異種データベース レプリケーション

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

SQL Server は、トランザクション レプリケーションとスナップショット レプリケーションに対する次の異種シナリオをサポートします。

  • SQL Server からSQL Server 以外のサブスクライバーへのデータのパブリッシュ

  • Oracle に対するデータのパブリッシュには次の制限があります。

シナリオ 2016 以前 2017 以降
Oracle からのレプリケーション Oracle 10g 以前のみをサポート Oracle 10g 以前のみをサポート
Oracle へのレプリケーション Oracle 12c より前のすべてのバージョン サポートされていません

SQL Server 以外のサブスクライバーへの異種レプリケーションは非推奨とされます。 Oracle パブリッシングは非推奨とされます。 データを移動するには、変更データ キャプチャと SSISを使用してソリューションを作成します。

注意事項

この機能は、Microsoft SQL Server の将来のバージョンで削除されます。 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションは修正することを検討してください。

Oracle からのデータのパブリッシュ

SQL Server では、 SQL Server スナップショット レプリケーションとトランザクション レプリケーションとほぼ同じ機能を使用し、同様の使いやすさで Oracle からのデータをパブリッシュできます。 この機能には、Oracle バージョン 10g 以前のバージョンが必要です。 Oracle からのデータのパブリッシュは、次のようなシナリオに適しています。

シナリオ 説明
Microsoft .NET Framework アプリケーションの配置 Microsoft 以外のデータベースからレプリケートされたデータを使用しながら、 SQL Server Visual Studio およびSQL Server を使用して開発します。
データ ウェアハウジング ステージング サーバー SQL Server ステージング データベースとSQL Server 以外のデータベースとの同期を保ちます。
SQL Server ソース システムの変更のレプリケーション中に、 SQL Server に対してアプリケーションをリアルタイムでテストします。 移行に問題がなければ SQL Server に切り替えます。

詳細については、「Oracle パブリッシングの概要」を参照してください。

SQL Server 以外のサブスクライバーへのデータのパブリッシュ

以下のSQL Server 以外のデータベースは、スナップショット パブリケーションとトランザクション パブリケーションに対するサブスクライバーとしてサポートされています。

  • Oracle (Oracle がサポートするすべてのプラットフォーム用)

  • IBM DB2 (AS400、MVS、Unix、Linux、および Windows 用)

詳細については、「 Non-SQL Server Subscribers」を参照してください。