レプリケーション ディストリビューション エージェントReplication Distribution Agent

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database XAzure Synapse Analytics (SQL DW) XParallel Data Warehouse APPLIES TO: YesSQL Server YesAzure SQL Database NoAzure Synapse Analytics (SQL DW) NoParallel Data Warehouse

レプリケーション ディストリビューション エージェントは、ディストリビューション データベース テーブルに登録されたスナップショット (スナップショット レプリケーションの場合) とトランザクション (トランザクション レプリケーションの場合) を、サブスクライバーのレプリケーション先のテーブルに移動する実行可能ファイルです。The Replication Distribution Agent is an executable that moves the snapshot (for snapshot replication and transactional replication) and the transactions held in the distribution database tables (for transactional replication) to the destination tables at the Subscribers.

注意

パラメーターは任意の順序で指定できます。Parameters can be specified in any order. 省略可能なパラメーターを省略する場合、ローカル コンピューターであらかじめ定義されているレジストリ設定の値が使用されます。When optional parameters are not specified, values from predefined registry settings on the local computer are used.

構文Syntax

  
distrib [-?]  
-Publisher server_name[\instance_name]  
-PublisherDB publisher_database  
-Subscriber server_name[\instance_name]  
-SubscriberDB subscriber_database   
[-AltSnapshotFolder alt_snapshot_folder_path]   
[-BcpBatchSize bcp_batch_size]  
[-CommitBatchSize commit_batch_size]  
[-CommitBatchThreshold commit_batch_threshold]  
[-Continuous]  
[-DefinitionFile def_path_and_file_name]  
[-Distributor distributor]  
[-DistributorLogin distributor_login]  
[-DistributorPassword distributor_password]  
[-DistributorSecurityMode [0|1]]  
[-EncryptionLevel [0|1|2]]  
[-ErrorFile error_path_and_file_name]  
[-ExtendedEventConfigFile configuration_path_and_file_name]  
[-FileTransferType [0|1]]  
[-FtpAddress ftp_address]  
[-FtpPassword ftp_password]   
[-FtpPort ftp_port]  
[-FtpUserName ftp_user_name]  
[-HistoryVerboseLevel [0|1|2|3]]  
[-Hostname host_name]  
[-KeepAliveMessageInterval keep_alive_message_interval_seconds]  
[-LoginTimeOut login_time_out_seconds]  
[-MaxBcpThreads]  
[-MaxDeliveredTransactions number_of_transactions]  
[-MessageInterval message_interval]  
[-OledbStreamThreshold oledb_stream_threshold]  
[-Output output_path_and_file_name]  
[-OutputVerboseLevel [0|1|2]]  
[-PacketSize packet_size]  
[-PollingInterval polling_interval]  
[-ProfileName profile_name]  
[-Publication publication]  
[-QueryTimeOut query_time_out_seconds]  
[-QuotedIdentifier quoted_identifier]  
[-SkipErrors native_error_id [:...n]]  
[-SubscriberDatabasePath subscriber_path]  
[-SubscriberLogin subscriber_login]  
[-SubscriberPassword subscriber_password]  
[-SubscriberSecurityMode [0|1]]  
[-SubscriberType [0|1|3]]  
[-SubscriptionStreams [1|2|...64]]  
[-SubscriptionTableName subscription_table]  
[-SubscriptionType [0|1|2]]  
[-TransactionsPerHistory [0|1|...10000]]  
[-UseDTS]  
[-UseInprocLoader]  
[-UseOledbStreaming]  

引数Arguments

-?-?
使用できるすべてのパラメーターを表示します。Prints all available parameters.

-Publisher server_name[ \ instance_name]-Publisher server_name[\instance_name]
パブリッシャーの名前です。Is the name of the Publisher. サーバー上の MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server の既定のインスタンスの場合は、server_name を指定します。Specify server_name for the default instance of MicrosoftMicrosoft SQL ServerSQL Server on that server. サーバー上の server_name \ instance_name instance_name SQL ServerSQL Server の既定のインスタンスの場合は、server_name を指定します。Specify server_name\instance_name for a named instance of SQL ServerSQL Server on that server.

-PublisherDB publisher_database-PublisherDB publisher_database
パブリッシャー データベースの名前です。Is the name of the Publisher database.

-Subscriber server_name[ \ instance_name]-Subscriber server_name[\instance_name]
サブスクライバーの名前です。Is the name of the Subscriber. サーバー上の server_name の既定のインスタンスの場合は、 SQL ServerSQL Server を指定します。Specify server_name for the default instance of SQL ServerSQL Server on that server. サーバー上の server_name \ instance_name instance_name SQL ServerSQL Server の既定のインスタンスの場合は、server_name を指定します。Specify server_name\instance_name for a named instance of SQL ServerSQL Server on that server.

-SubscriberDB subscriber_database-SubscriberDB subscriber_database
サブスクライバー データベースの名前です。Is the name of the Subscriber database.

-AltSnapshotFolder alt_snapshot_folder_path-AltSnapshotFolder alt_snapshot_folder_path
サブスクリプションの初期スナップショットが含まれるフォルダーへのパスです。Is the path to the folder that contains the initial snapshot for a subscription.

-BcpBatchSize bcp_batch_size-BcpBatchSize bcp_batch_size
一括コピー操作によって送られる行の数です。Is the number of rows to send in a bulk copy operation. bcp in 操作を実行する場合、バッチ サイズは 1 つのトランザクションとしてサーバーに送る行数です。ディストリビューション エージェントが bcp 実行状況メッセージをログに記録する前に、これらの行数を送る必要があります。When performing a bcp in operation, the batch size is the number of rows to send to the server as one transaction, and also the number of rows that must be sent before the Distribution Agent logs a bcp progress message. bcp out 操作を実行する場合は、固定バッチ サイズ 1000 が使用されます。When performing a bcp out operation, a fixed batch size of 1000 is used.

-CommitBatchSize commit_batch_size-CommitBatchSize commit_batch_size
COMMIT ステートメントを実行する前に、サブスクライバーに対して実行するトランザクションの数です。Is the number of transactions to be issued to the Subscriber before a COMMIT statement is issued. 既定は 100、最大値は 10,000 です。The default is 100 and the max is 10000.

-CommitBatchThreshold commit_batch_threshold-CommitBatchThreshold commit_batch_threshold
COMMIT ステートメントを実行する前に、サブスクライバーに対して実行するレプリケーション コマンドの数です。Is the number of replication commands to be issued to the Subscriber before a COMMIT statement is issued. 既定は 1,000、最大値は 10,000 です。The default is 1000 and the max is 10000.

-Continuous-Continuous
エージェントがレプリケートされたトランザクションの呼び出しを継続的に試みるかどうかを指定します。Specifies whether the agent attempts to poll replicated transactions continually. このパラメーターを指定する場合、保留されているトランザクションがなくても、エージェントはポーリング間隔でレプリケートされたトランザクションをソースから呼び出します。If specified, the agent polls replicated transactions from the source at polling intervals, even if there are no transactions pending.

-DefinitionFile def_path_and_file_name-DefinitionFile def_path_and_file_name
エージェント定義ファイルのパスです。Is the path of the agent definition file. エージェント定義ファイルには、エージェントのコマンド プロンプト引数が含まれます。An agent definition file contains command prompt arguments for the agent. ファイルの内容は実行可能ファイルとして解析されます。The content of the file is parsed as an executable file. 二重引用符 (") を使用して、任意の文字を含む引数値を指定します。Use double quotation marks (") to specify argument values containing arbitrary characters.

-Distributor distributor-Distributor distributor
ディストリビューターの名前です。Is the Distributor name. ディストリビューター (プッシュ) ディストリビューションの場合、既定値はローカル ディストリビューターの名前になります。For Distributor (push) distribution, the name defaults to the name of the local Distributor.

-DistributorLogin distributor_login-DistributorLogin distributor_login
ディストリビューターのログイン名です。Is the Distributor login name.

-DistributorPassword distributor_password-DistributorPassword distributor_password
ディストリビューターのパスワードです。Is the Distributor password.

-DistributorSecurityMode [ 0| 1]-DistributorSecurityMode [ 0| 1]
ディストリビューターのセキュリティ モードを指定します。Specifies the security mode of the Distributor. 値 0 は SQL ServerSQL Server 認証モードを指定し、値 1 は Windows 認証モード (既定値) を指定します。A value of 0 indicates SQL ServerSQL Server Authentication Mode, and a value of 1 indicates Windows Authentication Mode (default).

-EncryptionLevel [ 0 | 1 | 2 ]-EncryptionLevel [ 0 | 1 | 2 ]
接続確立時にディストリビューション エージェントが使用する SSL (Secure Sockets Layer) の暗号化レベルです。Is the level of Secure Sockets Layer (SSL) encryption used by the Distribution Agent when making connections.

EncryptionLevel の値EncryptionLevel value 説明Description
00 SSL は使用されません。Specifies that SSL is not used.
11 SSL は使用されますが、信頼できる発行者によって SSL サーバー証明が署名されているかどうかを検証しません。Specifies that SSL is used, but the agent does not verify that the SSL server certificate is signed by a trusted issuer.
22 SSL が使用され、証明書の確認が行われます。Specifies that SSL is used, and that the certificate is verified.

注意

有効な SSL 証明書には、SQL Server の完全修飾ドメイン名が定義されます。A valid SSL certificate is defined with a fully qualified domain name of the SQL Server. -EncryptionLevel を 2 に設定したときにエージェントが正しく接続されるようにするには、ローカルの SQL Server 上に別名を作成します。In order for the agent to connect successfully when setting -EncryptionLevel to 2, create an alias on the local SQL Server. 'Alias Name' パラメーターはサーバー名にし、'Server' パラメーターは SQL Server の完全修飾名に設定する必要があります。The ‘Alias Name’ parameter should be the server name and the ‘Server’ parameter should be set to the fully qualified name of the SQL Server.

詳細については、「レプリケーションのセキュリティ設定の表示および変更」を参照してください。For more information, see View and modify replication security settings.

-ErrorFile error_path_and_file_name-ErrorFile error_path_and_file_name
ディストリビューション エージェントが作成するエラー ファイルのパスとファイル名です。Is the path and file name of the error file generated by the Distribution Agent. このファイルは、サブスクライバーでレプリケーション トランザクションを適用しているときに、エラーが発生すると生成されます。パブリッシャーまたはディストリビューターで発生したエラーについては、このファイルには記録されません。This file is generated at any point where failure occurred while applying replication transactions at the Subscriber; errors that occur at the Publisher or Distributor are not logged in this file. このファイルには、障害が発生したレプリケーション トランザクションおよび関連するエラー メッセージが含まれます。This file contains the failed replication transactions and associated error messages. 指定しない場合は、エラー ファイルはディストリビューション エージェントの現在のディレクトリに作成されます。When not specified, the error file is generated in the current directory of the Distribution Agent. エラー ファイル名は、ディストリビューション エージェントの名前に .err 拡張子を付けた名前です。The error file name is the name of the Distribution Agent with an .err extension. 指定したファイル名が既存の場合、エラー メッセージはこのファイルに追加されます。If the specified file name exists, error messages are appended to the file. このパラメーターには最大 256 個の Unicode 文字を指定できます。This parameter can be a maximum of 256 Unicode characters.

-ExtendedEventConfigFile configuration_path_and_file_name-ExtendedEventConfigFile configuration_path_and_file_name
拡張イベントの XML 構成ファイルのパスとファイル名を指定します。Specifies the path and file name for the extended events XML configuration file. 拡張イベントの構成ファイルによって、追跡に必要なセッションを構成し、イベントを有効にすることができます。The extended events configuration file allows you to configure sessions and enable events for tracking.

-FileTransferType [ 0| 1]-FileTransferType [ 0| 1]
ファイル転送の種類を指定します。Specifies the file transfer type. 0 の値は UNC (汎用名前付け規則) を示し、 1 の値は FTP (ファイル転送プロトコル) を示します。A value of 0 indicates UNC (universal naming convention), and a value of 1 indicates FTP (file transfer protocol).

-FtpAddress ftp_address-FtpAddress ftp_address
ディストリビューター用の FTP サービスのネットワーク アドレスです。Is the network address of the FTP service for the Distributor. このパラメーターを指定しない場合、 DistributorAddress が使用されます。When not specified, DistributorAddress is used. DistributorAddress が指定されていない場合、 Distributor が使用されます。If DistributorAddress is not specified, Distributor is used.

-FtpPassword ftp_password-FtpPassword ftp_password
FTP サービスに接続するときに使用するユーザー パスワードです。Is the user password used to connect to the FTP service.

-FtpPort ftp_port-FtpPort ftp_port
ディストリビューター用の FTP サービスのポート番号です。Is the port number of the FTP service for the Distributor. このパラメーターを指定しない場合、FTP サービスの既定のポート番号 (21) が使用されます。When not specified, the default port number for FTP service (21) is used.

-FtpUserName ftp_user_name-FtpUserName ftp_user_name
FTP サービスに接続するときに使用するユーザー名です。Is the user name used to connect to the FTP service. 指定しない場合、 anonymous が使用されます。When not specified, anonymous is used.

-HistoryVerboseLevel [ 0 | 1 | 2 | 3 ]-HistoryVerboseLevel [ 0 | 1 | 2 | 3 ]
ディストリビューション操作中にログに記録する履歴の量を指定します。Specifies the amount of history logged during a distribution operation. 1を選択すれば、ログへの履歴の記録がパフォーマンスに与える影響を最小限に抑えることができます。You can minimize the performance effect of history logging by selecting 1.

HistoryVerboseLevel の値HistoryVerboseLevel value 説明Description
00 進行状況メッセージがコンソールまたは出力ファイルに書き込まれます。Progress messages are written either to the console or to an output file. 履歴レコードは、ディストリビューション データベースのログに記録されません。History records are not logged in the distribution database.
11 既定値。Default. 同じ状態 (startup、progress、success など) を示している以前の履歴メッセージを常に更新します。Always update a previous history message of the same status (startup, progress, success, and so on). 前回の記録に同じ状態がない場合は、新しい記録を挿入します。If no previous record with the same status exists, insert a new record.
22 アイドル状態や長時間実行を示すメッセージでない場合、新しい履歴レコードを挿入します。アイドル状態などを示すメッセージの場合には、以前のレコードを更新します。Insert new history records unless the record is for such things as idle messages or long-running job messages, in which case update the previous records.
33 アイドル状態を示すメッセージの場合以外は、常に新しいレコードを挿入します。Always insert new records, unless it is for idle messages.

-Hostname host_name-Hostname host_name
パブリッシャーとの接続時に使用するホスト名です。Is the host name used when connecting to the Publisher. このパラメーターには最大 128 個の Unicode 文字を指定できます。This parameter can be a maximum of 128 Unicode characters.

-KeepAliveMessageInterval keep_alive_message_interval_seconds-KeepAliveMessageInterval keep_alive_message_interval_seconds
既存の接続がサーバーからの応答を待機しているかどうかを、履歴スレッドがチェックするまでの秒数です。Is the number of seconds before the history thread checks if any of the existing connections is waiting for a response from the server. この値を小さくすれば、ディストリビューション エージェントが時間のかかるバッチを実行しているとき、照合エージェントによって SUSPECT とマークされるのを防ぐことができます。This value can be decreased to avoid having the checkup agent mark the Distribution Agent as suspect when executing a long-running batch. 既定値は 300 秒です。The default is 300 seconds.

-LoginTimeOut login_time_out_seconds-LoginTimeOut login_time_out_seconds
ログインがタイムアウトになるまでの秒数です。既定値は 15 秒です。Is the number of seconds before the login times out. The default is 15 seconds.

-MaxBcpThreads number_of_threads-MaxBcpThreads number_of_threads
並列実行できる一括コピーの操作数を指定します。Specifies the number of bulk copy operations that can be performed in parallel. 同時に存在するスレッドと ODBC 接続の最大数は、 MaxBcpThreads の値と、ディストリビューション データベースの同期トランザクションに示されている一括コピー要求の数の小さい方の値になります。The maximum number of threads and ODBC connections that exist simultaneously is the lesser of MaxBcpThreads or the number of bulk copy requests that appear in the synchronization transaction in the distribution database. MaxBcpThreads0 よりも大きくする必要があり、上限はありません。MaxBcpThreads must have a value greater than 0 and has no hard-coded upper limit. 既定値は、プロセッサ数の 2 倍の値です。最大値は、 8になります。The default is 2 times the number of processors, up to a maximum value of 8. パブリッシャー側で同時実行スナップショット オプションを使って生成されたスナップショットを適用する場合は、 MaxBcpThreadsに指定した値に関係なく、単一のスレッドが使用されます。When applying a snapshot that was generated at the Publisher using the concurrent snapshot option, one thread is used, regardless of the number you specify for MaxBcpThreads.

-MaxDeliveredTransactions number_of_transactions-MaxDeliveredTransactions number_of_transactions
1 回の同期でサブスクライバーに適用するプッシュまたはプル トランザクションの最大数です。Is the maximum number of push or pull transactions applied to Subscribers in one synchronization. 0 は、トランザクション数に制限がないことを示します。A value of 0 indicates that the maximum is an infinite number of transactions. その他の値は、サブスクライバーがパブリッシャーからプルする同期の経過時間を短縮するときに使用できます。Other values can be used by Subscribers to shorten the duration of a synchronization being pulled from a Publisher.

注意

-MaxDeliveredTransactions と -Continuous を両方とも指定すると、ディストリビューション エージェントは、指定した数のトランザクションを配信してから、停止します (-Continuous が指定されている場合であっても)。If -MaxDeliveredTransactions and -Continuous are both specified, the Distribution Agent delivers the specified number of transactions and then stops (even though -Continuous is specified). ジョブが完了した後、ディストリビューション エージェントを再起動してください。You must restart the Distribution Agent after the job completes.

-MessageInterval message_interval-MessageInterval message_interval
履歴をログに記録する間隔です。Is the time interval used for history logging. 次のいずれかの場合、履歴イベントはログに記録されます。A history event is logged when one of these parameters is reached:

  • 最後の履歴イベントをログに記録した後、 TransactionsPerHistory の値が経過した場合The TransactionsPerHistory value is reached after the last history event is logged.

  • 最後の履歴イベントをログに記録した後、 MessageInterval の値が経過した場合The MessageInterval value is reached after the last history event is logged.

ソースに利用可能なレプリケートされたトランザクションがない場合、エージェントはディストリビューターに対してトランザクションなしのメッセージを報告します。If there is no replicated transaction available at the source, the agent reports a no-transaction message to the Distributor. このオプションは、エージェントが次にトランザクションなしのメッセージを報告するまでの待ち時間を指定します。This option specifies how long the agent waits before reporting another no-transaction message. 前回レプリケートされたトランザクションを処理した後で、ソースに利用可能なトランザクションがないことを検出すると、エージェントは必ずトランザクションなしのメッセージを報告します。Agents always report a no-transaction message when they detect that there are no transactions available at the source after previously processing replicated transactions. 既定値は 60 秒です。The default is 60 seconds.

-OledbStreamThreshold oledb_stream_threshold-OledbStreamThreshold oledb_stream_threshold
BLOB データの最小バイト サイズを指定します。この値を超えると、データはストリームとしてバインドされます。Specifies the minimum size, in bytes, for binary large object data above which the data will be bound as a stream. このパラメーターを使用するためには、 -UseOledbStreaming を指定する必要があります。You must specify -UseOledbStreaming to use this parameter. 400 バイトから 1048576 バイトまでの値を指定できます。既定値は 16384 バイトです。Values can range from 400 to 1048576 bytes, with a default of 16384 bytes.

-Output output_path_and_file_name-Output output_path_and_file_name
エージェントの出力ファイルのパスです。Is the path of the agent output file. ファイル名が指定されていない場合、出力はコンソールに送られます。If the file name is not provided, the output is sent to the console. 指定された名前のファイルが存在する場合、出力はそのファイルに追加されます。If the specified file name exists, the output is appended to the file.

-OutputVerboseLevel [ 0| 1| 2]-OutputVerboseLevel [ 0| 1| 2]
出力を詳細表示にするかどうかを指定します。Specifies whether the output should be verbose. 詳細レベルが 0の場合、エラー メッセージだけが出力されます。If the verbose level is 0, only error messages are printed. 詳細レベルが 1の場合、すべての実行状況報告メッセージが出力されます。If the verbose level is 1, all the progress report messages are printed. 詳細レベルが 2 (既定値) の場合、すべてのエラー メッセージと実行状況報告メッセージが出力されます。これはデバッグ時に便利です。If the verbose level is 2 (default), all error messages and progress report messages are printed, which is useful for debugging.

-PacketSize packet_size-PacketSize packet_size
パケット サイズをバイト単位で指定します。Is the packet size, in bytes. 既定値は 4096 (バイト) です。The default is 4096 (bytes).

-PollingInterval polling_interval_-PollingInterval polling_interval_
レプリケートされたトランザクションに関してディストリビューション データベースをクエリする間隔を秒単位で示します。Is how often, in seconds, the distribution database is queried for replicated transactions. 既定値は 5 秒です。The default is 5 seconds.

-ProfileName profile_name-ProfileName profile_name
エージェント パラメーターに使用するエージェント プロファイルを指定します。Specifies an agent profile to use for agent parameters. ProfileName が NULL の場合、このエージェント プロファイルは無効になります。If ProfileName is NULL, the agent profile is disabled. ProfileName を指定しない場合、エージェントの種類に応じた既定のプロファイルが使われます。If ProfileName is not specified, the default profile for the agent type is used. 詳細については、「レプリケーション エージェント プロファイル」を参照してください。For information, see Replication Agent Profiles.

-Publication publication-Publication publication
パブリケーションの名前です。Is the name of the publication. このパラメーターは、新規または再初期化されたサブスクリプションのスナップショットを常に利用できるようにパブリケーションを設定している場合にのみ有効です。This parameter is only valid if the publication is set to always have a snapshot available for new or reinitialized subscriptions.

-QueryTimeOut query_time_out_seconds-QueryTimeOut query_time_out_seconds
クエリがタイムアウトになるまでの秒数です。既定値は 1800 秒です。Is the number of seconds before the query times out. The default is 1800 seconds.

-QuotedIdentifier quoted_identifier-QuotedIdentifier quoted_identifier
使用する引用符で囲まれた識別子を指定します。Specifies the quoted identifier character to use. 値の最初の文字は、ディストリビューション エージェントが使用する値を示します。The first character of the value indicates the value the Distribution Agent uses. 値を指定せずに QuotedIdentifier を使用する場合、ディストリビューション エージェントはスペースを使用します。If QuotedIdentifier is used with no value, the Distribution Agent uses a space. QuotedIdentifier を使用しない場合には、ディストリビューション エージェントはサブスクライバーがサポートしている引用符で囲まれた識別子を使用します。If QuotedIdentifier is not used, the Distribution Agent uses whatever quoted identifier the Subscriber supports.

-SkipErrors native_error_id [ : ...n]-SkipErrors native_error_id [:...n]
このエージェントでスキップされる一連のエラー番号をコロンで区切って指定します。Is a colon-separated list that specifies the error numbers to be skipped by this agent.

-SubscriberDatabasePath subscriber_database_path-SubscriberDatabasePath subscriber_database_path
SubscriberType2 の場合、Jet データベース (.mdb) ファイルへのパスを指定します。この指定では、ODBC データ ソース名 (DSN) なしで Jet データベースに接続することができます。Is the path to the Jet database (.mdb file) if SubscriberType is 2 (allows a connection to a Jet database without an ODBC Data Source Name (DSN)).

-SubscriberLogin subscriber_login-SubscriberLogin subscriber_login
サブスクライバーのログイン名です。Is the Subscriber login name. SubscriberSecurityMode0 ( SQL ServerSQL Server 認証モード) の場合は、このパラメーターを指定しなければなりません。If SubscriberSecurityMode is 0 (for SQL ServerSQL Server Authentication), this parameter must be specified.

-SubscriberPassword subscriber_password-SubscriberPassword subscriber_password
サブスクライバーのパスワードです。Is the Subscriber password. SubscriberSecurityMode0 ( SQL ServerSQL Server 認証モード) の場合は、このパラメーターを指定しなければなりません。If SubscriberSecurityMode is 0 (for SQL ServerSQL Server Authentication), this parameter must be specified.

-SubscriberSecurityMode [ 0| 1]-SubscriberSecurityMode [ 0| 1]
サブスクライバーのセキュリティ モードを指定します。Specifies the security mode of the Subscriber. 0SQL ServerSQL Server 認証モードを指定し、値 1 は Windows 認証モード (既定値) を指定します。A value of 0 indicates SQL ServerSQL Server Authentication, and a value of 1 indicates Windows Authentication Mode (default).

-SubscriberType [ 0| 1| 3]-SubscriberType [ 0| 1| 3]
ディストリビューション エージェントが使用するサブスクライバー接続の種類を指定します。Specifies the type of Subscriber connection used by the Distribution Agent.

サブスクライバーの種類SubscriberType value 説明Description
00 SQL ServerSQL Server
11 ODBC データ ソース (ODBC data source)ODBC data source
33 OLE DB データ ソースOLE DB data source

-SubscriptionStreams [0|1|2|...64]-SubscriptionStreams [0|1|2|...64]
単一のスレッドを使用しているときに、トランザクションに関連したさまざまな特性を維持しながら、サブスクライバーに対してバッチ変更を適用することのできる、ディストリビューション エージェントあたりの接続数です。Is the number of connections allowed per Distribution Agent to apply batches of changes in parallel to a Subscriber, while maintaining many of the transactional characteristics present when using a single thread. SQL ServerSQL Server パブリッシャーの場合、1 から 64 までの値がサポートされます。For a SQL ServerSQL Server Publisher, a range of values from 1 to 64 is supported. このパラメーターは、パブリッシャーとディストリビューターが SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) 以降のバージョンで実行されている場合にのみ使用できます。This parameter is only supported when the Publisher and Distributor are running on SQL Server 2005 (9.x)SQL Server 2005 (9.x) or later versions. SQL ServerSQL Server 以外のサブスクライバーまたはピア ツー ピア サブスクリプションの場合は、このパラメーターを使用しないか、0 にする必要があります。This parameter is not supported or must be 0 for non- SQL ServerSQL Server Subscribers or peer-to-peer subscriptions.

注意

いずれかの接続が実行またはコミットに失敗した場合、進行中のバッチがすべての接続について中止されます。その場合、エージェントは、単一のストリームを使用して、失敗したバッチを再試行します。If one of the connections fails to execute or commit, all connections will abort the current batch, and the agent will use a single stream to retry the failed batches. この再試行フェーズが完了するまでは、サブスクライバー側に、トランザクションの一時的な不整合が存在する可能性があります。Before this retry phase completes, there can be temporary transactional inconsistencies at the Subscriber. サブスクライバーのトランザクション一貫性は、前回失敗したバッチが正常にコミットされた後で復元されます。After the failed batches are successfully committed, the Subscriber is brought back to a state of transactional consistency.

重要

-SubscriptionStreamsに対して 2 以上の値を指定すると、サブスクライバー側でトランザクションが受信される順序が、パブリッシャー側でトランザクションが作成された順序と異なる場合があります。When you specify a value of 2 or greater for -SubscriptionStreams, the order in which transactions are received at the Subscriber may differ from the order in which they were made at the Publisher. この動作が原因で同期中に制約違反が発生する場合は、NOT FOR REPLICATION オプションを使用して同期中の制約の適用を無効にする必要があります。If this behavior causes constraint violations during synchronization, you should use the NOT FOR REPLICATION option to disable the enforcement of constraints during synchronization. 詳細については、「同期中にトリガと制約の動作を制御する方法 (レプリケーション Transact-SQL プログラミング)」を参照してください。For more information, see Control the Behavior of Triggers and Constraints During Synchronization (Replication Transact-SQL Programming).

注意

Subscriptionstreams は、 Transact-SQLTransact-SQLを渡すように構成されたアーティクルでは使用できません。Subscriptionstreams do not work for articles configured to deliver Transact-SQLTransact-SQL. subscriptionstreams を使用するには、代わりにストアド プロシージャの呼び出しを渡すようにアーティクルを構成します。To use subscriptionstreams, configure articles to deliver stored procedure calls instead.

-SubscriptionTableName subscription_table-SubscriptionTableName subscription_table
指定したサブスクライバーで作成または使用するサブスクリプション テーブルの名前です。Is the name of the subscription table generated or used at the given Subscriber. 指定しない場合、MSreplication_subscriptions (Transact-SQL) テーブルが使用されます。When not specified, the MSreplication_subscriptions (Transact-SQL) table is used. 長いファイル名をサポートしないデータベース管理システム (DBMS) にはこのオプションを使用します。Use this option for database management systems (DBMS) that do not support long file names.

-SubscriptionType [ 0| 1| 2]-SubscriptionType [ 0| 1| 2]
ディストリビューションのサブスクリプションの種類を指定します。Specifies the subscription type for distribution. 0 はプッシュ サブスクリプションを、値 1 はプル サブスクリプションを、値 2 は匿名サブスクリプションを示します。A value of 0 indicates a push subscription, a value of 1 indicates a pull subscription, and a value of 2 indicates an anonymous subscription.

-TransactionsPerHistory [ 0| 1|...10000]-TransactionsPerHistory [ 0| 1|... 10000]
履歴をログに記録するトランザクション間隔を指定します。Specifies the transaction interval for history logging. 最後に履歴をログに記録してからコミットしたトランザクションの数がこのオプションより多い場合、履歴メッセージがログに記録されます。If the number of committed transactions after the last instance of history logging is greater than this option, a history message is logged. 既定値は、100 です。The default is 100. 0 は、 TransactionsPerHistoryが無制限であることを指定します。A value of 0 indicates infinite TransactionsPerHistory. See the preceding –MessageIntervalparameter.See the preceding –MessageIntervalparameter.

-UseDTS-UseDTS
データ変換を許可するパブリケーションでは、このパラメーターを指定する必要があります。Must be specified as a parameter for a publication that allows data transformation.

-UseInprocLoader-UseInprocLoader
ディストリビューション エージェントがスナップショット ファイルをサブスクライバーに適用するときに、BULK INSERT コマンドが使用され、初期スナップショットのパフォーマンスが向上します。Improves the performance of the initial snapshot by causing the Distribution Agent to use the BULK INSERT command when applying snapshot files to the Subscriber. このパラメーターは XML データ型との互換性がないため非推奨とされます。This parameter is deprecated because it is not compatible with the XML data type. XML データをレプリケートしない場合にのみ、このパラメーターを使用できます。If you are not replicating XML data, this parameter can be used. このパラメーターを、キャラクター モードのスナップショットや、SQL ServerSQL Server 以外のサブスクライバーで使用することはできません。This parameter cannot be used with character mode snapshots or non- SQL ServerSQL Server Subscribers. このパラメーターを使用する場合は、サブスクライバー側の SQL ServerSQL Server サービス アカウントに、スナップショットの .bcp データ ファイルが格納されたディレクトリの読み取り権限が必要です。If you use this parameter, the SQL ServerSQL Server service account at the Subscriber must have read permissions on the directory where the snapshot .bcp data files are located. このパラメーターを使用しない場合、これらのファイルが、エージェント (SQL ServerSQL Server 以外のサブスクライバーの場合) またはエージェントが読み込む ODBC ドライバー (SQL ServerSQL Server サブスクライバーの場合) によって読み取られるため、SQL ServerSQL Server サービス アカウントのセキュリティ コンテキストは使用されません。When this parameter is not used, the agent (for non- SQL ServerSQL Server Subscribers) or the ODBC driver loaded by the agent (for SQL ServerSQL Server Subscribers) reads from the files, so the security context of the SQL ServerSQL Server service account is not used.

-UseOledbStreaming-UseOledbStreaming
指定した場合、BLOB データをストリームとしてバインドできるようになります。When specified, enables the binding of binary large object data as a stream. ストリームが使用されるしきい値 (バイト サイズ) を指定するには、 -OledbStreamThreshold を使用します。Use -OledbStreamThreshold to specify the size, in bytes, above which a stream will be used. UseOledbStreaming は既定で有効になっています。UseOledbStreaming is enabled by default. UseOledbStreaming は、C:\Program Files\Microsoft SQL Server\<version>\COM フォルダーに書き込みます。UseOledbStreaming writes to the C:\Program Files\Microsoft SQL Server\<version>\COM folder.

解説Remarks

重要

ドメイン ユーザー アカウント (既定値) ではなくローカル システム アカウントで実行するように SQL ServerSQL Server エージェントをインストールした場合、サービスはローカル コンピューターにのみアクセスできます。If you have installed SQL ServerSQL Server Agent to run under a local system account rather than under a domain user account (the default), the service can only access the local computer. SQL ServerSQL Server のインスタンスへのログイン時に、 SQL ServerSQL Serverエージェントの下で実行するディストリビューション エージェントで、Windows 認証モードを使用するように構成すると、ディストリビューション エージェントは失敗します。If the Distribution Agent that runs under SQL ServerSQL Server Agent is configured to use Windows Authentication Mode when it logs in to an instance of SQL ServerSQL Server, the Distribution Agent fails. 既定の設定は SQL ServerSQL Server 認証です。The default setting is SQL ServerSQL Server Authentication. セキュリティ アカウント変更の詳細については、「 View and Modify Replication Security Settings」を参照してください。For information on changing security accounts, see View and Modify Replication Security Settings.

ディストリビューション エージェントを起動するには、コマンド プロンプトから distrib.exe を実行します。To start the Distribution Agent, execute distrib.exe from the command prompt. 詳細については、「レプリケーション エージェント実行可能ファイルの概念」を参照してください。For information, see Replication Agent Executables Concepts.

変更履歴Change History

変更内容Updated content
-ExtendedEventConfigFile パラメーターを追加しました。Added the -ExtendedEventConfigFile parameter.

参照See Also

レプリケーション エージェントの管理Replication Agent Administration