レプリケーション開発者のドキュメントReplication Developer Documentation

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

レプリケーション トポロジをプログラムから構成、保守、監視できれば、繰り返し行うレプリケーション タスクを効率化できるという開発者側のメリットに加え、レプリケーション ベースのアプリケーションを快適に使用できるというユーザー側のメリットも生まれます。The ability to programmatically configure, maintain, and monitor a replication topology enables you to both simplify repeated replication tasks and improve the user experience for your replication-based applications. レプリケーションをプログラミングすることにより、レプリケーションのストアド プロシージャやレプリケーション エージェントの実行可能ファイルに関する知識がないエンド ユーザーに、[SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio に実装されているレプリケーション ユーザー インターフェイスの使用を強要することなく、カスタマイズされたレプリケーション機能を提供できます。By programming replication, your end-users can be provided with customized replication functionalities without having to be familiar with replication stored procedures and replication agent executables or having to using the replication user interface implemented by [SQL Server Management Studio]SQL Server Management Studio.

プログラムからレプリケーション サービスにアクセスすることによって効果が期待できるアプリケーション開発のシナリオを次に示します。The following are scenarios in which your applications might benefit from programmatic access to replication services:

  • 既存のエンド ユーザー アプリケーションにレプリケーション機能を追加する (ユーザーがボタンをクリックするとプル サブスクリプションが同期されるなど)。Adding replication functionalities to an existing end-user application, such as synchronizing a pull subscription when the user clicks a button.

  • レプリケーションをリモートから管理するための Web ベースのユーザー インターフェイスを作成する。Creating a Web-based user interface for remotely administering replication.

  • カスタム ユーザー インターフェイスを作成する (一部の管理機能だけを公開する、複数のレプリケーション トポロジをリモートから一元管理できるようにする、管理機能と同期機能を組み合わせるなど)。Creating a custom user interface that exposes only a subset of administration functionality, can be used to remotely administer multiple replication topologies from a single location, or that combine administration and synchronization functionalities.

  • 既存の監視ツールを強化する (パブリケーションやサブスクリプションの状態をディストリビューター側で監視する機能を追加するなど)。Improving an existing monitoring tool by adding the ability to monitor the status of a publication, subscription, or at the Distributor.

  • Oracle パブリッシャーのサブスクリプションを管理または同期するカスタム アプリケーションを作成する。Creating a custom application to administer or synchronize subscriptions to an Oracle publisher.

  • マージ サブスクリプションの同期時に実行されるビジネス ルールを独自に作成する。Writing customized business rules that are executed when a merge subscription is synchronized.

  • 新しいサブスクライバーを構成する際に繰り返し実行することのできる Transact-SQLTransact-SQL スクリプトを生成する。Generating Transact-SQLTransact-SQL scripts that can be run repeated when configuring new Subscribers.

SQL ServerSQL Server では、レプリケーション エージェントを制御したり、レプリケーション トポロジを管理、監視する作業をプログラムから行うことができます。enables you to programmatically control replication agents and to programmatically administer and monitor a replication topology. レプリケーションのプログラミングの詳細については、「レプリケーションのプログラミング概念」を参照してください。To learn more about programming replication, see Replication Programming Concepts.

このセクションの内容In This Section

レプリケーションのプログラミング概念Replication Programming Concepts
レプリケーションを使ったアプリケーション開発の計画手順について説明します。Describes the planning steps to develop an application that uses replication.

Replication System Stored Procedures ConceptsReplication System Stored Procedures Concepts
システム ストアド プロシージャを使用した、レプリケーション トポロジのプログラム アクセスの方法を説明します。Describes how system stored procedures can be used to proivide programmatic access in a replication topology.

レプリケーション管理オブジェクトの概念Replication Management Objects Concepts
レプリケーション管理オブジェクト (RMO) を使用するための概念について説明します。Explains the concepts for using Replication Management Objects (RMO). これは、SQL ServerSQL Server のレプリケーション機能をカプセル化するマネージド コード アセンブリです。This is a managed code assembly that encapsulates replication functionalities for SQL ServerSQL Server.

レプリケーション エージェント実行可能ファイルの概念Replication Agent Executables Concepts
レプリケーション エージェントの実行可能ファイルの使用について説明します。Describes the use of Replication Agent Executable files.