IRowsetFastLoad (Native Client OLE DB Provider)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

IRowsetFastLoad インターフェイスでは、SQL Server のメモリベースの一括コピー操作のサポートが公開されます。 SQL Server Native Client OLE DBプロバイダー コンシューマーは、 インターフェイスを使用して、既存のテーブルにデータを迅速に追加 SQL Server します。

セッションで SSPROP_ENABLEFASTLOAD を VARIANT_TRUE に設定した場合、その後にそのセッションから返される行セットのデータを読み取ることはできません。 SSPROP_ENABLEFASTLOAD が VARIANT_TRUE に設定されている場合、そのセッションで作成される行セットはすべて IRowsetFastLoad 型になります。 IRowsetFastLoad の行セットは行セットのフェッチをサポートしていないため、これらの行セットのデータを読み取ることはできません。

このセクションの内容

方法 説明
IRowsetFastLoad::Commit (OLE DB) 挿入される行のバッチの終わりをマークし、挿入された行を SQL Server のテーブルに書き込みます。
IRowsetFastLoad::InsertRow (OLE DB) 一括コピー行セットに行を追加します。

参照

インターフェイス (OLE DB)
IRowsetFastLoad を使用したデータの一括コピー (OLE DB)
IROWSETFASTLOAD と ISEQUENTIALSTREAM を使用した SQL SERVER への BLOB データの送信 (OLE DB)