メタデータ検出のSQL Server Native Client

適用対象:yesSQL Server Analytics Platform System (PDW) YesYesAzure SQL Database Azure SQL Managed Instance yesyesAzure Synapse Analytics (すべてのサポートされているバージョン)

SQL Server 2012 (11.x) のメタデータ検出の機能強化により、SQL Server Native Client アプリケーションでは、クエリの実行から返される列またはパラメーターのメタデータが、クエリを実行する前に指定したメタデータ形式と同じか、互換性を持つ必要があります。 クエリの実行後に返されたメタデータにクエリの実行前に指定したメタデータ形式との互換性がない場合は、エラーが発生します。

bcp 関数と ODBC 関数、および IBCPSession インターフェイスと IBCPSession2 インターフェイスでは、遅延読み取り (遅延メタデータ検出) を指定して、クエリ出力操作でメタデータ検出を回避できます。 その結果、パフォーマンスが向上し、メタデータ検出のエラーを回避できます。

SQL Server 2012 (11.x) で SQL Server Native Client を使用してアプリケーションを開発するが、SQL Server 2012 (11.x) より前のサーバー バージョンに接続する場合、メタデータ検出機能はサーバーのバージョンに対応します。

注釈

次の bcp 関数は、SQL Server 2012 (11.x) で強化され、メタデータ検出が強化されました。

また、 を使用してメタデータ形式を指定すると、パフォーマンス が向上bcp_setbulkmode。

bcp_control の動作を制御する新しい eOption が追加bcp_readfmt: BCPDELAYREADFMT

次の ODBC 関数は、2012 SQL Server (11.x) で強化され、メタデータ検出が強化されました。

2012 OLE DB 2012 (11.x) では、次SQL Serverメンバー関数が拡張され、メタデータ検出が強化されました。

  • IColumnsInfo::GetColumnInfo

  • IColumnsRowset::GetColumnsRowset

  • ICommandWithParameters::GetParameterInfo (詳細は「ICommandWithParameters」を参照)

IBCPSession::BCPSetBulkMode を使用してメタデータ形式を指定したときのパフォーマンスも向上しています。

SQL Server Native Client 2012 (11.x) に 2 つのストアド プロシージャが追加されたため、SQL Server メタデータ検出が改善されました。

  • sp_describe_first_result_set

  • sp_describe_undeclared_parameters

参照

SQL Server Native Client の機能