SQL Server の Memory Manager オブジェクト

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

Microsoft SQL Server のMemory Managerオブジェクトには、サーバーの全体的なメモリ使用量を監視するためのカウンターが用意されています。 全体的なサーバー メモリの使用状況を監視して、ユーザーの利用状況やリソースの使用状況を計測すると、パフォーマンスのボトルネックを突き止めるのに役立つ可能性があります。 SQL Server のインスタンスによって使用されるメモリを監視すると、次のことを判断するのに役立ちます。

  • ボトルネックの発生原因が、頻繁にアクセスされるデータをキャッシュに格納するための物理メモリ不足によるものかどうか。 メモリが不足している場合は、SQL Server がディスクからデータを取得する必要があります。

  • メモリを追加したり、データキャッシュに使用できるメモリを増やしたり、内部構造を SQL Server したりすることによって、クエリのパフォーマンスを向上させることができます。

Memory Manager カウンター

次の表では、SQL Server Memory Managerカウンターについて説明します。

SQL Server Memory Manager カウンター 説明
Connection Memory (KB) 接続を維持するためにサーバーが使用している動的メモリの合計サイズを指定します。
Database Cache Memory (KB) サーバーがデータベース ページ キャッシュに現在使用しているメモリの量を指定します。
メモリの外部の利点 特定のキャッシュにメモリを追加することで得られるパフォーマンス上の利点の内部推定値です。 この値は、キャッシュ間のメモリ使用量を均衡化するためにエンジンによって使用されます。また、予期しないキャッシュの増大が発生したケースをトラブルシューティングする際のサポートにも有用です。 値は内部計算に基づき整数として表示されます。
Free Memory (KB) サーバーによって使用されていないコミット済みのメモリの量を指定します。
Granted Workspace Memory (KB) ハッシュ、並べ替え、一括コピー、インデックス作成などの操作を実行しているプロセスに現在割り当てられているメモリの合計サイズを指定します。
Lock Blocks サーバーで使用中のロック ブロックの現在数 (定期的に更新されます) を指定します。 ロック ブロックは、テーブル、ページ、行など、ロックされている個々のリソースを表します。
Lock Blocks Allocated 現在割り当てられているロック ブロック数を指定します。 サーバーの起動時に、割り当てられているロックブロックの数と割り当てられているロック所有者ブロックの数は、SQL Server Locks構成オプションによって異なります。 より多くのロック ブロックが必要な場合は、値が大きくなります。
Lock Memory (KB) ロックのためにサーバーが使用している動的メモリの合計サイズを指定します。
Lock Owner Blocks サーバーで使用中のロック所有者ブロックの現在数 (定期的に更新されます) を指定します。 ロック所有者ブロックは、各スレッドがオブジェクトに設定したロックの所有権を表します。 たとえば、3 つのスレッドがそれぞれ、ページに共有 (S) ロックを所有している場合は、3 つのロック所有者ブロックがあります。
Lock Owner Blocks Allocated 現在割り当てられているロック所有者ブロック数を指定します。 サーバーの起動時に、割り当てられたロック所有者ブロックの数と割り当てられているロックブロックの数は、SQL Server Locks構成オプションによって異なります。 より多くのロック所有者ブロックが必要な場合は、値が動的に大きくなります。
Log Pool Memory (KB) サーバーがログ プールに使用している動的メモリの総容量。
Maximum Workspace Memory (KB) ハッシュ、並べ替え、一括コピー、インデックス作成などの操作を実行しているプロセスが使用できるメモリの最大サイズを示します。
Memory Grants Outstanding ワークスペース メモリを取得できたプロセスの総数を指定します。
Memory Grants Pending ワークスペース メモリ許可を待機しているプロセスの総数を指定します。
Optimizer Memory (KB) サーバーがクエリの最適化のために使用している動的メモリの合計サイズを指定します。
Reserved Server Memory (KB) 将来の使用のためにサーバーが予約しているメモリの量を示します。 このカウンターは、 [Granted Workspace Memory (KB)] に表示される、最初に許可された現在の未使用メモリ量を示します。
SQL Cache Memory (KB) サーバーが動的 SQL キャッシュのために使用している動的メモリの合計サイズを指定します。
Stolen Server Memory (KB) サーバーがデータベース ページ以外に使用しているメモリの量を指定します。
Target Server Memory (KB) サーバーが使用できるメモリの最適な量を示します。
Total Server Memory (KB) Memory Manager を使用してサーバーがコミットしたメモリの量を指定します。

sys.dm_os_performance_counters の動的管理ビューで次の T-SQL クエリを使用して、このオブジェクトのクエリ パフォーマンス カウンターの確認を開始します。

SELECT * FROM sys.dm_os_performance_counters
WHERE object_name LIKE '%Memory Manager%';

関連項目

リソースの利用状況の監視 (システム モニター)
SQL Server の Buffer Manager オブジェクト
sys.dm_os_performance_counters (Transact-SQL)