SQL Server Native Client での接続文字列キーワードの使用Using Connection String Keywords with SQL Server Native Client

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

一部の SQL ServerSQL Server Native Client API では、接続文字列を使用して接続属性を指定します。Some SQL ServerSQL Server Native Client APIs use connection strings to specify connection attributes. 接続文字列はキーワードとそれに関連する値のリストです。各キーワードによって特定の接続属性を識別します。Connection strings are lists of keyword and associated values; each keyword identifies a particular connection attribute.

重要

SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB (SQLNCLI) は非推奨と新しい開発作業で使用する勧めしません。The SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB (SQLNCLI) remains deprecated and it is not recommended to use it for new development work. 代わりに、新しい使用Microsoft OLE DB Driver for SQL Server (MSOLEDBSQL) server の最新の機能と更新されます。Instead, use the new Microsoft OLE DB Driver for SQL Server (MSOLEDBSQL) which will be updated with the most recent server features.
詳しくは、次を参照してください。 OLE DB Driver for SQL Server での接続文字列キーワードの使用します。For information, see Using Connection String Keywords with OLE DB Driver for SQL Server.

注意

SQL ServerSQL Server Native Client により、下位互換性を維持するために、接続文字列のあいまいさ (たとえば、いくつかのキーワードを複数回指定することがあり、位置または優先順位に基づいた解決方法に競合するキーワードを許可されている可能性があります)。Native Client allows ambiguity in connection strings to maintain backward compatibility (for example, some keywords may be specified more than once, and conflicting keywords may be allowed with resolution based on position or precedence). SQL ServerSQL Server Native Client を使用するアプリケーションでは、あいまいな接続文字列を利用しないように変更することをお勧めします。It is good practice when modifying applications to use SQL ServerSQL Server Native Client to eliminate any dependency on connection string ambiguity.

次のセクションでは、SQL ServerSQL Server Native Client をデータ プロバイダーとして使用するときに、SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダー、SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバー、および ADO (ActiveX Data Objects) と共に使用できるキーワードについて説明します。The following sections describe the keywords that can be used with the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider, the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver, and ActiveX Data Objects (ADO) when using SQL ServerSQL Server Native Client as the data provider.

ODBC ドライバー接続文字列キーワードODBC Driver connection string keywords

ODBC アプリケーションでは、接続文字列を使用するパラメーターとして、 SQLDriverConnectSQLBrowseConnect関数。ODBC applications use connection strings as a parameters to the SQLDriverConnect and SQLBrowseConnect functions.

ODBC で使用される接続文字列の構文を次に示します。Connection strings used by ODBC have the following syntax:

connection-string ::= empty-string[;] | attribute[;] | attribute; connection-string

empty-string ::=

attribute ::= attribute-keyword=[{]attribute-value[}]

attribute-value ::= character-string

attribute-keyword ::= identifier

属性値は必要に応じて中かっこで囲むことができます。常に中かっこを使用すると、Attribute values can optionally be enclosed in braces, and it is good practice to do so. 属性値に英数字以外の文字が含まれる場合の問題を回避できます。This avoids problems when attribute values contain non-alphanumeric characters. 最初の右中かっこが値の終わりと見なされるため、値に右中かっこを含めることはできません。The first closing brace in the value is assumed to terminate the value, so values cannot contain closing brace characters.

次の表に、ODBC 接続文字列と共に使用できるキーワードを示します。The following table describes the keywords that may be used with an ODBC connection string.

KeywordKeyword 説明Description
AddrAddr "Address" のシノニム。Synonym for "Address".
AddressAddress SQL ServerSQL Server のインスタンスを実行しているサーバーのネットワーク アドレス。The network address of the server running an instance of SQL ServerSQL Server. Address は、通常、サーバーのネットワーク名ですが、パイプ、IP アドレス、または TCP/IP ポートとソケット アドレスなど、他の名前を指定してもかまいません。Address is usually the network name of the server, but can be other names such as a pipe, an IP address, or a TCP/IP port and socket address.

IP アドレスを指定する場合は、SQL ServerSQL Server 構成マネージャーで TCP/IP または名前付きパイプ プロトコルが有効になっていることを確認します。If you specify an IP address, make sure that the TCP/IP or named pipes protocols are enabled in SQL ServerSQL Server Configuration Manager.

アドレスに渡される値よりも優先Server ODBC 接続文字列を使用する場合にSQL ServerSQL ServerNative Client。The value of Address takes precedence over the value passed to Server in ODBC connection strings when using SQL ServerSQL Server Native Client. Address=; の場合は、Server キーワードで指定されているサーバーに接続されますが、Address= ;, Address=.;Address=localhost;、および Address=(local); の場合はすべて、ローカル サーバーに接続されることにも注意してください。Also note that Address=; will connect to the server specified in the Server keyword, whereas Address= ;, Address=.;, Address=localhost;, and Address=(local); all cause a connection to the local server.

Address キーワードの完全な構文は次のとおりです。The complete syntax for the Address keyword is as follows:

[プロトコル : ]アドレス[ ポート|\pipe\pipename][protocol:]Address[,port |\pipe\pipename]

protocol には、 tcp (TCP/IP)、 lpc (共有メモリ)、または np (名前付きパイプ) を指定できます。protocol can be tcp (TCP/IP), lpc (shared memory), or np (named pipes). プロトコルの詳細については、次を参照してください。 Configure Client Protocolsします。For more information about protocols, see Configure Client Protocols.

どちらの場合プロトコルネットワークキーワードを指定すると、 SQL ServerSQL Server Native Client がで指定されたプロトコルの順序を使用してSQL ServerSQL ServerConfiguration Manager。If neither protocol nor the Network keyword is specified, SQL ServerSQL Server Native Client will use the protocol order specified in SQL ServerSQL Server Configuration Manager.

port は、指定したサーバー上の接続先のポートです。port is the port to connect to, on the specified server. 既定では、SQL ServerSQL Server はポート 1433 を使用します。By default, SQL ServerSQL Server uses port 1433.
AnsiNPWAnsiNPW "yes" の場合、ANSI で定められた動作に従って NULL の比較、文字データの埋め込み、警告、および NULL 連結が処理されます。When "yes", the driver uses ANSI-defined behaviors for handling NULL comparisons, character data padding, warnings, and NULL concatenation. "no" の場合、ANSI で定められた動作が公開されません。When "no", ANSI defined behaviors are not exposed. ANSI NPW 動作の詳細については、次を参照してください。 ISO オプションの効果します。For more information about ANSI NPW behaviors, see Effects of ISO Options.
APPAPP アプリケーションの呼び出し元の名前SQLDriverConnect (省略可能)。Name of the application calling SQLDriverConnect (optional). この値が格納されている、指定されている場合、 master.dbo.sysprocesses専用によって返されるとsp_whoAPP_NAME関数。If specified, this value is stored in the master.dbo.sysprocesses column program_name and is returned by sp_who and the APP_NAME functions.
ApplicationIntentApplicationIntent アプリケーションがサーバーに接続するときのワークロードのタイプを宣言します。Declares the application workload type when connecting to a server. 有効値は、ReadOnlyReadWrite です。Possible values are ReadOnly and ReadWrite. 既定値はReadWriteします。The default is ReadWrite. 以下に例を示します。For example:

ApplicationIntent=ReadOnly

詳細についてはSQL ServerSQL Serverのネイティブ クライアントのサポートAlways On 可用性グループAlways On availability groupsを参照してくださいSQL Server ネイティブ クライアントをサポートして高可用性、ディザスター リカバリーのためします。For more information about SQL ServerSQL Server Native Client's support for Always On 可用性グループAlways On availability groups, see SQL Server Native Client Support for High Availability, Disaster Recovery.
AttachDBFileNameAttachDBFileName アタッチできるデータベースのプライマリ ファイルの名前。Name of the primary file of an attachable database. この名前には完全なパス名を指定します。また C 文字列変数を使用する場合は、\ 文字をエスケープしてください。Include the full path and escape any \ characters if using a C character string variable:

AttachDBFileName=c:\\MyFolder\\MyDB.mdf

このデータベースがアタッチされ、接続の既定のデータベースとして使用されます。This database is attached and becomes the default database for the connection. 使用するAttachDBFileNameいずれかで、データベース名を指定することも必要があります、 SQLDriverConnect DATABASE パラメーターまたは SQL_COPT_CURRENT_CATALOG 接続属性。To use AttachDBFileName you must also specify the database name in either the SQLDriverConnect DATABASE parameter or the SQL_COPT_CURRENT_CATALOG connection attribute. データベースが以前にアタッチされていた場合、SQL ServerSQL Server により再アタッチされることはありません (アタッチされたデータベースがその接続の既定のデータベースとして使用されます)。If the database was previously attached, SQL ServerSQL Server does not reattach it; it uses the attached database as the default for the connection.
AutoTranslateAutoTranslate "yes" の場合、クライアントとサーバーの間で送受信される ANSI 文字列は、いったん Unicode に変換されます。これは、クライアントとサーバーのコード ページ間で拡張文字を照合するときに発生する問題を最小限に抑えるためです。When "yes", ANSI character strings sent between the client and server are translated by converting through Unicode to minimize problems in matching extended characters between the code pages on the client and the server.

送信されるクライアントの SQL_C_CHAR データ、 SQL ServerSQL Server charvarchar、またはテキスト変数、パラメーター、または列をクライアントを使用して Unicode 文字からに変換されますサーバーの acp に基づいて Unicode から ANSI コード ページ (ACP) が変換されます。Client SQL_C_CHAR data sent to a SQL ServerSQL Server char, varchar, or text variable, parameter, or column is converted from character to Unicode using the client ANSI code page (ACP), then converted from Unicode to character using the ACP of the server.

SQL ServerSQL Server charvarchar、またはテキストクライアントの SQL_C_CHAR 変数に送信されるデータが ACP では、サーバーを使用して Unicode 文字から変換し、Unicode に、クライアントから変換されました。ACP します。char, varchar, or text data sent to a client SQL_C_CHAR variable is converted from character to Unicode using the server ACP, then converted from Unicode to character using the client ACP.

この変換は、SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーによってクライアントで行われます。These conversions are performed on the client by the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver. また、サーバーで使用しているものと同じ ACP (ANSI コード ページ) がクライアントでも使用可能になっている必要があります。This requires that the same ANSI code page (ACP) used on the server be available on the client.

次の設定は、送受信時の変換に影響しません。These settings have no effect on the conversions that occur for these transfers:

* 送信される Unicode の SQL_C_WCHAR クライアント データcharvarchar、またはテキストサーバー。* Unicode SQL_C_WCHAR client data sent to char, varchar, or text on the server.

*charvarchar、またはテキストサーバー データをクライアント上の Unicode の SQL_C_WCHAR 変数に送信します。* char, varchar, or text server data sent to a Unicode SQL_C_WCHAR variable on the client.

* Unicode に送信される ANSI SQL_C_CHAR クライアント データncharnvarchar、またはntextサーバー。* ANSI SQL_C_CHAR client data sent to Unicode nchar, nvarchar, or ntext on the server.

* Unicode ncharnvarchar、またはntextサーバー データをクライアントでの ANSI SQL_C_CHAR 変数に送信します。* Unicode nchar, nvarchar, or ntext server data sent to an ANSI SQL_C_CHAR variable on the client.

"no" の場合、文字の変換は行われません。When "no", character translation is not performed.

SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーに送信されるクライアント ANSI 文字の SQL_C_CHAR データに変換されないcharvarchar、またはテキスト変数、パラメーター、または、サーバー上の列。The SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver does not translate client ANSI character SQL_C_CHAR data sent to char, varchar, or text variables, parameters, or columns on the server. 変換は行われませんcharvarchar、またはテキストクライアントの SQL_C_CHAR 変数に、サーバーから送信されるデータ。No translation is performed on char, varchar, or text data sent from the server to SQL_C_CHAR variables on the client.

クライアントと SQL ServerSQL Server で使用する ACP が異なる場合、拡張文字の解釈が正しく行われない場合があります。If the client and SQL ServerSQL Server are using different ACPs, extended characters may be misinterpreted.
[データベース]Database 接続に使用する既定の SQL ServerSQL Server データベースの名前。Name of the default SQL ServerSQL Server database for the connection. 場合データベースが指定されていない、ログインに対して定義されている既定のデータベースを使用します。If Database is not specified, the default database defined for the login is used. ODBC データ ソースの既定のデータベースは、ログインに定義されている既定のデータベースをオーバーライドします。The default database from the ODBC data source overrides the default database defined for the login. データベースは、既存のデータベースをある必要がありますしない限り、 AttachDBFileNameも指定します。The database must be an existing database unless AttachDBFileName is also specified. 場合AttachDBFileNameも指定すると、プライマリ ファイルを指すがアタッチされで指定されたデータベースの名前を指定データベースします。If AttachDBFileName is also specified, the primary file it points to is attached and given the database name specified by Database.
[ドライバー]Driver によって返されるドライバー名SQLDriversします。Name of the driver as returned by SQLDrivers. SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーに対するこのキーワードの値は "{SQL Server Native Client 11.0}" です。The keyword value for the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver is "{SQL Server Native Client 11.0}". サーバー場合は、キーワードが必要ですドライバーが指定されて、 DriverCompletionを SQL_DRIVER_NOPROMPT に設定されます。The Server keyword is required if Driver is specified and DriverCompletion is set to SQL_DRIVER_NOPROMPT.

ドライバー名の詳細については、次を参照してください。 SQL Server Native Client ヘッダーとライブラリ ファイルを使用してします。For more information about driver names, see Using the SQL Server Native Client Header and Library Files.
DSNDSN 既存の ODBC ユーザー データ ソースまたはシステム データ ソースの名前。Name of an existing ODBC user or system data source. このキーワードで指定可能性がある値を上書きする、 Serverネットワーク、およびアドレスキーワード。This keyword overrides any values that might be specified in the Server, Network, and Address keywords.
EncryptEncrypt データをネットワークに送信する前に暗号化するかどうかを指定します。Specifies whether data should be encrypted before sending it over the network. 有効値は、"yes" および "no" です。Possible values are "yes" and "no". 既定値は "no" です。The default value is "no".
フォールバックFallback SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーでは、このキーワードは非推奨とされ、設定は無視されます。This keyword is deprecated, and its setting is ignored by the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver.
Failover_PartnerFailover_Partner プライマリ サーバーに接続できない場合に使用するフェールオーバー パートナー サーバーの名前。Name of the failover partner server to be used if a connection cannot be made to the primary server.
FailoverPartnerSPNFailoverPartnerSPN フェールオーバー パートナーの SPN。The SPN for the failover partner. 既定値は空の文字列です。The default value is an empty string. 空の文字列の場合、SQL ServerSQL Server Native Client はドライバーが生成した SPN を既定値として使用します。An empty string causes SQL ServerSQL Server Native Client to use the default, driver-generated SPN.
FileDSNFileDSN 既存の ODBC ファイル データ ソースの名前。Name of an existing ODBC file data source.
言語Language SQL ServerSQL Server 言語の名前 (省略可)。language name (optional). SQL ServerSQL Server 複数言語のメッセージを格納できるsysmessagesします。can store messages for multiple languages in sysmessages. 接続する場合、SQL ServerSQL Serverで複数の言語、言語接続の使用はメッセージのセットを指定します。If connecting to a SQL ServerSQL Server with multiple languages, Language specifies which set of messages are used for the connection.
MARS_ConnectionMARS_Connection その接続で MARS (複数のアクティブな結果セット) を有効または無効にします。Enables or disables multiple active result sets (MARS) on the connection. 認識できる値は "yes" と "no" です。Recognized values are "yes" and "no". 既定値は"no"です。The default is "no".
MultiSubnetFailoverMultiSubnetFailover 常に指定multiSubnetFailover = [はい] の可用性グループ リスナーに接続するときに、SQL ServerSQL Server可用性グループまたはSQL ServerSQL Serverフェールオーバー クラスター インスタンス。Always specify multiSubnetFailover=Yes when connecting to the availability group listener of a SQL ServerSQL Server availability group or a SQL ServerSQL Server Failover Cluster Instance. multiSubnetFailover = Yes構成SQL ServerSQL Serverネイティブ クライアントは迅速に検出し、(現在) アクティブなサーバーへの接続を提供します。multiSubnetFailover=Yes configures SQL ServerSQL Server Native Client to provide faster detection of and connection to the (currently) active server. 可能な値は、 [はい][いいえ] です。Possible values are Yes and No. 既定値は No です。The default is No. 以下に例を示します。For example:

MultiSubnetFailover=Yes

詳細についてはSQL ServerSQL Serverのネイティブ クライアントのサポートAlways On 可用性グループAlways On availability groupsを参照してくださいSQL Server ネイティブ クライアントをサポートして高可用性、ディザスター リカバリーのためします。For more information about SQL ServerSQL Server Native Client's support for Always On 可用性グループAlways On availability groups, see SQL Server Native Client Support for High Availability, Disaster Recovery.
NetNet "Network" のシノニム。Synonym for "Network".
NetworkNetwork 有効な値はdbnmpntw (名前付きパイプ) とdbmssocn (TCP/IP)。Valid values are dbnmpntw (named pipes) and dbmssocn (TCP/IP).

両方の値を指定するとエラーには、ネットワークキーワードと、プロトコル プレフィックス、 Serverキーワード。It is an error to specify both a value for the Network keyword and a protocol prefix on the Server keyword.
PWDPWD UID パラメーターで指定されている SQL ServerSQL Server ログイン アカウントのパスワード。The password for the SQL ServerSQL Server login account specified in the UID parameter. PWDしない指定する必要は、ログインのパスワードは NULL の場合、または Windows 認証を使用する場合 (Trusted_Connection = yes)。PWD need not be specified if the login has a NULL password or when using Windows Authentication (Trusted_Connection = yes).
QueryLog_OnQueryLog_On "yes" の場合、その接続では、実行時間の長いクエリのデータに関するログを記録できます。When "yes", logging long-running query data is enabled on the connection. "no" の場合、実行時間の長いクエリのデータに関するログは記録されません。When "no", long-running query data is not logged.
QueryLogFileQueryLogFile 実行時間の長いクエリのデータをログに記録する場合に使用するファイルの完全なパスとファイル名。Full path and file name of a file to use to log data on long-running queries.
QueryLogTimeQueryLogTime 実行時間の長いクエリをログに記録するためのしきい値 (ミリ秒) を指定する数字文字列。Digit character string specifying the threshold (in milliseconds) for logging long-running queries. 指定時間内に応答が返ってこないクエリは、実行時間の長いクエリ用のログ ファイルに記録されます。Any query that does not get a response in the time specified is written to the long-running query log file.
QuotedIdQuotedId "yes" の場合、その接続の QUOTED_IDENTIFIERS が ON に設定され、SQL ServerSQL Server は ISO 規則に従って SQL ステートメントの引用符を処理します。When "yes", QUOTED_IDENTIFIERS is set ON for the connection, SQL ServerSQL Server uses the ISO rules regarding the use of quotation marks in SQL statements. "no" の場合、その接続の QUOTED_IDENTIFIERS が OFF に設定され、When no, QUOTED_IDENTIFIERS is set OFF for the connection. SQL ServerSQL Server は従来の Transact-SQLTransact-SQL 規則に従って SQL ステートメントの引用符を処理します。then follows the legacy Transact-SQLTransact-SQL rules regarding the use of quotation marks in SQL statements. 詳細については、次を参照してください。 ISO オプションの効果します。For more information, see Effects of ISO Options.
RegionalRegional "yes" の場合、通貨、日付、および時刻データが文字データに変換されるときに、SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーではクライアントの設定が使用されます。When "yes", the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver uses client settings when converting currency, date, and time data to character data. 変換は一方向にのみ行われます。INSERT ステートメントや UPDATE ステートメントのパラメーターなどで日付文字列または通貨の値が ODBC 標準以外の形式で指定されている場合、ドライバーでは、これらの値は認識されません。The conversion is one way only; the driver does not recognize non-ODBC standard formats for date strings or currency values within; for example, a parameter used in an INSERT or UPDATE statement. "no" の場合、文字データに変換される通貨、日付、および時刻データを表現するために ODBC 標準の文字列が使用されます。When "no", the driver uses ODBC standard strings to represent currency, date, and time data that is converted to character data.
SaveFileSaveFile 接続が成功した場合に、現在の接続の属性を保存する ODBC データ ソース ファイルの名前。Name of an ODBC data source file into which the attributes of the current connection are saved if the connection is successful.
[サーバー]Server SQL ServerSQL Server のインスタンスの名前。The name of a SQL ServerSQL Server instance. ネットワーク上のサーバーの名前、IP アドレス、または SQL ServerSQL Server 構成マネージャーの別名を指定する必要があります。The value must be either the name of a server on the network, an IP address, or the name of a SQL ServerSQL Server Configuration Manager alias.

アドレスキーワードよりも優先、 Serverキーワード。The Address keyword overrides the Server keyword.

次のいずれかを指定することで、ローカル サーバー上の既定のインスタンスに接続できます。You can connect to the default instance on the local server by specifying one of the following:

Server=;Server=;

Server=.;Server=.;

Server=(local);Server=(local);

Server=(local);Server=(local);

Server=(localhost);Server=(localhost);

Server=(localdb)\ instancename ;Server=(localdb)\ instancename ;

LocalDB のサポートの詳細については、次を参照してください。 SQL Server ネイティブ クライアントのサポート LocalDBします。For more information about LocalDB support, see SQL Server Native Client Support for LocalDB.

名前付きインスタンスを指定するSQL ServerSQL Server、追加 \ _InstanceName_します。To specify a named instance of SQL ServerSQL Server, append \InstanceName.

サーバーを指定しなかった場合は、ローカル コンピューター上にある既定のインスタンスに接続されます。When no server is specified, a connection is made to the default instance on the local computer.

IP アドレスを指定する場合は、SQL ServerSQL Server 構成マネージャーで TCP/IP または名前付きパイプ プロトコルが有効になっていることを確認します。If you specify an IP address, make sure that the TCP/IP or named pipes protocols are enabled in SQL ServerSQL Server Configuration Manager.

Server キーワードの完全な構文は次のとおりです。The complete syntax for the Server keyword is as follows:

Server= [protocol : ]Server[ , port]Server=[protocol:]Server[,port]

protocol には、 tcp (TCP/IP)、 lpc (共有メモリ)、または np (名前付きパイプ) を指定できます。protocol can be tcp (TCP/IP), lpc (shared memory), or np (named pipes).

名前付きパイプを指定する例を次に示します。The following is an example of specifying a named pipe:

np:\\.\pipe\MSSQL$MYINST01\sql\query

この行では、名前付きパイプのプロトコル、ローカル コンピューター上の名前付きパイプ (\\.\pipe)、SQL ServerSQL Server インスタンスの名前 (MSSQL$MYINST01)、および名前付きパイプの既定の名前 (sql/query) を指定しています。This line specifies named pipe protocol, a named pipe on the local machine (\\.\pipe), the name of the SQL ServerSQL Server instance (MSSQL$MYINST01), and the default name of the named pipe (sql/query).

どちらの場合、プロトコルネットワークキーワードを指定すると、 SQL ServerSQL Server Native Client がで指定されたプロトコルの順序を使用してSQL ServerSQL ServerConfiguration Manager。If neither a protocol nor the Network keyword is specified, SQL ServerSQL Server Native Client will use the protocol order specified in SQL ServerSQL Server Configuration Manager.

port は、指定したサーバー上の接続先のポートです。port is the port to connect to, on the specified server. 既定では、SQL ServerSQL Server はポート 1433 を使用します。By default, SQL ServerSQL Server uses port 1433.

渡される値の先頭のスペースは無視されますServer ODBC 接続文字列を使用する場合にSQL ServerSQL ServerNative Client。Spaces are ignored at the beginning of the value passed to Server in ODBC connection strings when using SQL ServerSQL Server Native Client.
ServerSPNServerSPN サーバーの SPN。The SPN for the server. 既定値は空の文字列です。The default value is an empty string. 空の文字列の場合、SQL ServerSQL Server Native Client はドライバーが生成した SPN を既定値として使用します。An empty string causes SQL ServerSQL Server Native Client to use the default, driver-generated SPN.
StatsLog_OnStatsLog_On "yes" の場合、SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーのパフォーマンス データをキャプチャできます。When "yes", enables the capture of SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver performance data. "no" の場合、その接続では SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーのパフォーマンス データを取得できません。When "no", SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver performance data is not available on the connection.
StatsLogFileStatsLogFile SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーのパフォーマンス統計を記録するために使用するファイルの完全なパスとファイル名。Full path and file name of a file used to record SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver performance statistics.
Trusted_ConnectionTrusted_Connection "yes" の場合、SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーでログインを検証するときに Windows 認証モードが使用されます。When "yes", instructs the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver to use Windows Authentication Mode for login validation. それ以外の場合は、SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーでログインを検証するときに SQL ServerSQL Server のユーザー名とパスワードが使用され、UID キーワードと PWD キーワードの指定が必要になります。Otherwise instructs the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver to use a SQL ServerSQL Server username and password for login validation, and the UID and PWD keywords must be specified.
TrustServerCertificateTrustServerCertificate 使用するとEncrypt、自己署名サーバー証明書を使用して暗号化を有効にします。When used with Encrypt, enables encryption using a self-signed server certificate.
UIDUID 有効な SQL ServerSQL Server ログイン アカウント。A valid SQL ServerSQL Server login account. Windows 認証を使用する場合は UID を指定する必要はありません。UID need not be specified when using Windows Authentication.
UseProcForPrepareUseProcForPrepare このキーワードは非推奨し、して、設定が無視されます、 SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバー。This keyword is deprecated, and its setting is ignored by the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC Driver.
WSIDWSID ワークステーション ID。The workstation ID. 通常は、アプリケーションが実装されているコンピューターのネットワーク名です (省略可)。Typically, this is the network name of the computer on which the application resides (optional). この値が格納されている、指定されている場合、 master.dbo.sysprocesseshostnameによって返されるとsp_whoHOST_NAME関数。If specified, this value is stored in the master.dbo.sysprocesses column hostname and is returned by sp_who and the HOST_NAME function.

注: 地域別の変換の設定は、通貨、数値、日付、および時刻のデータ型に適用されます。NOTE: Regional conversion settings apply to currency, numeric, date, and time data types. 変換の設定は、出力変換にのみ適用され、通貨、数値、日付、または時刻の値を文字列に変換する場合にのみ確認することができます。The conversion setting is only applicable to output conversion and is only visible when currency, numeric, date, or time values are converted to character strings.

SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーでは、現在のユーザーに関するロケールのレジストリ設定が使用されます。The SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver uses the locale registry settings for the current user. アプリケーション設定、接続後などを呼び出す場合、ドライバーは現在のスレッドのロケールを従いませんSetThreadLocaleします。The driver does not honor the current thread's locale if the application sets it after connection by, for example, calling SetThreadLocale.

データ ソースの地域別の動作を変更すると、アプリケーション エラーが発生することがあります。Altering the regional behavior of a data source can cause application failure. 日付文字列を解析し、ODBC の定義に従った形式の日付文字列を受け付けるアプリケーションが、地域別の動作の値を変更することによって、悪影響を受ける可能性があります。An application that parses date strings, and expects date strings to appear as defined by ODBC, could be adversely affected by altering this value.

OLE DB プロバイダーの接続文字列キーワードOLE DB Provider Connection String Keywords

OLE DB アプリケーションでデータ ソース オブジェクトを初期化する方法は 2 つあります。There are two ways OLE DB applications can initialize data source objects:

  • IDBInitialize::InitializeIDBInitialize::Initialize

  • IDataInitialize::GetDataSourceIDataInitialize::GetDataSource

最初の方法では、DBPROPSET_DBINIT プロパティ セットのプロパティ DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING を設定することにより、プロバイダー文字列で接続プロパティを初期化できます。In the first case, a provider string can be used to initialize connection properties by setting the property DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING in the DBPROPSET_DBINIT property set. 2 番目の方法では、IDataInitialize::GetDataSource メソッドに初期化文字列を渡して、接続プロパティを初期化できます。In the second case, an initialization string can be passed to IDataInitialize::GetDataSource method to initialize connection properties. いずれの方法でも同一の OLE DB 接続プロパティが初期化されますが、使用されるキーワードのセットは異なります。Both methods initialize the same OLE DB connection properties, but different sets of keywords are used. IDataInitialize::GetDataSource で使用されるキーワードのセットには、少なくとも初期化プロパティ グループ内のプロパティの説明が含まれます。The set of keywords used by IDataInitialize::GetDataSource is at minimum the description of properties within the initialization property group.

対応する OLE DB プロパティを持つプロバイダー文字列の設定は一部の既定値に設定されるか、値に明示的に設定され、OLE DB プロパティ値はプロバイダー文字列の設定をオーバーライドします。Any provider string setting that has a corresponding OLE DB property set to some default value or explicitly set to a value, the OLE DB property value will override the setting in the provider string.

DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING 値によってプロバイダー文字列内で設定されるブール型のプロパティは、値 "yes" と "no" を使用して設定します。Boolean properties set in provider strings via DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING values are set using the values "yes" and "no". IDataInitialize::GetDataSource によって初期化文字列内で設定されるブール型のプロパティは、値 "true" と "false" を使用して設定します。Boolean properties set in initialization strings using IDataInitialize::GetDataSource are set using the values "true" and "false".

IDataInitialize::GetDataSource を使用するアプリケーションでは、既定値を持たないプロパティに対してのみ、IDBInitialize::Initialize で用いられるキーワードも利用できます。Applications using IDataInitialize::GetDataSource can also use the keywords used by IDBInitialize::Initialize but only for properties that do not have a default value. IDataInitialize::GetDataSource キーワードと IDBInitialize::Initialize キーワードの両方を初期化文字列で使用すると、IDataInitialize::GetDataSource キーワードの設定が利用されます。If an application uses both the IDataInitialize::GetDataSource keyword and the IDBInitialize::Initialize keyword in the initialization string, the IDataInitialize::GetDataSource keyword setting is used. 今後のリリースではこの動作が維持されない可能性があるので、IDataInitialize:GetDataSource 接続文字列では IDBInitialize::Initialize キーワードを使用しないことを強くお勧めします。It is strongly recommended that applications do not use IDBInitialize::Initialize keywords in IDataInitialize:GetDataSource connection strings, as this behavior may not be maintained in future releases.

注意

IDataInitialize::GetDataSource を介して渡される接続文字列は、プロパティに変換され、IDBProperties::SetProperties で適用されます。A connection string passed through IDataInitialize::GetDataSource is converted into properties and applied via IDBProperties::SetProperties. コンポーネント サービスによって IDBProperties::GetPropertyInfo でプロパティ説明が検出された場合、このプロパティはスタンドアロンのプロパティとして適用されます。If component services found the property description in IDBProperties::GetPropertyInfo, this property will be applied as a stand-alone property. それ以外の場合は、DBPROP_PROVIDERSTRING プロパティを介して適用されます。Otherwise, it will be applied through DBPROP_PROVIDERSTRING property. たとえば、接続文字列を指定するデータ ソース = server1;Server = server2データ ソースをプロパティとして設定されますが、 Serverプロバイダー文字列に変わります。For example, if you specify connection string Data Source=server1;Server=server2, Data Source will be set as a property, but Server will go into a provider string.

同じプロバイダー固有のプロパティのインスタンスを複数指定した場合、最初のプロパティの最初の値が使用されます。If you specify multiple instances of the same provider-specific property, the first value of the first property will be used.

IDBInitialize::Initialize と共に DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING を利用する OLE DB アプリケーションで使用される接続文字列の構文は次のとおりです。Connection strings used by OLE DB applications using DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING with IDBInitialize::Initialize have the following syntax:

connection-string ::= empty-string[;] | attribute[;] | attribute; connection-string

empty-string ::=

attribute ::= attribute-keyword=[{]attribute-value[}]

attribute-value ::= character-string

attribute-keyword ::= identifier

属性値は必要に応じて中かっこで囲むことができます。常に中かっこを使用すると、Attribute values can optionally be enclosed in braces, and it is good practice to do so. 属性値に英数字以外の文字が含まれる場合の問題を回避できます。This avoids problems when attribute values contain non-alphanumeric characters. 最初の右中かっこが値の終わりと見なされるため、値に右中かっこを含めることはできません。The first closing brace in the value is assumed to terminate the value, so values cannot contain closing brace characters.

接続文字列キーワードの等号 (=) の後のスペース文字は、値を引用符で囲んだ場合でも、リテラルとして解釈されます。A space character after the = sign of a connection string keyword will be interpreted as a literal, even if the value is enclosed in quotation marks.

次の表に、DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING と共に使用できるキーワードを示します。The following table describes the keywords that may be used with DBPROP_INIT_PROVIDERSTRING.

KeywordKeyword 初期化プロパティInitialization property 説明Description
AddrAddr SSPROP_INIT_NETWORKADDRESSSSPROP_INIT_NETWORKADDRESS "Address" のシノニム。Synonym for "Address".
AddressAddress SSPROP_INIT_NETWORKADDRESSSSPROP_INIT_NETWORKADDRESS 組織内の SQL ServerSQL Server インスタンスのネットワーク アドレス。The network address of an instance of SQL ServerSQL Server in the organization.

有効なアドレス構文の詳細については、の説明を参照して、アドレスODBC キーワードは、このトピックで後述します。For more information about valid address syntax, see the description of the Address ODBC keyword, later in this topic.
APPAPP SSPROP_INIT_APPNAMESSPROP_INIT_APPNAME アプリケーションを識別する文字列。The string identifying the application.
ApplicationIntentApplicationIntent SSPROP_INIT_APPLICATIONINTENTSSPROP_INIT_APPLICATIONINTENT アプリケーションがサーバーに接続するときのワークロードのタイプを宣言します。Declares the application workload type when connecting to a server. 有効値は、ReadOnlyReadWrite です。Possible values are ReadOnly and ReadWrite.

既定値はReadWriteします。The default is ReadWrite. 詳細についてはSQL ServerSQL Serverのネイティブ クライアントのサポートAlways On 可用性グループAlways On availability groupsを参照してくださいSQL Server ネイティブ クライアントをサポートして高可用性、ディザスター リカバリーのためします。For more information about SQL ServerSQL Server Native Client's support for Always On 可用性グループAlways On availability groups, see SQL Server Native Client Support for High Availability, Disaster Recovery.
AttachDBFileNameAttachDBFileName SSPROP_INIT_FILENAMESSPROP_INIT_FILENAME アタッチできるデータベースのプライマリ ファイルの名前 (完全なパス名を含む)。The name of the primary file (include the full path name) of an attachable database. AttachDBFileName を使用するには、プロバイダー文字列の Database キーワードでデータベース名を指定する必要もあります。To use AttachDBFileName, you must also specify the database name with the provider string Database keyword. データベースが以前にアタッチされていた場合、SQL ServerSQL Server により再アタッチされることはありません (アタッチされたデータベースがその接続の既定のデータベースとして使用されます)。If the database was previously attached, SQL ServerSQL Server does not reattach it (it uses the attached database as the default for the connection).
自動変換します。Auto Translate SSPROP_INIT_AUTOTRANSLATESSPROP_INIT_AUTOTRANSLATE "AutoTranslate" のシノニム。Synonym for "AutoTranslate".
AutoTranslateAutoTranslate SSPROP_INIT_AUTOTRANSLATESSPROP_INIT_AUTOTRANSLATE OEM/ANSI 文字の変換を構成します。Configures OEM/ANSI character translation. 認識できる値は "yes" と "no" です。Recognized values are "yes" and "no".
[データベース]Database DBPROP_INIT_CATALOGDBPROP_INIT_CATALOG データベース名です。The database name.
DataTypeCompatibilityDataTypeCompatibility SSPROP_INIT_DATATYPECOMPATIBILITYSSPROP_INIT_DATATYPECOMPATIBILITY データ型を使用する処理モードを指定します。Specifies the mode of data type handling to use. 認識できる値は、プロバイダー データ型を示す "0" および SQL Server 2000 データ型を示す "80" です。Recognized values are "0" for provider data types and "80" for SQL Server 2000 data types.
EncryptEncrypt SSPROP_INIT_ENCRYPTSSPROP_INIT_ENCRYPT データをネットワークに送信する前に暗号化するかどうかを指定します。Specifies whether data should be encrypted before sending it over the network. 有効値は、"yes" および "no" です。Possible values are "yes" and "no". 既定値は "no" です。The default value is "no".
FailoverPartnerFailoverPartner SSPROP_INIT_FAILOVERPARTNERSSPROP_INIT_FAILOVERPARTNER データベース ミラーリングに使用するフェールオーバー サーバーの名前。The name of the failover server used for database mirroring.
FailoverPartnerSPNFailoverPartnerSPN SSPROP_INIT_FAILOVERPARTNERSPNSSPROP_INIT_FAILOVERPARTNERSPN フェールオーバー パートナーの SPN。The SPN for the failover partner. 既定値は空の文字列です。The default value is an empty string. 空の文字列の場合、SQL ServerSQL Server Native Client はプロバイダーが生成した SPN を既定値として使用します。An empty string causes SQL ServerSQL Server Native Client to use the default, provider-generated SPN.
言語Language SSPROPT_INIT_CURRENTLANGUAGESSPROPT_INIT_CURRENTLANGUAGE SQL ServerSQL Server 言語。The SQL ServerSQL Server language.
MarsConnMarsConn SSPROP_INIT_MARSCONNECTIONSSPROP_INIT_MARSCONNECTION その接続で MARS (複数のアクティブな結果セット) を有効または無効にします (SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) 以降のサーバーの場合)。Enables or disables multiple active result sets (MARS) on the connection if the server is SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) or later. 有効値は、"yes" および "no" です。Possible values are "yes" and "no". 既定値は "no" です。The default value is "no".
NetNet SSPROP_INIT_NETWORKLIBRARYSSPROP_INIT_NETWORKLIBRARY "Network" のシノニム。Synonym for "Network".
NetworkNetwork SSPROP_INIT_NETWORKLIBRARYSSPROP_INIT_NETWORKLIBRARY 組織内の SQL ServerSQL Server インスタンスへの接続を確立するために使用するネットワーク ライブラリ。The network library used to establish a connection to an instance of SQL ServerSQL Server in the organization.
Network LibraryNetwork Library SSPROP_INIT_NETWORKLIBRARYSSPROP_INIT_NETWORKLIBRARY "Network" のシノニム。Synonym for "Network".
PacketSizePacketSize SSPROP_INIT_PACKETSIZESSPROP_INIT_PACKETSIZE ネットワーク パケットのサイズ。Network packet size. 既定値は 4096 です。The default is 4096.
PersistSensitivePersistSensitive DBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFODBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFO 文字列 "yes" と "no" を値として受け取ります。Accepts the strings "yes" and "no" as values. "no" の場合、データ ソース オブジェクトには機密の認証情報を保存できません。When "no", the data source object is not allowed to persist sensitive authentication information
PWDPWD DBPROP_AUTH_PASSWORDDBPROP_AUTH_PASSWORD SQL ServerSQL Server のログイン パスワード。The SQL ServerSQL Server login password.
[サーバー]Server DBPROP_INIT_DATASOURCEDBPROP_INIT_DATASOURCE 組織内の SQL ServerSQL Server インスタンスの名前。The name of an instance of SQL ServerSQL Server in the organization.

指定されなかった場合は、ローカル コンピューター上にある既定のインスタンスに接続します。When not specified, a connection is made to the default instance on the local computer.

有効なアドレス構文の詳細については、の説明を参照して、 Server ODBC キーワードは、このトピックの「します。For more information about valid address syntax, see the description of the Server ODBC keyword, in this topic.
ServerSPNServerSPN SSPROP_INIT_SERVERSPNSSPROP_INIT_SERVERSPN サーバーの SPN。The SPN for the server. 既定値は空の文字列です。The default value is an empty string. 空の文字列の場合、SQL ServerSQL Server Native Client はプロバイダーが生成した SPN を既定値として使用します。An empty string causes SQL ServerSQL Server Native Client to use the default, provider-generated SPN.
TimeoutTimeout DBPROP_INIT_TIMEOUTDBPROP_INIT_TIMEOUT データ ソースの初期化が完了するのを待機する秒数。The amount of time (in seconds) to wait for data source initialization to complete.
Trusted_ConnectionTrusted_Connection DBPROP_AUTH_INTEGRATEDDBPROP_AUTH_INTEGRATED "yes" の場合、SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーでログインを検証するときに Windows 認証モードが使用されます。When "yes", instructs the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider to use Windows Authentication Mode for login validation. それ以外の場合は、SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーでログインを検証するときに SQL ServerSQL Server のユーザー名とパスワードが使用され、UID キーワードと PWD キーワードの指定が必要になります。Otherwise instructs the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB provider to use a SQL ServerSQL Server username and password for login validation, and the UID and PWD keywords must be specified.
TrustServerCertificateTrustServerCertificate SSPROP_INIT_TRUST_SERVER_CERTIFICATESSPROP_INIT_TRUST_SERVER_CERTIFICATE 文字列 "yes" と "no" を値として受け取ります。Accepts the strings "yes" and "no" as values. 既定値は "no" です。これはサーバー証明書が検証されることを示します。The default value is "no", which means that the server certificate will be validated.
UIDUID DBPROP_AUTH_USERIDDBPROP_AUTH_USERID SQL ServerSQL Server のログイン名。The SQL ServerSQL Server login name.
UseProcForPrepareUseProcForPrepare SSPROP_INIT_USEPROCFORPREPSSPROP_INIT_USEPROCFORPREP SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB プロバイダーでは、このキーワードは非推奨とされ、設定は無視されます。This keyword is deprecated, and its setting is ignored by the SQL ServerSQL Server Native Client OLE DB Provider.
WSIDWSID SSPROP_INIT_WSIDSSPROP_INIT_WSID ワークステーションの識別子です。The workstation identifier.

IDataInitialize::GetDataSource を利用する OLE DB アプリケーションで使用される接続文字列の構文は次のとおりです。Connection strings used by OLE DB applications using IDataInitialize::GetDataSource have the following syntax:

connection-string ::= empty-string[;] | attribute[;] | attribute; connection-string

empty-string ::=

attribute ::= attribute-keyword=[quote]attribute-value[quote]

attribute-value ::= character-string

attribute-keyword ::= identifier

quote ::= " | '

プロパティの使用方法は、プロパティのスコープで許可される構文に従っている必要があります。 たとえば、 WSID中かっこを使用して ( {} ) 引用符文字とアプリケーション名では一重 ( ' ) またはdouble ( " ) 引用符文字。 引用符で囲むことができるのは、文字列のプロパティのみです。Only string properties can be quoted. 整数または列挙のプロパティを引用符で囲むと、"接続文字列は OLE DB 仕様に準拠していません" というエラーが発生します。Attempting to quote an integer or enumerated property will result in a "Connection String does not conform to OLE DB specification" error.

属性値は必要に応じて一重引用符または二重引用符で囲むことができます。常にこれらの引用符を使用すると、Attribute values can optionally be enclosed in single or double quotes, and it is good practice to do so. 値に英数字以外の文字が含まれる場合の問題を回避できます。This avoids problems when values contain non-alphanumeric characters. 二重引用符の場合は、値の中に含めることもできます。The quote character used can also appear in values, provided that it is doubled.

接続文字列キーワードの等号 (=) の後のスペース文字は、値を引用符で囲んだ場合でも、リテラルとして解釈されます。A space character after the = sign of a connection string keyword will be interpreted as a literal, even if the value is enclosed in quotation marks.

接続文字列に次の表のプロパティが複数含まれている場合は、最後のプロパティの値が使用されます。If a connection string has more than one of the properties listed in the following table, the value of the last property will be used.

次の表では、IDataInitialize::GetDataSource と共に使用できるキーワードについて説明します。The following table describes the keywords that may be used with IDataInitialize::GetDataSource:

KeywordKeyword 初期化プロパティInitialization property 説明Description
Application NameApplication Name SSPROP_INIT_APPNAMESSPROP_INIT_APPNAME アプリケーションを識別する文字列。The string identifying the application.
Application IntentApplication Intent SSPROP_INIT_APPLICATIONINTENTSSPROP_INIT_APPLICATIONINTENT アプリケーションがサーバーに接続するときのワークロードのタイプを宣言します。Declares the application workload type when connecting to a server. 有効値は、ReadOnlyReadWrite です。Possible values are ReadOnly and ReadWrite.

既定値はReadWriteします。The default is ReadWrite. 詳細についてはSQL ServerSQL Serverのネイティブ クライアントのサポートAlways On 可用性グループAlways On availability groupsを参照してくださいSQL Server ネイティブ クライアントをサポートして高可用性、ディザスター リカバリーのためします。For more information about SQL ServerSQL Server Native Client's support for Always On 可用性グループAlways On availability groups, see SQL Server Native Client Support for High Availability, Disaster Recovery.
自動変換します。Auto Translate SSPROP_INIT_AUTOTRANSLATESSPROP_INIT_AUTOTRANSLATE "AutoTranslate" のシノニム。Synonym for "AutoTranslate".
AutoTranslateAutoTranslate SSPROP_INIT_AUTOTRANSLATESSPROP_INIT_AUTOTRANSLATE OEM/ANSI 文字の変換を構成します。Configures OEM/ANSI character translation. 認識できる値は "true" と "false" です。Recognized values are "true" and "false".
Connect TimeoutConnect Timeout DBPROP_INIT_TIMEOUTDBPROP_INIT_TIMEOUT データ ソースの初期化が完了するのを待機する秒数。The amount of time (in seconds) to wait for data source initialization to complete.
Current LanguageCurrent Language SSPROPT_INIT_CURRENTLANGUAGESSPROPT_INIT_CURRENTLANGUAGE SQL ServerSQL Server 言語の名前。The SQL ServerSQL Server language name.
Data SourceData Source DBPROP_INIT_DATASOURCEDBPROP_INIT_DATASOURCE 組織内の SQL ServerSQL Server インスタンスの名前。The name of an instance of SQL ServerSQL Server in the organization.

指定されなかった場合は、ローカル コンピューター上にある既定のインスタンスに接続します。When not specified, a connection is made to the default instance on the local computer.

有効なアドレス構文の詳細については、の説明を参照して、 Server ODBC キーワードは、このトピックで後述します。For more information about valid address syntax, see the description of the Server ODBC keyword, later in this topic.
DataTypeCompatibilityDataTypeCompatibility SSPROP_INIT_DATATYPECOMPATIBILITYSSPROP_INIT_DATATYPECOMPATIBILITY データ型を使用する処理モードを指定します。Specifies the mode of data type handling to use. 認識できる値は、プロバイダー データ型を示す "0" および SQL Server 2000 (8.x)SQL Server 2000 (8.x) データ型を示す "80" です。Recognized values are "0" for provider data types and "80" for SQL Server 2000 (8.x)SQL Server 2000 (8.x) data types.
Failover PartnerFailover Partner SSPROP_INIT_FAILOVERPARTNERSSPROP_INIT_FAILOVERPARTNER データベース ミラーリングに使用するフェールオーバー サーバーの名前。The name of the failover server used for database mirroring.
Failover Partner SPNFailover Partner SPN SSPROP_INIT_FAILOVERPARTNERSPNSSPROP_INIT_FAILOVERPARTNERSPN フェールオーバー パートナーの SPN。The SPN for the failover partner. 既定値は空の文字列です。The default value is an empty string. 空の文字列の場合、SQL ServerSQL Server Native Client はプロバイダーが生成した SPN を既定値として使用します。An empty string causes SQL ServerSQL Server Native Client to use the default, provider-generated SPN.
初期カタログInitial Catalog DBPROP_INIT_CATALOGDBPROP_INIT_CATALOG データベース名です。The database name.
初期ファイル名Initial File Name SSPROP_INIT_FILENAMESSPROP_INIT_FILENAME アタッチできるデータベースのプライマリ ファイルの名前 (完全なパス名を含む)。The name of the primary file (include the full path name) of an attachable database. AttachDBFileName を使用するには、プロバイダー文字列の DATABASE キーワードでデータベース名を指定する必要もあります。To use AttachDBFileName, you must also specify the database name with the provider string DATABASE keyword. データベースが以前にアタッチされていた場合、SQL ServerSQL Server により再アタッチされることはありません (アタッチされたデータベースがその接続の既定のデータベースとして使用されます)。If the database was previously attached, SQL ServerSQL Server does not reattach it (it uses the attached database as the default for the connection).
統合セキュリティIntegrated Security DBPROP_AUTH_INTEGRATEDDBPROP_AUTH_INTEGRATED Windows 認証の値 "SSPI" を受け取ります。Accepts the value "SSPI" for Windows Authentication.
MARS ConnectionMARS Connection SSPROP_INIT_MARSCONNECTIONSSPROP_INIT_MARSCONNECTION その接続で MARS (複数のアクティブな結果セット) を有効または無効にします。Enables or disables multiple active result sets (MARS) on the connection. 認識できる値は "true" と "false" です。Recognized values are "true" and "false". 既定値は "false" です。The default is "false".
Network AddressNetwork Address SSPROP_INIT_NETWORKADDRESSSSPROP_INIT_NETWORKADDRESS 組織内の SQL ServerSQL Server インスタンスのネットワーク アドレス。The network address of an instance of SQL ServerSQL Server in the organization.

有効なアドレス構文の詳細については、の説明を参照して、アドレスODBC キーワードは、このトピックで後述します。For more information about valid address syntax, see the description of the Address ODBC keyword, later in this topic.
Network LibraryNetwork Library SSPROP_INIT_NETWORKLIBRARYSSPROP_INIT_NETWORKLIBRARY 組織内の SQL ServerSQL Server インスタンスへの接続を確立するために使用するネットワーク ライブラリ。The network library used to establish a connection to an instance of SQL ServerSQL Server in the organization.
Packet SizePacket Size SSPROP_INIT_PACKETSIZESSPROP_INIT_PACKETSIZE ネットワーク パケットのサイズ。Network packet size. 既定値は 4096 です。The default is 4096.
PasswordPassword DBPROP_AUTH_PASSWORDDBPROP_AUTH_PASSWORD SQL ServerSQL Server のログイン パスワード。The SQL ServerSQL Server login password.
Persist Security InfoPersist Security Info DBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFODBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFO 文字列 "true" と "false" を値として受け取ります。Accepts the strings "true" and "false" as values. "false" の場合、データ ソース オブジェクトには機密の認証情報を保存できませんWhen "false", the data source object is not allowed to persist sensitive authentication information
ProviderProvider SQL ServerSQL Server Native Client の場合は "SQLNCLI11"。For SQL ServerSQL Server Native Client, this should be "SQLNCLI11".
Server SPNServer SPN SSPROP_INIT_SERVERSPNSSPROP_INIT_SERVERSPN サーバーの SPN。The SPN for the server. 既定値は空の文字列です。The default value is an empty string. 空の文字列の場合、SQL ServerSQL Server Native Client はプロバイダーが生成した SPN を既定値として使用します。An empty string causes SQL ServerSQL Server Native Client to use the default, provider-generated SPN.
[Trust Server Certificate]Trust Server Certificate SSPROP_INIT_TRUST_SERVER_CERTIFICATESSPROP_INIT_TRUST_SERVER_CERTIFICATE 文字列 "true" と "false" を値として受け取ります。Accepts the strings "true" and "false" as values. 既定値は "false" です。これはサーバー証明書が検証されることを示します。The default value is "false", which means that the server certificate will be validated.
Use Encryption for DataUse Encryption for Data SSPROP_INIT_ENCRYPTSSPROP_INIT_ENCRYPT データをネットワークに送信する前に暗号化するかどうかを指定します。Specifies whether data should be encrypted before sending it over the network. 指定できる値は "true" と "false" です。Possible values are "true" and "false". 既定値は "false" です。The default value is "false".
User IDUser ID DBPROP_AUTH_USERIDDBPROP_AUTH_USERID SQL ServerSQL Server のログイン名。The SQL ServerSQL Server login name.
Workstation IDWorkstation ID SSPROP_INIT_WSIDSSPROP_INIT_WSID ワークステーションの識別子です。The workstation identifier.

接続文字列の "Old Password" プロパティは SSPROP_AUTH_OLD_PASSWORD に設定され、現在の (または期限切れの) パスワードが設定されます。このパスワードをプロバイダー文字列のプロパティ経由で使用することはできません。Note In the connection string, the "Old Password" property sets SSPROP_AUTH_OLD_PASSWORD, which is the current (possibly expired) password that is not available via a provider string property.

ADO (ActiveX Data Objects) の接続文字列のキーワードActiveX Data Objects (ADO) Connection String Keywords

ADO アプリケーションでは、ADODBConnection オブジェクトの ConnectionString プロパティが設定されるか、ADODBConnection オブジェクトの Open メソッドにパラメーターとして接続文字列が指定されます。ADO applications set the ConnectionString property of ADODBConnection objects or supply a connection string as a parameter to the Open method of ADODBConnection objects.

また、ADO アプリケーションでは、既定値がないプロパティにのみ、OLE DB IDBInitialize::Initialize メソッドで使用されるキーワードを利用できます。ADO applications can also use the keywords used by the OLE DB IDBInitialize::Initialize method, but only for properties that do not have a default value. アプリケーションにより、初期化文字列で ADO キーワードと IDBInitialize::Initialize キーワードが両方とも使われている場合、ADO キーワードの設定が使用されます。If an application uses both the ADO keywords and the IDBInitialize::Initialize keywords in the initialization string, the ADO keyword setting will be used. アプリケーションでは ADO 接続文字列のキーワードのみを使用することを強くお勧めします。It is strongly recommended that applications only use ADO connection string keywords.

ADO で使用される接続文字列の構文を次に示します。Connection strings used by ADO have the following syntax:

connection-string ::= empty-string[;] | attribute[;] | attribute; connection-string

empty-string ::=

attribute ::= attribute-keyword=["]attribute-value["]

attribute-value ::= character-string

attribute-keyword ::= identifier

属性値は必要に応じて二重引用符で囲むことができます。常に二重引用符を使用すると、Attribute values can optionally be enclosed in double quotes, and it is good practice to do so. 値に英数字以外の文字が含まれる場合の問題を回避できます。This avoids problems when values contain non-alphanumeric characters. 属性値に二重引用符を含めることはできません。Attribute values cannot contain double quotes.

次の表に、ADO 接続文字列と共に使用できるキーワードを示します。The following table describes the keywords that may be used with an ADO connection string:

KeywordKeyword 初期化プロパティInitialization property 説明Description
Application IntentApplication Intent SSPROP_INIT_APPLICATIONINTENTSSPROP_INIT_APPLICATIONINTENT アプリケーションがサーバーに接続するときのワークロードのタイプを宣言します。Declares the application workload type when connecting to a server. 有効値は、ReadOnlyReadWrite です。Possible values are ReadOnly and ReadWrite.

既定値はReadWriteします。The default is ReadWrite. 詳細についてはSQL ServerSQL Serverのネイティブ クライアントのサポートAlways On 可用性グループAlways On availability groupsを参照してくださいSQL Server ネイティブ クライアントをサポートして高可用性、ディザスター リカバリーのためします。For more information about SQL ServerSQL Server Native Client's support for Always On 可用性グループAlways On availability groups, see SQL Server Native Client Support for High Availability, Disaster Recovery.
Application NameApplication Name SSPROP_INIT_APPNAMESSPROP_INIT_APPNAME アプリケーションを識別する文字列。The string identifying the application.
自動変換します。Auto Translate SSPROP_INIT_AUTOTRANSLATESSPROP_INIT_AUTOTRANSLATE "AutoTranslate" のシノニム。Synonym for "AutoTranslate".
AutoTranslateAutoTranslate SSPROP_INIT_AUTOTRANSLATESSPROP_INIT_AUTOTRANSLATE OEM/ANSI 文字の変換を構成します。Configures OEM/ANSI character translation. 認識できる値は "true" と "false" です。Recognized values are "true" and "false".
Connect TimeoutConnect Timeout DBPROP_INIT_TIMEOUTDBPROP_INIT_TIMEOUT データ ソースの初期化が完了するのを待機する秒数。The amount of time (in seconds) to wait for data source initialization to complete.
Current LanguageCurrent Language SSPROPT_INIT_CURRENTLANGUAGESSPROPT_INIT_CURRENTLANGUAGE SQL ServerSQL Server 言語の名前。The SQL ServerSQL Server language name.
Data SourceData Source DBPROP_INIT_DATASOURCEDBPROP_INIT_DATASOURCE 組織内の SQL ServerSQL Server インスタンスの名前。The name of an instance of SQL ServerSQL Server in the organization.

指定されなかった場合は、ローカル コンピューター上にある既定のインスタンスに接続します。When not specified, a connection is made to the default instance on the local computer.

有効なアドレス構文の詳細については、の説明を参照して、 Server ODBC キーワードは、このトピックの「します。For more information about valid address syntax, see the description of the Server ODBC keyword, in this topic.
DataTypeCompatibilityDataTypeCompatibility SSPROP_INIT_DATATYPECOMPATIBILITYSSPROP_INIT_DATATYPECOMPATIBILITY 使用するデータ型処理モードを指定します。Specifies the mode of data type handling that will be used. 認識できる値は、プロバイダー データ型を示す "0" および SQL Server 2000 データ型を示す "80" です。Recognized values are "0" for provider data types and "80" for SQL Server 2000 data types.
Failover PartnerFailover Partner SSPROP_INIT_FAILOVERPARTNERSSPROP_INIT_FAILOVERPARTNER データベース ミラーリングに使用するフェールオーバー サーバーの名前。The name of the failover server used for database mirroring.
Failover Partner SPNFailover Partner SPN SSPROP_INIT_FAILOVERPARTNERSPNSSPROP_INIT_FAILOVERPARTNERSPN フェールオーバー パートナーの SPN。The SPN for the failover partner. 既定値は空の文字列です。The default value is an empty string. 空の文字列の場合、SQL ServerSQL Server Native Client はプロバイダーが生成した SPN を既定値として使用します。An empty string causes SQL ServerSQL Server Native Client to use the default, provider-generated SPN.
初期カタログInitial Catalog DBPROP_INIT_CATALOGDBPROP_INIT_CATALOG データベース名です。The database name.
初期ファイル名Initial File Name SSPROP_INIT_FILENAMESSPROP_INIT_FILENAME アタッチできるデータベースのプライマリ ファイルの名前 (完全なパス名を含む)。The name of the primary file (include the full path name) of an attachable database. AttachDBFileName を使用するには、プロバイダー文字列の DATABASE キーワードでデータベース名を指定する必要もあります。To use AttachDBFileName, you must also specify the database name with the provider string DATABASE keyword. データベースが以前にアタッチされていた場合、SQL ServerSQL Server により再アタッチされることはありません (アタッチされたデータベースがその接続の既定のデータベースとして使用されます)。If the database was previously attached, SQL ServerSQL Server does not reattach it (it uses the attached database as the default for the connection).
統合セキュリティIntegrated Security DBPROP_AUTH_INTEGRATEDDBPROP_AUTH_INTEGRATED Windows 認証の値 "SSPI" を受け取ります。Accepts the value "SSPI" for Windows Authentication.
MARS ConnectionMARS Connection SSPROP_INIT_MARSCONNECTIONSSPROP_INIT_MARSCONNECTION その接続で MARS (複数のアクティブな結果セット) を有効または無効にします (SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) 以降のサーバーの場合)。Enables or disables multiple active result sets (MARS) on the connection if the server is SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) or later. 認識できる値は "true" と "false" です。既定値は "false" です。Recognized values are "true" and "false".The default is "false".
Network AddressNetwork Address SSPROP_INIT_NETWORKADDRESSSSPROP_INIT_NETWORKADDRESS 組織内の SQL ServerSQL Server インスタンスのネットワーク アドレス。The network address of an instance of SQL ServerSQL Server in the organization.

有効なアドレス構文の詳細については、の説明を参照して、アドレスODBC キーワードは、このトピックの「します。For more information about valid address syntax, see the description of the Address ODBC keyword, in this topic.
Network LibraryNetwork Library SSPROP_INIT_NETWORKLIBRARYSSPROP_INIT_NETWORKLIBRARY 組織内の SQL ServerSQL Server インスタンスへの接続を確立するために使用するネットワーク ライブラリ。The network library used to establish a connection to an instance of SQL ServerSQL Server in the organization.
Packet SizePacket Size SSPROP_INIT_PACKETSIZESSPROP_INIT_PACKETSIZE ネットワーク パケットのサイズ。Network packet size. 既定値は 4096 です。The default is 4096.
PasswordPassword DBPROP_AUTH_PASSWORDDBPROP_AUTH_PASSWORD SQL ServerSQL Server のログイン パスワード。The SQL ServerSQL Server login password.
Persist Security InfoPersist Security Info DBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFODBPROP_AUTH_PERSIST_SENSITIVE_AUTHINFO 文字列 "true" と "false" を値として受け取ります。Accepts the strings "true" and "false" as values. "false" の場合、データ ソース オブジェクトには機密の認証情報を保存できません。When "false" the data source object is not allowed to persist sensitive authentication information.
ProviderProvider SQL ServerSQL Server Native Client の場合は "SQLNCLI11"。For SQL ServerSQL Server Native Client, this should be "SQLNCLI11".
Server SPNServer SPN SSPROP_INIT_SERVERSPNSSPROP_INIT_SERVERSPN サーバーの SPN。The SPN for the server. 既定値は空の文字列です。The default value is an empty string. 空の文字列の場合、SQL ServerSQL Server Native Client はプロバイダーが生成した SPN を既定値として使用します。An empty string causes SQL ServerSQL Server Native Client to use the default, provider-generated SPN.
[Trust Server Certificate]Trust Server Certificate SSPROP_INIT_TRUST_SERVER_CERTIFICATESSPROP_INIT_TRUST_SERVER_CERTIFICATE 文字列 "true" と "false" を値として受け取ります。Accepts the strings "true" and "false" as values. 既定値は "false" です。これはサーバー証明書が検証されることを示します。The default value is "false", which means that the server certificate will be validated.
Use Encryption for DataUse Encryption for Data SSPROP_INIT_ENCRYPTSSPROP_INIT_ENCRYPT データをネットワークに送信する前に暗号化するかどうかを指定します。Specifies whether data should be encrypted before sending it over the network. 指定できる値は "true" と "false" です。Possible values are "true" and "false". 既定値は "false" です。The default value is "false".
User IDUser ID DBPROP_AUTH_USERIDDBPROP_AUTH_USERID SQL ServerSQL Server のログイン名。The SQL ServerSQL Server login name.
Workstation IDWorkstation ID SSPROP_INIT_WSIDSSPROP_INIT_WSID ワークステーションの識別子です。The workstation identifier.

接続文字列の "Old Password" プロパティは SSPROP_AUTH_OLD_PASSWORD に設定され、現在の (または期限切れの) パスワードが設定されます。このパスワードをプロバイダー文字列のプロパティ経由で使用することはできません。Note In the connection string, the "Old Password" property sets SSPROP_AUTH_OLD_PASSWORD, which is the current (possibly expired) password that is not available via a provider string property.

関連項目See also

SQL Server Native Client を使用したアプリケーションのビルドBuilding Applications with SQL Server Native Client