結果の処理方法に関するトピック (Native Client OLE DB プロバイダー)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

OLE DB アプリケーションの結果の処理では、最初に結果セットの特性を確認し、次にデータをプログラム変数に取り込みます。 コマンドでストアド プロシージャを実行する場合は、ストアド プロシージャからのリターン コードと出力パラメーターの処理方法を理解しておく必要があります。

このセクションの内容

参照

OLE DB の使用法に関するトピック