Oracle パブリッシングの概要Oracle Publishing Overview

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

MicrosoftMicrosoft SQL Server 2005SQL Server 2005以降では、Oracle Version 9i を始めとした、Oracle パブリッシャーをレプリケーション トポロジに含めることができます。Beginning with MicrosoftMicrosoft SQL Server 2005SQL Server 2005, you can include Oracle Publishers in your replication topology, starting with Oracle version 9i. パブリッシング サーバーは、Oracle 対応の任意のハードウェアおよびオペレーティング システムに配置できます。Publishing servers can be deployed on any Oracle supported hardware and operating system. この機能は、既に確立されている SQL ServerSQL Server のスナップショット レプリケーションとトランザクション レプリケーションを基礎としており、同様のパフォーマンスと使い勝手が実現されています。The feature is built on the well-established foundation of SQL ServerSQL Server snapshot replication and transactional replication, providing similar performance and usability.

SQL ServerSQL Server は、トランザクション レプリケーションとスナップショット レプリケーションに対する次の異種シナリオをサポートします。 supports the following heterogeneous scenarios for transactional and snapshot replication:

  • SQL ServerSQL Server から SQL ServerSQL Server 以外のサブスクライバーへのデータのパブリッシュPublishing data from SQL ServerSQL Server to non- SQL ServerSQL Server Subscribers.

  • Oracle に対するデータのパブリッシュには次の制限があります。Publishing data to and from Oracle has the following restrictions:

    2016 以前2016 or earlier 2017 以降2017 or later
    Oracle からのレプリケーションReplication from Oracle Oracle 10g 以前のみをサポートOnly support Oracle 10g or earlier Oracle 10g 以前のみをサポートOnly support Oracle 10g or earlier
    Oracle へのレプリケーションReplication to Oracle Oracle 12c までUp to Oracle 12c サポートされていませんNot supported

SQL Server 以外のサブスクライバーへの異種レプリケーションは非推奨とされます。Heterogeneous replication to non-SQL Server subscribers is deprecated. Oracle パブリッシングは非推奨とされます。Oracle Publishing is deprecated. データを移動するには、変更データ キャプチャと SSISSSISを使用してソリューションを作成します。To move data, create solutions using change data capture and SSISSSIS.

Oracle のスナップショット レプリケーションSnapshot Replication for Oracle

Oracle のスナップショット パブリケーションは、 SQL ServerSQL Server のスナップショット パブリケーションと同じような方法で実装されます。Oracle snapshot publications are implemented in a manner similar to SQL ServerSQL Server snapshot publications. Oracle パブリケーションに対してスナップショット エージェントが実行されると、エージェントは Oracle パブリッシャーに接続し、パブリケーションの各テーブルを処理します。When the Snapshot Agent runs for an Oracle publication, it connects to the Oracle Publisher and processes each table in the publication. 各テーブルの処理では、テーブルの行が取得され、スキーマ スクリプトが作成されます。これらは、パブリケーションのスナップショット共有に格納されます。When processing each table, the agent retrieves the table rows and creates schema scripts, which are then stored on the publication's snapshot share. スナップショット エージェントが実行されるたびにデータの完全なセットが作成されるため、Oracle テーブルにはトランザクション レプリケーションのように変更追跡のトリガーは追加されません。The entire set of data is created each time the Snapshot Agent runs, so change tracking triggers are not added to the Oracle tables as they are with transactional replication. スナップショット レプリケーションは、パブリッシング システムへの影響を最小限に抑えながらデータを移行するのに便利です。Snapshot replication provides a convenient way to migrate data with minimal impact on the publishing system.

Oracle のトランザクション レプリケーションTransactional Replication for Oracle

Oracle のトランザクション パブリケーションは、 SQL ServerSQL Serverのトランザクション パブリッシング アーキテクチャを使用して実装されます。ただし、変更の追跡は、Oracle データベースのデータベース トリガーとログ リーダー エージェントの組み合わせによって行われます。Oracle transactional publications are implemented using the transactional publishing architecture of SQL ServerSQL Server; however, changes are tracked using a combination of database triggers on the Oracle database and the Log Reader Agent. Oracle トランザクション パブリケーションのサブスクライバーは、スナップショット レプリケーションを使用して自動的に初期化されます。その後の変更はログ リーダー エージェントによって追跡され、変更が発生するとサブスクライバーに配信されます。Subscribers to an Oracle transactional publication are automatically initialized using snapshot replication; subsequent changes are tracked and delivered to Subscribers as they occur via the Log Reader Agent.

Oracle パブリケーションを作成すると、Oracle データベース内のパブリッシュされた各テーブルに対してトリガーと追跡テーブルが作成されます。When an Oracle publication is created, triggers and tracking tables are created for each published table within the Oracle database. パブリッシュされたテーブルのデータが変更されると、テーブルのデータベース トリガーが起動されて、変更された各行の情報がレプリケーション追跡テーブルに挿入されます。When data changes are made to the published tables, the database triggers on the tables fire and insert information into the replication tracking tables for each modified row. その後、 SQL ServerSQL Server ディストリビューターのログ リーダー エージェントが、そのデータ変更情報を追跡テーブルからディストリビューターのディストリビューション データベースへと移動します。The Log Reader Agent on the SQL ServerSQL Server Distributor then moves the data change information from the tracking tables to the distribution database on the Distributor. 最後に、標準のトランザクション レプリケーションと同じように、ディストリビューション エージェントが変更をディストリビューターからサブスクライバーに移動します。Finally, as in standard transactional replication, the Distribution Agent moves changes from the Distributor to the Subscribers.

参照See Also

Configure an Oracle Publisher (Oracle パブリッシャーの構成) Configure an Oracle Publisher
Glossary of Terms for Oracle Publishing (Oracle パブリッシングの用語) Glossary of Terms for Oracle Publishing
異種データベース レプリケーションHeterogeneous Database Replication