レプリケーションの旧バージョンとの互換性

適用対象:yesSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) YesAzure SQL Managed Instance

アップグレードを行う場合や、レプリケーション トポロジ内に複数のバージョンの SQL Server が存在する場合は、旧バージョンとの互換性を理解することが重要です。

一般的なルールは次のとおりです:

  • ディストリビューターは、パブリッシャーのバージョン以上であればどのバージョンでも使用できます (多くの場合、ディストリビューターはパブリッシャーと同じインスタンスです)。
  • パブリッシャーは、ディストリビューターのバージョン以下であればどのバージョンでも使用できます。
  • サブスクライバーのバージョンは、次のように、パブリケーションの種類によって異なります。
    • トランザクション パブリケーションのサブスクライバーは、2 つのパブリッシャー バージョンのうちどちらでも使用できます。 例: SQL Server 2012 (11.x) パブリッシャーでは SQL Server 2014 (12.x) および SQL Server 2016 (13.x) のサブスクライバーを使用でき、SQL Server 2016 (13.x) パブリッシャーでは SQL Server 2014 (12.x) および SQL Server 2012 (11.x) のサブスクライバーを使用できます。
    • マージ パブリケーションに対するサブスクライバーでは、バージョンのライフ サイクル サポート サイクルに従ってサポートされているパブリッシャー バージョンと等しいかそれより前のすべてのバージョンを使用できます。

レプリケーションのマトリックス

トランザクション & スナップショット レプリケーションの互換性マトリックス

発行元 ディストリビューター サブスクライバー
SQL Server 2019 SQL Server 2019 SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2017 SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2016 SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2014 SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2012 SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
     

マージ レプリケーションの互換性マトリックス

発行元 ディストリビューター サブスクライバー
SQL Server 2019 SQL Server 2019 SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2017 SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2016 SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2014 SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2012 SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2019
SQL Server 2017
SQL Server 2016
SQL Server 2014
SQL Server 2012
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
SQL Server 2008 R2
SQL Server 2008
     
     

その他のリソース

SQL Server レプリケーションの非推奨の機能
旧バージョンとの互換性のために Microsoft SQL Server 2019 (15. x) で保持されていたレプリケーション機能。ただし、今後のバージョンの SQL Server では削除される予定です。

SQL Server レプリケーションにおける重大な変更
場合によっては、アプリケーションの修正が必要となるレプリケーション機能の変更

レプリケートされたデータベースのアップグレード
レプリケーション トポロジに参加している SQL サーバーをアップグレードする際の手順および考慮事項。