUST_SERVER_CERTIFICATE 型:VT_BOOLType: VT_BOOL

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

既定値:VARIANT_FALSEDefault: VARIANT_FALSE

説明:有効にするか、サーバー証明書の検証を無効にするために使用します。Description: Used to enable or disable server certificate validation. このプロパティは読み取り/書き込みですが、接続の確立後にこの値の設定が試みられると、エラーが発生します。This property is read/write, but attempting to set it after a connection has been established will result in an error.

このプロパティは、クライアントが証明書の検証を要求するよう構成されている場合は、無視されます。This property is ignored if the client is configured to require certificate validation. ただし、アプリケーションは、このプロパティを SSPROP_INIT_ENCRYPT と共に使用して、クライアントが暗号化を要求するよう構成されておらず、証明書がクライアント側に準備されていない場合でも、アプリケーションとサーバー間の接続が確実に暗号化されるようにすることができます。However, an application can use it together with SSPROP_INIT_ENCRYPT to guarantee that its connection to the server is encrypted, even if the client is configured not to require encryption and no certificate is provisioned on the client.

クライアント アプリケーションでは、接続を開いた後にこの属性をクエリして、実際に使用されている暗号化と検証の設定を判断できます。Client applications can query this property after a connection has been opened to determine the actual encryption and validation settings in use.

注:パケットがスニッフィングに対する部分の保護を提供する証明書の検証を伴わない暗号化の使用が、中間の攻撃は保護されません。Note: Using encryption without certificate validation provides partial protection against packet sniffing, but it does not protect against man-in-the-middle attacks. この場合、サーバー証明書を検証せずに、サーバーに送られるログインとデータの暗号化が行われます。It simply allows for encrypting the login and data sent to the server without validating the server certificate.

詳細については、「検証を伴わない暗号化の使用」を参照してください。For more information, see Using Encryption Without Validation.
SSPROP_INIT_USEPROCFORPREPSSPROP_INIT_USEPROCFORPREP 型:VT_I4Type: VT_I4

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

既定値:SSPROPVAL_USEPROCFORPREP_ONDefault: SSPROPVAL_USEPROCFORPREP_ON

説明:SQL ServerSQL Serverストアド プロシージャを使用します。Description: The SQL ServerSQL Server stored procedure use. SQL ServerSQL Server の一時ストアド プロシージャを使用して ICommandPrepare インターフェイスをサポートすることを定義します。Defines the use of SQL ServerSQL Server temporary stored procedures to support the ICommandPrepare interface. このプロパティは SQL Server 6.5 に接続するときに限り意味がありました。This property was meaningful only when connecting to SQL Server 6.5. これ以降のバージョンでは、このプロパティは無視されます。The property is ignored for later versions.

SSPROPVAL_USEPROCFORPREP_OFF:コマンドを準備するときに、一時ストアド プロシージャは作成されません。SSPROPVAL_USEPROCFORPREP_OFF: A temporary stored procedure is not created when a command is prepared.

SSPROPVAL_USEPROCFORPREP_ON:コマンドを準備するときに、一時ストアド プロシージャが作成されます。SSPROPVAL_USEPROCFORPREP_ON: A temporary stored procedure is created when a command is prepared. セッションが解放されると、作成された一時ストアド プロシージャは削除されます。The temporary stored procedures are dropped when the session is released.

SSPROPVAL_USEPROCFORPREP_ON_DROP:コマンドを準備するときに、一時ストアド プロシージャが作成されます。SSPROPVAL_USEPROCFORPREP_ON_DROP: A temporary stored procedure is created when a command is prepared. コマンドが ICommandPrepare::Unprepare を使用して準備されていない場合、ICommandText::SetCommandText を使用してコマンド オブジェクトに新しいコマンドが指定されたとき、またはコマンドへのアプリケーション参照がすべて解放されたときに、プロシージャは削除されます。The procedure is dropped when the command is unprepared with ICommandPrepare::Unprepare, when a new command is specified for the command object with ICommandText::SetCommandText, or when all application references to the command are released.
SSPROP_INIT_WSIDSSPROP_INIT_WSID 型:VT_BSTRType: VT_BSTR

R/W読み取り/書き込みR/W: Read/write

説明:ワークステーションを識別する文字列。Description: A string identifying the workstation.

プロバイダー固有のプロパティ セット DBPROPSET_SQLSERVERDATASOURCEINFO、 SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、追加のプロパティを定義します。 を参照してくださいデータ ソース情報プロパティ詳細についてはします。In the provider-specific property set DBPROPSET_SQLSERVERDATASOURCEINFO, the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider defines the additional properties; see Data Source Information Properties for more information.

SQL Server Native Client OLE DB プロバイダーの文字列The SQL Server Native Client OLE DB Provider String

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーは、プロバイダーの文字列プロパティ値として、ODBC と同様の構文を認識します。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider recognizes an ODBC-like syntax in provider string property values. プロバイダーの文字列プロパティは、OLE DB データ ソースへの接続が確立される時点で、OLE DB 初期化プロパティ DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING の値として提供されます。The provider string property is provided as the value of the OLE DB initialization property DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING when a connection is established to the OLE DB data source. このプロパティは、OLE DB データ ソースへの接続の実装に必要な OLE DB プロバイダー固有の接続データを示します。This property specifies OLE DB provider-specific connection data required to implement a connection to the OLE DB data source. この文字列内では、要素がセミコロンを使用して区切られます。Within the string, elements are delimited by using a semicolon. 文字列の最後の要素には、セミコロンを付けて、終端を示す必要があります。The final element in the string must be terminated with a semicolon. 各要素は、キーワード、等号文字、初期化時に渡される値で構成されます。Each element consists of a keyword, an equal sign character, and the value passed on initialization. 以下に例を示します。For example:

Server=MyServer;UID=MyUserName;  

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーでは、コンシューマーはプロバイダーの文字列プロパティを使用する必要がありません。With the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider, the consumer never needs to use the provider string property. コンシューマーは、OLE DB または SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダー固有の初期化プロパティを使用して、プロバイダー文字列に任意の初期化プロパティを設定できます。The consumer can set any initialization property reflected in the provider string by using either OLE DB or SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider-specific initialization properties.

使用できるキーワードの一覧については、 SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーを参照してください使用した Connection String Keywords with SQL Server Native Client を使用してします。For a list of the keywords available in the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider, see Using Connection String Keywords with SQL Server Native Client.

参照See Also

データ ソース オブジェクト(OLE DB)Data Source Objects (OLE DB)