SQL Server Native Client のインストールInstalling SQL Server Native Client

Microsoft SQL ServerSQL Server Native Client 11.0 は、のインストール時にインストールされ SQL Server 2014SQL Server 2014 ます。Microsoft SQL ServerSQL Server Native Client 11.0 is installed when you install SQL Server 2014SQL Server 2014. SQL Server 2014SQL Server 2014 Native Client は存在しません。There is no SQL Server 2014SQL Server 2014 Native Client. 詳細については、「 SQL Server Native Client の新機能」を参照してください。For more information, see What's New in SQL Server Native Client. SQL Server 2012 Feature Pack web ページから sqlncli を取得することもできます。You can also get sqlncli.msi from the SQL Server 2012 Feature Pack web page. SQL Server Native Client の最新バージョンをダウンロードするには、Microsoft にアクセスしてください。 SQL Server。。2012 SP2 Feature PackTo download the most recent version of the SQL Server Native Client, go to Microsoft?? SQL Server?? 2012 SP2 Feature Pack. SQL Server 2012 より前のバージョンの SQL ServerSQL Server Native client もコンピューターにインストールされている場合、 SQL ServerSQL Server native client 11.0 は以前のバージョンとサイドバイサイドでインストールされます。If a previous version of the SQL ServerSQL Server Native Client earlier than SQL Server 2012 is also installed on the computer, SQL ServerSQL Server Native Client 11.0 will be installed side-by-side with the earlier version.

SQL ServerSQL Server Native Client のファイル (sqlncli11.dll、sqlnclir11.rll、および s11ch_sqlncli.chm) は、次の場所にインストールされます。The SQL ServerSQL Server Native Client files (sqlncli11.dll, sqlnclir11.rll, and s11ch_sqlncli.chm) are installed to the following location:

%SYSTEMROOT%\system32\

注意

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーと SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーのすべてのレジストリ設定は、インストール処理の一環として適切に行われます。All appropriate registry settings for the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider and the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver are made as part of the installation process.

SQL ServerSQL Server Native Client ヘッダー ファイルとライブラリ ファイル (sqlncli.h と sqlncli11.lib) は、次の場所にインストールされます。The SQL ServerSQL Server Native Client header and library files (sqlncli.h and sqlncli11.lib) are installed in the following location:

%PROGRAMFILES%\Microsoft SQL Server\110\SDK

SQL ServerSQL ServerNative Client をインストールの一部としてインストールすることに加えて、 SQL ServerSQL Server sqlncli という再配布可能なインストールプログラムもあります。これは、の SQL ServerSQL Server インストールディスクにあり %CD%\Setup\ ます。In addition to installing SQL ServerSQL Server Native Client as part of the SQL ServerSQL Server installation, there is also a redistributable installation program named sqlncli.msi, which can be found on the SQL ServerSQL Server installation disk in the following location: %CD%\Setup\.

SQL ServerSQL Server Native Client は、sqlncli.msi を使用して配布できます。You can distribute SQL ServerSQL Server Native Client through sqlncli.msi. アプリケーションを配置する場合は、SQL ServerSQL Server Native Client をインストールする必要があります。You might have to install SQL ServerSQL Server Native Client when you deploy an application. チェイナーとブートストラップのテクノロジを使用すると、ユーザーが 1 回のインストール手順に従うだけで複数のパッケージをまとめてインストールできるようになります。One way to install multiple packages in what seems to the user to be a single installation is to use chainer and bootstrapper technology. 詳細については、「Visual Studio 2005 用のカスタム ブートストラップ パッケージの作成」および「カスタムの必須コンポーネントの追加」をご覧ください。For more information, see Authoring a Custom Bootstrapper Package for Visual Studio 2005 and Adding Custom Prerequisites.

x64 バージョンと Itanium バージョンの sqlncli.msi では、32 ビット バージョンの SQL ServerSQL Server Native Client もインストールされます。The x64 and Itanium versions of sqlncli.msi also install the 32-bit version of SQL ServerSQL Server Native Client. アプリケーションが、開発時に使用したものとは異なるプラットフォームを対象としている場合、Microsoft ダウンロード センターから x64、Itanium、および x86 用のバージョンの sqlncli.msi をダウンロードできます。If your application targets a platform other than the one it was developed on, you can download versions of sqlncli.msi for x64, Itanium, and x86 from the Microsoft Download Center.

sqlncli.msi を呼び出すと、既定ではクライアント コンポーネントだけがインストールされます。When you invoke sqlncli.msi, only the client components are installed by default. クライアントコンポーネントは、Native Client を使用して開発されたアプリケーションの実行をサポートするファイルです SQL ServerSQL ServerThe client components are files that support running an application that was developed using SQL ServerSQL Server Native Client. SDK コンポーネントもインストールするには、コマンド ラインで ADDLOCAL=All を指定します。To also install the SDK components, specify ADDLOCAL=All on the command line. 次に例を示します。For example:

msiexec /i sqlncli.msi ADDLOCAL=ALL APPGUID={0CC618CE-F36A-415E-84B4-FB1BFF6967E1}

サイレント インストールSilent Install

msiexec で /passive、/qn、/qb、または /qr オプションを指定する場合、IACCEPTSQLNCLILICENSETERMS=YES も指定して、使用許諾契約の条件に同意することを明示的に指定する必要があります。If you use the /passive, /qn, /qb, or /qr option with msiexec, you must also specify IACCEPTSQLNCLILICENSETERMS=YES, to explicitly indicate that you accept the terms of the end user license. このオプションは、すべて大文字で指定する必要があります。This option must be specified in all capital letters.

SQL Server Native Client のアンインストールUninstalling SQL Server Native Client

SQL ServerSQL Serverサーバーやツールなどのアプリケーション SQL ServerSQL Server は、native client に依存しているため SQL ServerSQL Server 、すべての SQL ServerSQL Server 依存アプリケーションがアンインストールされるまでは、native client をアンインストールしないことが重要です。Because applications such as SQL ServerSQL Server server and the SQL ServerSQL Server tools depend on SQL ServerSQL Server Native Client, it is important not to uninstall SQL ServerSQL Server Native Client until all dependent applications are uninstalled. アプリケーションが Native Client に依存しているという警告がユーザーに提供されるようにするには、次のように SQL ServerSQL Server MSI で APPGUID インストールオプションを使用します。To provider users with a warning that your application depends on SQL ServerSQL Server Native Client, use the APPGUID install option in your MSI, as follows:

msiexec /i sqlncli.msi APPGUID={0CC618CE-F36A-415E-84B4-FB1BFF6967E1}

APPGUID に渡す値は、特定の製品コードです。The value passed to APPGUID is your specific product code. Microsoft インストーラーを使用してアプリケーションのセットアップ プログラムをバンドルするときは、製品コードを作成する必要があります。A product code must be created when using Microsoft Installer to bundle your application setup program.

参照See Also

SQL Server Native Client を使用したアプリケーションの構築 Building Applications with SQL Server Native Client
インストール方法に関するトピックInstallation How-to Topics