レプリケーション エージェントを起動および停止する (SQL Server Management Studio)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL Managed Instance

Microsoft SQL Server Management Studio の [ジョブ] フォルダーと [レプリケーション] フォルダーから、およびレプリケーション モニターからエージェントを開始および停止します。 以下のエージェントおよびジョブの開始と停止を行うことができます。

  • すべてのパブリケーションで使用されるスナップショット エージェント

  • すべてのトランザクション パブリケーションで使用されるログ リーダー エージェント

  • キュー更新サブスクリプションに有効なトランザクション パブリケーションで使用されるキュー リーダー エージェント

  • トランザクション パブリケーションやスナップショット パブリケーションに対するサブスクリプションを同期するディストリビューション エージェント

  • マージ パブリケーションに対するサブスクリプションを同期するマージ エージェント

  • レプリケーション メンテナンス ジョブ。

マージ エージェントとディストリビューション エージェントの開始について詳しくは、「プッシュ サブスクリプションの同期」および「プル サブスクリプションの同期」をご覧ください。 メンテナンス ジョブについて詳しくは、「レプリケーション メンテナンス ジョブの実行 (SQL Server Management Studio)」をご覧ください。

レプリケーション モニターの起動の詳細については、「Start the Replication Monitor」 (レプリケーション モニターの開始) を参照してください。

Management Studio からスナップショット エージェントまたはログ リーダー エージェントを開始および停止するには

  1. Management Studioでパブリッシャーに接続して、サーバー ノードと [レプリケーション] フォルダーを展開します。

  2. [ローカル パブリケーション] フォルダーを展開し、パブリケーションを右クリックします。

  3. [スナップショット エージェントの状態の表示] または [ログ リーダー エージェントの状態の表示] をクリックします。

  4. [開始] または [停止] をクリックします。

Management Studio からキュー リーダー エージェントを開始および停止するには

  1. Management Studioでディストリビューターに接続して、サーバー ノードを展開します。

  2. [SQL Server エージェント] フォルダーを展開して、 [ジョブ] フォルダーを展開します。

  3. エージェントのジョブを右クリックして [ジョブの開始] または [ジョブの停止] をクリックします。 キュー リーダー エージェントのジョブの名前は、 [<Distributor>].<integer> という形式になっています。

レプリケーション モニターからスナップショット エージェント、ログ リーダー エージェント、またはキュー リーダー エージェントを開始および停止するには

  1. 左ペインでパブリッシャー グループを展開し、パブリッシャーを展開して、パブリケーションをクリックします。

  2. [エージェント] タブをクリックします。

  3. エージェントを右クリックして [エージェントの開始] または [エージェントの停止] をクリックします。

参照

レプリケーションの監視
レプリケーション エージェント実行可能ファイルの概念
レプリケーション エージェントの概要