Windows への PolyBase のインストール

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) - Windows のみ

SQL Server の試用版は SQL Server 評価版ソフトウェア からインストールすることができます。

前提条件

  • 64 ビット SQL Server 評価版。

  • Microsoft .NET Framework 4.5。

  • 最小メモリ:4 GB。

  • 最小ハード ディスク容量: 2 GB。

  • 推奨:16-GB 以上の RAM。

  • PolyBase サービスが正常に機能するには、SQL Server サービスで TCP/IP ネットワーク プロトコルを有効にする必要があります。 TCP/IP は、Developer Edition と Express Edition を除く SQL Server のすべてのエディションで、既定で有効です。 Developer Edition および Express Edition で PolyBase が正常に機能するためには、TCP/IP 接続を有効にする必要があります。 「サーバー ネットワーク プロトコルの有効化または無効化」を参照してください。 また、TCP/IP プロトコルの構成設定 [すべて受信待ち][いいえ] に設定されている場合は、TCP/IP プロパティの [IPAll][TCP 動的ポート] または [TCP ポート] のどちらかに正しいリスナー ポートのエントリが残っている必要があります。 これが必要なのは、PolyBase サービスによる SQL Server エンジンのリスナー ポートの解決方法によるものです。

  • PolyBase サービスが正常に機能するには、共有メモリ プロトコルを有効にする必要があります。

  • PolyBase は各マシンで 1 つの SQL Server インスタンスにのみインストールできます。

  • 作成後にフェールオーバー クラスター インスタンスに機能を追加することはできません。 たとえば、既存のフェールオーバー クラスター インスタンスに PolyBase 機能を追加することはできません。

シングル ノードまたは PolyBase スケールアウト グループ

SQL Server インスタンスに PolyBase をインストールする前に、シングル ノード インストールが必要なのか、PolyBase スケールアウト グループが必要なのかを決めます。

PolyBase サービス アカウントの場合は、次を選択します。

PolyBase スケールアウト グループの場合、次のことを確認します。

  • すべてのマシンが同じドメインにある。
  • PolyBase のインストール時、同じドメイン サービス アカウントとパスワードを使用する。
  • SQL Server インスタンスがネットワーク経由で相互に通信できる。
  • SQL Server インスタンスがすべて同じバージョンの SQL Server である。

PolyBase をスタンドアロンまたはスケールアウト グループのいずれかにインストールした後は、スケールアウト グループまたはスタンドアロン サービスに変更することはできません。 PolyBase の既存のインストールをスタンドアロン インスタンスまたはスケールアウト グループに変更する必要がある場合は、PolyBase 機能をアンインストールして再インストールしてください。

インストール ウィザードの使用

  1. SQL Server の setup.exe を実行します。

  2. [インストール] を選択し、 [SQL Server の新規スタンドアロン インストールを実行するか、既存のインストールに機能を追加します] を選択します。

  3. [機能の選択] ページで、 [外部データ用 PolyBase クエリ サービス] を選択します。

    PolyBase サービス

    注意

    現在、SQL Server 2019 PolyBase には、追加オプションである HDFS データ ソース用の Java コネクタ が含まれています。 この機能の詳細については、SQL Server のプレビュー機能に関する記事を参照してください。

  4. [Server の構成] ページで、SQL Server PolyBase エンジン サービスSQL Server PolyBase Data Movement Service を同じアカウントで実行するように構成します。

    重要

    PolyBase スケールアウト グループで、すべてのノード上の PolyBase エンジンおよび PolyBase Data Movement サービスを、同じドメイン アカウントで実行する必要があります。 「PolyBase スケールアウト グループ」を参照してください。

  5. [PolyBase の構成] ページで、次の 2 つのオプションのいずれかを選択します。 詳細については、「PolyBase スケールアウト グループ 」を参照してください。

    • スタンドアロンの PolyBase 対応インスタンスとして、SQL Server インスタンスを使用します。

      SQL Server インスタンスをスタンドアロンのヘッド ノードとして使用するには、このオプションを選択します。

    • PolyBase スケールアウト グループの一部として、SQL Server インスタンスを使用します このオプションにより、ファイアウォールが開かれて、着信接続が許可されます。 SQL Server データベース エンジン、SQL Server PolyBase エンジン、SQL Server PolyBase Data Movement サービス、および SQL ブラウザーへの接続が許可されます。 ファイアウォールでは、PolyBase スケールアウト グループ内の他のノードからの着信接続も許可されます。

      このオプションにより、Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (MSDTC) ファイアウォール接続も有効になり、MSDTC レジストリの設定が変更されます。

  6. [PolyBase の構成] ページで、少なくとも 6 つのポートを含むポート範囲を指定します。 SQL Server セットアップにより、この範囲の最初の 6 つの利用可能なポートが割り当てられます。

    重要

    インストール後に、PolyBase 機能を有効にする必要があります。

コマンド プロンプトの使用

次の表の値を使用して、インストール スクリプトを作成します。 SQL Server PolyBase エンジンと SQL Server PolyBase Data Movement サービスは、同じアカウントで実行する必要があります。 PolyBase スケールアウト グループで、すべてのノード上の PolyBase サービスを、同じドメイン アカウントで実行する必要があります。

SQL Server のコンポーネント (SQL Server component) パラメーターおよび値 説明
SQL Server セットアップ コントロール 必須

/FEATURES=PolyBase
PolyBase 機能を選択します。
SQL Server PolyBase エンジン 省略可能

/PBENGSVCACCOUNT
エンジン サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICE です。
SQL Server PolyBase エンジン 省略可能

/PBENGSVCPASSWORD
エンジン サービス アカウントのパスワードを指定します。
SQL Server PolyBase エンジン 省略可能

/PBENGSVCSTARTUPTYPE
PolyBase エンジン サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
SQL Server PolyBase Data Movement 省略可能

/PBDMSSVCACCOUNT
データ移動サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICE です。
SQL Server PolyBase Data Movement 省略可能

/PBDMSSVCPASSWORD
データ移動アカウントのパスワードを指定します。
SQL Server PolyBase Data Movement 省略可能

/PBDMSSVCSTARTUPTYPE
データ移動サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
PolyBase 省略可能

/PBSCALEOUT
PolyBase スケールアウト計算グループの一部として SQL Server インスタンスを使用するかどうかを指定します。
サポートされる値:True、False。
PolyBase 省略可能

/PBPORTRANGE
PolyBase サービスのポート範囲 (6 ポート以上) を指定します。 例:

/PBPORTRANGE=16450-16460
SQL Server のコンポーネント (SQL Server component) パラメーターおよび値 説明
SQL Server セットアップ コントロール 必須

/FEATURES=PolyBaseCore, PolyBaseJava, PolyBase
PolyBaseCore では、Hadoop 接続を除くすべての PolyBase 機能のサポートがインストールされます。 PolyBaseJava では Hadoop 接続が有効化されます。 PolyBase では両方ともインストールされます。
SQL Server PolyBase エンジン 省略可能

/PBENGSVCACCOUNT
エンジン サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICE です。
SQL Server PolyBase エンジン 省略可能

/PBENGSVCPASSWORD
エンジン サービス アカウントのパスワードを指定します。
SQL Server PolyBase エンジン 省略可能

/PBENGSVCSTARTUPTYPE
PolyBase エンジン サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
SQL Server PolyBase Data Movement 省略可能

/PBDMSSVCACCOUNT
データ移動サービスのアカウントを指定します。 既定値は、 NT Authority\NETWORK SERVICE です。
SQL Server PolyBase Data Movement 省略可能

/PBDMSSVCPASSWORD
データ移動アカウントのパスワードを指定します。
SQL Server PolyBase Data Movement 省略可能

/PBDMSSVCSTARTUPTYPE
データ移動サービスのスタートアップ モードを指定します (Automatic (既定)、Disabled、Manual)。
PolyBase 省略可能

/PBSCALEOUT
PolyBase スケールアウト計算グループの一部として SQL Server インスタンスを使用するかどうかを指定します。
サポートされる値:True、False。
PolyBase 省略可能

/PBPORTRANGE
PolyBase サービスのポート範囲 (6 ポート以上) を指定します。 例:

/PBPORTRANGE=16450-16460

インストール後に、PolyBase 機能を有効にする必要があります。

この例は、サンプルのセットアップ スクリプトを示しています。

   
Setup.exe /Q /ACTION=INSTALL /IACCEPTSQLSERVERLICENSETERMS /FEATURES=SQLEngine,PolyBase   
/INSTANCENAME=MSSQLSERVER /SQLSYSADMINACCOUNTS="\<fabric-domain>\Administrator"   
/INSTANCEDIR="C:\Program Files\Microsoft SQL Server" /PBSCALEOUT=TRUE   
/PBPORTRANGE=16450-16460 /SECURITYMODE=SQL /SAPWD="<StrongPassword>"   
/PBENGSVCACCOUNT="<DomainName>\<UserName>" /PBENGSVCPASSWORD="<StrongPassword>"   
/PBDMSSVCACCOUNT="<DomainName>\<UserName>" /PBDMSSVCPASSWORD="<StrongPassword>"  
   

PolyBase を有効にする

インストールが完了したら、PolyBase を有効にしてその機能にアクセスできるようにする必要があります。 次の Transact-SQL コマンドを使用します。 ビッグ データ クラスター インストール中にデプロイされた SQL 2019 インスタンスではこの設定が既定で有効になっています。

exec sp_configure @configname = 'polybase enabled', @configvalue = 1;
RECONFIGURE;

インストール後の注意

PolyBase は、DWConfiguration、DWDiagnostics、および DWQueue の 3 つのユーザー データベースをインストールします。 これらのデータベースは PolyBase で使用されます。 変更したり削除しないでください。

注意事項

SQL Server の既存のインストールに PolyBase を追加すると、インストール メディアのバージョン レベルで機能がインストールされ、それは SQL Server の他の機能のバージョン レベルより古いものである可能性があります。 これにより、予期しない動作やエラーが発生する可能性があります。 常に、新しい機能を同じバージョン レベルにすることにより、PolyBase 機能のインストールを維持します。 必要に応じて、Service Pack (SP)、累積的な更新プログラム (CU)、一般配布リリース (GDR) をインストールします。 PolyBase のバージョンを確認するには、「SQL Server とそのコンポーネントのバージョン、エディション、更新レベルを確認する」を参照してください。

インストールの確認方法

次のコマンドを実行します。 PolyBase がインストールされている場合は 1 が返されます。 それ以外の場合は 0 が返されます。

SELECT SERVERPROPERTY ('IsPolyBaseInstalled') AS IsPolyBaseInstalled;  

ファイアウォール規則

SQL Server PolyBase のセットアップでは、コンピューターに次のファイアウォール規則が作成されます。

  • SQL Server PolyBase - データベース エンジン - <SQLServerInstanceName> (TCP-In)

  • SQL Server PolyBase - PolyBase サービス - <SQLServerInstanceName> (TCP-In)

  • SQL Server PolyBase - SQL Browser - (UDP-In)

インストール時に、PolyBase スケール アウト グループの一部として SQL Server インスタンスを使用する場合は、これらの規則が有効になります。 ファイアウォールが開かれて、着信接続が許可されます。 SQL Server データベース エンジン、SQL Server PolyBase エンジン、SQL Server PolyBase Data Movement サービス、および SQL ブラウザーへの接続が許可されます。 インストール中にコンピューターでファイアウォール サービスが実行されていない場合、SQL Server セットアップはこれらの規則を有効にできません。 その場合は、コンピューターでファイアウォール サービスを開始し、これらの規則をインストール後に有効にします。

ファイアウォール規則を有効にするには

  1. [コントロール パネル] を開きます。

  2. [システムとセキュリティ] を選択し、 [Windows ファイアウォール] を選択します。

  3. [詳細設定] を選択して、 [受信の規則] を選択します。

  4. 無効になっている規則を右クリックして、 [規則の有効化] を選択します。

PolyBase サービス アカウント

PolyBase エンジンと PolyBase Data Movement サービスのサービス アカウントを変更するには、PolyBase 機能をアンインストールし、再インストールします。

次のステップ

PolyBase configuration」を参照してください。